アパレル販売員は女性に人気のある仕事のひとつです。

ファッションが好きな人はもちろん、人と関わるのが好きな人にも向いています。

そんなアパレル販売員ですが、有利な資格を持っていると転職や業務において役立てることが可能です。

この記事では、アパレル販売員に役立つ資格を解説します。

アパレル販売員への転職を目指す人やキャリアアップを望む人はぜひご覧ください。

アパレル販売員に役立つ資格を解説

指をあげる女性

この記事では、アパレル販売員の仕事で役に立つ資格を紹介します。

多くの仕事はそれに適した資格を持つことは転職活動やキャリアアップの際に有利です。

アパレル販売員にも、持っていると有利な資格が存在します。

資格はその分野における知識の証明になるため評価を得やすいです。

また資格を持つということは自信にもつながるため、前向きな気持ちで転職活動を進められるようになるでしょう。

まずはアパレル販売員に有利な資格を知り、転職活動への活かし方について知ります。

アパレル販売員の主な仕事内容

笑顔の女性

資格の紹介をする前に、アパレル販売員の主な仕事内容を紹介します。

  • 商品の案内や提案
  • コーディネートの提案
  • レジでの会計対応
  • 電話対応
  • その他接客全般
  • ディスプレイ調整
  • 清掃
  • 在庫管理

大きな仕事はお客様へ商品を勧める・コーディネートの提案をする・質問に答えるなどの接客業務です。

お客様からの問い合わせにはもちろん丁寧に答えますが、悩んでいるお客様にこちらから声をかけることも必要です。

アパレルや流行に関する知識を活かすほか、お客様に似合いそうな商品を提案することも求められます。

商品一点のみでなく、全体のコーディネートに関する提案もおこないます。

レジでの会計対応や店舗にかかってくる電話への対応も、販売員に求められる仕事です。

トレンドに合わせて商品の配置を変える、マネキンのコーディネートを決めるなどディスプレイ調整も大切です。

良い店舗作りが快適なショッピングや売り上げにつながります。

そのほかにも店舗の清掃や在庫管理などの仕事があります。

バックヤードから商品を出す、商品を発注する、数を数えるなどお客様と直接関わらない部分も大切です。

アパレル販売員は販売そのものだけでなく、アパレルショップに関する幅広い仕事を任されます。

 

ワンポイント
お客様対応から店舗調整まで幅広い仕事をします。

アパレル販売員におすすめの資格「ファッション販売能力検定」

ガッツポーズをする女性

最初に紹介するアパレル販売員におすすめの資格は、ファッション販売能力検定です。

その名のとおりファッション販売に関する資格です。資格概要や試験の内容について紹介します。

どんな資格

ファッション販売能力検定は、ファッション商品の販売員に求められる能力をはかる検定です。

3級から1級まであり、ショップやマネジメントやファッション商品の知識、販売技術に関する問題が出題されます。

衣類などのファッション商品を売るために必要な幅広い知識が問われる資格です。

ファッション商品の販売に的を絞った資格なため、アパレル販売員の仕事でかなり活かすことができます。

試験の内容は?

デスクワーク、女性

ファッション販売能力検定の3級・2級の試験はマークシート方式で、A科目とB科目の2科目からなります。

1級はマークシートはなく、記述式および選択式の筆記試験です。

すべての級において、ショップ・マネジメント知識、販売知識、販売技術の3科目からなります。

3級や2級は基本的な知識や一般的な実務内容が問われるため、独学でも十分合格可能です。

1級はやや難易度が高いため、未経験者は勉強しててもイメージが掴みづらいかもしれません。

経験者のスキルアップに効果的です。

アパレル販売員として未経験のうちは、まずは2級までを目指すと良いでしょう。

 

ワンポイント
アパレル販売員としてダイレクトに活かせる資格です。

アパレル販売員におすすめの資格「販売士検定」

スーツ、女性

続いて紹介するのは販売士検定です。販売士検定はその名のとおり、販売業に関する検定です。

販売士検定の資格概要や試験の内容を紹介します。

どんな資格

販売士検定はマーケティングの基本的な考え方や、販売担当者に必要な接客・売り場作りなどの知識が問われる資格です。

3級から1級まであり、高い級に合格すれば昇級や昇格にかなり有利です。

販売に関する幅広い知識が必要となります。上の級を持っていれば販売分野における責任者も望めます。

アパレル販売に限らず、販売職の仕事であればぜひ身につけておきたい資格です。

試験の内容は?

販売士検定は全部で5科目からなります。

筆記試験の得点が平均70点以上かつ、1科目あたり50点以上が合格基準です。

科目はどの級も同じで以下となります。

  • 小売業の類型
  • マーチャンダイジング
  • ストアオペレーション
  • マーケティング
  • 販売・経営管理

専門用語が多くやや難しい検定ですが、独学でも十分に合格可能です。

販売員としての就職やスキルアップを目指す人におすすめできます。

アパレル販売員におすすめの資格「色彩検定」

解説

色彩検定もアパレル販売員に活かせる資格です。

こちらは色彩に関する知識が問われる資格で、アパレルなどファッションにもかなり有用です。

どんな資格

色彩検定は色に関する幅広い知識を問われる検定です。

色はセンスの問題と考える人が少なくありませんが、知識をつけることで色に関する能力はかなり高まります。

色に関する知識を活かすことで、商品の提案だけでなく店舗ディスプレイの向上も可能です。

UC級(色のユニバーサルデザイン級)および3級から1級があります。

色彩の知識はファッションにおいても効果的なため、色彩検定を取得できるとかなり有利です。

試験の内容は?

全ての級において合格ラインは満点の70パーセント前後です。

試験方式は級によって若干異なります。

  • 3級:マークシート方式
  • 2級:マークシート方式+一部記述式
  • 1級:一次はマークシート方式+一部記述式、2次は記述方式+一部実技
  • UC級:マークシート方式+一部記述式

1級には実技が含まれているため、いきなり勉強するのはハードルが高いです。

まずは未経験の独学でも十分に合格可能な3級・2級の受験をおすすめします。

アパレル販売員におすすめの資格「パーソナルカラリスト検定」

ポジティブ

お客様へ商品を提案するにあたって、パーソナルカラリスト検定はかなり効果的です。

色に関するただの知識ではなく、色を活用させる方法について問われます。

どんな資格

カラリストとは色を活用することで生活をより豊かにし、コミュニケーションを促進させる色の専門家です。

色にはそれぞれ雰囲気や印象があります。カラリストはこれらを活かしてその場に必要な色の提案をします。

試験は3級から1級までです。

アパレル販売の場では、お客様に合った色の提案が求められることが多くあります。

そのため色の活用法に関する知識はお客様により良い商品を提案することにつながり、非常に有利です。

試験の内容は?

ポイント

パーソナルカラリストの試験方式は以下のとおりです。

3級:マークシート70問+配色実技20問

2級:マークシート80問+配色実技・記述15問

1級:1次:マークシート100問、2次:配色実技60問+記述

3級は色彩の知識というよりはファッションに関する問題が多くなります。

試験は自宅でおこない、期日までに郵送で提出します。

独学でも十分に合格可能ですので、アパレル販売員を目指す人は取得がおすすめです。

 

ワンポイント
お客様に似合う色を提案できるようになります。

アパレル販売員におすすめの資格「パターンメーキング技術検定」

ガイド

ファッション業界で大いに活かせる資格として、パターンメーキング技術検定もあげられます。

アパレル販売員の転職やキャリアアップに効果的です。

どんな資格

パターンメーキング技術検定は、ファッション造形に関する知識が問われる資格です。

パターンメーキングとはデザイナーのデッサンを型紙に起こす作業をいいます。

パターンメーキングにはファッション商品の造形に関する知識が必要です。

試験は3級から1級まであります。

ファッション商品を扱うアパレル販売員にとってダイレクトに活用できる資格です。

試験の内容は?

3級と2級は筆記と実技の2種類、1級は実技のみからなります。

パターンメーキングそのものの問題だけでなく、ファッション業界に関する問題も幅広く出題されます。

ただし、これまで紹介してきた他の資格と比べると少し難易度が高めです。

実技試験が出題されるため、独学での勉強はやや難しいでしょう。スクールへ通うことをおすすめします。

1級は実務経験を長く積んだ人を対象とした試験なため、最初は3級・2級からの受検がおすすめです。

2級までであっても転職活動で十分に役立ちます。

アパレル販売員が資格を取得するメリット

女性

アパレル販売員が資格を取得するメリットを紹介します。

資格を持つことで可能性が広がるため、キャリアアップを目指すのであれば取得がおすすめです。

知識の証明になる

資格のもっとも大きなメリットは、知識の証明になることです。

資格はその分野における専門知識を有していると認められた人に与えられます。

資格を持っているということは、客観的に知識を認められた証なのです。

知識を持っていることを過去の経験やエピソードを使いながらアピールすると、あくまで主観的になってしまいます。

資格は客観的な事実に基づくため、知識を有していることを強く証明できるのです。

転職で有利になる

アパレル販売員として役立つ資格を持っていると、別のショップや会社へ転職するときに有利になります。

先述した通り、資格はその分野における知識を有していることを証明するものです。

そのため転職活動において自身をアピールするために有用です。

人事や面接官といった採用担当者は、書類に書かれた情報や面接での雰囲気・発言のみから判断しなければなりません。

そんな中で資格という明確な基準があれば判断がしやすいうえ、知識の裏付けにもなります。

即戦力となり得る知識を持っていることは、人手を求めている企業にとってかなり魅力的です。

資格を転職で活かすには?

コーヒーを飲むOL

資格を転職で活かすためには、とにかくアピールが必要不可欠となります。

もちろんただ資格を持っているだけでも有利ですが、エピソードを語れるとより効果的です。

その資格を取るに至った理由や勉強していたころの体験談、資格を取得したことによって得たものなどを語ります。

転職活動時は具体的なエピソードをなるべく多く語りたいものです。

そうすることで面接官に自分をより深く認識してもらえ、良い結果を得られる可能性が高くなります。

 

ワンポイント
資格を取得することには多くのメリットがあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

打ち合わせする女性

転職活動を進める過程でしなければならない行動はたくさんあります。

資格の勉強や志望動機の練り込み、面接対策など常に忙しい状態です。

そのうえ転職活動中はうまくいかずに悩んでしまうことも多いです。

悩みを一人で抱え込むのはとても辛いことですが、誰に相談すれば良いのかわからない場合も多いでしょう。

ですが転職活動の悩みは転職エージェントに相談すれば大丈夫です。

転職エージェントは多くの転職者をサポートしてきた転職のプロといえる存在です。

転職活動に関するノウハウが豊富なため、実用的かつ的確なアドバイスができます。

転職活動中に悩みが生まれても転職エージェントに相談すれば安心です。

転職エージェントは無料で活用することができます。

悩みは抱え込まず、転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

ガッツポーズをする女性

アパレル販売員として活かせる資格は数多くあります。

どんな職業であっても、その職業に有利な資格を取ることは転職活動にかなり効果的です。

高度な資格はスキルアップやキャリアアップにもつながります。

アパレル販売員を強く志望するのであれば、ぜひ資格の取得をおすすめします。

独学でも十分に合格を狙える資格が多いため、ぜひ挑戦してみましょう。

もし勉強の進め方など悩みがあれば、転職エージェントへご相談ください。

これまでのノウハウを活かしながら適切なサポートをおこないます。

あなたがアパレル販売員として活躍できるよう願っております。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら