人の悩みを聞いたり解決策を提案したりするのが心理カウンセラーです。人に寄り添う仕事だからこそ向き不向きが分かれます。

また、志望動機の内容も他の職業とは異なることでしょう。

今回は心理カウンセラーの志望動機の考え方を解説していきます。

心理カウンセラーを目指す人がアピールするべきポイント・志望動機の例文も紹介していくのでチェックしてみてください。

心理カウンセラーの志望動機の考え方を解説!

カウンセラー

心理カウンセラーは一部の人だけがなれる職業だと思っている人は多いです。

しかし、悩みを抱える人が増えたことによって心理カウンセリングに興味を持つ人が増えています。

その結果心理カウンセラーを目指す人も多くなっているのです。

心理カウンセラーは特殊な職業であるものの難易度は高くありません。

では、心理カウンセラーの志望動機はどのように考えたらいいのでしょうか。その方法を解説していきます。

心理カウンセラーに必要な素質

女性

人が抱える悩みを解決する手助けをする心理カウンセラーですが、どのような素質が必要となるのでしょうか。

人に寄り添う仕事である心理カウンセラーには向き不向きがあります。

ここでは、心理カウンセラーに必要な3つの素質を紹介していきます。

心理カウンセラーを目指している人は自分に当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。

メンタルの強さ

心理カウンセラーにはメンタルの強さが必要となります。人の悩みを聞き相手の感情に寄り添うことが必要となります。

中には相談の最中に感情的になってしまう相談者もいるでしょう。

そういった人を常に相手として仕事をするため、強いメンタルが必要となります。

相談者の感情や自分の感情に流されず、冷静に相手の話を聞いて悩みを解決する姿勢が重要となるでしょう。

自己研磨する意欲

納得

心理カウンセラーには自己研磨する意欲も必要です。心理カウンセリングの基本となるのは人間力です。

自己研磨する意欲のある人は人間味溢れる人であり、物事を客観的に見ることができます。

人の悩みを解決するためには客観的に物事を判断する能力が必要不可欠です。

自分のことを客観的に見れない人が他人の悩みを解決することはできません。

そのため、自己研磨する意欲のある人は心理カウンセラーに向いています。

言語表現力

心理カウンセラーの仕事は相談者の悩みを聞くだけではありません。解決するためにアドバイスをしていくことも仕事なのです。

同じ内容を伝えるときでも、表現の仕方次第で相手の受け取り方は異なります。

相談者に合わせた言葉使いをしていくことが何よりも大切となるのです。

言語表現力がある人なら、心理カウンセリングに訪れた相談者に合わせて言葉を使い分けることができるでしょう。

 

