インテリアデザイナーに転職するために、取得しておくべき資格はあるのでしょうか。

ここではインテリアデザイナーの仕事に活かせる資格について詳しく解説します。

資格を取ることでどのようなメリットがあるのか、しっかりと確認しておきましょう。

Contents

インテリアデザイナーの仕事に活かせる資格を解説

黒板前の講師

インテリアデザイナーは資格が必須の仕事ではありません。

しかし、インテリアデザイナーの仕事に活かせる資格は多数存在します。

それらの資格を持っていることで転職を有利に進めることも可能です。

それぞれの資格について、難易度や取得するメリットなどを詳しく解説していきます。

転職を成功させるコツも合わせて詳しく見ていきましょう。

インテリアデザイナーの主な仕事内容

笑顔の女性

インテリアデザイナーの仕事は、家具や雑貨・壁紙や照明といった様々な要素を使い、室内空間をデザインすることです。

通常、住宅に限らず、店舗やオフィス・学校や病院など幅広い空間設計を担当します。

設計者や建築家・依頼主などと綿密な打ち合わせをしながら工程を進めていき、クライアントの理想のイメージを実現します。

インテリアデザイナーが求められる職場は多岐にわたり、これ以外に家具や雑貨のデザインを担当することも可能です。

自分がどのような仕事をしたいかによって働くフィールドが異なりますので、事前に決めておくとよいでしょう。

おすすめの資格「インテリアデザイナー」

インテリア

インテリアデザイナーがまず取得を目指す資格としては、職業名にもなっている「インテリアデザイナー」資格でしょう。

仕事内容に直結しており、仕事に必要な知識を有していることを明確に証明してくれるのでおすすめです。

資格の特徴は?

インテリアデザイナー認定試験は、日本デザインプランナー協会が運営する試験です。

インテリアに関する幅広い商品知識や販売技術、インテリアデザイナーとしての理解力や表現力が問われます。

試験は在宅形式で行われるのが特徴的で、自宅に郵送された問題を期限内に回答して返送するという方式です。

取得の難易度やおすすめの理由

試験の難易度としては、70%以上の正答率で合格とされており、過去の合格率は30%前後です。

受験資格は特になく、実務経験がなくても受けられるのでおすすめです。

また、在宅試験なので自分の都合に合わせて受験ができるというメリットがあります。

取得することでインテリアデザイナーとして幅広い知識を持っていることの証明になり、実務に活かすことができます。

インテリアデザイナーを目指すならまず取っておきたい資格といえるでしょう。

 

ワンポイント
まずは仕事内容に直結するインテリアデザイナー資格の取得を目指しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

おすすめの資格「インテリアコーディネーター」

女性、本

インテリアデザイナーの関連職として、「インテリアコーディネーター」の仕事があります。

インテリアコーディネーターは、どちらかといえば個人の顧客に向けて住宅内の空間設計を担当することが多いようです。

そんなインテリアコーディネーターの資格も、仕事内容が近いためおすすめの資格といえます。

資格の特徴は?

インテリアコーディネーター資格は、インテリア産業協会が認定する資格です。

インテリアコーディネーターはインテリアに関する幅広い知識を持ち、顧客に対して快適な住空間のデザインを提供します。

1次の学科試験は、インテリア商品や販売・計画などの幅広い知識が問われる試験です。

2次試験ではインテリア計画についてプレゼンテーションや論文の試験が行われます。

また、取得した資格は5年ごとに更新が必要です。

取得の難易度やおすすめの理由

試験の難易度は、1次試験の合格率が30%前後、2次試験の合格率が60%前後で、1次2次を通しての合格率は20%前後です。

学習時間の目安はおよそ8か月間で、そのうち大半の時間を製図などが求められる2次試験対策に充てる人が多いようです。

難易度の高い試験ではありますが、年齢制限や受験資格がなく、実務経験がなくても受験できるところがおすすめできます。

おすすめの資格「インテリアプランナー」

ノート

インテリアに関する資格では「インテリアプランナー」という資格もあります。

建築士の業務と共通の部分を持ちつつインテリアを設計し、インテリア空間をトータルに実現できる能力を認定します。

資格の特徴は?

インテリアプランナー資格は、建築技術教育普及センターが認定する資格です。

内装設計リフォームを行うための知識が求められ、建築士に共通する部分があるのが特徴です。

1次の学科試験と2次の製図試験があり、インテリア設計や建築物の構造・設備に関する問題など、幅広い分野から出題されます。

1次試験に合格することで、アソシエイト・インテリアプランナー(準インテリアプランナー)の称号が与えられます。

2次試験に合格し、実務経験などの条件を満たせばインテリアプランナーとして登録することが可能です。

取得の難易度やおすすめの理由

1次試験の合格率は60%前後、2次試験は30%前後で、1次試験と2次試験を通しての合格率は20%前後です。

難易度は高いですが、内容の重複する二級建築士とは違い、受験資格や年齢制限がなく誰でも受験可能なところがおすすめです。

全く知識がない状態からの学習時間の目安としては200~300時間と言われていますが、独学でも十分に取得可能な資格といえます。

 

ワンポイント
建築についても学べるインテリアプランナーの資格もおすすめです。

上記以外に持っていると役立つ資格

勉強

ここまで挙げた資格以外にも、インテリアデザイナーが持っていると役に立つ資格をご紹介します。

全てを網羅する必要はありませんが、自分の働きたい職場で求められるものがあれば取得しておくとよいでしょう。

建築士

建築士は国家資格で、一級建築士・二級建築士・木造建築士があり、インテリアデザイナーとして活躍するために役に立ちます。

最も簡単な木造建築士を取得してもよいですが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造も手掛けられる二級建築士を目指すのが一般的です。

学習時間の目安としてはおよそ1000時間、約1年間の勉強が必要になる難易度の高い試験といえるでしょう。

その分、取得すれば自身で建築設計まで手掛けられるようになり、幅広い活躍が目指せるようになります。

カラーコーディネーター

女性、本

空間のイメージを決定づけるために、インテリアのカラーコーディネートは大きな役割を果たします。

カラーコーディネーターの資格を取ることによって、色使いで求められているイメージを表現することができます。

カラーコーディネーター検定試験は東京商工会議所が認定する試験で、実践的な色彩の知識を学ぶことができる試験です。

3級から1級まであり、3級は合格率が70%前後と高いのに対し、1級では30%前後とかなり難易度に差があります。

まずは3級の取得から目指してみるとよいでしょう。

インテリアデザイナーに役立つ資格を取得するメリット

ノートパソコン、手で丸をつくる女性

資格を取得するにはそれなりに苦労したり時間がかかったりしますが、それでも取得するメリットの方が大きいのでしょうか。

結論から言えば、特に未経験からの転職を考える場合、資格を取得することで大きなメリットとなります。

資格を得ることでどのようなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

スキルや知識の証明になる

面接でいくら「インテリアのことをよく知っています」とアピールしても、どの程度の知識があるのか面接官は確認できません。

今まで同業種で活躍していた人であれば業績をアピールできますが、未経験からの転職の場合ではそれができません。

しかし資格を持っていることで、自分がそのスキルや知識を実際に持っていることを客観的に証明できます。

特にインテリアに関連する仕事は、本人の好みではなくクライアントの要望を叶えるための知識が必要になります。

そのため独りよがりな偏った知識ではなく、正しい知識を幅広く身につけているという証明が大切になるのです。

転職で有利になる

企画職の女性

インテリアデザイナーには資格が必須ではありませんが、中には資格保持者のみ募集している求人もあります。

そういった場合、資格を持っていることで求人に応募できるチャンスが広がります。

もちろん資格を必要としない求人においても、資格を持っていれば応募者の実力が分かりやすく、より歓迎されるでしょう。

それ以外にも、資格を持っていることで自分の努力や積み重ねてきたものを目に見える形でアピールすることが可能です。

資格を取得できるまで努力を継続できる人という証明にもなり、そういう意味でも転職の際に有利に働きます。

実務に活用できる

インテリアデザイナーの資格は実務に直結しており、学んだ内容が実務に活用できるのも大きなポイントです。

身につけた知識は全て仕事上で必要な知識であるため、資格を取得していれば自信をもって仕事ができます。

それ以外の資格でも、これまでに挙げてきた資格であれば、インテリアデザイナーの仕事をする上で必ず役に立ちます。

転職後に自信をもって仕事に取り組むためにも、ぜひ取得を目指すとよいでしょう。

 

ワンポイント

資格を取得するメリット

  • スキルや知識の証明になる
  • 転職で有利になる
  • 実務に活用できる

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

資格を活かして転職するためにやるべきこと

PCで考える女性

資格を取得したら、それを活かして転職するためにどのようなことに気を付けたらよいでしょうか。

せっかく取得した資格を無駄にしないためにも、戦略性をもって転職準備をしましょう。

自己分析をして強みを把握する

まず重要なことは、自己分析をして自分の強みは何かを正確に把握することです。

インテリアデザイナーの仕事には様々な働き方があります。

例えば家具メーカーで家具をデザインする仕事や設計事務所で室内全体の設計をする仕事など、多岐にわたります。

そのため、自分がインテリアデザイナーとしてどんな力を活かしてどんな働き方をしたいかを深く分析しましょう。

自分の強みを活かした職場で働くことができれば、それだけ実績を上げるチャンスも多くなります。

職場選びに失敗しないために、事前に入念に自己分析を行いましょう。

転職エージェントを活用する

女性たち

転職のプロである転職エージェントを活用するのも有効な方法です。

転職エージェントはそれぞれの職場でどんな人材が必要とされているかをよく把握しています。

求職者と企業の間でミスマッチが起こらないよう、双方の要望をよく聞いて最適な求人を紹介してくれます。

また、自分の持っている資格や強みを十分に活かした転職をするには、自分一人だけでなく第三者からの視点も不可欠です。

自分では強みだと思っていても、業界目線で見たらそうでもなかったり、またその逆のパターンもあるでしょう。

第三者に相談することで、自分で気づいていない強みを新たに発見できることもあるのです。

資格を活かした転職を成功させるために、転職エージェントから見たプロの意見をしっかりと取り入れましょう。

 

ワンポイント
資格を活かすためには入念に自己分析し、転職エージェントの意見もしっかりとチェックしましょう。 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズをする女性

転職エージェントの仕事は応募先企業の紹介だけではありません。

自己分析の際にスキルの棚卸しを手伝ってくれたり、職務経歴書の作成や面接練習なども手厚くサポートしてくれます。

また、労働条件などについての企業との交渉も請け負ってくれるため、1人で進めるより大幅に転職活動の負担を軽減できます。

転職エージェントは無料で利用できますし、どんな初歩的な質問をしても大丈夫です。

気軽に相談し、プロのサポートを受けながら転職を無事成功させましょう。

まとめ

女性 

ここでご紹介したインテリアデザイナーの仕事に活かせる資格はどれも実際に役立つ資格ばかりです。

特に「インテリアデザイナー」の仕事は実務に直結していますので、転職の際には大きな味方になるでしょう。

資格を持っていることで自分の知識やスキルを証明することができ、さらに熱意のアピールにもなります。

インテリアデザイナーとしての転職が成功するよう、手間と時間をかけてでも取得を目指してみることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら