テストエンジニアはテスト工程に携わる職種であり、開発において重要な役目を担う存在です。

専門的な知識が必要となるため、テストエンジニアへの転職活動においてもアピールの仕方を十分に考える必要があります。

そんな転職選考の中でまず考えたいのは志望動機の書き方です。

今回はテストエンジニアの志望動機の書き方や、職種未経験の場合のアピールポイントなどを解説していきます。

Contents

テストエンジニアの志望動機の書き方を解説

電話を掛ける女性

テストエンジニアは企業が自社の製品を安定して動作するか確認する上で重要な役割を担います。

志望動機でもそうした工程を担当するということを踏まえてアピールすべき箇所を考えるようにしましょう。

そのためにはテストエンジニアという職種についてよく理解しておく必要があります。

転職する上で大切なのはその職種や企業に対してどれだけ深く知っているかです。

まずはテストエンジニアの主な仕事内容について紹介していきましょう。

テストエンジニアの主な仕事内容は?

女性事務所

テストエンジニアは、開発に携わるエンジニア職でテスト計画・設計・テストの実施・テスト結果の確認などを行います。

これらの業務はテスト工程と呼ばれ、システム製品がトラブルなく安定して動くために必要不可欠な工程です。

どういった項目でテストを行うのかを考え、それに基づいて漏れのないようにテストを実施します。

その後はテスト結果をまとめ、開発者・上位者に対してレビューを行うことになるでしょう。

場合によっては再テストを実施することもあります。

テストが終了したらそれを開発部門に伝えてシステムや機能の改善をしていくこととなるのです。

テストエンジニアは製品がより良くなるために必要不可欠な職種だといえるでしょう。

 

ワンポイント
テストエンジニアはテスト工程に携わり、システムが安定して動くかを確かめる職種です。

テストエンジニアの志望動機を書くポイント

営業の女性

次は志望動機を考える際のポイントを解説します。

以下のポイントに気をつけることでテストエンジニアとして最適な人材であることを伝えることができるでしょう。

専門職であるため、企業側もテストエンジニアへの適性があるかを吟味します。

企業の期待に応えられる人材であるということをアピールしていきましょう。

なぜその企業なのか具体的に伝えよう

企業が求めているのは「自社に入りたいと考えている人材」です。

同業他社でも良いからテストエンジニアになりたいと考えているような志望度の低い人材は避けたいと考えています。

そのような人材は会社への貢献よりも自分の利益を優先したりすぐに他社に転職したりするかもしれないからです。

そのため、同業他社ではなく志望している会社に入りたいのだということを具体的に伝えるようにしましょう。

例えばその企業の業務内容・社風・企業理念などに言及すると効果的です。

入社後どう活躍できるかアピールしよう

指をさす女性

具体的にその企業に入りたい理由を述べたら、次は入社後にどのように活躍できるかをアピールすると良いでしょう。

これは採用担当者に入社後の業務に対しての取り組み方を想像してもらうために大変重要なポイントです。

もしその活躍の仕方が企業の姿勢に合致していた場合、採用を具体的に考えてもらう段階まで駒を進めることができるでしょう。

志望動機を伝える上で入社後の姿を想像してもらうというのは大切なポイントです。

その際、今までの業務経験と関連付けて具体的なエピソードを伝えるようにしましょう。

そうすることで入社後に活躍を期待できると信用してもらうことができます。

未経験転職の時のポイント

未経験で転職をする場合には、今までの業務経験からどういった能力・スキルがあるのかをアピールすると良いでしょう。

その際にアピールする能力・スキルはテストエンジニアに求められる能力に近いものを選ぶことが大切です。

そのためにまず自己分析を徹底的に行うようにしましょう。

そうすることによって未経験であっても転職に役立つ能力・スキルというのが明確になります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

テストエンジニアの志望動機を書く時の注意点

ガッツポーズする女性

次はテストエンジニアの志望動機を書く時の注意点を具体的に解説していきます。

以下のような点に気をつけることによって、志望動機をより高評価につなげることができるでしょう。

具体性のある内容にしよう

志望動機を書く時には内容が抽象的にならないように注意する必要があります。

採用担当者はあなたがどういう人物であるかというのを具体的に知りたいと考えているのです。

そのため内容が抽象的であると、あなたにどういった魅力があるのか、どういったことが得意なのかが分かりにくくなってしまいます。

自分をアピールするためにどうすれば自分の魅力が伝わるのかを考えるようにしましょう。

客観的な視点に立つことでどうすればより伝わりやすくなるかも分かります。

実現できることを書こう

ノートを持つ女性

志望動機で入社後の取り組み方について書く際、実現できるものを書くようにしましょう。

もし実現不可能なものを書いてしまうと、それを見た採用担当者は実現性に乏しいと考えるはずです。

現実的に難しいと考えられた場合にはその後の選考にも悪い影響を与えてしまいます。

そのためなるべく実現可能なことを書くことによって、きちんと今後のことを見据えていると考えてもらえることでしょう。

 

ワンポイント
・志望動機を書く際は内容が具体的であることを心がける
・入社後の取り組みについて書く時には実現不可能なことは書かないようにする

テストエンジニアの志望動機の例文

人差し指を立てるビジネスウーマン

次は具体的にテストエンジニアの志望動機を例文形式でお伝えしていこうと思います。

以下のような志望動機にすることによって、企業に好印象を与えることができるでしょう。

業務経験をアピールする場合の例文

現職ではシステムエンジニアに就いており、開発工程に携わっております。

業務に携わる中でシステムをテストする工程というのが、大変重要なものであると実感した次第です。

以前、開発したシステムが納品を間近にした段階でトラブルを起こしてしまいました。

その後トラブルの原因を突き止めるために、システムのテストを行なったところ無事に原因が判明したのです。

この経験からシステムを実際に納品する上でシステムテストというのは重要であると実感しました。

貴社に入社した暁には、実際に開発としてシステムに携わっていた経験を活かしたテスト計画を立案できると考えております。

今までの経験を活かして、テスト業務に取り組んでいきたいです。」

経験者が自身の経験をアピールする場合の例文

パソコンをする女性

私は以前もテストエンジニアとしてテスト工程に携わっておりました。

そんな中で貴社の提供するサービスを利用する機会があり、大変感銘を受けました。

そのためテストエンジニア職を志望させていただいた次第です。

私は貴社の常に新しいものを作ろうとする姿勢に大きく共感しました。

入社後はいち早く貴社の製品の仕様を把握して、品質テストに関しての理解を深めていきたいと思っております。

貴社のサービスがより良いものになるために、前職で培ったテスト業務に関する知識と経験を活かしていきたいです。」

エンジニア未経験者が自身の能力をアピールする場合の例文

「私は現職でシステムの営業を行なっております。

そのため実際に開発工程に携わったことはありません。

しかし、システムを安心して納品できるのはテストエンジニアの存在のおかげだと考えております。

テストエンジニアは品質保持のために欠かすことのできない存在です。

貴社は業界を引っ張る最先端の会社だと考えております。

私も貴社でその最先端の技術を広めるために、営業職で培った課題分析能力を活かして業務に取り組んでいきたい所存です。

入社後はできるだけ早く、テストエンジニアとして必要な専門知識を習得したいと思っております。」

テストエンジニアの志望動機のNG例

プレゼンをする女性、ノートパソコン、顧客の男性

次はNG例について具体的にご紹介していきます。

以下のような志望動機では企業に良い印象を与えられません。

志望動機を書く際はここで書くNG例に当てはまらないように気をつけましょう。

志望動機に具体性がないNG例

例えば以下のように志望動機に具体性がないと、企業は「同業他社でも良いのではないか」と考えてしまいます。

「私は貴社の姿勢に憧れて、テストエンジニア職に応募した次第です。

私は以前、システムの開発工程に携わっており、その中でシステムに関しての専門知識を身に付けました。

貴社に入社した後はその時の経験を活かして業務をこなしていきたいと思っております。」

スキルを適切にアピールできていないNG例

困るビジネスウーマン

エンジニアだからといってPCスキルが全て通用するわけではないということを理解しておく必要があります。

未経験者であればスキルをアピールするのではなく経験にフォーカスするようにしましょう。

例えば以下のような志望動機は企業に良い印象を与えられません。

「私は前職では事務職に就いていたため、PCスキルに自信があります。

MOSの資格も取得しており、WordとExcelの操作には自信があるため、そのPCスキルを活かしてテスト工程に取り組みたいです。」

WordやExcelというのはエンジニアにとって必要ではありません。

こうしたPCスキルについてはアピールしない方が良いでしょう。

得意分野・能力・スキルをしっかりとアピールできていないNG例

得意分野や自身の能力・スキルについてはしっかりと具体的に述べるようにしましょう。

以下のように抽象的な志望動機だと、採用担当者に自分の魅力を伝えることは難しくなります。

「私は以前はシステムエンジニアとして運用保守業務に携わってきました。

貴社のシステムは業界において、とても信頼性が高いためテスト工程の質も高いのだろうと考えております。

様々な案件を通して培ってきたシステムに関する能力を活かし、貴社のテストエンジニアとして活躍していきたい所存です。」

テストエンジニアの転職面接対策

転職面接対策を行う際、企業は応募者が自社の求める人物像に合致する存在であるかどうかを見ています。

そのため、まずは企業研究を行いその会社がどういった人材を求めているのかを知る必要があるでしょう。

そうすることによってその人物像に合致する形で自身の能力・スキル・経験をアピールすることができるのです。

また、転職面接では面接官と対話しながら自身のことを話していくためコミュニケーション能力が必要となります。

転職面接では面接官に自分のことをどうすればより具体的に伝えられるのかを意識して話すように心がけましょう。

 

ワンポイント
転職面接では面接官との対話を通して自分について具体的に伝えることを意識しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

テストエンジニアの転職面接でよく聞かれること

外回りする女性

以下の質問はテストエンジニアの転職でよく聞かれる内容となっています。

そのため事前に対策を行っておくことによって、どうすれば企業に良い印象を与えられるかをじっくりと考えることができるでしょう。

前職を退職された理由は何ですか

転職面接では前職を退職した理由を聞かれることが多くあります。

これは面接官が転職した後にまたすぐに退職してしまわないかを確かめるためのものです。

そのため、退職理由について述べる時はポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

例えば「自身の理想のキャリアを実現するため」や「前職での経験を更に活かせる仕事を見つけるため」などが好印象です。

以前勤めていた会社の批判や愚痴などはいわないように気をつけましょう。

仕事で失敗したことはありますか

企業が失敗談を尋ねる時は、その失敗を応募者がどのように克服し成長したのかを知りたいからです。

そのため失敗談だけを伝えるのではなく、その後の対応やその経験から何を学んだかを伝えるようにしましょう。

そうすることによってあなたが失敗から成長できる人材であるということを印象付けることができます。

 

ワンポイント
・前職を退職した理由を聞かれた場合はポジティブな印象を与えられるような回答を心がける
・仕事での失敗談を聞かれた時は失敗を通して学んだことを伝える

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性事務所

もし転職活動をしていく中で不安や悩みを抱えている場合には転職エージェントに相談するようにしましょう。

エージェントは転職のプロフェッショナルとして、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

ただ相談に乗ってくれるだけでなく、模擬面接を実施してくれたり非公開求人を紹介してくれたりもするのです。

サポートをしてもらうことによって1人で転職活動をするよりもスムーズに行っていくことが期待できるでしょう。

自分1人だけで転職対策を行っていくのには限界があります。

そのため転職に不安を感じている方はエージェントを利用することで転職活動を安心して行えるようにしましょう。

まとめ

スーツの女性

今回はテストエンジニアに転職する際の志望動機について解説を行ってきました。

テストエンジニアというのは技術的な専門知識が必要とされます。

そのため企業側も適性のある人材かどうかを転職選考で十分に見極めたいと考えることでしょう。

志望動機を書く際にはテストエンジニアとしてアピールすると良いポイントを絞ってアピールすることを心がけることが大切です。

そうすることによってより具体的に適性があると伝えられるでしょう。

また、もし転職活動で悩みを抱えている場合には、転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

そうすることによって、自分1人でやるよりも有利に転職活動を進めていくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら