3/19

女性エンジニアの平均年収を解説

指をあげる女性

IT業界でエンジニアといえば長い間男性がほとんどでしたが、最近は女性のエンジニアも増加傾向です。

IT業界は実力主義で年齢や性別で不利益を被ることはありません。

しかし、女性は結婚や出産で退職するケースがあるため男性に比べ年収は少ないのが現状です。

しかし、女性の管理職も増え、女性ならではのメリットを活かしてIT業界も今また大きく変わろうとしています。

女性エンジニアの平均年収は、IT・通信系のエンジニアなら、プロジェクトマネージャーで562万円、ITコンサルタントで517万円、研究開発506万円です。

他業種よりもかなり優位であることがわかります。

女性エンジニアの主な仕事内容

女性

エンジニアの仕事はシステムのコードを書くプログラマー・システム設計するSEがあります。

また、サイトのデザインと担当するWebデザイナー・プロジェクトをまとめるプロジェクトマネージャーなどもあります。

特に女性の場合はWebデザイナーを希望する人も多いのが特徴で女性感覚のデザインが仕事で大いに力を発揮するでしょう。

スキルと実績があればクラウドソーシングを利用して自宅で育児しながら仕事ができるので長く働けます。

また、ある程度実績があればキャリアプランとしてフリーランスになって年収600万円以上稼ぐ人もいます。

 

ワンポイント
 スキルを磨いて年収をアップさせよう。

女性エンジニア年齢別の手取りやボーナス

仕事

国税庁が発表しているデータによると日本国民の平均年収は420万円で、SEの平均年収は547万円ほどです。

SEの平均年収は高水準といえるでしょう。

女性は男性よりも収入がやや落ちる傾向があります。

女性のエンジニアでも管理職で男性以上に稼げる人も最近は増えていて、女性もやる気とスキル、経験があれば年収も高くなるという証明です。

それでは女性エンジニアの年齢別による手取りやボーナスを紹介しましょう。

20代前半

20代前半の女性エンジニアの手取りは、月およそ18万円から19万円でボーナスが78万円と仮定して年収はおよそ283万円から313万円ほどです。

20代後半

20代後半の女性エンジニアの手取りは、月およそ21万円から22万円でボーナスが85万円と仮定すると年収は340万円から342万円になります。

SEとして就職した20代前半から経験とともに20代後半には年収が一気にアップします。

30代前半

30代前半の女性エンジニアの手取りは、月およそ23万円から24万円でボーナスが年98万円支給されたと仮定すると年収は329万円から392万円になります。

ちなみにSEの年収のピークは40代後半から50代前半だといわれています。

女性の転職率が高いのは30代といわれ、経験や実力に応じて年収は大きく増えるでしょう。

 

 

女性エンジニアの年収が高い理由

女性

エンジニアは一般的な職業から比べて年収が多いといわれます。

エンジニアの仕事は簡単に参入できない専門的知識スキルが必要なこと、納期が迫ると残業が増えるため年収が高くなるのです。

特に女性エンジニアは男性にはないコミュニケーション能力・人脈・女性ならではの分析力・経験・実力もあれば男性よりも高い年収が期待できます。

さまざまなスキルを必要とするから

女性、パソコン

女性のエンジニアの年収が高く設定されているのは専門的な知識やスキルを必要とするからです。

また女性は男性よりロジカルな考え方ができる人が多いのも特徴といえます。

特に即戦力となるエンジニアは高い報酬で企業にヘッドハンティングされる可能性もあります。

外資系になると年収1000万円を下らない企業もあるくらい人気の業種です。

高収入を目指すなら知識とスキルだけは誰にも負けない自信があれば収入も確実にアップするでしょう。

人材不足が懸念されているから

スーツの女性

IT業界は技術の躍進と業界全体の分野が目まぐるしく発展していて人材不足に陥っています。

2030年には約45万人のIT業界で人材不足が起こるとまでいわれています。

そのため給料を高くして人材確保に動くため年収も高止まりする傾向にあります。

残業も多く、長く勤める人が少ないのがIT業界の特徴であり、そのため収入も高くなるのです。

また、最近ではIT業界でも女性が結婚後育児しながら働きやすい環境整備に取り組んでいる会社もあります。

能力ある人材をつなぎとめるため企業も積極的に努力しているのです。

 

ワンポイント
 ライフイベントを考えてより良い職場環境で働こう。

女性エンジニアの生涯賃金は?

スーツ、女性

SEは専門職であり身につけたスキルや知識、経験が全てあなたの市場価値になります。

生涯賃金もそれに大きく影響されるので日頃から自分の価値を高められるようにスキルと知識を磨き増やしましょう。

システムエンジニアの22歳から59歳までを生涯年収として計算した結果、男性は2億2833万4200円、女性は2億125万8100円となります。

女性エンジニアが年収を上げる方法

デスク

エンジニアは性別や年齢のハンディがなく努力次第で年収1000万円を稼げる仕事です。

女性でも実力と高いスキルや知識があれば年収を上げることは可能でしょう。

ライフイベントによって働き方が変わっても企業側がそれに合った働き方を提案して来る時代です。

具体的に年収を上げる方法について解説します。

複数のプログラミングスキル言語を習得する

女性

SEは本来業務にはないプログラミングスキル言語を習得することで周囲の評価が高くなります。

プログラミングの基礎的知識がっても実際に本格的なプログラミングができる人材が少ないので希少価値が出て来るからです。

年収を上げるためには、他の人ができないスキルを身につけ、社内で数少ないスキルを持った存在になることです。

特に女性でプログラミングスキルを持つ人材が少ないので転職する時は強みになります。

面接でその点をうまくアピールすれば一歩前進できます。

1人で何でもできるようにする

デザイナー

SEが年収を方法としては、プログラミングができたらシステム開発を一人でできるようになります。

システム開発でプログラミング以外にネットワークやデータベースなどの知識も備われば転職しても高く評価され高待遇で転職できるでしょう。

またフリーランスとして活躍することも夢ではありません。

フリーランスとして成功すれば企業で働くよりさらに高額な収入がもらえるかもしれません。

コネを作る

SEといえどもコネを作ることは仕事をする上でも、また将来フリーランスになった時にも大きな意味を持ちます。

一般に仕事を請け負う際には仲介業者が入ることが多く、そうなると仲介手数料が差し引かれるため引き受けた仕事の単価が安くなります。

コネがあれば単価交渉で強気に出ることも可能です。

フリーランスになればコネを活用して仕事の幅を広げられます。

 

ワンポイント
 資格を取って自分の市場価値を高めよう。

女性エンジニアにおすすめの資格

図書館で本を読む女性

女性エンジニアが年収を増やす方法として資格を取るのもおすすめです。

SEの仕事はあくまで実力であり資格がなくてもできますが、資格があれば業界内で客観的な評価基準になります。

資格は取ることも大事ですが勉強をする中で新たな知識が得られ仕事に大きなプラス効果をもたらすこともあります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は経済産業省が定めた情報処理技術者試験の一つでITエンジニアとしてキャリアをスタートさせるなら是非取得しておきたい資格です。

基本情報技術者資格は大手企業では高い評価が得られる資格で、転職採用の基準になります。

独立系のメーカー企業では基本情報技術者資格は大きな武器になるのでメリットがあるでしょう。

合格率は20%〜30%となっていて、通信講座や参考書も販売されているので独学で勉強できます。

ITコーディネータ

ITコーディネータは経済産業省が定めた資格制度です。

ITと企業経営の両方に深い知識を持ち、経営者の立場で経営のIT化を実現するための資格です。

基本的には70%以上で合格になり出題範囲は広いため覚えることも多くなります。

ITコーディネータは中小企業を主な活躍の場として幅広く知識が活かせる資格です。

マイクロソフト認定プロフェッショナル

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)は、マイクロソフト製品の実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通の資格で認知度も高い資格です。

マイクロソフト製品に精通し、その活用やユーザーサポートなどが行えるレベルが基準となっています。

マイクロソフトが認定している資格としては一番ベーシックな資格です。

女性エンジニアを目指すには

考える女性

女性エンジニアの転職数は過去10年で4倍以上に増加して、エンジニア不足が拍車をかけて女性のエンジニアが増えているのです。

テクノロジーは日々発達し、新しい技術を学ぶ姿勢が大切です。

独学で学ぶのもいいのですが、プログラミングスクールに通ってエンジニアの知識を効率的に学ぶといいでしょう。

セミナーなどに参加してホットな業界の動きを目の当たりにすれば女性エンジニアとして希望を持って活躍できるでしょう。

スキルを習得する

女性がエンジニアに転職するならプログラミングスキルを習得しましょう。

プログラミングはSEをはじめエンジニアの職種を希望するなら基本的な知識は必須です。

本格的なプログラミングができれば一人でシステムを構築できることになり収入増加に繋がります。

またプログラマーに適切な指示するためにもプログラミングを理解しておくだけでも違います。

転職を考えるならさらに需要が高いプログラミング言語も習得しておくといいでしょう。

Ruby、Python、PHPなど需要が高いとされる言語が使えれば転職の選択肢が増えます。

プログラミング言語はアップデートが来るたびにチェックしておきましょう。

コミュニケーション能力を磨く

エンジニアになるならコミュニケーション能力は重要です。

クライアントからヒアリングして要望をしっかり聞き出し、チームのメンバーに伝えてシステムを完成させなければなりません。

そのためにはクライアントとの話し合いの中で、ニーズを理解する能力と問題点の整理ができる能力が必要です。

日頃から人と会話する時に相手の意図を読み取る訓練することをおすすめします。

これは急にいわれてできるものではないので意識して人と会話するようにしましょう。

また、チームのメンバーに簡潔にクライアントの要望を伝える能力も必要になります。

ここで意図が上手く伝わらないと設計後システムのバグなど問題につながる可能性があります。

 

ワンポイント
 転職するか迷っているならまずは転職エージェントに相談。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ポイント

焦って転職できたがミスマッチで人間関係が悪い会社だった、期待した仕事をさせてもらえないなど問題も実際に起こっています。

そうしたミスマッチしないためにも転職に迷ったり悩んだりしたら転職エージェントに相談してみましょう。

研修制度など人材育成に力を入れている、福利厚生がしっかりしている、女性の社員数が多いなどニッチな情報は転職コンサルタントなら入手可能です。

ITに強い大手のエージェントだけでも20社以上もあります。

実績のあるエージェントならIT業界の動向や良質な求人を紹介してくれます。

書類作成や面接に自信がなくても転職コンサルタントはこれまでの経験から選考対策がしっかりできるので安心です。

また企業側と条件交渉ができるのも転職エージェントの強みです。

転職を考えるならプロの転職エージェントを利用する方が最短で希望の会社に転職ができます。

まとめ

女性

女性エンジニアで年収を上げたいなら知識やスキルを身につければ年収1000万円も夢ではありません。

スキルと知識を兼ね備えれば企業選びも広がります。

不安な時こそ転職エージェントに相談してアドバイスをもらい希望通りの会社に転職しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら