クレームというのは顧客を相手に仕事をする上で避けられないものです。

特に接客業などは顧客と接する場面が多いため、クレーム対応が上手であることは業務上大きなメリットとなります。

今回の記事では自己PRでクレーム対応経験を伝える方法を解説していきましょう。

具体的にどのように自己PRで言及すれば良いのか例文もご紹介するので参考にしていただければと思います。

Contents

自己PRでクレーム対応経験を伝える方法を解説

メモを取る画像

転職活動の自己PRは企業に自身のビジネスにおける長所を伝えるために欠かすことができないものです。

特にクレーム対応をした経験というのは社会人としての能力をアピールする上で大変役立ちます。

クレーム対応経験を伝える際に大切なのは、具体的なエピソードを提示することです。

そして、それによってどのような結果をもたらされたかも述べるようにしましょう。

対応の結果、顧客がどのように満足して業務上どのようなメリットが発生したのかを具体的にすることが大切です。

そうすることによって応募した会社の採用担当者から責任感と忍耐力のある人材だと思ってもらえます。

自己PRでクレーム対応経験を伝える際は具体的なエピソードとその結果にフォーカスすることが重要です。

企業が自己PRを質問する理由は?

指をさす女性

企業が自己PRを質問するのは、応募してきた人材がどういった能力性格を持っているかを知るためです。

企業は自己PRを通して自社が求めている人物像とその応募者の能力・性格のベクトルが同じであるかどうかを確認しています。

また、自己PRでは自ら自分の長所を語るものです。

そのため、自己PRを作成する際には企業が求めている能力・性格に合わせることが大切となるでしょう。

もしその会社の求めているものと違った場合には選考を通過するのが難しくなってしまいます。

しっかりと企業研究を行ってその企業が求める能力・性格と合致する強みを伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
企業は応募者の能力や性格を知るために自己PRを質問します。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

自己PR作成のポイント

ファイルをもつ笑顔の女性

次は自己PRを作成する際のポイントについて解説していきます。

以下のようなポイントはクレーム対応経験を自己PRで活用する際にも役立つので積極的に取り入れていきましょう。

結論を最初にいう

自己PRを作成する際には最初に結論を伝えるようにしましょう。

そうすることによって、採用担当者に対して自分がいいたいことを最初に端的に伝えることができます。

最初ではなく最後に結論をいってしまうと、採用担当者は何が伝えたいのか分からない状態で最後まで話を聞かなければいけません。

それでは話が分かりにくくなってしまうため、まず結論から伝えるということを意識するようにしましょう。

転職活動では自分について分かりやすく伝えることが大切です。

結論までのエピソードを具体的に

考える女性

結論の後には何故それを自己PRに選ぶに至ったかの理由と、具体的なエピソードを伝えていきましょう。

理由を伝える際には論理を大切にし、話が飛躍しないよう注意が必要です。

また、具体的なエピソードを伝えることでその結論を補強することができます。

具体性を持たせることによって、あなたの自己PRも説得力を増していくことでしょう。

自分の長所が何であるかを採用担当者に分かってもらうために分かりやすいエピソードを提示する必要があります。

入社後にどう活かすかを伝えよう

最後には自己PRした自身の能力・性格を実際にどのような形で入社後の業務に役立てていくのかを伝えるようにしましょう。

具体的に入社後の仕事の仕方について言及することによって、採用担当者にあなたの入社後の姿を想像させられます。

これは自己PRでアピールしたポイントが企業の求める人物像と合致していた場合、とても効果的です。

入採用担当者に興味を持ってもらうためにも、入社後の働き方について積極的に言及するようにしましょう。

クレーム対応経験を自己PRに活用するコツ

困るビジネスウーマン

次はクレーム対応経験を自己PRとして活用する際のコツを解説していきます。

どのように活用するのが効果的なのかを理解して、企業に良い印象を与えましょう。

クレーム対応そのものは自己PRとして活用しない

クレーム対応経験があるということだけを伝えても、自己PRとしては通用しません

企業側はどういった経験があるかどうかを知りたいわけではなく応募者の能力・性格を知りたいと思っています。

そのため経験があるということを伝えるのは良いですが、それが自身の能力・性格にどう関係しているのかを明確にしましょう。

例えば、クレームに対応できることを伝えた後にそこから自身の仕事への誠実さなどに繋げていくと効果的です。

クレーム対応から得たことを具体的に

先述したようにクレーム対応をした経験から何を得たのかを明確にすることで採用担当者に伝わりやすくなります。

その経験が自分にとってどのようにプラスになったのかを伝えるようにしましょう。

そうすることによって応募者にどういった強みがあるのかを企業側も理解することができます。

ただ経験を述べるだけでは、採用担当者も具体的にどういったことを伝えたいのかが分かりません。

自分が伝えたい長所をしっかりと言葉にすることを欠かさないようにしましょう。

 

ワンポイント
・クレーム対応をした経験を伝えるだけでは不十分
・経験を通して自分がどのような強みを身に付けたのかを伝えることが大切

クレーム対応経験を自己PRする例文をチェック

スーツの女性

次はクレーム対応経験を自己PRした場合の例文をご紹介していきましょう。

具体的にどのような形でアピールしていくのが良いのか、例文で知っていただければと思います。

コミュニケーション能力を自己PRした例文

「私の強みは前職のクレーム対応経験によって培ったコミュニケーション能力です。

前職ではアパレルで接客を行っておりましたが、ある時お客様から「1度洗濯したら服が縮んでしまった」とクレームがありました。

その際、私はまずお客様の話を最後まで聞き、その後しっかりと謝罪をして洗濯の仕方などを確認させていただきました。

結局、洗濯の仕方をタグに書かれている通りに行わなかったことが原因だと判明したのです。

ご説明をして、お客様は不満な表情を見せつつも最終的にはご納得していただくことができました。

その後の出来事ですが、そのお客様が再度来店した際に真摯に対応をしてくれて嬉しかったと感謝していただけたのです。

この経験からお客様に対して真摯にコミュニケーションを取ることによって、必ず理解し合うことができると学ぶことができました。

貴社での業務でもこのようにコミュニケーションをしっかりと行うことで周囲と協力して仕事を行っていきたいと考えております。」

仕事への責任感を自己PRした例文

カウンセラー

「私の長所は仕事に対しての責任感の強さだと考えております。

前職で接客業に就いていた際に、クレームをいただくことが何度かありました。

その際に気をつけていたのがお客様に対して真摯に対応するということです。

お客様の話を受け止めそれに対してしっかりと謝罪をし、その後できる限りの対応を行うということを心がけていました。

社会人として責任を持って自身の仕事を全うすることは大変重要です。

貴社に入社した暁には、自身の責任感の強さを活かし与えられた仕事を全うして行こうと考えております。」

冷静な対応力を自己PRした例文

「私は前職での業務を通して冷静に対応する能力を身に付けました。

前職では販売店で接客を行っており、その際にお客様からクレームをいただいたことがあります。

その際、お客様は大変怒っていたのですが冷静にお客様に謝罪して、どういった内容かを尋ねました。

そうするとお客様は落ち着いた様子でクレームの内容を話し始めてくれたのです。

結局、商品の初期不良ということが判明したので改めて謝罪をし後日正常な商品を送付させていただくことで納得いただけました。

このように冷静に対応することでお客様が求める最善策を提案することができるのが私の長所であると考えております。

貴社の業務でもクレーム対応で培った冷静な対応を活かし、様々な場面で最善策を提案できる人材になりたいです。」

クレーム対応経験を自己PRしたNG例

バツを出す女性

次はクレーム対応経験を自己PRする際のNG例について解説していきます。

以下のような自己PRは、企業に良い印象を与えられないため避けた方が良いでしょう。

クレーム対応が得意なことをPRしたNG例

「私はクレーム対応が得意なことが長所です。

前職で接客業に就いていた時、お客様からクレームをいただいたことがあります。

購入していただいた製品に関しての不備が原因でしたが、真摯に対応することによって理解を示してもらうことができました。

お客様が何故怒っているのかをしっかりと理解して対応することはクレーム対応において大変重要です。

クレームの対応には自信があるので貴社の仕事においてもその能力を活かしていきたいと考えております。」

エピソードが具体的ではないNG例

「私はクレーム対応を通して、コミュニケーション能力を培ってきました。

前職では販売職に就いておりましたが、そこでクレームをいただいたことがあります。

最終的にお客様には自身のコミュニケーション能力を発揮することによって理解していただくことができました。

貴社の仕事でも今まで培ってきたコミュニケーション能力を活かしていきたいと考えております。」

顧客のことを悪くいうNG例

「私の強みは前職で培った冷静な対応力です。

前職ではアパレルの販売を行っておりましたが、お客様の中にはクレームを言ってくる方がいました。

多くの場合、お客様が間違っている場合が多かったのですが、こちらが何度も謝罪することで相手の怒りを抑えていました。

そうすることでお客様も冷静さを取り戻していただけて、誤解に気付いてもらうことができるケースが多かったのです。

これは冷静に対応をすることが業務を行う上で大切だと気付いた経験でした。

今後もこの経験を活かし、貴社の仕事でも冷静さを保って最善の選択をしていけるようにしていきたいと思っております。」

面接で自己PRを伝える時の注意点

首を傾げる女性

面接で自己PRを伝える際には以下のことに注意しましょう。

面接選考は面接官とのコミュニケーションが重要となります。

事前に注意すべきことを頭に入れておけば、面接官が良くない印象を抱くのを回避できるでしょう。

自己PRを複数用意しておこう

面接の場では自己PRについて深掘りされるケースもあります。

具体的には「もう1つエピソードを教えてください」、「自己PRを2つ教えてください」などと言われる場合です。

このような時には、自己PRを1つだけ用意していたのではその深堀りに対応することができなくなってしまいます。

そのような可能性を事前に考慮して、自己PRを複数用意するという対策を行っておくと良いでしょう。

事前に提出した選考書類以上に踏み込んだ質問がされたとしても対応できるようにしておく必要があります。

自己PRに関してはこのように深掘りされる可能性も考えて対策を入念に行っておくようにしましょう。

応募書類との矛盾に注意

書類を見る女性

事前に応募した書類と自己PRする箇所が矛盾していた場合、面接官はあなたに一貫性がないと感じてしまいます。

このような場合、信頼できない人材であると思われてしまう可能性もあるため矛盾には気をつけましょう。

もしエピソードを変える場合にも自己PRしたい強みに関しては変えないように注意が必要です。

応募書類と辻褄が合うかどうかも気にしながら面接対策を行っていくようにしましょう。

 

ワンポイント
・自己PRを複数用意しておけば深掘りされた時も安心
・応募書類と矛盾していると信頼できないと思われてしまう可能性があるため注意

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

その他接客業でアピールできること

打合せをする女性

クレーム対応経験というのは接客業への転職でアピールすると大変効果的です。

しかし接客業では他にもアピールすると良いことがあります。

例えば「臨機応変さ」や「傾聴力」というのは顧客を相手にする接客業でとても重要視される能力です。

相手の話を聴いたり臨機応変に対応したりといった能力が高いと接客を受けた顧客の満足度も高くなるでしょう。

そのため積極的にアピールすると転職活動を有利に進めやすくなります。

クレーム対応経験だけでなく、こうした能力もアピールするようにしてみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
傾聴力や臨機応変さは接客業において重要視される能力なので積極的にアピールしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

マネジメント

もし転職活動をしていく中で悩みが生じた場合には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントというのは転職のプロフェッショナルであるため、きっと悩みの解消に力を貸してくれることでしょう。

転職対策なども手伝ってくれるため、もし転職で行き詰まりを感じている方は相談してみることをおすすめします。

この機会に是非、転職エージェントの利用を検討してみてください。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

パソコンをいじる女性

今回は自己PRでクレーム対応経験を伝える方法について解説してきました。

クレーム対応経験というのは社会人としての能力を証明するのに大変効果的です。

自己PRでも積極的に活用していくと良いでしょう。

今回ご紹介した例文やNG例などを参考に、自分らしい自己PRを考えていただければと思います。

また、転職活動で悩みを抱えている方は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、あなたが転職を安心して進めていく手助けを行ってくれることでしょう。

是非検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら