本や図書館の雰囲気が好きという方にとって、図書館司書は憧れの仕事ではないでしょうか。

落ち着いた環境や安定性を求める方にも人気です。

しかし、図書館司書の求人は他職種と比べても少ない傾向にあり、狭き門といえます。

面接時には、人とは違ったアピールポイントが必要となるでしょう。

そのため、志望動機を明確にすることが何よりも大切です。

そこで今回は、司書の志望動機の書き方について解説していきます。

併せて事前準備や注意点・例文にも言及しますので、参考にしてみてください。

Contents

司書の志望動機の書き方を解説

女性、本本好きだから図書館司書を目指す、という方も多いでしょう。

しかしこれだけでは、志望動機としてはアピール不足です。

転職を成功させるためには「この図書館で働きたい」という熱意が採用担当者に伝わらなければなりません。

まず志望動機を書く前に、司書の仕事内容・適性などへの理解を深めておきます。

そして仕事に活かせる強みを洗い出すことも、重要な面接対策の一つです。

適切な自己PRができる方法を一緒に学んでいきましょう。

司書の仕事内容

女性、本、仕事図書館司書は、図書館において所蔵資料の管理業務全般を行う仕事です。

また利用者に向けた応対やサポート業務も行っています。

事務作業はもちろんですが、人と接する機会も多いところが特徴です。

ここでは仕事の内容を大きく3つに分類し、詳しくみていきます。

図書館利用に関わる仕事

図書館を快適に利用してもらうことが、司書の責務といえるでしょう。

カウンターでの受付業務として、本の貸し出し・返却・予約などを行います。

時には利用者からの質問に答えたり、調べ物をサポートしたりもします。

このようなレファレンスサービスも司書の主要な仕事です。

利用者に対して、正確な情報の提供丁寧な応対ができる力が求められます。

資料に関する仕事

図書館司書は、館内の本・新聞・その他資料を管理する立場です。

返却されてきた本類を元の位置に戻したり、必要に応じて書架を整理したりします。

傷んだ資料があれば修繕する場合もあります。

また、図書館に新しく仕入れる資料を選定・発注することも担当業務です。

付随して新しい資料の分類や目録登録も行っていきます。

利用者のニーズ施設のコンセプトに沿いながら、常に管理体制を整えておかなればなりません。

図書館内外に向けた仕事

館内での受付・管理業務だけでなく、イベントの開催に携わることが多々あります。

子どもに対する絵本の読み聞かせなどは、その一例です。

また季節や流行に合わせた特設コーナーの企画・設営も担当します。

さらに地域社会へ浸透していくために、図書館の広報活動に取り組む機会もあるでしょう。

たくさんの人に本や図書館への興味を持ってもらえるよう、司書として励みたい業務です。

職場による業務の違いも

図書館、と一言でいっても運営母体によってその種類は様々です。

国立の国会図書館を始めとして、公立図書館・私立図書館・学校図書館などに分類されます。

基本的に、どの図書館でもカウンター業務や資料管理については共通の仕事です。

ただし、所属する職場によって扱う資料や利用者層は異なります。

このため、細かな業務面では違いが生じてきます。

「地域に根付いた仕事がしたい」

「学生や教育の面にも関わりたい」

といった個々の働きたいスタイルに基づいて転職先を選ぶと良いでしょう。

 

ワンポイント
 ・利用者に対する資料の貸し出し・返却・予約、レファレンスサービス
・所蔵する資料の管理全般を担当
・図書館内外でのイベント実施や広報活動に関わる機会もあり
・職場によって細かな業務内容は異なる

司書に向いている人の特徴

女性、本図書館司書は、よく目にするカウンター業務だけでなく幅広い職務を担っています。

本に対する愛着利用者への気遣いが仕事上のキーポイントとなるでしょう。

では、図書館司書に向いているのは一体どのような人なのでしょうか。

本・図書館が好き

本、自然

図書館司書の適性として第一に挙げられるのが、本・図書館が好きという点です。

本好きであれば図書館はまさに理想的な環境といえます。

図書館の利点をもっと知ってもらうために活動することもできます。

自分の好きなことを仕事へのモチベーションに変換していきましょう。

また特定のジャンルにこだわらず、広範囲に興味・関心を持つ姿勢が大切です。

コミュニケーション能力がある

受付での対応から資料に関する問い合わせまで、人とやり取りする場面が多い仕事です。

利用者が何を必要としているのか、的確に把握する能力が重視されます。

聞き取りの細やかさ・説明のわかりやすさといった面も気を付けたいところです。

また図書館では、年代・性別・職業柄など多彩な利用者層が想定されます。

誰とでも円滑にコミュニケーションを取れれば、司書として頼られる存在になるでしょう。

コツコツと仕事に取り組める

所蔵資料に関する仕事では、地道な作業がつきものです。

図書館司書は、一つ一つの資料を正しく丁寧に扱うという責任感が問われます。

そのため、コツコツと集中して仕事に取り組める人が向いているでしょう。

力を活かして、利用しやすい図書館の実現に貢献できますよ。

 

ワンポイント
図書館司書に向いているのはこんな人。
・本・図書館が好き
・コミュニケーション能力があり、人と接するのが得意
・何事にも集中して取り組める

志望動機を書く前の準備

女性、履歴書ここまで図書館司書の業務と適性について、お話してきました。

図書館司書という仕事を具体的にイメージできたでしょうか。

転職に向けて面接対策は欠かせません。

中でも履歴書の志望動機は、採用担当者が最も注目するところです。

まずは志望業界と自分自身の分析を行い、ベースを作っていきましょう。

図書館の役割を理解しよう

図書館とは本の貸し借りの場である以上に、重要な役割を持っています。

その一つが知的財産の保護

適切に管理された資料は、未来に継承していくことができます。

図書館の存在は、貴重な知識を守るために欠かせないものです。

また図書館は、社会と人との橋渡し役にもなっています。

本やイベントを介して、老若男女問わず幅広い世代が交流できるきっかけを作ります。

このような図書館の側面を理解し、志望動機の軸をよりはっきりと打ち出しましょう。

自己分析で自分の強みを知ろう

面接でどれだけ自分をアピールできるかが、勝負の分かれ目ともいえます。

そのために自己分析は入念に行っておきたいところ。

特に、先述した図書館司書の適性と一致する強みを見つけましょう。

これまでの経験から得た能力も、強い武器になり得ます。

自分の長所が志望職種に役立つという意欲を採用担当者に伝えてくださいね。

志望動機で押さえるべきポイント

女性、ポイント前提となる自己分析・業界分析ができれば、いよいよ志望動機の詳細を固めていきます。

ここで意識したいのは、志望動機に具体性を持たせるということです。

どういうことなのか、詳しく説明していきます。

図書館で働きたい理由を明確にしよう

本好きであることは、確かに図書館司書向きの資質です。

しかし、それだけであれば就職先は他にも選べますよね。

書店・出版社など選択肢がある中、何故図書館で働きたいのか。

ここが曖昧になってしまうと、採用担当者の印象に残らないかもしれません。

図書館が第一志望の職場であることを強調するように心がけましょう。

具体例として、図書館に関する思い出挑戦したい業務などを盛り込むと良いですね。

応募先の図書館でなければならない理由を考えよう

さらに志望動機を深めていくことで、強力なアピールが可能となります。

数ある図書館から、応募先を選んだのは何故なのか。

採用担当者からすると、一番聞いておきたい点でしょう。

「昔からよく通っていて、図書館司書にもお世話になった」

「イベントやボランティア活動の内容に惹かれた」

このような実体験を経た志望動機であれば、説得力も高まります。

採用担当者の心に響くような理由を、自分なりにまとめてみてください。

採用後のビジョンを書こう

女性、ステップアップ

「ここで働きたい」という熱意に加えて、採用後のビジョンがあれば尚更良いでしょう。

転職の成功はゴールではなく、むしろスタートです。

そのスタートラインを具体的に描いておくことは、仕事のやりがいにも直結します。

図書館外のイベントを促進したり展示のコーナーを充実させたりと、可能性は様々です。

希望の図書館が行っているサービス・業務を調べた上で、アイディアを膨らませてみましょう。

 

ワンポイント
志望動機では「この図書館だから働きたい」という理由を詳しく語りましょう。
将来チャレンジしたい業務があればぜひアピールしてください。

志望動機を書く際の注意点

女性、注意図書館で働く理由と将来のビジョンをはっきりさせることが肝心だとお伝えしてきました。

さらにここからは、志望動機を書く際に注意したい点を3つ取り上げていきます。

「本が好き」だけではアピール不足

図書館司書を目指す方の多くは、本好き・読書好きではないでしょうか。

そうなると、「本が好きだから」という理由だけでは周りとの差別化ができません。

志望動機には、採用担当者に強く訴えかける要素が求められます。

もし本好きであることを進んでアピールしたいなら、具体的な数字や経験を提示しましょう。

「学生時代、一日に一冊のペースで読書していた」

「好きな小説の聖地を巡ったことがある」

本に対する興味・関心の深さをわかりやすく伝える手段として、検討してみてください。

司書に求められているスキルをアピールしよう

女性、パソコン図書館司書に適した資格・スキルを持っていることで、面接が有利になります。

志望動機と併せて積極的にアピールしていきましょう。

図書館司書の資格は必須ではありません。しかし、取得しておけば専門知識があることを証明できます。

また、コミュニケーション能力は図書館司書にとって重要なスキルです。

利用者の視点に立ち、寄り添ったサービスが提供できることを示しましょう。

接客経験がある場合、より臨機応変な対応が可能だというアピールにも繋げられます。

さらに、パソコンスキルの習熟度もポイントの一つです。

事務仕事が多いため、パソコン処理の速さと正確性はプラスに働いてくれますよ。

強みと絡めて具体的なエピソードを書こう

自己分析で洗い出した強みは、履歴書の中身を支える主軸となります。

その強みに関連して、今まで取り組んできた仕事や経験をアピールしましょう。

採用担当者にとって、仕事に対する適性を理解している人材は魅力的です。

どのようなエピソードを話すべきなのか、しっかり吟味してください。

 

ワンポイント
本好きということを強調したいなら、具体的なエピソードがあるといいでしょう。
図書館司書に求められる資格・スキルは大きなアピールポイントです。
このようなスキルや経験を自分の強みと併せて採用担当者に伝えてくださいね。

志望動機の例文

本図書館司書の志望動機について、3つのパターンから例文を紹介します。

こちらを参考にしながら、自分の言葉でやる気の伝わる志望動機を作りましょう。

面接でも堂々と採用担当者にアピールできますよ。

別の図書館に転職する場合

司書としてすでに働いており、別の図書館に転職したい場合の例文です。

「私はこれまで○○図書館で勤務し、図書館業務全般に関わってきました。

なかでも蔵書に関する質問や学習のサポートに力を入れていました。

利用者の方に気持ちよく過ごしてもらえることをモットーにしています。

この図書館を志望した理由は、レファレンスサービスを重視した運営に魅力を感じたからです。

また地域文化に密着した展示やイベントの多さにも興味を抱きました。

自分の経験と知識を最大限に活かし、利用者のニーズにお応えしたいと考えています」

実績をアピールしながら、志望先の図書館を選んだ決め手を述べていきます。

そして今までの経験を活かしたいという意思をみせるようにしましょう。

同業界・異職種から転職する場合

同じ業界から図書館司書を目指す場合、自分のスキル・経験が応用できることを伝えましょう。

さらに挑戦したい業務の具体案を出すことで、意欲的な姿勢が評価されるかもしれません。

「私は小さい頃、よくこちらの図書館に通っていました。

特に親子で参加できる読み聞かせの会が楽しみで、今でも良い思い出となっています。

このような体験から、ぜひこちらで図書館司書として働きたいと思い、応募しました。

今まで学校事務として窓口業務を担当し、学生が相談しやすい環境を整えてきました。

この経験を活かし、子ども達が楽しく学べる図書館作りに取り組みたいと考えています。

長期休みの際に学習をサポートする機会を増やすなど、積極的に活動していきたいです」

異なる業界・職種から転職する場合

未経験かつ異なる業界出身で図書館司書になりたい場合の志望動機を考えてみました。

「学生時代に、こちらの図書館で司書の方からおすすめしてもらった本があります。

その一冊が、学校になじめなかった私の心の支えになりました。

以来、本を通じて誰かを支えられる司書の仕事に憧れています。

自分を救ってくれた図書館で働きたいと思い、今回応募いたしました。

司書の業務経験はありませんが、前職にて基本的なパソコンスキルを習得しています。

積み重ねてきた経験を活用し、新しい知識もどんどん吸収していきたいです」

図書館・本にまつわるエピソードを交えて、司書になりたい理由を強く訴えましょう。

また前職で得たスキルの中から、図書館業務に適した能力をピックアップしてください。

経験がなくても、前向きな姿は好印象を残してくれます。

志望動機のNG例文

女性、NGここでは、志望動機として履歴書に書くのは避けてほしい例を解説します。

どこが駄目なのか把握し、自身の志望動機を見直してみましょう。

内容をブラッシュアップすることで、面接を乗り越える自信に繋げてくださいね。

本好きというアピールのみのNG例

「私がこの図書館を志望した一番の理由は、本が好きだからです。

今でも読書が趣味であり、本を開かない日はほとんどありません。

本に囲まれた環境で仕事ができれば理想的だと考えています」

この志望動機だと本好きであることはわかりますが、内容は薄くなってしまいます。

「好きな物語の主人公が図書館司書だった」

など、図書館司書を目指すきっかけとなった逸話を一つ取り入れてみてください。

応募先でなければならない理由が不十分なNG例

「私は図書館の落ち着いた雰囲気が好きで、よく通い続けていました。

自由に好きな本が読める図書館は、本当に素晴らしい施設だと思います。

自分も図書館司書として良さを伝えていきたいと考え、求人に応募しました」

これでは、図書館ならどこでもいいように取られてしまいかねません。

採用担当者から見て不十分な動機だと、せっかくのチャンスが台無しになります。

この図書館だから働きたいという理由を明確にしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性、仕事図書館司書を目指す場合、志望動機の内容をしっかり組み立てておきたいところです。

そのためには自己分析から丁寧に行っていかなければなりません。

自分の長所や身に着けたスキルは、積極的にアピールすべきです。

とはいえ、自分1人だと見落としてしまうポイントもあるでしょう。

そんな不安がある方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを通じて自分の適性を知ることで、ぴったりの職場を見つけられます。

どんなことでも構いません。仕事に関する悩みを打ち明けてみてくださいね。

まとめ

女性、本図書館司書の仕事は、所蔵資料の管理利用者へのサポートがメインとなります。

時には図書館内外での交流・イベント企画もあり、幅広く対応できる能力が必要です。

そんな図書館司書は、本が好きな人に最適な職業だといえるでしょう。

またコミュニケーション能力・作業の丁寧さ・集中力が、司書の適性にあたります。

図書館司書を目指すにあたって、まず志望動機の書き方を押さえておきましょう。

図書館の存在意義を理解し、自己分析で長所を把握することが大切です。

その上で、志望する図書館に関するエピソードを織り交ぜ、説得力を付けます。

自分の強み経験から得たスキルも確実にアピールしてください。

さらに将来のビジョンを具体的に描いておくことで、採用担当者に強い意欲を示せます。

ぜひ自分の熱い思いをぶつけた志望動機を書き上げてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら