ソフトウェアやハードウェア製品開発で検証やテストを行うテストエンジニア について解説していく特集です。

主な業務内容の流れや仕事のやりがいがどこにあるのかを紹介しましょう。

他にも、年収や将来のキャリアパスなどに触れていきます。

テストエンジニアの仕事内容を解説

スマホとメモパッドの画像

今ではインターネットを通じて、あらゆる取引ができる時代です。ITの導入は各分野でも広まっています。

ますます利便性の高いソフトやアプリなどの商品・サービスが登場することでしょう。

ITシステムやソフトウェア開発の中で、テスト工程の全般を引き受け実行する役目がある職種がテストエンジニアです。

テストエンジニアとは、商品・サービスを世に送り出す前に必要となる重要な仕事でもあります。

では、具体的な仕事内容などについて解説していきましょう。

テスト範囲や優先順位の決定

ITなどの開発分野にて、品質保証や検証といったテスト工程を行なうのがテストエンジニアです。

テスト工程範囲としては、テスト計画の策定と実行・結果報告・改善などに及びます。

開発プロセスでの不具合の検出・負荷検証・テストの自動化なども含めて、さまざまな実務が待ち構えているといえるでしょう。

テストエンジニアが最初に行うのはテスト計画です。

テストすべきシステムやソフトウェアへどのようなテストを施すのかを計画します。

テストの対象・範囲・順位などを決めていく過程です。

テストケースの作成

考える女性の画像

テスト計画を基にしながら、テストの観点や技法などのテスト設計を開始します。

テストでどこを観点としどのような技法を持ちるのかの設計が決まったら、テストケースの作成へ移ります

これは、実行条件・入力データなどを組み合わせながら設計図を作っていく作業です。

その製品にとってどのようなテストを選択するのかによって、導かれる答えが変わることもあります。

テストを実施

テスト設計で作成された仕様書に従いながらテスト実施をします。

ここでは、テストの実施のみをするテスターに代行させることや、プログラマーやSEが担当することもあります。

その決め方やルールは各企業によって違ってきます。

テストの実行がうまくいくかどうかは、それ以前の設計や実行方法の選択にミスがないかどうかで決まってきます。

また、実行中に改善点が見られた場合にはその内容を報告するための準備もするのも役目です。

テスト結果の確認と資料作成

資料を作る女性の画像

テストエンジニアは、テストを実行した結果について詳細を資料にして伝えるのも業務です。

その結果によっては、開発者から依頼されてテスト方法を見直しの指示があるかもしれません。

また、テスト計画の策定そのものから考え直すこともあり得ます。

見直しややり直しの依頼が来たらそれらにも対応していく役目があります。

とにかく、各ステップ上にて不備がでる可能性が考えられ、最善な方法を思案するのも業務です。

品質改善提案

テストエンジニアの最後の仕事は品質改善の提案をすることです。

テスト結果から改善が必要な問題点を洗い出し、品質向上を目指すための工程です。

その際はあくまでも顧客の観点から評価をしていく必要性があります。

世の中に出てもおかしくない製品として相応しいかどうかが問われるでしょう。

改善提案をして見直されていれば、製品はほぼ完成となります。

テストエンジニアとテスターの役割

仕事をする画像

テストエンジニアと似ている表記で知られているのがテスターです。

どちらもITシステムやソフトウェアのテスト業務に関係した職種ですが、その区別があいまいなところもあります。

ここでは、テスターの役割とテストエンジニアの役割に分担して、その業務内容の違いを解説していきましょう。

テストエンジニアの役割

テストエンジニアは、新商品として売り出す前のソフトウェアやITシステムについての検証をすることが役割です。

これから世に出る製品が、正しい動作で常に行えているかを確認する重要な任務です。

そのテストについての具体的な計画と設計・レビュー・改善提案までを担当します。

テスト業務のマネジメント的な役割だといえるでしょう。

テスターの役割

資料を持つ女性の画像

テストエンジニアの業務と比較されるのがテスターです。

テスターとはテストエンジニアが計画した内容を請け負って実際のテストを運用する役目を持っています。

つまり、あらかじめ作成されているテストケースに従ってテストの実施を代行するための職務です。

多くの場合が、新人のエンジニアが請け負うのが風土になっています。

しかし最近では、さまざまに多様化した製品に対応するため、ベテランを再び起用している傾向もあります。

 

