旅行が好きな人には特に人気があるツアーコンダクターですが、実際の仕事内容はご存じでしょうか。

お客様の旅行に同行するイメージはありますが、細かい仕事内容までは知らない方も多いかと思います。

ツアーコンダクターに興味がある方のために、仕事内容・向いている人の特徴・必要な資格についてご紹介します。

ツアーコンダクターの仕事内容を解説

解説

ツアーコンダクターはお客様の旅行に同行し、旅行を快適に楽しめるようにお世話をする職業です。

よく聞く「添乗員」も、ツアーコンダクターと同じ扱いになるでしょう。

また、観光地の案内や説明をするガイドは別の職種になります。

お客様のその時々の要望や悩みを柔軟に感じ取って、それに誠意をもって応える姿勢が大切な職業です。

ツアーコンダクターはどんな業務がある?

旅行

それでは、具体的にはどのような仕事があるのか、細かくツアーコンダクターの仕事を解説していきます。

旅行の準備

まずは旅行の準備から始まります。

ツアーを滞りなく実施するためにはこの準備段階が一番重要です。

関係部署との打ち合わせを行ったり、旅行先についてしっかり下調べをしてお客様に何を聞かれてもいいように準備します。

また、ツアーで必要となる移動手段や観光する美術館などの人数分のチケットの手配も、漏れなく済ませます。

そしてもちろん、参加予定者のチェックも怠りません。

旅先の安全確保

安全

旅先でお客様の安全を確保することも非常に重要です。

ツアーの始まりから終わりまでお客様の安全に細心の注意を払います。

体調不良を起こしているお客様はいないか、常に気を配り大事に至らないよう声掛けを行います。

旅先で万が一にでもトラブルが起きてしまうと、お客様の安全に関わりますし大問題に発展しかねません。

もし実際に怪我や病気になってしまったり、事故に遭ってしまった場合の対応もツアーコンダクターの仕事です。

そのため、参加者リストをもとに要所要所で点呼をとり、注意点を参加者に説明することも大切な業務になります。

旅行を快適に楽しめるようサポート

旅行を快適に楽しめるように、ツアーの流れや大事な集合時間や集合場所などをアナウンスします。

具体的に今向かっている場所や目的を伝え、計画通りにお客様を案内することが当日のミッションです。

そしてツアー参加者が喜ぶ情報を伝えるのはもちろん、ホテルのチェックインをさっと済ませます。

ホテルに滞在中の注意点や次の日の朝食の説明など、参加者が気にしている点は改めて案内をします。

旅行後の清算手続きや書類作成

ツアーが終わり、一安心するのもつかの間です。

ツアー中に現金を預かるようなことがあれば、その清算手続きが必要になります。

そして、同行したツアーについてのレポートを作成しなくてなりません。

怪我や体調不良、事故やクレームがあればそれらについて記載し、今後の対応や改善方法を提案するのも仕事の1つです。

すべて書き終えたら上司にレポートを提出し、ここで1つのツアーがやっと終わります。

 

ワンポイント
お客様の安心安全が第一で、ツアー同行中は常に細心の注意を払う必要があります。また、クレーム対応もツアーコンダクターの仕事です。

ツアーコンダクターの仕事で確認しておきたいこと

確認

ツアーコンダクターをめざすにあたり、確認しておくべき点がありますのでこの項目でご紹介していきます。

給与について

安定した収入を得るためには、給与についてはもちろん確認しておきましょう。

ツアーコンダクターは300万円~400万円が年収の相場になっています。

ツアーの状況次第では、勤務時間も不規則で残業も多くなる場合があり、体力勝負といえる職業です。

しかし、最近ではツアーの種類も多種多様となり旅行業界の競争は激しくなっています。

そのため、給与水準が下がっている企業が多いのが現状です。

雇用形態について

パソコンをいじる女性

ツアーコンダクターは、一度の同行で数日帰れない場合もあります。

そんな長時間拘束されるツアーコンダクターの雇用形態はどのようになっているのでしょうか。

ツアーコンダクターの雇用形態は多様化しています。

ツアーコンダクターでも正社員の場合や派遣社員、フリーで働くなどさまざまな働き方があります。

しかし、競争が激しくなった近年の旅行業界では、派遣社員の方が特に多くなっているのが現状です。

そのため、正社員で入社をしたい場合には求人を見つけるのに苦労するといえます。

休日について

ツアーコンダクターの休日は、仕事柄不定期になりがちです。

フリーで活動している場合を除き、月に6日程度になります。

旅行シーズンにはもっと休日が少なくなってしまうケースもありますが、閑散期には長い休みが取れる企業が多いようです。

このようにツアーコンダクターの休日は、繁忙期と閑散期に左右されるといえるでしょう。

 

ワンポイント
正社員の求人を探している場合は、非公開求人を扱う転職エージェントに相談することをおすすめいたします。

ツアーコンダクターの転職に必要な資格

紅茶と本

ツアーコンダクターになるためには必要な資格があります。

それは、ツアーに同行するツアーコンダクターが必ず持っていなければならない「旅程管理主任者資格」です。

この資格は観光庁が認定している国家資格で、観光庁が認めた企業や学校などで研修が受けられます。

そして研修を受けて試験に合格することによって「旅程管理主任者資格」が取得可能です。

この「旅程管理主任者資格」には、2種類あります。

1つは、国内旅行に添乗可能な「国内旅程管理主任者資格」です。

もう1つは、国内外旅行に添乗可能な「総合旅程管理主任者資格」となります。

国家資格であるため軽い気持ちで合格は出来ませんが、研修に参加すれば難易度はそこまで高くありません。

また、企業によっては資格手当が発生するケースもあります。

ツアーコンダクターに向いている女性の特徴は?

キャリーケースを持った女性

ツアーコンダクターに興味があるけれど自分に向いているか分からないという方もいるのではないでしょうか。

この項目では、ツアーコンダクターに向いている女性の特徴を解説していきます。

コミュニケーション能力が高い人

ツアーコンダクターはお客様はもちろん、バスの運転手やホテルのスタッフの方々と接する機会が多くあります。

それら関わる方たちとうまく情報共有をして、業務を進めなくてはいけません。

また、参加したお客様が楽しく旅行できるようにするためには、きちんと会話を通して意思の疎通をはかることが必要です。

そのため、コミュニケーション能力が高い人はツアーコンダクターに向いているといえます。

旅行が好きな人

参加者が旅行先で知りたい情報などを提供するのもツアーコンダクターの仕事です。

そのため旅行先の情報を下調べしたり、時には勉強する必要もあります。

そのような準備が苦にならないような旅行好きの人も、ツアーコンダクターに向いているといえるでしょう。

また、ツアーコンダクターは長時間拘束される職業です。

旅行が好きでなければ仕事が辛くなってしまい、長く続けることが難しくなる可能性があるでしょう。

 

ワンポイント
 コミュニケーションスキルが高く、旅行が好きな人にはツアーコンダクターは是非おすすめしたい職業です。

ツアーコンダクターに必要なスキル

解説する女性

それでは、ツアーコンダクターに必要なスキルはどのようなものがあるのでしょうか。

具体的にご紹介していきます。

リスクマネジメントスキル

ツアーコンダクターにおいて、リスクマネジメントのスキルはとても役立ちます。

リスクマネジメントというのは、損失などを出さないようにリスク管理を徹底することです。

近代では世の中の変化が激しい時代ですので、旅行会社にとっても企業の危機管理は大変重要な課題です。

想定できるリスクを洗い出し、仮に問題が発生しても損失を最小限に抑える対策をとります。

また、クレーム対応においても早期に問題解決をしなければならないため、リスクマネジメントを徹底する必要があります。

物事を柔軟に考える力

ファイルを持つ女性

物事を柔軟に考える力も必要です。

ツアーの交通機関の遅れや、参加者の体調不良、事故などツアー中はいつどのようなトラブルに遭うかは分かりません。

ツアーの種類やお客様の状況を鑑み、お客様に楽しんでもらうためにコミュニケーションの取り方を変えることもあります。

物事を堅く考えすぎて、がんじがらめになってしまってはお客様が楽しめなくなるでしょう。

そのため、トラブル対応ができる適応力に加え、柔軟に物事を考える力はとても大切です。

気配りできる力

気配りできる力も非常に重要です。

トラブルに発展しそうな気配はないか、はぐれたお客様は居ないかなど、常に気配りをしなくてはいけません。

それができていれば、仮にトラブルが発生してもすぐに対応できます

また気配りが行き届いていれば、お客様が今して欲しいことや困りごとが早く解決できます。

そのため、ツアーに対してのお客様の満足度は高まるでしょう。

語学力

海外ツアーコンダクターをめざしている場合は、英語などの語学力が必要です。

英検であれば2級以上、TOEICであれば550点以上の語学力を求めている会社が多くあります。

入社時に英語の試験を実施したり、海外ツアーコンダクターとなる際に語学力の試験を実施する場合が多いようです。

語学力はあるに越したことはありませんが、国内ツアーであれば語学力は不問とする企業が多数なので心配はいりません。

 

ワンポイント
ツアーを考える際の危機管理能力や、ツアー中の柔軟な対応力や気配りする力が大切です。

ツアーコンダクターへの転職を成功させるためのポイント

指をあげる女性

ツアーコンダクターに転職したい方のために、転職を成功させるためのポイントを2つお伝えします。

1つ目は客としてツアーに参加することです。

日帰りでも宿泊付きでもどちらでもいいので、ツアーに参加して実際のツアーコンダクターの方の接客に触れましょう。

気配りが行き届いている点や、ツアーの進行方法などはとても勉強になるはずです。

2つ目は「国内旅行業務取扱管理者」の資格の取得です。

ツアーコンダクターに必要な資格に「旅程管理主任者資格」があると先ほどお伝えしました。

しかし、必須ではないものの持っていると有利な資格に「国内旅行業務取扱管理者資格」があります。

この資格も国家資格となり、旅行に関する知識が習得できるものです。

こちらを取得するのも、転職成功へのポイントといえるでしょう。

ツアーコンダクターの将来性

将来性

本気でツアーコンダクターを志望している方にとって、気になるのは将来性です。

ツアーコンダクターは今後も需要があるのでしょうか。

現在、日本は超高齢化社会を迎えています。

シニア層にとってはチケットの手配や食事、宿泊先の手配などは手間が掛かり敬遠しがちです。

そのため、その手間が掛かるものをすべて代わりに手配してくれるツアーは、非常にありがたいものといえます。

行き届いた気配りや全体のサポートができるツアーコンダクターは、今後もシニア層の需要が増えるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

応援する女性

1人で転職活動をしていると、視野が狭まくなり些細なところでつまずくことも多いものです。

一生懸命に転職活動をしていても、宝の持ち腐れとなってしまうかもしれません。

分からないことがあったり、不安なときには是非頼って欲しいのが転職のプロである転職エージェントです。

転職エージェントに相談すれば、とても効率的に転職活動を行えます。

転職に費やせる時間は多かれ少なかれ限られているのが現状です。

壁に当たった際には1人で悩まず、さまざまな悩みを転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

まとめ

ツアーコンダクターは、お客様が旅行を快適に楽しめるように最大限サポートする職業です。

旅行の前の準備や旅行中にお客様が感じる様々な悩みや要望を察し、柔軟な対応が求められています。

ツアーコンダクターを志望する場合、転職に成功するポイントはツアーに参加することと資格取得です。

そして、近年では旅行業界は様々な種類のツアーが開発されており、競争が激化しています。

そのため、ツアーコンダクターの雇用形態は派遣会社から派遣されている方が多いのが現状です。

よって、自分の希望する雇用形態の求人を見つけることが難しいといえるでしょう。

求人探しに困っている場合には、非公開求人を取り扱う転職エージェントをご活用ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら