セールスエンジニアはエンジニアと名が付いていますが、他のエンジニア職とは少し毛色が違います。

この職種の主な業務は営業担当者を技術的な専門知識によってサポートすることだといえるでしょう。

今回はセールスエンジニアに転職した場合、具体的にどのような仕事を行うことになるのかを解説していきます。

また、この職種の将来性やキャリアパスについても併せてご紹介していきましょう。

転職活動の参考にしていただければと思います。

セールスエンジニアの仕事内容を解説

カウンセラー

まずはセールスエンジニアの仕事内容について詳しく解説していきます。

セールスエンジニアというのは営業と密接な関わりのある職種です。

職種名にエンジニアと付いてはいますが、その仕事内容は一般的に想像されるようなエンジニアとは大きく異なります。

セールスエンジニアへの転職を考えている方は今のうちに具体的な仕事内容を知っておきましょう。

営業とともにクライアントと交渉

セールスエンジニアは営業に同席して、営業担当者と共にクライアントと交渉を行うのが主な業務の1つとなっています。

例えば売り出す製品がIT製品・サービスである場合には技術的な疑問点などに答えるのがこの職種の仕事です。

営業職では答えられない技術的な質問や製品のメリット・デメリットなどをクライアントに分かりやすく伝える能力が必要となります。

自ら交渉の舵取りを行うというよりは、営業担当者が成約に漕ぎつけられるようにサポートを行うのが主な業務です。

クライアントが納得してくれるように製品・サービスについての説明を行う必要があります。

営業部と技術部の橋渡し

女性、ポイント

セールスエンジニアの仕事は営業の場でサポートを行うだけではありません。

営業部と技術部の橋渡しをすることによって成約から納品までの仕事を効率的に行える状態を作るのも仕事です。

営業部と技術部間での質問・要望などをセールスエンジニアが取りまとめることでスムーズに連絡ができる状況を作ります。

円滑に業務を行っていく上で欠かすことのできない存在だといえるでしょう。

納品後のクライアントをフォロー

製品を納品した後もセールスエンジニアの仕事は終わりません。

納品した後にはクライアントに利用方法を教えたり疑問点に答えたりといったことが必要となる場合があるでしょう。

その場合、セールスエンジニアがクライアントのサポートを行うこととなります。

他にも納品した製品・サービスに不具合が発生した場合、修正の手筈を整えるのも業務の一部です。

セールスエンジニアの仕事では、自社の製品・サービスの技術的な側面をしっかりと理解することが求められるでしょう。

 

ワンポイント
・営業に同席してクライアントに技術的な知識を活かして交渉を行う
・営業部と技術部間の連絡を取りまとめて円滑に業務が進行するようにサポートします
・納品後もクライアントのサポートを行う

セールスエンジニアと営業の関連性

ポイント

次はセールスエンジニアと営業職の関連性を解説していきます。

技術的な側面から営業をサポートしていくセールスエンジニアと営業職はそれぞれどのような役割を担当しているのでしょうか。

業務上密接に関わり合うこととなるこの2つの職種について詳しくご紹介します。

セールスエンジニアの役割

セールスエンジニアは営業職とは違い、技術面からクライアントへの営業活動に貢献するのが主な役割となります。

そのため、営業職よりも自社の製品やサービスに対しての技術的な専門家としての側面が強いといえるでしょう。

どちらも営業活動を行い、自社の売り上げを伸ばすことは目的ではありますがその役割は異なります。

クライアントにとってセールスエンジニアは技術的な相談相手という形です。

クライアントの要望や疑問点を解消することで自社の製品・サービスへの信頼度を高めるのが仕事だといえるでしょう。

営業の役割

指をたてる女性

それに対して営業職は顧客とのコミュニケーションやセールス手法の活用に重きを置いている職種です。

クライアントとの商談を担当して交渉・提案を行ったり見積もりを行ったりするのが営業職だといえます。

売り上げにつながるまでの流れを作るのが営業職の役割だといえるでしょう。

セールスエンジニアはその流れをサポートする形で営業活動に関わります。

このように営業職とセールスエンジニアはお互いを補い合う形で会社の売り上げに貢献するのです。

 

ワンポイント
・セールスエンジニアは技術的な専門家として営業活動に携わる
・営業はクライアントと商談を行い成約までの流れを作るのが主な仕事

セールスエンジニアに求められるスキル

笑顔の女性

次はセールスエンジニアとして働いていくために必要となるスキルについてご紹介します。

以下のようなことはこの職種で働いていく上で必ず求められるスキルです。

セールスエンジニアへの転職を考えている方は以下のスキルの習得を検討してみましょう。

専門知識

セールスエンジニアが営業に携わる際に欠かせないのが自社の製品・サービスに対しての専門知識です。

自社の技術部の代表として営業活動に関わることとなるため、しっかりと製品の説明が行えるようにしておく必要があります。

またクライアント側の技術担当者とも会話をすることがあるため、専門用語や業界についての知識も欠かせません。

自社の製品・サービス以外に同じ業界の製品やトレンドなどについても深く理解していることが求められるでしょう。

説明力

打合せをする女性

セールスエンジニアとして働くためには専門的な知識を誰にでも分かりやすく伝える能力も必要となります。

営業活動において大切なのは相手の疑問点や要望を解消して信頼を勝ち取ることです。

製品・サービスに対しての専門知識を持っていない相手に対しても噛み砕いて分かりやすく説明できるようにしましょう。

コミュニケーション能力

セールスエンジニアは職種名にエンジニアと付いていますが実際は営業職に近い業務内容となっています。

技術的な側面から営業に携わる職種です。

そのため、製品について伝えたりクライアントからの信頼を勝ち取ったりするためにはコミュニケーション能力が重要となります。

営業職と同等のコミュニケーション能力を持っていれば企業からも信用してもらうことができるでしょう。

 

ワンポイント
・自社の製品・サービスに対しての専門知識は必要不可欠
・技術的な専門知識を誰にでも分かりやすく伝えられる説明力が大切
・営業に携わるためコミュニケーション能力が求められる
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


セールスエンジニアの年収

人差し指を立てるビジネスウーマン

次はセールスエンジニアの年収についてです。

セールスエンジニアの平均年収は600万円程度となっています。

日本全体の平均年収から考えるとこれはやや高めの年収です。

技術的な専門知識が求められる職種であるため、年収が高めになっていると考えられるでしょう。

 

無料転職相談をしてスキルを活かせる仕事を探そう

 

セールスエンジニアのやりがい

ノートパソコンを持つ女性、オフィスビル

セールスエンジニアは自身の技術的な専門知識を活かして営業活動に携わることとなります。

そのため技術職と営業職両方の側面を持っている職種だといえるでしょう。

クライアントに直接関わりながら業務を行っていく場面が多いため、直接仕事の成果を見られてやりがいを感じやすい職種です。

クライアントが自分の仕事に満足しているかどうかを直接感じられるためモチベーションにもつながりやすいでしょう。

自身の専門知識を活かしながら営業活動に携わりたいという方にはうってつけの職種だといえます。

セールスエンジニアが大変といわれる理由

考える女性

セールスエンジニアはやりがいが大きい仕事ではありますが、その分大変な職種でもあるといわれています。

その理由はこの職種が技術と営業という2つに関わる仕事であるという部分に隠されていると考えて良いでしょう。

この職種は営業に必要な説明力とコミュニケーション能力と技術職に必要となる専門知識の両方が同時に求められます。

求められる能力・スキルが多いということはそれだけ学ばなければいけないこともたくさんあるということです。

また、営業部と技術部の橋渡しも行わなければならないため、折衝・交渉能力も重要となります。

セールスエンジニアとして働くためには専門知識とコミュニケーション能力の両方が充実している必要があるのです。

その両方を兼ね備えていないとセールスエンジニアとして働いていくのは難しいでしょう。

 

ワンポイント
セールスエンジニアは技術職と営業職の両面を兼ね備えているため大変な仕事だといわれることが多い。

セールスエンジニアになるルート

ファイルをもつ笑顔の女性

次はセールスエンジニアになるためにどのようなルートが考えられるのかを解説していきます。

様々な能力が求められるため転職は難しくなりますが、決して不可能なわけではありません。

技術職から転職

技術職として経験を積めば、製品・サービスに対しての専門知識を深めていくことが可能です。

そしてそこで培った専門知識を活かしてセールスエンジニアを目指すと転職活動を有利に進められます。

実際に技術職として現場に携わった経験があれば、営業部と技術部の橋渡しとして活躍していくことができるでしょう。

セールスエンジニアとして働いていく上で必要となる専門知識を習得することができるルートです。

営業職から転職

握手する女性

次は営業職から転職するパターンです。

セールスエンジニアに求められる専門知識は独学で勉強することとなりますが、営業経験を積むことができます。

独学で勉強する場合には資格取得を目指すのも良いでしょう。

そうすることで具体的な目標を設定できるため、モチベーションの維持にもつながります。

転職においても資格は企業から評価してもらいやすいためおすすめです。

未経験でも目指せる?

もし全くの未経験であった場合でも、セールスエンジニアを目指すことは不可能ではないでしょう。

そのためには職種に関係する資格を取得したり必要とされる能力・スキルを持っていることを証明したりする必要があります。

まずは自分の能力・スキルが活かせるかどうかを知るために自己分析をしっかりと行うと良いでしょう。

今までの経験を転職にどのように活かせるかを明確にすれば、きっとアピールできるポイントが見つかります。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを目指そう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


セールスエンジニアの将来性やキャリアパス

外出する会社員

次はセールスエンジニアの将来性キャリアパスを解説していきます。

転職後の将来について考えるためにもこれら2つを詳しく知っておきましょう。

将来性

セールスエンジニアは、国内ではまだまだ知名度の低い職種です。

IT業界で活躍するセールスエンジニアですが今後更に様々な分野でIT化が進めば必要とされる場面は増えていくと考えられるでしょう。

情報の高度化が進むと、それだけ技術も発展し専門知識を理解するのが難しくなります。

難しくなった部分を解説するのにはセールスエンジニアのような存在が必要不可欠です。

今後、IT業界が発展していくとともにセールスエンジニアの需要も伸びていくことでしょう。

キャリアパス

セールスエンジニアの主なキャリアパスは、その専門知識を活かしてキャリアアップを目指すと良いでしょう。

おすすめなのが、コンサルタント・マネージャー職への転職です。

主にITに関する知識が求められることとなるセールスエンジニアはITコンサルタント・ITアーキテクトなどを目指すと良いでしょう。

また、営業経験も活かしながらプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトをまとめるというのもキャリアアップに最適です。

専門知識と営業経験の両方を活かせば、様々なキャリアパスを実現可能でしょう。

将来的に自分が営業と技術のどちらの専門家として活躍していきたいのかを明確にすることが大切です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職活動というのは1人だけではなかなか思ったように対策ができないものです。

そのため、転職活動に不安を抱えているのであれば転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

セールスエンジニアへの転職を考えている場合は自身に適性があるのかもエージェントが教えてくれることでしょう。

転職活動を安心して行っていくためにも、エージェントの活用を考えてみていただければと思います。

 

無料転職相談をして理想の仕事を見つけよう

 

まとめ

パソコンをいじる女性

今回はセールスエンジニアの仕事内容や将来性・キャリアパスなどを解説しました。

セールスエンジニアへの転職を考えている方は今回の記事を転職活動の参考にしていただければ嬉しいです。

技術職と営業職の両方を1人で担うこととなる仕事のため、やりがいを感じたい方にはおすすめの職種だといえるでしょう。

もし転職活動で不安を感じている場合には転職エージェントへの相談を検討してみてください。

エージェントを利用すれば自分だけでは難しい転職対策もスムーズに行っていくことができるでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!