ワンポイント
テスターとテストエンジニアは類似しているが各々の立場が違っている。

テストエンジニアの年収

メモを取る画像

ITシステムやソフトウェアの登場のためにはテストエンジニアの役目が必要です。

重要な仕事を任されているテストエンジニアは、どのくらいの収入を得ているのでしょうか?

ここでは、テストエンジニアの年収について解説していきましょう。

平均年収

テストエンジニアの年収は勤務した年数や経験にもよって変わってきます。

平均して5年程度の実務経験であれば約500万円前後になるでしょう。

他のIT関連業務の中でも高収入が得られる特徴を持っています。それだけ豊富なスキルが要求される仕事なのです。

システム全体を把握していないと務まらないハイレベルなスキルが要求されます。

年収を上げるには?

テストエンジニアが年収をアップさせることは可能なのでしょうか?

実は、仕事の実績や経験によって年収を上げることが可能です。

システム全体を把握しながら、詳細な動きを予想できるようになるまでに、相当な経験やスキルが必要になってきます。

テストエンジニアで年収を上げるためには、システムについて仕様書から理解する能力をあげましょう。

そして、プログラム言語の知識を増やすことが必須です。

その上で、様々な見解からシステムの検証ができる能力を実証することで実現します。

テストエンジニアに必要なスキル

スマホを触る画像

 

テストエンジニアは、システムやソフトウェア開発を完成させるために、大切なテスト工程の全般を担当します。

そのためITに関する幅広く深い知識が要求されます。

では、テストエンジニアにとって、どのようなスキルが必要となるのでしょうか?

ここでは、テストエンジニアに必要なスキルについて解説していきましょう。

ソフトウェアの開発スキル

テスト業務にはソフトウェア開発スキルが必要となります。

テスト対象に相応しいテストケースを考えるためには、ソフトウェア全般の知識がなければ提案ができません。

また、バグの発見やソースコードの修正などをするためにも、ソフトウェア開発のスキルを身につけておきましょう。

ITエンジニアとしてのスキルをいつでも研究し、時間が許される限り勉強し続ける心構えが必要です。

テスト技法のスキル

テストエンジニアの業務は、動作のテストを行うだけではありません。

テスト環境の構築についての根本的なスキルがないと難しいでしょう。

その中でも、テストそのものをどのような過程で進めていくべきかを決定させるテスト技法についての知識も欠かせません。

テスト技術向上を目的として作られている資格試験も登場するほどです。

テストエンジニアにとって、テスト技法を学ぶことが実務に役立ちます。

 

ワンポイント
テストエンジニアにはソフトウェアやIT関連の幅広い知識が必要である。

テストエンジニアのやりがい

デスクの画像

テストエンジニアのやりがいは、責任感と達成感にあるといえるでしょう。

テストエンジニアは、ソフトウェアの品質維持と向上を目的にしています。

リリース前の製品から不具合などを発見し修正に対応することが主な役目です。

もし、テスト作業を通さずに商品化してしまったら、システムが誤作動を起こすことも想定されます。

それは企業にとって損失で信頼を失うことになりかねません。

テストエンジニアは、ユーザー視点に立って不具合・バグの原因を突き止めます。

しかしソフトウェア開発の下流工程だけではなく、設計や企画・プロジェクトの改善提案などの上流工程に触れる機会もあるのです。

そのため、プロジェクト全体を確認できる立場にもなれるメリットもあります。

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーを目指すのに役立つ仕事です。

やることが多い分だけ、次のキャリアプランを描くチャンスが多いことが、テストエンジニアのやりがいになっていくことでしょう。

テストエンジニアの苦労

仕事をする女性の画像

テストエンジニアにとって大変なことはいくつも浮上します。その中でも、納期を守って仕事をすることがプレッシャーです。

開発や生産プロジェクト全体からしても、テストに使う時間は短く納期に迫られるケースが目立ちます。

それでも勤務体制そのものは変化がないので、1人で多くの仕事を抱えることになるでしょう。

残業などの対応は日常的です。他にも、テスト後になってから新しいバグや不調などが発生することもあり得ます。

安全で高品質な製品を作る使命感があるため、不備が出ると責任を感じるポジションです。精神的も強さが求められるでしょう。

 

ワンポイント
テストエンジニアに納期厳守など厳しい側面がある。

テストエンジニアの将来性やキャリアパス

時計の画像

テストエンジニアは、ITやソフトウェア開発のスキルの高さを要求されることもあり得ます。

テストエンジニアの仕事を続けることで、その他のIT系職種でも通用するのがメリットです。

将来的にさまざまなキャリアを描くことができるでしょう。

その中でも、テストエンジニアらしいキャリアパスや将来性について解説していきましょう。

将来性

今ではAIやIoTといった先端技術開発が拡大しています。

従来ではインターネットとは関係がなかった機器やものなどが、インターネットによって作動や制御ができる時代です。

それだけ、さまざまな業界にIT開発の範囲が広まっていることになります。

当然、新製品の開発前のテスト段階でのスキルは各々に必要とされていく流れです。

テストエンジニアの仕事もますます多様化して需要が増えていくことになるでしょう。

キャリアパス

テストエンジニアになると、スペシャリスト・テストマネージャー・テストアナリストのキャリアパスが用意されています。

まず、スペシャリストとはテスターの上級者的存在です。

単にテストを実行する役目だけではなく、テスト設計・提案・結果判定・報告なども自主的に行なえます。

そして、テストエンジニアをリーダー的に取りまとめるのがマネージャーです。

チーム全体の統括と管理・監督をする職務のキャリアがあります。

さらに上流工程でも専門性が発揮できるのがテストアナリストです。テストの分析についての最上級な分析を任されます。

 

ワンポイント
今後も将来性が広がりキャリアパスも自在になる。

テストエンジニアは未経験でも目指せる?

デスクトップの画像

テストエンジニアには業務未経験でもなれるのが結論です。

実施の転職案件でも、未経験者からの募集がかなり増えている傾向といえます。

それはIT業界そのものが人手不足であることが理由です。

ただし、全くのゼロベースからいきなりテストエンジニアになれるということではありません。

プログラマーやSEなどの実務経験者のほうが優遇されているのも現状です。

まずはIT関連の知識について何でもいいのでマスターする意気込みで勉強するようにしましょう。

それを生かした実務を経験しておくことが望ましいです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

 

ポイントする女性の画像

転職活動にはさまざまな悩みや不安がつきものです。

例えば、転職したいのに自分が目指したい分野の敷居が高いと悩むことがありませんか?

しかし、ものは考えようともいいます。必要な準備と方法次第で転職活動を上手に展開させることも可能です。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントの活用です。転職エージェントでは自分にマッチした転職先が見えてきます。

悩みがあれば担当アドバイザーからの適切な回答が期待できるでしょう。

転職についての悩みは転職エージェントに相談するのが近道です。

まとめ

指差す女性の画像

テストエンジニアはSEなどと比べると地味な存在という印象です。

しかし、今後の世の中の動向と並行しながら、ますます必要性が高まっています

テスト業務はもともと経験の浅い若手エンジニアが担当していた分野でした。

その風土は今も残ってはいますが、随分と様変わりし始めているのも特徴です。

近年はセキュリティ上の問題や品質要求の高まりもあって、ベテランのエンジニアが長く担当するような舞台も増えています。

IT化が進む現代にとって欠かせなくなった職務で責任が大きいといえます。活躍の場もますます広がっていくことでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら