インテリアデザイナーは店舗やオフィスなどの空間のデザインを手がけます。

そのインテリアデザイナーへの転職を成功させるには、まず志望動機で自分をアピールすることが大切です。

今回はインテリアデザイナーの志望動機の書き方や注意点などを解説します。

インテリアデザイナーの志望動機の書き方を解説

アイデアを巡らせる女性

インテリアデザイナーは華やかな業界というイメージを持っている人は多いことでしょう。

空間のデザインを手がけるインテリアデザイナーは一定の需要もあり、転職のチャンスもあります。

そのチャンスをものにするためには志望動機で自分のスキルや実績をアピールすることが大切です。

インテリアデザイナーは華やかなイメージとは裏腹に、肉体労働など大変なこともあります。

志望動機を書く際には、自己分析だけでなくそうした本当の業界事情を知るために、業界研究や企業研究が欠かせません。

それらを行った上で志望動機でインテリアデザイナーを志した理由や仕事への熱意を伝えましょう。

インテリアデザイナーの仕事内容

パソコン

インテリアデザイナーは主にオフィスや店舗などの空間のデザインを手がける職種です。

クライアントからどのような雰囲気にしたいのかをヒアリングし、それを実現するための企画・設計を行います。

インテリアデザイナーが手がける案件は、住宅・オフィス・ホテル・学校・病院など種類は様々です。

勤務先によっては自動車など乗り物の内装を手がけることもあるでしょう。

また、企画・設計だけでなく建築士との家具配置場所や動線の提案、必要な資材の手配なども行います。

インテリアデザイナーがアピールすべきこと

働く女性の画像

インテリアデザイナーはクライアントから要望を聞き、それを実現することが求められます。

そのためにはクライアントからの正確なヒアリングや建築士などとの調整が必要です。

これらを円滑に進めるには高いコミュニケーション能力が求められます。

また、インテリアデザイナーは一人で作業をすることは少なく、チームとなって仕事に臨みます。

チームワーク良く仕事を進めるために、誰とでも物怖じせず意見交換ができることは強みとしてアピールできるでしょう。

さらにインテリアデザイナーは、時には資材の運搬などの肉体労働をする場合もある職種です。

そのため体力的に自信がある場合はそれもアピールポイントの1つになります。

もちろん、空間デザインに関する知識やデザインセンスがあることも大切です。

もし実績があればポートフォリオなどの形で自分の手がけたデザインを提出しましょう。

 

ワンポイント
デザインスキルだけでなくコミュニケーション能力などもアピールしよう。

志望動機を書く前の準備

志望動機はいきなり書き始めてもなかなかうまくまとまらないものです。

実際に志望動機を書く前に準備すべきことを解説します。

企業が求める人物像を知ろう

パソコン見る女性

企業にはそれぞれ特色があり、手がける案件の種類デザインの方向性も様々です。

それにあわせて企業が求める人材も異なります。

企業がどのような人材を求めているのかを知るためには、求人情報だけでなくホームページなどもチェックしましょう。

ホームページには企業の理念や目標以外に、実績も掲載されている場合があります。

実績をみればその企業の得意としているデザインやその方向性が見えてくるでしょう。

それと企業理念などから企業の求めている人物像を把握することが大切です。

自分の得意分野を見つけよう

自分の強みをアピールするには、自分は何が得意なのかを把握する必要があります。

これまでの経験から自分がどんなデザインを得意としているのかをまとめてみましょう。

その得意なデザインが応募企業のデザインとリンクする部分があるかどうかなども考えることが大切です。

リンクする部分があれば志望動機でそれを絡めつつ書くことができます。

タイプが全く違う場合は、それを理由に新しいデザインに挑戦しようという前向きな意思を示すこともできるでしょう。

また得意分野はデザインだけに限りません。

コミュニケーション能力などインテリアデザイナーに必要とされる資質の中に得意なものがないか探してみましょう。

 

ワンポイント
企業の求める人物像と自分のスキルの共通点を見つけよう。

志望動機で押さえるべきポイント

続いて実際に志望動機を書く際に押さえるべきポイントを解説します。

なぜインテリアデザイナーなのか明確にしよう

ポイント

インテリアに関わる職種は他にも様々にあります。

その中でなぜインテリアデザイナーを選んだのか、その理由を明確にしましょう。

インテリアデザイナーという職種へのこだわり・熱意を伝えることが大切です。

またこの職種を志す理由となったエピソードも盛り込めるとさらに良いでしょう。

応募企業でなければならない理由を考えよう

カウンセラー

インテリアデザイナーの就職先は空間デザイン事務所・家具メーカー・建築設計事務所など複数の選択肢があります。

その中から応募企業でなければならない理由を考えましょう。

その企業でなければできない案件や働き方などがあるはずです。

企業研究をすることでそれらを把握し、その企業ならではの特徴を見つけましょう。

その特徴を把握した上で、自分の強みがどう活かせるのかを考えることが大切です。

入社後にどう貢献できるのかを書こう

志望動機では応募企業やインテリアデザイナーを志望する理由だけでは不十分です。

入社後、企業に対してどのように貢献できるのかを伝える必要があります。

これを伝えることによって、採用担当者は応募者の働く姿をイメージしやすくなるのです。

自分の強みを活かしてどう働き、どんな目標を達成していくのかをイメージできる伝え方を心がけましょう。

志望動機を書く際に意識すべきこと

志望動機で書くべきポイントを押さえても、それらの組み合わせ次第ではアピールの効果は異なってしまうでしょう。

最大限アピールするために意識すべきことを解説します。

結論を先に書こう

ノートに書き込む女性

志望動機は一番伝えたい結論から書き出しましょう。

初めに一番伝えたい情報を書くことで、読み手である採用担当者は何を伝えるための文章かがすぐに分かります。

逆に要領を得ない書き出しでは、何を伝えたいのか分からずに困惑してしまうでしょう。

さらに採用担当者は多くの応募書類を見なければならないため、1枚にかけられる時間は限られています。

他人と似たような書き出しや内容では読み飛ばされてしまう可能性も考えられるのです。

自分が志望した理由やその企業で活かしたい強みを冒頭に述べることで採用担当者の興味を引きつけられます。

企業に求められているスキルをアピールしよう

女性

アピールするスキルは応募企業に求められているスキルをアピールしましょう。

どれだけ優れたスキルであっても、その企業で活かせなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

また場合によっては他の企業にも同じ志望動機を送っていると思われてしまうことも考えられるのです。

自分の強みが応募企業に求められているものか考え、アピールするスキルを決めましょう。

強みと絡めて具体的なエピソードを書こう

強みをアピールするためには、それを裏付けるエピソードが必要です。

具体的なエピソードを書くことで、実際にその強みをどう活かしていたのかがイメージしやすくなります。

それによって入社後にその強みを活かして働く姿がイメージできるでしょう。

 

ワンポイント
デザインスキルだけでなくコミュニケーション能力などもアピールしよう。

志望動機の例文

ここからは志望動機の例文を紹介します。

自分の経験やスキルをどのようにアピールしているのかに注目し、自分の志望動機にも活かしてみてください。

例文①

笑顔のビジネスウーマン

私は前職で身につけた空間デザインの幅広い知識を、貴社で活かしたいと考えています。

私は家具の販売店に勤め、お客様の要望を聞いて希望にそった商品の提案を心がけていました。

家具はお客様が過ごす空間が居心地の良いものをなるかどうかを左右するものです。

オーダーメイドであれば理想通りのものが作れますが、販売店では既存商品を組み合わせて考える必要がありました。

お客様のこだわりや理想の部屋のレイアウトを伺い、それにあった最適な家具を見つけるには空間デザインの知識も必要です。

その知識を身につけるために勉強し、インテリアデザイナーの資格を取得しました。

その知識を活かした提案によって多くのお客様にご満足いただき、店舗で一番の販売実績を頂いています。

より多くの方が過ごす空間のデザインへの興味が高まり、インテリアデザイナーを志望しました。

中でも貴社は既存のインテリアを組み合わせつつ、新しい空間を作り出すことをメイン事業に据えておられます。

入社後はこれまでの経験を活かして、メイン事業のさらなる発展に貢献して参る所存です。

例文②

質問を受ける女性

私は貴社の多様なデザインを提案する姿勢に感銘を受け、応募しました。

私はデザイン事務所に5年間インテリアデザイナーとして勤めています。

事務所では扱う店舗の種類によってデザインのコンセプトがある程度決められていました。

そのため、経験を積んでも似通ったデザインのものしかできない状況が続いていたのです。

お客様も事務所のコンセプトにあったデザインを求めておられるため、違う方向性のデザインを提案しづらい状況でした。

もっと多様なデザインを提案したいと考えていたところに、貴社の求人を見つけたのです。

貴社は多くのお客様の理想を叶えるため、あえて事務所の得意分野を絞らずに多様な提案をされています。

入社後はこれまで身につけたデザインを活かし、さらに幅広いデザインの提案をできるよう貢献して参る所存です。

例文③

私は建築士として身につけたスキルや知識をインテリアデザイナーとして活かしたいと思い貴社を志望しました。

私は前職では建築士として注文住宅の設計に関わり、お客様の理想を叶える建築設計を心がけて参りました。

建物の外観や内部の部屋割りなどで居心地の良い空間作りを目指しています。

多くの方の設計を行ううちに、よりお客様の理想に近づけるには、内装も提案できる必要があると感じました。

そのためにインテリアデザインの勉強をし、お客様に提案することもあります。

私の提案を取り入れたお客様からお褒めの言葉をいただくこともあり、インテリアデザイナーへの興味が強くなったのです。

貴社は建物の設計からこだわってお客様に提案されているとホームページで知りました。

入社後は建築士として培ったスキルとインテリアデザイナーの視点を掛け合わせて、貴社に貢献して参ります。

志望動機のNG例文

続いて志望動機のNG例文を紹介します。それぞれの改善点にも注目して確認してみましょう。

NG例文①

バツを出す女性

「私はこれまでインテリア雑貨を扱う雑貨店で販売員として勤めてきました。

接客で特に大切にしていたのはお客様の好みや希望を聞きながら、それにあったインテリアを提案することです。

それにより多くのお客様に喜んでいただくことができました。

こうした経験を重ねるうちにインテリアデザイナーとして働くことに興味が湧き、貴社を志望しました」

この志望動機ではなぜ応募企業を志望したのかが書かれていません。

インテリアデザイナーであればどの企業でも良いのではないか思われてしまう可能性があります。

応募企業を志望した理由を明確にし、その企業に対しどのように貢献していけるかを考えましょう。

また、スキルを証明する根拠のエピソードに具体性がなく、実際のスキルの程度が分かりません。

「お客様に喜んでいただくことができた」のであればその根拠となるものを示しましょう。

NG例文②

「私はインテリアへの興味が強く、インテリアに関する知識を幅広く身につけています。

流行などにも敏感で、最先端のデザインもチェックすることを欠かしません。

貴社はトレンドを取り入れたデザインを多く手がけておられます。

こうして得た知識を仕事にも活かしたいと思い、インテリアデザイナーを志望しました。

貴社に入社後は身につけた知識を元に最先端のデザインを目指し、貴社に貢献して参ります」

この志望動機の場合、インテリアデザイナーでなければならない理由が伝わりにくいでしょう。

空間をデザインすることなど、インテリアデザイナー特有の仕事への興味などを盛り込む必要があります。

さらに知識の範囲が趣味程度のものなのか、仕事にも活かせるほどなのかが伝わりにくいでしょう。

どの程度の知識を身につけているのかを明確にすることが大切です。

 

ワンポイント
漠然とした内容になっていないか注意しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

志望動機は書類選考や面接で必ず問われるものです。

この回答次第では内定をもらえるかどうかも左右されてしまいます。

インテリアデザイナーへの熱意や仕事への意欲が相手に伝わるような回答を考えなければなりません。

そのためには自己分析と企業研究が大切ですが、どちらも苦手という人もいるでしょう。

その場合は転職エージェントへ相談してみてください。

転職エージェントは転職に関わる多くの疑問に応えてくれる存在です。

志望動機だけでなく、面接対策なども相談することができ、相談すると心強い味方になってくれるでしょう。

転職活動で悩みや不安を抱えている人は、ぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

女性

今回はインテリアデザイナーの志望動機の書き方を解説しました。

インテリアデザイナーは需要も高まっており、将来性のある職種です。

多くの求人では実績が重視される傾向にあり、未経験での転職は非常に難しいでしょう。

しかし未経験可の求人もあるため、未経験で挑戦する場合はそうした求人を見逃さずに応募してみてください。

入社後にインテリアデザイナーとして活かせるスキルを効果的にアピールし、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する