2021年現在、非正規雇用が増えてきている状況が続いています。

そんな中正規雇用で堅実な職種への転職を求めている方は多いのではないでしょうか。「保険営業」もその中の一つです。

実際「保険営業」とはどんな職業なのでしょうか。

またどんな人に向いているのかも詳しく紹介していきます。

女性が未経験で保険営業に転職できるか解説

外出する会社員

未経験で保険営業の世界へ飛び込めるか不安を感じている人も多いでしょう。

結論からいうと、未経験でも就くことができます。

保険営業になったからといって、経験が無いのに突然現場に出ることはありません。

会社に入社後、自社の保険や基本的なマナーなどを学べる内部研修を受けます。

その後「保険募集人」という試験に合格すると、いよいよ現場に出られるようになるのです。

また、スキルよりもコミュニケーション能力を重視して採用する会社が多い傾向にあります。

比較的未経験でも足を踏み入れやすい業種だといえるでしょう。

保険営業の仕事内容とは

タブレットで分析する

保険営業とはどのような仕事をするのでしょうか。具体的に解説します。

保険の営業

保険の営業は二種類あります。

一つ目は会社に所属し自社の保険商品を売る営業です。

いわゆる「生保レディ」などはこちらに入ります。

扱う商品も、生命保険や医療保険から学資保険・損害保険まで様々です。

アウトバウンド型で、自らがお客様とアポイントを取り新たな商品提案をしていく仕事に成します。

二つ目は複数の保険商品を取り扱う代理店営業です。

街中にある店舗を構えた「保険の相談窓口」はこちらに当たります。

こちらはお客様が来店をするインバウンド型で、お客様のライフスタイルや未来プランに合った保険をご提案する仕事です。

どちらも保険加入プランの紹介や、契約のお手伝いをすることには変わりありません。

お客様一人一人の人生プランやお悩みを理解して、それぞれに合ったプランのご提供をしていくことが求められます。

そのためには保険の専門的知識は勿論、お客様の不安や今後の人生設計をしっかりとヒアリングするしなければなりません。

信頼関係を構築した上で納得してもらって契約してもらうことが大切な仕事です。

保険の販売は、「商品」と「代金」をその場で交換するというサービスではありません。

人生の万が一のリスクに備え、「安心」を買ってもらうという「無形販売」です。

だからこそ、保険営業はコミュニケーション能力などの個人のスキルや実力を発揮できる仕事といえるでしょう。

契約後のアフターフォロー

保険営業の仕事は保険の契約を結んで終了ではなく、その後の見直しも必要です。

例えば、三十年も前に入った保険をそのままにしておくと、当然顧客の収入やリスクは変わります。

さらに生活の変化もあるためプランの見直しが必要となってくるのです。

ただし、顧客自身で保険の見直しをするのはとても難しく大変でしょう。

そこでプロの手によるアフターフォローが必要になります。

顧客を気にかけて寄り添い、時には相続や資産運用まで保険内容と一緒に考えていくのがアフターフォローなのです。

定期的なフォローはお客様にもとても大きな安心感を与えます。

また保険会社によっては、アフターフォローが中心の職種がある会社もあるので確認しておきましょう。

 

ワンポイント
保険営業というと顧客に保険の契約をさせるという印象が強いですが、実際はアフターフォローも行います。

保険営業に向いている人の特徴は?

説明するビジネスウーマン

営業の仕事は当然コミュニケーション能力が重視されます。しかしそれだけではありません。

保険営業に向いている人はどのような人なのでしょうか。

顧客の気持ちに寄り添える人

打ち合わせ

保険の営業に向いている人は、「話し上手より聞き上手」な人です。

コミュニケーション能力が必要と聞くと、どうしても話すのが上手な人を連想するのではないでしょうか。

しかし保険営業では顧客の不安や悩みをしっかりと聞いて相手のことを理解することが大切です。

そのためにはまずは話を聞いた上で考慮し、顧客の気持ちに寄り添えるような人が向いています。

お客様目線で考えることができる、という人が向いているのです。

その上で顧客にとって更に良い提案をするのが重要になります。

一方で、保険営業は対人のお仕事ですので「人が好き」という気持ちがあるとなお良いです。

タフな人

体力的にも、精神的にもタフな人は保険営業に向いています。

保険営業に限らずですが、最初はなかなかアポイントが取れなかった・話を聞いてもらえなかったということが営業では多いです。

そこで落ち込まず、「次はこうしてみよう!」とポジティブに切り替えられる力を持っている人は営業に向いているでしょう。

また理不尽なことを言われたとしても、学びや成長と捉えられる視点も必要です。

ライフプランや保険に対しての最新の知識など覚えることもたくさんあるので、勉強熱心な人も向いています。

他にも、外回りや急なアポイントにも対応できる体力とフットワークの軽さを持っているといいでしょう。

それ以外にも、基本的な礼儀作法や清潔感・理論的に考えられる思考なども必要です。

 

ワンポイント
自分で話すことだけがコミュニケーションではありません。
人の話を聞くことができるのもコミュニケーション能力です。
人と円滑な関係を築きつつ、心身ともに体力のある人が保険営業に向いているといえます。

保険営業の未経験転職を有利にするには?

スーツを着た女性

未経験でも飛び込めるとはいえ、やはり経験がないと選考を有利に進めるのは難しいでしょう。

そこで少し工夫をすることで未経験でも選考で有利になれるポイントを解説します。

有利な資格

保険営業になるのに必須となる資格はありません。

ただ外回りの時に車に乗ることがあるため普通車運転免許は持っていた方が有利でしょう。

また、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格もおすすめです。

金銭面からの保険のアドバイスができるので未経験でも有利になります。

FPの資格は入社後に取る人が多い資格です。

選考時ではまだ資格取得まで至らなくとも、「勉強中」ということを書類や面接で伝えるとアピールになります。

積極性やその仕事を本気で志望して学んでいると評価されるでしょう。

今までの経験

過去に保険業界以外の営業をしているのなら前職の実績を数値化したり、資料を作ったりしてみるのもおすすめです。

たとえ保険営業そのものでなくとも、営業やそれに近い経験は有利になります。

また営業職が未経験だとしても、コミュニケーション能力が高い人や人生経験が豊富な人は採用されやすいです。

たとえば接客や販売業から転職するなら「お客様に合った商品を提案してきた経験を保険営業へ活かす」などとアピールできます。

今まで経験してきた職種・スキルから保険営業に生かせることを探し、まとめてみるのもいいでしょう。

保険営業の魅力

PCで説明するビジネスウーマン

ハードなイメージが強い保険営業ですが、他の職種にはない魅力もたくさんあります。

時間の融通が利きやすい

保険営業の仕事は、昼間の活動が自由で比較的融通が利きやすいです。

朝礼時間以外は、営業回りや資料の作成など各々が仕事のスケジュールを自分で組み立てて動いています。

アポイントを取って自分のスケジュールに反映していくのは大変でしょう。

しかし自分のタイミングで休憩を取ることができ、結果を出せば特に細かいことは言われません。

アポイントの合間に保育園のお迎えに行くママ営業さんもいます。

保険やお金の知識が身につく

自分の人生にもかかわってくる「生命保険」や「医療保険」。

その保険の知識が身につくのは大きな魅力です。

そして、一生使える「税金」や「相続」などお金融リテラシーも身に付きます。

自分自身のライフプランにも生かせる知識です。

「契約者と被保険者との関係で税金が変わってくる」というお金についての知識を得ることができるのは保険営業ならでは。

また、お客様とのコミュニケーションで「高いヒアリング能力」や「共感力」などを身に着けることもできます。

これらは保険営業を経験しているからこそ得られるスキルなのです。

 

