年々需要が増しているエンジニアに女性が転職するメリットはあるのでしょうか。

エンジニアは高度で専門的な知識を必要としますが、一度スキルを身につければ手に職をつけることができるでしょう。

当記事では、女性がエンジニアになるため必要なことや向いている人の特徴を解説します。

Contents

女性エンジニアを目指すメリットを解説

女性

IT化の波が押し寄せる世の中に反してエンジニアの人手不足が懸念されています。

そんな中、エンジニアを目指す女性が増えてきているのも事実です。

プログラミングなど高度な知識やスキルを必要とするエンジニアに転職するメリットは何があるのでしょうか。

エンジニアは男性の仕事というイメージが強いかもしれません。

実際にひと昔前まではほとんど男性だけが携わっている職業でした。

しかし、年々女性のエンジニアが増加しており、今後もますます増え続けることが予想されます。

女性がエンジニアとして働く環境が整ってきているともいえそうです。

エンジニアの主な仕事内容

エージェント

エンジニアとはプログラミングなど高度で専門的な知識を持っている人材のことです。

一言でエンジニアといってもさまざまな種類が存在します。

  • システムエンジニア:システム開発
  • ネットワークエンジニア:ネットワークシステムの設計・開発・運用・保守
  • セールスエンジニア:自社システム導入の提案、導入作業
  • データベースエンジニア:データベースの設計・開発・運用・保守

各エンジニアで担当する業務や担う役割が異なっています。

知識やスキルを身につければ未経験でも挑戦できるのがエンジニアの良いところです。

細かい作業が得意だったり物事を順序立てて考えることができたりする人はエンジニアに向いているといえるでしょう。

 

ワンポイント
エンジニアはシステム開発やネットワーク運用など専門的な仕事に携わる!

エンジニアに転職するメリット

ポイント

さまざまな種類があり未経験でも挑戦しやすいエンジニアに転職するメリットは何があるのでしょうか。

女性がエンジニアを目指す具体的なメリットを4つご紹介します。

男女で平等に評価される

女性

エンジニアは男女平等に評価されます。

一般的な会社のように男女間で基本給や昇給スピードが違うということはありません。

システム開発やネットワーク設計など、純粋にエンジニアとしての技術力や成果物が評価されるのです。

また、女性エンジニアが増えているとはいえ全体的な人数まだまだ多くありません。

さらにエンジニア全体の人手不足も懸念されているため、未経験でも採用されやすいといえるでしょう。

仕事の評価基準が男女平等なのでエンジニアとして輝くことができます。

結婚後でも働きやすい

エンジニアは結婚後でも働きやすい傾向にあります。

一般的な会社では結婚を機に退職して専業主婦になる場合が少なくありません。

会社と家庭のバランスが取りづらいため退職を選択するのでしょう。

一方でエンジニアの場合、フレックスタイム制など柔軟な働き方を導入している企業が多くあります。

したがって結婚後でも今まで通り働きやすい環境が整っているのです。

出産後や育休後でも戻ってきやすい

女性と子供

エンジニアは高度で専門的な知識を持っている人材です。

出産や育休が落ち着いた後、スキルを活かして職場に復帰しやすい傾向にあります。

エンジニア全体の人手が足りていないので、むしろ職場復帰を推奨している会社もあるでしょう。

また、会社によってはフレックスタイム制のほかリモートワークや在宅勤務も導入しています。

職場と会社の往復が大変な場合でも働きやすい環境が整っているため、出産後や育休後でも仕事に戻りやすいのです。

時間や場所にとらわれず働きやすい

エンジニアとしての評価基準はシステム開発やネットワーク構築などの成果物です。

成果重視なので働く時間や場所にそれほど制限がありません。

一般的な会社とは違い、決められた時間に出社し同じ場所で働き続けるなど縛りがないので働きやすい環境といえます。

「クライアントの要望に応える」という1つの目標に向かってチームで働くエンジニア。

ほかの企業よりもエンジニアは働き方に多様性と柔軟性があるといえます。

したがって、エンジニアは時間や場所にとらわれず働きやすい職業なのです。

女性エンジニアに転職するデメリット

女性

一見すると女性エンジニアを目指すことはメリットばかりのように思えます。

しかし女性がエンジニアに転職するデメリットもあるので注意したいところ。

転職後ミスマッチを起こさないようあらかじめ確認しておきましょう。

スキル習得が必須

エンジニアとして働くにはスキルの習得が必要不可欠です。

プログラミングなどを始めエンジニアには高度で専門的な知識が求められます。

知識やスキルを身につけずエンジニアになることはほぼ不可能でしょう。

スキルは1日、2日勉強しただけで習得できるものではありません。

エンジニアになるためスキル習得に時間がかかることがデメリットといえます。

業務量が多い

考える女性の画像

エンジニアとして任される仕事量は多いのが事実です。

担当業務が多いということは業務時間内に終わらない可能性が高いということ。

場合によっては残業が続くこともあるでしょう。

フレックスタイム制の導入など働き方に柔軟性があるとはいえ、根本的な業務量が多いのです。

仕事が立て込んでいてプライベートの時間が作れないことも覚悟する必要があります。

チームによりマネジメント体制が違う

エンジニアといってもチームや企業によりマネジメント体制が異なります。

特にエンジニア経験者の場合、転職前後の職場でマネジメント体制が違うことで混乱するかもしれません。

未経験から挑戦する場合でも思っていたマネジメント体制と違うと感じることもあるでしょう。

一般的な会社のようにある程度マネジメント体制が決められているわけではありません。

前職との違いに慣れずストレスを感じる場合があります。

常に最新情報を手に入れる必要がある

IT業界は日々アップデートされているため、常に情報収集しなければ時代の流れについていけません。

学ぶことを止めてしまうとエンジニアとして活躍できなくなります。

最新情報を手に入れるのがめんどうであればエンジニアは向いていないでしょう。

 

ワンポイント
スキルの習得が大変だったり業務量が多かったりと、エンジニアにもデメリットがある。

手に職をつけるには女性エンジニアがおすすめ

OKマーク 女性

女性が手に職をつけるにはエンジニアがおすすめです。

プログラミングなどのスキルを持っているエンジニアは、結婚や出産などライフイベント後でも仕事を続けられます。

また、リモートワークやフレックスタイム制など多様な働き方を推奨しているのも大きな特徴です。

さらに男女間で評価に差はないので仕事のモチベーションも維持しやすいでしょう。

しかしエンジニアとして働くにはスキル習得が必須です。

業務量も多いので残業が続く日もあるでしょう。

それでもしっかり稼ぐためには高度なスキルや知識を必要とするエンジニアが最適なのです。

手に職をつけるためエンジニアを目指す女性もいるようですから、転職先に迷ったら真剣に考えてみてください。

女性エンジニアに転職を成功させるコツは?

青空 ビジネスウーマン

年々人気が高まっている女性エンジニア。

転職を成功させ手に職をつけるには何を意識すればいいのでしょうか。

具体的に2つのポイントをご紹介します。

スキルをアピールしよう

女性がエンジニアに転職するにはスキルのアピールが欠かせません。

エンジニアとして働くにはスキルの習得が必要不可欠です。

プログラミングを始めIT関連の知識が身についていることをアピールしましょう。

女性エンジニアが増えてきているとはいえ、エンジニア全体に占める女性の割合はそれほど多くありません。

つまりスキルを持っている女性が少ないということです。

あなたがエンジニアとして活躍できるスキルを持ち合わせているなら思いっきりアピールしてください。

エンジニアへの転職成功に大きく近づくことは間違いありません。

エンジニアに対する熱意をアピールしよう

Webデザイナー

エンジニアとして働きたいという熱意をアピールしましょう。

会社としては、熱意がある人とない人がいれば間違いなく前者を選びます。

また、どれだけスキルを持っていても意欲がない人を積極的に採用したいとは思わないでしょう。

エンジニアは1人で黙々と作業するイメージがあるかもしれません。

しかし、システム開発を始め成果物を完成させるには多くの人が関わってきます。

つまりチームで働くのでメンバー間のコミュニケーションが必要不可欠ということ。

熱意や意欲がない人がいれば、チーム全体のモチベーションが下がってしまうでしょう。

テンション高く自分をアピールしなければならないということではありません。

エンジニアとして働く熱意を丁寧にアピールしましょう。

 

ワンポイント
スキルと熱意をアピールしてエンジニアへの転職を成功させよう!

エンジニアに向いている女性の特徴

ガッツポーズをする女性

女性が手に職をつけるためにぴったりのエンジニアですが、どのようなタイプの人が向いているのでしょうか。

エンジニアに向いている女性の特徴を3つご紹介します。

細かい作業が得意

細かい作業が得意な女性はエンジニアに向いています。

システム開発やネットワーク構築などさまざまな業務において根気強い作業が求められるもの。

ITサービス自体は大きなものでも、成果物完成にいたるまで細かな作業を繰り返します。

どこかでエラーが発生すればすべてうまくいきません。

1つの作業を丁寧に行う必要があるため、細かい作業が得意な女性はエンジニアに向いているのです。

好奇心が旺盛

好奇心旺盛な女性もエンジニア向いているでしょう。

エンジニアは常に世の中のトレンドをキャッチする必要があります。

最新情報を手に入れるには「新しいことを知りたい」という気持ちが必要不可欠です。

義務感で情報収集しても必要な情報は見つからないだけでなくワクワクしません。

気分が乗らない仕事ほどモチベーションを維持するのが難しく、パフォーマンスも低下してしまいます。

地道な作業が多いイメージのエンジニアですが、日々アップデートするため好奇心が欠かせないのです。

失敗しても立ち上がることができる

失敗にめげず仕事を続けられる人はエンジニアに向いています。

エンジニアは細かい作業が多い分小さなミスを連発しやすいもの。

ミスをすることは日常茶飯事なので、失敗する度に落ち込んでいては仕事が進みません。

エンジニアとして働くには失敗しても大丈夫、次に活かせればそれでOKと前向きな気持ちが大切です。

自分に厳しい人はミスすることを許しません。

しかし、ミスを許容できなければ気持ちを悪い方向へ追い込むだけでなくチーム全体の雰囲気も悪くなります。

失敗を恐れずミスしてもすぐに立ち上がることができる人はエンジニア向いているのです。

未経験でもエンジニアを目指せる?

ガッツポーズする女性

エンジニアは未経験でも挑戦しやすい職種といえます。

なぜなら世の中の需要に反して業界全体が人手不足に陥っているからです。

エンジニアの需要は高いので、スキルを持っているならあらゆる企業から必要とされるでしょう。

また、今後ますますIT化が進むことが予想されるのでエンジニアの将来性も明るいといえます。

さらに女性エンジニアも増加傾向にあるので未経験でも採用してくれる会社が多いでしょう。

エンジニアには高度なスキルが必要ですが、独学で身につけることができます。

手に職をつけるために人気の職業であるエンジニアは女性におすすめの仕事です。

 

ワンポイント
エンジニアは未経験でも挑戦でき、将来性も明るい職業!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

説明する女性

転職活動では何度も壁にぶつかることがあります。

特に未経験から挑戦する場合は業界事情や特性など分からないことも多いでしょう。

自分で調べるには限界があるのも事実です。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

エージェントはあらゆる業界に精通したキャリアコンサルタントです。

あなたの転職が成功するよう徹底的にサポートするのがエージェントの役目。

1人で悩まず困った時はエージェントに相談して、あなたに合った転職先を見つけましょう。

まとめ

パソコン、笑顔の女性

IT化が進む現代においてエンジニアの需要はますます高まっています。

一方で高度かつ専門的な知識を必要とすることもあり人手不足が懸念されているのも事実です。

しかし、一度スキルを身につければ長く活躍できるのがエンジニアの良いところ。

女性が手に職をつけるため人気の職業でもあります。

さらにフレックスタイム制を導入するなど女性にとっても働きやすい環境が整えられているのが特徴です。

未経験でも挑戦できますから、エージェントとうまく連携し理想の未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら