ブライダルコーディネーターはお客様にとって一度きりになるであろう結婚式を任される重要なポジションです。

他の仕事とは異なる部分が多く、採用担当者の見るポイントも異なります。

志望動機の書き方で重要なポイントも違うため迷ってしまうことも多いでしょう。

今回は、ブライダルコーディネーターの志望動機の書き方を詳しく解説していきます。

面接で聞かれることも紹介していくのでブライダルコーディネーターへの転職を考えている人はチェックしてみてください。

Contents

ブライダルコーディーネーターの志望動機の書き方を解説

人差し指を立てるビジネスウーマン

結婚式のコーディネートをすることが仕事のブライダルコーディネーターは、華やかな仕事であり憧れる人も多いです。

しかし、多くの人にとって一度きりのイベントである結婚式を任される仕事であるため、責任感が求められます。

では、ブライダルコーディネーターを目指す人はどのように志望動機を書くべきなのでしょうか。書き方を細かく解説していくのでチェックしてみてください。

ブライダルコーディーネーターを目指す理由で多いのは?

指をさす女性

一生に一度きりの結婚式のサポートをするブライダルコーディネーターは、とても華やかな仕事です。

多くの女性は結婚式に憧れを抱いています。そして、ブライダル業界に関わる仕事は人気が高いです。

自分の憧れであるブライダル業界に関わりたいという理由でブライダルコーディネーターを目指す人は多いでしょう。

また、過去にブライダル関係に関わった経験から目指す人もいます。この2つの理由について詳しく解説してきます。

女性が憧れるブライダルを手掛けたい

女性の中には小さな頃から結婚式への憧れを持った人がいます。自分の結婚式ではこんなドレスを着たい。

こんな演出をしたい。そういったブライダルに対する憧れの気持ちによって、ブライダルの職に就きたいと思うのです。

誰でも小さな頃に夢を持っていたことでしょう。

憧れからブライダル業界を目指す人は、小さな頃の夢が「素敵な結婚式をする」といったようにブライダルに関する内容なのです。

憧れが強いことがブライダルを目指す理由になります。

過去にブライダル関係に携わった経験

結婚式

親戚や友人の結婚式をきっかけにブライダルを目指す人もいます。

また、学生時代にブライダルパーティのアルバイトをしていたことがきっかけとなることもあるでしょう。

幸せそうな新郎新婦を見て、自分も人を笑顔にできる仕事をしていと思う人が、ブライダルを目指す傾向が強いです。

また、アパレル系の仕事をしていた人でもブライダルに関連するようなドレスを扱ったことで、ブライダル業界を目指すことがあります。

過去にブライダル業界に関わった経験は、ブライダルコーディネーターを目指す理由となるのです。

 

ワンポイント
過去の経験や結婚式に対する憧れの気持ちから、ブライダルコーディネーターを目指す人が多い。

自己PR・面接で気をつけるべきことは?

ポイント

転職の際に重要な自己PRと面接ですが、ブライダルコーディネーターを目指す場合はどのような点に気をつけるべきなのでしょうか。

基本的にブライダルコーディネーターは人と関わる仕事ですので、面接での評価が採用に影響することが多いです。

そのため、自己PRや面接は非常に重要となるでしょう。

ここでは、ブライダルコーディネーターを目指す人が自己PR・面接で気をつけることについて紹介していきます。

ブライダルコーディネーターを目指している人はぜひチェックしてみましょう。

ブライダル業界の知識を持っておこう

まず、ブライダルコーディネーターを目指すならブライダル業界の知識を持つ必要があります。

何の知識もない状態でブライダルコーディネーターに転職したいと思っても、採用してくれる企業はなかなかありません。

また、憧れだけでブライダルコーディネーターを志望していても、自己PRとしてアピールすることは難しいです。

ブライダル業界がどのような業界であり、どういった人材が必要なのかは最低限知っておかなければならないでしょう。

また、自分がブライダル業界に必要な人材であることをアピールしてみてください。

志望動機を聞く理由を知っておこう

女性

面接の際に採用担当者が志望動機を聞くのには理由があります。

ブライダルコーディネーターの場合は他の職種と異なって感性の豊かさや考え方を確認するのが特徴です。

その理由はブライダル業界の仕事は独自性や個性が求められるからで、企業が採用したい人材にも独自性が求められます。

志望動機を聞く理由を知っておくことで、ブライダルコーディネーターに合った志望動機を話すことができるでしょう。

自分ならではの経験を交えて自己PRを考えてみてください。

 

ワンポイント
・ブライダル業界について学ぼう
・過去の経験を交えてアピールしよう

ブライダルコーディーネーターの志望動機作成のポイント

パソコンをする女性

ブライダルコーディネーターへの転職のために必要な志望動機が書けずに困っている人は多いでしょう。

その理由は、何から書けばいのか分からないからです。

ここではブライダルコーディネーターの志望動機作成のポイントを紹介していきます。志望動機を作成する前にチェックしておきましょう。

過去の経験に基づく志望動機

過去にブライダルに関する経験がある人は、それに基づく志望動機を作成してください。

経験に基づいた志望動機は説得力があります。そして、採用担当者の印象に残ることでしょう。

また、志望動機が過去にブライダル業界で関わったことである場合は、それを掘り下げて志望動機を作成していくことがおすすめです。

前職の経験を活かした志望動機

服選びをする女性

前職でブライダル関連の仕事をしていた場合は、前職の経験を活かした志望動機を作成しましょう。

ブライダル業界で仕事をしていた人であれば、自分のスキルをアピールすることができます。

どういった仕事をしていて、どんなスキルを持っているのか具体的に伝えましょう。

企業に対して自分がどんな能力を持っているのかPRすることが、面接を成功させることへと繋がります。

自分の夢に関する志望動機

ブライダルに対しての憧れや夢を志望動機とするばあいは、明確に理由を述べるようにしましょう。

ブライダル業界は華やかなイメージがあり憧れを理由に就職する人はたくさんいます。

しかし、憧れだけを志望動機に書いても採用担当者の目には止まりません。

ブライダル業界は想像以上に大変な仕事であり、夢や憧れだけで就職するとのちのち退職することとなるのです。

そういったミスマッチを防ぐために採用担当者は志望動機を聞きます。憧れや夢に関する志望動機は理由を明確にするようにしましょう。

 

ワンポイント
前職など過去の経験を活かした志望動機を書こう。

志望動機の例文

パソコンをする女性

ここからは、ブライダルコーディネーターを目指して転職をする人のために志望動機の例文を紹介していきます。

どういった志望動機を書けばいいのか分からない人はぜひ参考にしてみてください。

例①ブライダルのアルバイト経験者

私は学生時代、ブライダルスタッフのアルバイトをしていました。

仕事内容は主に食事の提供でしたが、身近でブライダルの現場を見て新郎新婦の方が幸せそうにしている姿は今でも覚えています。

また、結婚式のプランを考えたブライダルコーディネーターの仕事に憧れを抱くようになりました。

ブライダルスタッフのときに身につけたマナー力を活かし、新郎新婦だけでなく参加者全員が満足できる仕事をしたいと思います。

例②アパレルショップ店員からの転職

ノートパソコンを持つ女性、オフィスビル

私は前職でアパレルショップの店員をしておりました。

フォーマルな服を多く扱っていたため、結婚式のための服を購入するお客様の接客をメインに行っております。

結婚式に参列する方が楽しそうにドレスを選ぶ姿をみて、自分もブライダルに関わりたいと思い志望しました。

前職で身につけたコミュニケーション能力を活かして、お客様からの要望を的確に把握したプランニングをしていきたいと思います。

志望動機のNG例文

NG

ブライダルコーディネーターの選考では他の職種と異なった見方をします。

そのため、他の職種の志望動機でいいとされている内容でも、ブライダルコーディネーターではNGの場合があるため注意しましょう。

ここからはブライダルコーディネーターの志望動機のNG例を紹介していきます。チェックしてみてください。

例①自分の経験ばかり語る志望動機

私がブライダルコーディネーターを目指そうと思った瞬間は、友人の結婚式に参列した時です。

結婚式で見た友人の姿は、とても綺麗で素敵でした。

また、一生に一度の結婚式を迎えた友達は、今までで一番綺麗だったことを覚えています。

女性にとって一番輝く瞬間は結婚式であり、その手助けをしたいと思い志望しました。

この例文は自分の経験ばかりを語っています。これでは採用担当者の心は動きません。

他の受験者と差をつけるために経験をどう活かしていくかを話すといいでしょう。

例②憧れと理想ばかりの志望動機

考える女性

私は小さな頃から結婚式に憧れていました。

テレビなどで見るウエディングドレスを着た女性が素敵で、自分も素敵な結婚式を挙げたいと思い続けています。

いつしか、女性が輝ける結婚式のお手伝いをしたいと思うようになりました。

今後は仕事を通して結婚式で女性が輝く手伝いをしたいと思います。

この例文は自分の憧れと理想を語っているだけです。

これでは、受験者が企業に対してどのようなメリットをもたらすのか分かりません。自分の魅力をPRするようにしましょう。

 

ワンポイント
自分の経験や憧ればかりを語る志望動機はNGである。

ブライダルコーディーネーターの面接で聞かれること

ノートを持つ女性

ブライダルコーディネーターの選考で重要視されているのが面接です。

人と関わる仕事でもあるブライダルコーディネーターは、面接での話し方や行動を見られます。

また、内容も選考の中で重要視されるので、どのような内容を聞かれるのかある程度分かっていると面接を受けやすくなるでしょう。

ここでは、ブライダルコーディネーターの面接で聞かれることを2つ紹介していきます。

自己PR

まず、自己PRはかなりの確率で聞かれます。自分を採用することで企業にどのようなメリットがあるのか。

また、資格やスキルを持っている場合は伝えましょう。未経験であってもアピールすることはたくさんあるはずです。

ブライダルコーディネーターはお客様の希望を聞き出すためにコミュニケーション能力が必要となります。

また、気配りができることも必要です。ブライダル業界で働く上でメリットとなるような内容を自己PRで話すようにしましょう。

理想の結婚式は

ウエディングドレス

「あなたの理想の結婚式を教えてください」という質問もブライダルコーディネーターの面接では多いでしょう。

ブライダルコーディネーターの仕事はお客様の要望を聞き出すことだけでなく、プランを提案していくことも重要なのです。

ブライダルコーディネーターのセンスや趣味が影響するため、あらかじめどんな結婚式が理想なのかを質問します。

ただ自分の理想を語るのではなく志望している企業で実現可能なものを話すといいでしょう。

ブライダルコーディーネーターの履歴書で気をつけるべきことは?

女性

履歴書を書くときにはいくつか気をつけることがあります。

まず、ブライダルコーディネーター以外の仕事でもを書く事はNGです。

嘘だと分かったら評価は下がり採用されることはほぼないでしょう。

また、せっかく資格を記載していても名称が間違っていれば意味がありません。資格の名称が正式名称であるかは確認してください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

ブライダルコーディネーターは、お客様の希望を叶えるために柔軟な考え方が必要となります。

また、ブライダルが多種多様になってきているため、それぞれ仕事内容が異なるので情報収集が必須です。

そのため、転職に関する悩みは転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談することで、最新の情報を手に入れられるだけでなく志望動機や面接のアドバイスをもらうことができます。

まとめ

結婚式

ブライダルに対するニーズが増えたことで、ブライダルコーディネーターの求人も増えています。

しかし、未経験で何の知識もなく転職を成功させることは難しいです。

転職エージェントを利用しつつ志望動機を考えましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら