ストレス社会といわれる昨今では、学校や会社での人間関係で心が病んでしまいカウンセリングを受ける人が増えています。

そういった状況があるので需要が高いと思われる心理カウンセラーの職業ですが、その詳しい内容はあまり知られていません。

そこで今回は心理カウンセラーへの転職を考えたときに必要となる面接対策や、注意点について解説していきます。

Contents

心理カウンセラーの面接対策を解説

面接 女性

面接で必ず聞かれることは、心理カウンセラーを目指した理由です。

これは心理カウンセラーに限ったことではないですが、目指した動機がより具体的であるほど面接官にも熱意が伝わります。

次に、心理カウンセラーに活かすことのできる自身のスキルや経験も必須でしょう。

なりたいという願望だけでは務められないので、企業側に自身を雇うメリットとなるスキルを提示する必要があります。

心理カウンセラーの場合専門知識が必要となるので、資格取得が一番のアピール材料となります。

資格がない場合は、相手の話を傾聴するコールセンターの経験や、企業で部下の悩みを解決した例などもアピールできる材料です。

あなたが相談する立場に立ったときに相談したいと思える人物像を想像し、そこに関連する自身のスキルを考えてみましょう。

 

ワンポイント
面接で必ず聞かれるのは選んだ理由と自身の関連する経験やスキル。

心理カウンセラーの主な仕事内容

勉強グッズ

心が病んでしまった時に真っ先に思いつくのは心療内科でのカウンセリングではないでしょうか。

心療内科と心理カウンセラーの大きな違いは、薬などを使った治療を行うかどうかという点です。

心療内科でもカウンセリングを行っていますが、保険診療で行い多くの患者を相手にするためゆっくりと時間はかけられません。

その点、心理カウンセラーの場合は薬物治療などを行わない代わりに、カウンセリングで話を聞くことが主体となります。

時間をかけて話を聞くことで、相談者の感情を落ち着けたり、悩みについてのアドバイスもじっくりと行うことができます。

ただ、見方によっては「話を聞いているだけ」というようにも捉えられかねません。

そのため、心理カウンセラーには大学で専門知識を学んだり、資格を取得したりというスキルを裏付けるものが必要となります。

それゆえに未経験の状態から転職する門戸が狭く、求人数もあまり増えていかないというのが現実のようです。

しかし、心の病が増えていく現状に合わせ企業や学校でも心理カウンセラーを雇いメンタルケアに注力するようになっています。

他にも、児童相談所で子供や保護者の相談を受けたり、家庭裁判所で調査官として働いたりするなど活躍の場所は増えています。

先進国では心理カウンセラーにもっと気軽に相談できる環境があるので、今後日本でも需要は高まっていく可能性は高いです。

 

ワンポイント
心理カウンセラーは薬を使って治療を行う代わりに、専門知識を使って悩みを解消する手助けを行う。

心理カウンセラーの面接の事前準備

書類 女性

面接の際に面接官から質問されても慌てないようにしっかりと事前準備を行い臨みましょう。

その事前準備の例として、自己分析と企業研究についてご紹介します。

自己分析をしよう

虫眼鏡 女性

面接ではあなたがどういう人なのか、その人となりを面接官は知ろうとします。

それにはまず、あなた自身が自分のことをよく理解していることが必要です。

自分のことなのだから分かっていて当然と思うかもしれませんが、深く追求されると言葉に詰まってしまう場合もあります。

面接という緊張する場面でも、自然な対応ができるように事前に自己分析を行いしっかりと準備を行いましょう。

例えば、心理カウンセラーになりたい理由が「人の悩みを解決したい」であれば、なぜそう思ったのか。

「人の話を聞くのが得意」であれば、その根拠は何なのか。

自分を面接する気持ちになって、理由の根底にあるものが何なのか掘り下げて考えてみましょう。

企業研究や情報収集を徹底しよう

ノートパソコン 女性

次に、志望する企業の情報をしっかりと集めましょう。

他の企業ではなく自社を選んだ理由を面接官は知りたいと考えます。

その理由が曖昧であれば、入れればどこでもよいのでは?と捉えられ志望企業に対する熱意が感じられません。

企業研究にはまず求人情報に書かれている募集要項をしっかりと読み込みます。

そこに書かれている、仕事内容や求める人物像を確認し、自身がマッチしているかどうか確認します。

特に心理カウンセラーでは資格の有無が対象条件になることが多いので、無資格者の場合はよく確認してから応募しましょう。

そして、志望企業の特色となる部分を調べます。

企業ごとに、医療分野や福祉分野、教育分野などさまざまな分野に分かれており、それぞれカウンセリング対象が異なります。

対象が変わるだけで悩みのケアの仕方や必要な知識もまったく異なるので、その企業に合わせたスキルを示すようにしましょう。

心理カウンセラーの面接での自己PRのポイント

自己PR

面接では自身の価値を分かりやすく伝えることが重要です。

心理カウンセラーの面接でアピールするポイントを解説していきます。

内容は具体的にアピールしよう

スーツ女性 ポイント

心理カウンセラーの面接でよく聞かれる内容として、保有資格や専門的な知識がどれほどあるのかの確認が挙げられます。

大学で心理学を学んでいた人や、臨床心理士などの資格を取得した人はその時学んだ内容を伝えればよいでしょう。

そういったものがない場合では、心理学に関わる自身の知識の詳細を説明しましょう。

誰にでも分かるような資格がないからこそ、自身の知識がどれほどあるのかを詳しく説明する必要があります。

その場合、心理学について書かれた本を読んだことや、セミナーに参加した経験などを伝えることになるでしょう。

そういった経験を伝える時の注意点として、ただ事実だけを伝えるのではなくその経験を通して学んだ内容も伝えるようにします。

学んだ内容の詳細を伝えることで、どれだけの知識を把握しているのかアピールすることにつながるのです。

専門知識が必要となる業界であるため、知識量が合否に直結する可能性も十分あります。

なるべく具体的な内容を伝え自身をアピールするようにしましょう。

自分の強みを仕事にどう活かせるか伝えよう

ガッツポーズ 女性

異業種から未経験で転職する場合での一番のアピールポイントともいえるのが、社会経験で得た自身の強みです。

心理学に関する仕事でなくても、カウンセラーに必要となるような自身の経験をはっきりと伝えましょう。

例えば、コールセンターで顧客の要望に対応していた経験。

プロジェクトリーダーとしてグループの意見をまとめた経験などで得たスキルは、カウンセラーにも通じるスキルといえます。

異業種でもそれまで培ってきたいろいろな経験があると思います。

その中で、相手の話を傾聴することや適格なアドバイスを行う、という実務に必要なことに関連したスキルを示しましょう。

 

ワンポイント
心理学の資格や心理学についての知識、活用できる自身の経験についてできるだけ詳細に伝える。

心理カウンセラーの面接の注意点

ポイント 女性

心理カウンセラーは心の悩みに対してカウンセリングを行う職業となるので、特に人間性を重要視されます。

そのため、知識や資格だけでなく身だしなみ言葉遣い話を聞く姿勢ということにも注意を払う必要があります。

面接という緊張する場面ではありますが、動揺せずに正しい言葉遣いときちんとした身だしなみを心がけましょう。

また、話を聞くというのもカウンセリングの重要な要素なので、聞いている時の姿勢や話すタイミングの取り方なども重要です。

特別なことをする必要はないので、最低限の常識を踏まえた上で自然な受け答えができるようにしましょう。

心理カウンセラーの面接でよく聞かれる質問は?

面接 女性

心理カウンセラーの面接でよく聞かれる質問とその回答例をご紹介します。

志望理由についての質問

「心理カウンセラーを目指すきっかけとなった理由を教えてください。」

これはどこの面接でも必ず聞かれる質問となります。

自身がカウンセリングを受け立ち直った経験や、友人の相談に親身になって聞いた経験などきっかけとなった出来事を伝えましょう。

どんな理由であっても構わないですが、この内容で面接官は心理カウンセラーへの理解度も見ています。

あまりに無関係な内容であったり、抽象的な表現だったりすると悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。

スキルや経験についての質問

「自分が心理カウンセラーに向いていると思う点を教えてください。」

心理カウンセラーとして働く上でのスキルについての質問です。

前述の通り、自身の経験やスキルなどでアピールできるポイントを伝えましょう。

これも「活用できるスキルを理解しているか」ということも含まれています。

ですので、できるだけ詳しく自身のスキルを伝えるようにしましょう。

対応能力を確かめる質問

「カウンセリングの相手に話を聞いてもらえない場合はどういうアプローチをしますか?」

実際の現場での対応能力を問われる内容です。

これは将来自身がカウンセリングを行う際に直面する可能性の高い問題となるので、実務に直結した質問です。

相手の話に共感しているのを伝えるのに効果的に相づちを行う、話の途中で何度か質問をする。

対応方法はいろいろとありますが、自身の経験を交えたり心理学の知識を含めた回答を行ったりすると効果的でしょう。

転職理由についての質問

「前職で不満に思っていたことを教えてください。」

異業種からの転職で聞かれやすい質問です。

不満というネガティブな内容をどれだけポジティブな転職理由に変えられるかを問われます。

例えば、同じことの繰り返しでやりがいを感じなくなったという場合。

そのまま伝えてしまっては、転職しても慣れてきたら同じことを思うのでは?と捉えられてしまいます。

「相手の話を傾聴する自分のスキルをさらに磨いて活躍できる職業を求め心理カウンセラーへの転職を決意しました。」

このように、前職の愚痴をこぼしているように聞こえなくするために、ポジティブな方向に言い換えましょう。

心理カウンセラーの面接で有効な逆質問

質問 女性

面接の際に「何か質問はありますか?」と問われることがあります。

この時に有効となる逆質問の例をご紹介します。

理念についての質問

「御社の理念である、クライアントの心情を最優先させるために実行していることは何ですか?」

これは、企業理念についてあらかじめ理解していることを伝えられます。

その上で、理念に基づいた行動をするために必要な知識を得ようとする探求心が伺えます。

成果についての質問

「未経験で転職した場合に、だいたいどのくらいの期間で成果を挙げていますか?」

異業種から転職する場合の率直な不安でもありますが、それと同時に成長意欲も感じられる質問です。

実務についての質問

「御社のカウンセリングを行う上で、一番気を付ける点を教えていただけますか?」

実務を行う上で必要な知識を聞く質問です。

実際に自身が働くイメージをつけたいという前向きな姿勢が伝わります。

心理カウンセラーの転職の応募書類の注意点

履歴書 ハート

転職の際に必要となる応募書類での注意点にはどういったものがあるのでしょうか。

履歴書のポイント

履歴書は企業側にあなたをアピールする大事な書類となります。

最近では手書きよりもパソコンで作成することが多くなっているので、その作成方法をあらかじめ確認しておきましょう。

また、普通紙であると安っぽい印象を与えてしまうので上質紙を用意して使うほうが好ましいです。

学歴に関しては中学校から書くのが一般的であり、年号は和暦で統一するという規則もあります。

また、職歴については一緒に職務経歴書も提出するので同じ内容となりますが、一目で分かるように簡潔に記載します。

志望動機自己PRは履歴書の中でも最も重要な部分となるので、限られたスペースで自分のアピールポイントをまとめましょう。

職務経歴書のポイント

職務経歴書はこれまでどういった会社で、具体的にどういったことを示す内容となります。

学歴を記すように、ただ「○○年入社」「○○年退社」といった事実だけを並べても何をしていたのか伝わりません。

あなたがどういう部署でどういった内容の仕事を行い、どのような実績を挙げたのか詳細に書くようにしましょう。

これもパソコンを使って作成することがほとんどですが、履歴書のように市販されたテンプレートはありません。

ですので、自分で読みやすくレイアウトをする必要があるので、どういった書き方があるかよく調べてからまとめましょう。

 

ワンポイント
・履歴書では志望動機、自己PRの部分でしっかりとアピールする
・職務経歴書は詳細な内容と見やすいレイアウトを心がける

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談する女性

心理カウンセラーは求人数が少なく、未経験での転職は難しいものとされています。

ですので、どういった求人があるのか、その企業の特徴は何なのか、こういったできるだけ多くの情報が必要です。

自身で情報を集めていても不安な点が多いと思いますが、そうした場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントはさまざまな業界の情報を幅広く持ち、独自のルートでの非公開求人を紹介してもらえる場合もあります。

また、相談費用もすべて無料となっているので安心して相談できるでしょう。

希望すれば疑似面接を行ってもらえたりもするので、本番前に自身の受け答えを確認することができます。

特に異業種からの転職であれば、転職エージェントは心強い相談相手となるでしょう。

まとめ

春のビジネスウーマン

心理カウンセラーは専門知識が多数必要とされ、未経験では門戸の狭い職種だといわれています。

しかし、心の悩みを抱える相談者が増えている現状で需要が上がっている業界です。

相手の悩みを解決するというのは、話を聞く力や判断能力などさまざまなスキルが求められます。

いろいろなアプローチを駆使して、相談者と一緒に悩みを解決した時の達成感は大きなものになるでしょう。

人の悩みをサポートすることに興味がある方は、一度転職エージェントに相談して詳細な内容を聞いてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する