ワンポイント
心理カウンセラーの適正
・メンタルが強い人
・自己研磨する意欲のある人
・言語表現力がある人

心理カウンセラーの志望動機のアピールポイント

OKサインの女性

心理カウンセラーは特殊な仕事のため、仕事内容に合った自己PRが採用の決め手となることもあります。

そのため、志望動機でどうアピールするかはとても重要です。

ここからは、心理カウンセラーの志望動機でアピールするべきポイントを紹介していきます。

心理カウンセラーの転職での志望動機に悩んでいる人は参考にしてみてください。

人が好きである

まず、人が好きであるということは心理カウンセラーの志望動機のアピールポイントです。

心理カウンセラーの仕事は人と関わることです。人との関わりが苦手な人は心理カウンセラーに向いていないと思われてしまいます。

また、人が好きなことは心理カウンセラーにとって重要なことです。

アピールの仕方としては「人と関わることが好きです」「誰かと話すことが好きです」といったニュアンスでアピールしましょう。

奉仕の心がある

掃除をする女性

奉仕の心があるというのも心理カウンセラーのアピールポイントとなります。

人の心に寄り添うことは誰にでもできることではありません。

他人のことがどうでもよく、奉仕の心を持てない人であれば心理カウンセリングをすることはできないでしょう。

しかし、奉仕の心があると直接アピールすることは難しいです。

そのため「ボランティア活動をしています」「人の役に立つことが好きです」といったニュアンスで伝えていきましょう。

問題提起力がある

心理カウンセラーの仕事は相談者の気持ちに寄り添って問題を解決することです。

問題を解決するためには、まず問題を追及しなくてはなりません。相談者自身、何が問題であるのか分からないことも多いです。

その場合は心理カウンセラーが相談者の話から問題を読み解く必要があります。

そして、相談者に問題提起をしてその解決策を提案していくのです。

問題解決力よりも問題提起力は心理カウンセリングにおいて重要なポイントとなるため、アピールする価値があります。

 

ワンポイント
志望動機では
・人が好きなこと
・奉仕の心があること
・問題提起力があることをアピールしましょう。

志望動機にしないほうがよい条件は?

考える女性

心理カウンセラーの仕事は自分の意見を押し付けることではありません。

そのため自己中心的な性格の人は心理カウンセラーに向いているとはいません。

人助けが好きだからと心理カウンセラーの志望動機で語る人はいます。

しかし、それを「他人を自分の思い通りに操りたい」と受け取る人もいます。

志望動機を面接で話すときは一方的に自分のことをアピールするのではなく、面接官と会話をしながらPRをするようにしましょう。

心理カウンセラーの志望動機の例文

カウンセラー

志望動機を書くときの参考になるのは実際の例文です。また、心理カウンセラーは複数の職業の総称でもあります。

心理カウンセラーの種類ごとに志望動機の例文を紹介していきます。

自分の目指す心理カウンセラーの例文をチェックしてみてください。

また、心理カウンセラーには共通することがあるので職種が違っても例文作成の参考になるでしょう。

例①スクールカウンセラーの志望動機の例文

私は子供の頃、自分の気持ちを表現するのが苦手で学校でも一人で過ごすタイプでした。

年齢が上がると共に周囲から浮くようになって、学校に行きたくないと思うことが多々あり辛かったです。

しかし、スクールカウンセラーの方に出会って私は変わることができました。

最初は上手く話せませんでしたが、何度もカウンセリングをするうちに自分の気持ちを表現できるようになったのです。

スクールカウンセラーと出会ったことで、私は前を向いて生きることができています。

自分も悩みを抱えた子供を救えるようなスクールカウンセラーになりたいと思い志望しました。

例②企業内カウンセラー

女性

私は心理カウンセリングの勉強をする中で多くの人と出会ってきました。

その中で心理カウンセラーのサポートが必要なのは企業で働く人達だと思いました。

その理由は企業内では目に見えないところでストレスを受けやすく、傷ついたり悩みを抱えている人が多いからです。

職場の人間関係に不安を抱えた人もいればキャリアに対する悩みを抱えている人もいます。

人は、人生の中で多くの時間を働くことに費やしますがその時間がストレスになってはいけないと思います。

より多くの人がストレスなく働けるように、サポートしていきたいと思い志望しました。

例③心理カウンセラー

私は人生での挫折によって非常に落ち込んでいた時期がありました。

自分がこれから先何をしたいのか分からず、ただただ引きこもる日々を送っていた時期があります。

このままではダメだと思い心理カウンセラーに相談することを決意しました。

心理カウンセラーに相談することで私は自分自身を見つめ直すことができるようになり成長できたのです。

そして、自分も同じように悩みを抱えた人を救いたいと思い志望しました。

 

ワンポイント
心理カウンセラーの志望動機は実体験を交えるようにしましょう。

心理カウンセラーの志望動機のNG例

NG

心理カウンセラーは人との関わりを大切にする仕事です。

そのため、面接官に良い印象を与えられない人は心理カウンセラーに向いていると思われません。

心理カウンセラーの仕事は他の職種と異なるため志望動機にも注意しなければならないのです。

ここでは、心理カウンセラーの志望動機のNG例を紹介していきます。チェックしておきましょう。

例①転職後に学びたいはNG

志望動機を伝える際に「学ばせていただく」という姿勢を伝えることがいいと思っている人はいるでしょう。

確かに、謙虚さをアピールすることはできます。ただ、心理カウンセラーという職業にそれはあっていません。

心理カウンセリングを受けたい人は悩みを抱えています。

その悩みは様々であり人によって対応を変えていかなくてはなりません。そのためある程度の経験や知識が必要となります。

心理カウンセラーの仕事内容は転職後に一から学ぶべきことではないため、転職後に学びたいという志望動機はNGです。

例②経営理念に共感しましたはNG

バツを持つ女性

「御社の経営理念に共感しました」と志望動機で語る人は多いです。

共感すること自体は問題ありませんが、それが志望動機にはなりません。

心理カウンセラーは職場に魅力を感じたとアピールするよりも、自分が人助けをしたといったことをアピールするべきです。

そのため「御社の経営理念が自分の考えと一致しました」といった志望動機は避けておきましょう。

心理カウンセラー資格は履歴書へ書くべき?

考える女性

心理カウンセラーに関わる資格を持っている場合は、履歴書に書いておきましょう。

取得時期や名称を正しく記載することができれば特に問題はありません。

また、資格以外にも心理カウンセラーとしての経験があれば自己PRの欄に書いておくといいでしょう。

心理カウンセラーに活かせるような経験についてはどういった活動を、どんな場所でしたのかを簡潔にまとめましょう。

また、空欄をなくすことも重要です。

心理カウンセラーの面接に向かう心がけ

女性

心理カウンセラーは他の職種と比べると経歴よりも、面接での評価を重視されることが多いです。

そのため、面接で緊張してしまうこともあるでしょう。

心理カウンセラーの転職に大切な面接で成功するためにはコツがあります。

ここでは、心理カウンセラーの面接に向かう心がけとして紹介していくので参考にしてみてください。

平常心を保つ

まず、平常心を保つようにしましょう。

緊張して何を言っているのか分からなくならないよう、面接前に心を落ち着かせておくことが重要です。

心理カウンセラーの仕事は人と会話をすることです。

面接で平常心を保てない人が心理カウンセラーとして、他人の悩みを冷静に解決していくことは難しくなります。

とにかく平常心を保って冷静に受け答えができるようにしましょう。

声の出し方に気遣う

カウンセリング

心理カウンセラーにとって声の出し方もとても重要です。カウンセリングを受ける人は何かしら悩みを抱えています。

また、人と関わることが苦手な人もいるでしょう。落ち込んでいるだけの人であれば、明るく話しかけても大丈夫です。

しかし、人と関わることが苦手な人に大きな声で威圧的に話しかけてしまうと心を開いてくれません。

面接での声の出し方はカウンセリングの声の出し方と同じです。話し方同様に声の出し方にも気をつけましょう。

 

ワンポイント
転職面接では平常心で声の出し方に注意しましょう。

転職エージェントに登録しよう

転職エージェント

心理カウンセラーの仕事を選ぶ人は増えていますが、まだまだ少ないのが現状です。

そのため、心理カウンセラーの転職の情報は他の職種と比べて少ないです。

転職には情報収集が重要ですが個人で心理カウンセラーの転職情報を集めることは簡単ではありません。

転職のプロである転職エージェントを利用すれば、手軽に転職情報を入手できるだけでなくアドバイスをもらうことができます。

ぜひ、転職エージェントに登録してみてください。

まとめ

ジャンプする女性

心理カウンセラーの職に就いている人は少ないです。

しかし、悩みを抱えた人が増えている現代社会でこれから先必要とされている仕事でもあります。

向き不向きはありますが、一番大切なのは誰かを助けたいという気持ちです。

転職エージェントを利用しつつ、心理カウンセラーへの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら