法務事務は、弁護士と企業の架け橋となる立場。

専門的な知識が必要とされるので、一般事務と比べても難易度が高い仕事です。

法律に関する知識も必要とされるので、法学部出身の方だと有利になるでしょう。

今回は、法務事務の仕事内容や求められるスキルについてご紹介いたします。

法務事務の仕事内容を解説

事務員

法務事務で働く場合、企業の法務部に所属するケースがほとんどです。

法務事務は、企業活動が法律に遵守しているかを確認しなければならないため、責任が重いポジション。

仕事内容も専門的な内容になるため、未経験からの転職は簡単ではありません。

しかし、法務事務に有利な資格や知識があれば、転職活動では有利になるでしょう。

また、法務事務は専門的な業務になるので、経験者の需要は多くあります。

結婚や出産を機に一度職を離れた後も、復職しやすい仕事です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  
 

法務事務の役割は?

私服パソコン

法務事務の役割は、企業の法律関係を把握して対応すること。

仕事内容については企業の規模や業界によって異なりますが、大きく四つに分けられます。

契約書のチェック

企業同士の取引を行う場合、契約書を取り交わす場合が多いでしょう。

法務事務は、その契約書が問題ないかを確認しなければなりません。

海外との取引を行っている企業だと、海外との契約事項のチェックを担当することもあります。

契約書を英語で作成するケースもあるので、英語の知識は必須です。

しかも契約書の内容は、一般的な英語の知識だけでは理解できません。

メールや電話での対応力も求められるため、法務事務を目指す方は英語力も身につけましょう。

顧問弁護士とのやりとり

顧問弁護士は、企業内の法律問題や不安に対してのサポートや助言を行う弁護士です。

企業の法務事務で働く場合、その顧問弁護士とのやりとりも法務事務が請け負います。

そして顧問弁護士からの助言を、社内のスタッフに伝えるという役割もあります。

社内スタッフの中には、法律に対して詳しくない方もいるでしょう。

そのような方にも伝わるようなわかりやすい伝え方ができるかどうかが、法務事務として活躍するポイント。

知的財産権の管理

知的財産権では、著作者の権利を守ることができます。

知的財産権で守られるものには、創作物だけではなく、企業のノウハウも含まれます。

そんな企業の貴重な資産ともいえる知的財産物を、法務事務は管理しなければなりません。

管理とは、全ての知的財産物を保存しておくことではなく、取捨選択も必要です。

法務事務では、社会情勢や企業の経営状態を把握しながら、知的財産権を管理する能力が身につきます。

法的トラブルの対処

もし企業が法的トラブルに巻き込まれた際の対応も法務事務の役割です。

法的トラブルに遭遇する可能性はかなり低いですが、ふとしたきっかけがトラブルに発展するかもしれません。

企業が訴えられる場合もあれば、逆に訴える側に回ることもあるでしょう。

万が一そのような場面に遭遇した場合、法務事務は弁護士とともに訴訟や交渉に対応しなければなりません。

いきなりのトラブルで慌てずに済むよう、自分の業界に関係する法律を頭に入れておくと安心です。

 

ワンポイント
 法務事務は、企業の法律関係を把握することが求められる

 

法務事務に求められるスキル

女性電話

法務事務は、事務職の中でも特殊な業種です。そのため、一般事務では求められないスキルも求められます。

ここでは法務事務に求められるスキルを紹介します。

法務事務を目指している方は、このスキルは最低限、身につけておくと良いでしょう。

守秘義務を守る正義感

法務事務は、企業の重要な情報を知ることとなります。

もしその情報が外部に漏れてしまったら、企業にとっては大きな損害となるでしょう。

場合によっては、取引先からの信頼を失ってしまうかもしれません。

法務事務は、業務で知り得た情報が外部に漏洩しないよう、守秘義務を守ることを徹底しましょう。

そして、守秘義務の大切さを社内のスタッフに伝えることも重要です。

事務作業の正確さ

これは一般事務等にもいえることですが、事務作業の正確さは必須です。

正確かつ迅速に作業ができることで、社内での評価も上がるでしょう。

そのためには、パソコンのスキルも身につけておかなければなりません。

ExcelやWordといった事務作業に必要なソフトの使い方は、最低限マスターしておきましょう。

法律に関する知識

法務事務の仕事には、さまざまな法律が関わっています。

民法や商法、個人情報保護法や独占禁止法と、さまざまな法律の知識が必要不可欠です。

全ての法律を網羅する必要はありませんが、業界に関わる法律の知識は身につけておきましょう。

また、法律というものは日々変化していくものです。

法律の変化に対応できるよう、常に最新の情報を頭に入れておくことが重要になります。

法務事務への転職で有利になる資格

女性本

法務事務の業務内容は専門的な内容のため、取得していると転職が有利になる資格もあります。

資格を取得するだけでも知識があることをアピールすることができるので、経験が少ない方は取得しておくと良いでしょう。

これから紹介する資格には受験資格はありません。誰でも挑戦できる資格です。

それでは、法務事務に転職する上で有利になる資格を紹介していきます。

どの資格を取得すれば良いかわからない人の参考になれば幸いです。

ビジネス実務法務検定

女性ファイル

ビジネス実務法務検定とは、東京商工会議所が主催している検定試験。

この試験では、民法や商法、会社法などのビジネスに関わる法律知識を学ぶことができます。

法務事務において、法律の知識は必要不可欠。

ビジネス実務法務検定では、幅広い法律の知識を広く浅く身につけることが求められます。

法務事務での経験がない方は、何から勉強すれば良いかわからないでしょう。

そのような方はまずビジネス実務法務検定の取得を目指し、さまざまな法律について学ぶことをおすすめします。

ビジネス実務法務検定は3級〜1級まであるので、初心者は3級から挑戦してみると良いでしょう。

MOS

女性俯瞰

MOSとは、Microsoft Office Specialistの略です。

マイクロソフトが認定している国際資格で、日本ではオデッセイコミュニケーションズが主催しています。

Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookのソフトの中から、自分が受けたい種類を選ぶことになります。

事務職をする上で取得しておくべきなのは、WordとExcelです。

試験は、ソフトのバージョンごとに行われますが、最新のバージョンを取得することをおすすめします。

企業によってはバージョンを指定されている場合もあるので、もし応募したい企業がある場合は事前に確認しておくと良いでしょう。

ちなみにMOSは、取得した科目に応じた称号を得ることができます。

称号を手にすれば、各科目の合格証とは別に認定証を手に入れることが可能。

複数のOfficeソフトを総合的に使用できることが資格としてアピールできるようになります。

MOSを取得していればパソコンが使えることをアピールできるので、法務事務以外の転職活動でも有利になります。

法務事務の年収

女性お金

法務事務の年収は350万円〜700万円。専門的な仕事内容なので、一般事務と比べると給料は高いです。

大企業や有名企業だと、年収1000万円を超える法務事務の方もいらっしゃいます。

また、外資系の企業はさらに年収アップが期待できるようです。

法務事務の給料は、実力で決まる場合がほとんど。業務を通して多くの経験を積み重ねることで、昇給も望めるでしょう。

法務事務としての経験を積めば、別の企業でのキャリアアップも目指すことができます。

現在法務事務で働いている方でもっと上を目指したいという方は、転職を視野に入れても良いでしょう。

 

ワンポイント
 法務事務は関わる業界や企業の規模によって年収アップが望める

 

法務事務でやりがいを感じる瞬間

女性事務所

法務事務は一般的な事務職と比べて、大変なことがほとんどです。

しかし、その分大きいやりがいを感じられます。それでは、法務事務のやりがいを見ていきましょう。

事務スキルや知識の向上

法務事務での経験を積み重ねると、事務のスキルや知識が向上します。

しかも法務事務の仕事は、一般事務と比べて難解な仕事です。

そんな法務事務での仕事を経験することで、法律に関する知識や事務スキルは伸びていくことでしょう。

法務事務で培った経験は、転職の際にも役立ちます。

学ぶ気持ちを忘れず、多くの技術を吸収して、法務事務としてのスキルアップを目指しましょう。

課題を解決した時の達成感

会議

法務事務が解決すべき課題の中には、解決が難しいものも数多くあります。

難しい課題の分、解決したときの達成感はやりがいにつながります。

特に法律事務所で法務事務として働いている方は、依頼者から直接感謝の言葉をもらうこともあるでしょう。

時には感動のあまり、泣きながらお礼を述べてくださる依頼人もいます。

仕事中は辛いことや苦しいこともあるかもしれませんが、その大変さもやりがいとなるでしょう。

 

ワンポイント
 法務事務は大変な仕事な分、大きなやりがいが得られる

 
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

法務事務に向いている人の特徴は?

パソコン手元

法務事務では経験や知識だけではなく、性格や特性も重要です。

ここでは、法務事務に向いている人の特徴をご紹介します。

学習意欲の高い人

法律は、日々進化し続けています。法務事務は、常に最新の情報を把握しなければなりません。

そのため、法律を学び続ける姿勢がある方でないと法務事務は務まりません。

学習意欲の高い人は、今後の成長も期待できます。企業からの期待も大きくなり、任される仕事も増えていくでしょう。

逆に、現状維持を望む方には法務事務は向いていません。

法務事務を目指すのであれば、自分の成長に対して貪欲になりましょう。

細かい作業が得意な人

法務事務に限らず、事務職全般で細かい作業が得意な人が向いているといわれています。

事務職は派手な仕事ではありません。細かい仕事をコツコツとこなすことが求められます。

パソコンでのデータ入力や書類作成、経理管理など、企業の重要な数字情報を管理します。

小さなミスが大きなトラブルを招くので、どんなに細かい作業でも責任をもって取り組める人に向いているでしょう。

また、事務作業は周りへの気遣いも求められます。

目の前の仕事にひたむきに取り組みつつ、周りで困っている人がいたら手を差し伸べるような人は事務職に向いています。

目の前のことで精一杯になって周りが見えなくなる方は、事務職には向いていないといえるでしょう。

 

ワンポイント
 法務事務は学習意欲の高い人や細かい作業が得意な人に向いている

 

法務事務への転職を成功させるポイント

女性がっつ

法務事務は、専門的な知識はもちろん、実務経験がある方も求められます。

未経験の方だと、転職先がなかなか見つからない可能性の方が高いです。

そのため、未経験で法務事務を目指そうと思っている方は楽な道ではないことを覚悟しておきましょう。

未経験の方でも転職を成功させるためのポイントは、法務事務に就きたいという思いをしっかり伝えること。

採用する企業の方から見ると、未経験の方を採用するのはリスクがあります。

「途中でへこたれないか」「しっかり知識を身につけてくれるか」と、未経験者に対して不安もあることでしょう。

履歴書や面接で法務事務に対しての熱い思いを伝えることで、企業も安心して内定を出すことができます。

企業があなたを育てたいと思ってもらえるよう、しっかりとアピールしましょう。

そして法務事務での経験がある方は、その経験を企業に伝えることが大切です。

法務事務の経験者は即戦力として活躍することが期待されます。

これまで携わった業界やどのような仕事を担当していたのか、詳しく伝えることで企業も安心感を持つことができます。

経験者というだけで法務事務への転職は有利となるので、自分の経歴を思い切りアピールしましょう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性相談

法務事務は、未経験者より経験者の方が、圧倒的に優遇されます。

法務事務の募集は経験者しか行っていない企業もあるので、未経験者の方は特に、企業探しは苦労することでしょう。

もし、あなたが未経験から法務事務を目指したいなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。

中には、転職エージェントにしかない求人情報もあります。未経験でも応募が可能な法務事務の求人もあるかもしれません。

さらに転職エージェントなら、あなたが転職に成功できるようプロの目線からのアドバイスももらうことができます。

何から始めて良いかわからない方は、まずは転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職エージェントの担当者がマンツーマンで指導してくれるので、転職への不安も解消されるはずです。

転職で悩まれている方は、転職エージェントを活用して転職活動を成功させましょう。

まとめ

女性ガッツポーズ

法務事務は決して簡単な仕事ではありませんが、大きなやりがいを得られる仕事です。

専門的な仕事内容なので、一つの仕事を極めたいという方にも向いています。

法務事務としての経験があれば、別の業界に転職する際も好影響を及ぼすでしょう。

しかし、未経験から法務事務への転職は簡単なものではありません。

ほとんどの企業が即戦力となる経験者を求めています。そのため、未経験の求人はなかなか見つかりません。

ただ、未経験からは絶対に目指せないわけではないので、まずは法務事務で必要な知識を身につけましょう。

資格を取得すれば、それだけ本気だということをアピールすることができ、転職活動も有利になります。

もし未経験から法務事務を目指す場合、楽な業界ではないことを頭に入れた上で転職活動を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する