ワンポイント
前職が営業でなくても円滑なコミュニケーションによって成し遂げられた実績をアピールする方法もあります。

保険営業で大変なこと

落ち込む会社員

保険営業にはもちろん大変な面もあります。

この点もよく考えて保険営業を目指すかどうかを決めると良いでしょう。

ノルマが厳しい

保険営業の大変さでまず思い浮かぶのは、「ノルマがある、またそれが精神的にきついほど厳しい」ということではないでしょうか。

保険の契約を獲得する=会社の収入となるという以上、契約数がノルマになることがほとんどです。

アフターフォローだけしていても実績にはならないこともよくあります。

アフターフォローをしながら新商品の提案やプラン変更への提案が必要になるのです。

また、このノルマの設定はとても細かいことが多くどの会社にもあります。

ノルマ達成した時には「インセンティブ」が支払われます。

これが保険営業の給料が変動制である理由の一つでもあります。契約を取れたら取れただけ給料が上がるのです。

お客様の空いた時間に合わせてアポイントを取るので、残業や土日の休暇が取りにくいこともあります。

覚えることが多い

勉強道具

自社の商品内容から、税金・公的支援制度や年金制度に保険の手続きの仕方など。

とにかく覚えることが多いのが保険営業のお仕事です。

ただ魅力の部分でも紹介した通り、ご自身のライフイベントにも関わる知識となります。

覚えておくと自分に役立つこともたくさんあるのです。

一度覚えてしまって実践してしまえば身につくので、営業のスキルアップの為に覚えてみるのもいいでしょう。

 

ワンポイント
2021年現在は働き方改革や情勢を受けて残業時間や土日出勤は減りつつあります。

保険営業のその後のキャリアについて

オフィスで胸に手を当てる女性会社員

保険営業から更なるキャリアアップキャリアチェンジを目指したいという人もいるでしょう。

保険営業で活躍した後、どのような道があるのでしょうか。

コンサルティング業界

保険営業で「相手に寄り添い、思いやりを持つ」という気持ちを経験したなら、次は「クライアント」へベクトルを向ける。

そんなキャリアチェンジもあります。それがコンサルティング業界です。

保険営業ではお客様の役に立てるのは、顧客など被保険者が実際に事故や病気になった時くらいしかありません。

一方コンサルティング業は保険と同じく無形商品の販売ですが、「クライアントの根本的な悩みを解決する」ことが仕事になります。

今まで学んだ専門性を生かせるので、付加価値からクライアントの成功に導くというやりがいにもつながるのです。

保険営業で身に着けたコミュニケーション能力や人間的魅力を活かしてコンサルタントとして働くことができます。

保険業界

保険業界でキャリアを磨き続けることももちろんできます。

未経験から営業スキルや保険の専門知識を身に着けてから、結婚・出産を経ても長く第一線で営業を続ける人は多いです。

ライフスタイルが変わっても働きやすいのが保険営業の魅力といえます。

長く続ければインセンティブの歩合率が高くなったり、エリアマネージャーなどへ駒を進めたりすることもできるでしょう。

またヘッドハンティングが多いのも保険営業業界の特徴です。

より条件のいい会社への転職や、保険会社から代理店へなどのキャリアも考えることができ、幅広い選択肢の中で働いていけます。

不動産業界

作業服を着た男女

保険業界から不動産業界というのは、一見共通するところがなさそうですが実は大きなかかわりがあります。

不動産を購入するときには「長期的目線での運用投資」を考えるので、保険商品との親和性が高いのです。

また住宅ローンには団体信用生命保険がセットになっています。

そうした面でも保険営業で学んだ専門知識を役立てることができるのです。

保険営業の未経験求人の探し方は?

就活生

保険営業の未経験求人は求人サイトでも数多く見受けられます。

会社によって勤務内容や条件は様々なので、まずは多くの求人を見てみましょう。

「未経験でもOK」という求人が多いのも転職者には安心です。

ただ未経験なだけに、給料の面や待遇などもスタートは低いかもしれません。

会社に直接聞きづらいという人は、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

転職エージェントは、転職における企業への人材紹介サービスのことです。

  • 希望の仕事ができる会社へのマッチング
  • 応募書類添削、面接対策サポート
  • 企業との直接交渉

このようなことをサポートしてくれます。

転職エージェントは非公開求人も持っていますので、自分で探すよりも効率が良いです。

更により様々な要望を叶えてくれる求人とマッチングしてくれます。

また、求職者は転職エージェントへは無料で登録できるのも利用がしやすい理由の一つです。

優良企業情報を豊富に持っているのも転職エージェント活用の魅力といえます。

転職相談はこちら

まとめ

空とビジネスウーマン

保険営業の仕事と転職について解説しました。

ノルマが厳しい職業ではありますが、その分魅力も大きな仕事です。

結婚や出産でライフスタイルが大きく変わることがある女性も柔軟に働くことができます。

その上お客様だけでなく自分の人生に役立つ知識も身につくため、将来も安心できる面もあるでしょう。

保険営業だけでなく、どんな業界だって初めて未経験の業界へ足を踏み入れるのは勇気のいることです。

一人だと右も左も分からないこともよくあります。そんな時は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら