「本が好き」「図書館という空気が居心地がいい」「子供の頃図書館のお姉さんが親切だった」。

このように理由はさまざまですが、図書館司書は女性に人気のある職種です。

「私も図書館で働きたい」と司書を目指した時、どのような資格が必要でしょうか。

また資格は働きながら取得することは可能なのか、資格の難易度や取得方法について解説します。

司書になるために必要な資格を解説

図書館と女性

図書館司書は国家資格であり、資格は2種類あり、司書と司書補といわれるものです。

司書になるためには大学で図書館司書資格取得に必要な科目を履修し卒業することが必要です。

または大学2年以上在学(短大卒を含む)し、62単位以上を修得した者が司書講習を受ける事で取得できます。

大学に行かなくても高校を卒業し司書補講習を受講すると司書補になる事も可能です。

2年以上司書補としての勤務経験者があり司書講習を修了すると司書資格が取得できます。

ただし、図書館司書は国家資格であるもの、図書館に司書の設置義務はなく、司書のいない図書館も少なくありません。

具体的な取得方法については後ほど解説いたします。

司書の仕事内容

青空と虹と本

図書館司書の仕事内容について解説します。

公立図書館や小中高の学校の図書室・大学の図書館などで本を管理し、図書館のサービスを担当する仕事です。

主な仕事内容は以下のようになります。

  • 窓口対応(本の貸出し・返却・目録からの検索・読書相談など)
  • 本の購入・管理
  • イベント開催・展示コーナーの設置
  • レファレンスサービス
  • 蔵書目録の作成
  • 自動車文庫による巡回などの館外奉仕活動

ところで図書館にはどのくらいの本が保管されているかご存知でしょうか。

最も多い国立国会図書館でおよそ2,500万冊、大阪市立図書館でおよそ190万冊で、地方の図書館でも50万冊前後あるようです。

図書館にはあらゆるジャンルの本があり、誰でも目的の本が見つけやすいように置かれています。

そのような本を保管してあるだけでなく誰かが借りたり返却したりします。

そんな膨大ともいえる本を管理するのが図書館司書の仕事なのです。

必要な資格は2種類

図書館で本を読む女性

図書館司書には、司書と司書補の2種類の資格があります。

どちらも図書館の全般的な業務を行うことに変わりませんが、司書補は司書の補助的役割を担います。

大きな違いは資格を取得できる時期です。

具体的にどのような違いがあるのかをここで解説します。

司書資格

司書の資格を取得するには2つの方法があり、1つ目は大学(短大を含む)で資格を取得する方法です。

大学在学中に必修科目を履修することで司書資格を取得することができます。

必要な授業をうけて単位を取ることで資格が得られますが、大学卒業までの4年という時間がかかります。

大学で資格を取得するもう一つの方法は司書講習を受講することです。

司書講習の受講資格は大学に2年以上在学(短大もしくは高等専門学校卒業者含む)し、62単位以上を修得していること。

もしくは2年以上司書補として勤務した経験がある者に限られます。

司書講習を受講しても3年以上司書補として勤務することが必要です。

2つ目の方法は司書補として3年以上勤務し、司書講習を修了することで司書資格を取得することができます。

すでに司書補資格を持っている人が司書になるための方法です。

司書は国家資格ですが、国家試験などはなく講習を受ける事で取得が可能です。

司書補資格

 

補佐

司書補資格の要件は次のようになります。

高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、又は高等専門学校第三学年を修了し司書補の講習を修了した者

経済的な事情などで大学へ行けなかった人などへも図書館で働く道が開けます。

司書補の講習は、概ね毎年7月〜9月にかけて約1ヶ月間開される集中講習で、講習では図書館に関する基本科目について学習します。

1ヶ月間の集中講習ですので仕事を持っている方には受講が難しいかもしれません。

費用は大学によって違いますが10万円前後のところが多いようです。

通学が難しいため通信講座での資格取得を考える方もいるようですが、司書補講習は通信で受けることはできません

どうしても通信制で資格を取りたい方は通信制の大学を卒業して、いきなり司書を目指すのも1つの方法です。

高卒や大学中退だからと諦めず、大学卒業と司書の資格取得の両方に挑戦してみてください。

司書の資格を持っている人は司書補資格を取得したことになります。

学校図書館で働くには司書教諭が必要

1年生

学校図書館法では学級数が合計12学級以上の学校には、必ず司書教諭を置かなければならないことになっています。

司書教諭として働くためには次のような要件があります。

  • 教諭の免許状の取得
  • 所定の機関で司書教諭講習を受講して司書教諭の資格を取得
  • 教育委員会や学校法人に教諭として採用
  • 学校内の役割として司書教諭となるよう命じられた者が司書教諭の職務を担当
  • また各地方自治体等において、学校図書館を担当する事務職員を置いている場合もあります。

「学校司書」と呼ばれ制度上の資格はありません。

採用時には、それぞれの実情に応じ、司書資格や司書教諭資格、教諭免許状、相当実務経験等の資格要件を定めて募集しています。

 

ワンポイント
・資格は2種類あり司書資格と司書補資格です。
・学校の図書館で働くためには司書教諭の資格が必要です。

司書資格の難易度

ダルマ

資格を取るための難易度はどのようなものでしょうか。

難易度が一番高いのは司書講習を受講して取得する方法です。

司書講習は大学や短大を卒業していれば受講できますが、難易度は少し高いようです。

何故なら何度かレポート提出を求められるなど、単にテキストを読んで知識を得れば終わりではないからです。

最も難易度の低い取得方法としては大学で必須課程をクリアする方法があります。

時間はかかりますが、授業を聞いて卒業できればその場で資格を取得できます。

難易度は低いものの専用の教材費は高く、必須科目の勉強も合わせてしなければならないのでそれなりの努力は必要です。

司書講習や通信教育で資格を取る場合も、強い意志を持って計画的に学習を進めなければなりません。

国家試験はありませんが、司書の資格を取得するにはコツコツと努力することが大切です。

司書の資格が取得できても、実際に図書館で働くためには採用試験に合格することが必要です。

司書の場合は人気が高い職種のため、この採用試験の合格率が非常に低いことで知られています。

 

ワンポイント
 ・資格取得の難易度はあまり高くないものの計画的な学習が必要です。

資格を取得するには?

司書資格を取得するための具体的な3つの方法を解説します。

大学で必要科目を履修する

黒板前の講師

大学(短大を含む)で司書資格を取得する方法は必要な科目を履修し卒業をもって資格を得る方法です。

この方法が一番簡単といえます。

大学在学中に取得する方法は司書講習を受講することです。

司書講習の受講資格は以下のようになります。

  • 大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を習得している
  • 高等専門学校を卒業している
  • 2年以上司書補として勤務した経験がある

このような場合は司書講習の受講資格があり、受講によって司書資格を得る事ができます。

ただし司書講習を修了しても大学を卒業すること司書補として3年以上勤務することという条件を満たす必要があります。

この方法の利点は、大学生の場合勉強に専念することができることです。

本来学ぶべき科目の他に司書資格に必要な科目の履修も必要ですが、学生の本文は勉強ですので頑張れるのではないでしょうか。

勉強できるときに勉強をしておくことは大事です。

通信講座で学ぶ

パソコンを操作する女性

通信制大学で図書館司書の資格を取得することができます。

司法講習には作文による選考があり、受講申し込みをしても落ることもありますが、通信制大学は入学条件を満たしていれば誰でも入学できます

学びたい・資格を取得したいと思う人にとっては入学しやすい環境といえます。

通信とはいえ、ある一定期間「スクーリング」に通う必要があります

ですが一切通学の必要がない大学もあり、マイペースで資格を取得したい方におすすめです。

難易度は科目によってまちまちですが、ほとんどの科目は教科書を何回か読み、参考図書で肉付けすることで合格出来るようです。

すでに大学や短大を卒業している方は最短6ヶ月で資格取得が可能です。

司書教諭とのW取得を目指すこともでき、高卒から図書館司書の資格を取ることができます。

大学以外で通信講座を実施している所はありません。

司書補取得後に実務経験を積む

司書補資格を取得し2年の実務経験後に司書講習を受講することで資格を取得することができます。

司書講習を受けるための司書補の条件は次のようになります。

  • 正規の職員・臨時職員、パート・アルバイトなど勤務形態は不問
  • 図書館での2年以上の勤務実績の証明(講習は2年で受けられるが通算3年以上の勤務経験が必要)
  • 図書館奉仕に相当する専門的業務への従事

ここで問題になるのが専門的業務についてで、図書や雑誌の片付けや運搬などの単純作業は含まれません

図書の貸出し・返却・整理・配架・登録・資料や書架の整理などは専門的業務といえるのか否かということです。

司書補として実績を積みたい人は求人に応募する際、勤務内容に注意が必要といえるでしょう。

 

ワンポイント
資格取得の方法は大学で学ぶ・通信講座で学ぶ・実践を積むの3つです。

働きながら取得する方法

パソコンで学ぶ

社会人や主婦などの場合まとまった時間を取るのが難しい方も多いと思います。

時間の制約がある中で資格を取得する方法を解説します。

通信制の大学で学ぶ

働きながら通信制大学で単位を履修し、図書館司書の資格を取得する方法を紹介します。

通信制大学に入学もしくは編入した場合、ある一定期間教室で学ぶ「スクーリング」に通う必要があります。

しかし働きながら「スクーリング」に通うことは難しいことではないでしょうか。

その点、自宅でパソコンで受講できる大学もありますので、このような大学を探してみましょう。

またe-ラーニングシステムのメディア授業で「スクーリング」の単位を修得できる大学もあります。

「スクーリング」後、レポートの提出や試験に合格することで単位を修得できるのです。

毎日大学に通う必要はなく仕事や育児とのサポート体制もあるため、社会人に優しいといえるでしょう。

資格取得までの期間については入学して学ぶ場合は、最短でも大学卒業と同じく4年かかります。

すでに大学や短大を卒業している人が科目等履修生で入学した場合、最短半年で取得することも可能です。

ただし働きながら学ぶには最短での取得は難しいかもしれません。

学費に関しては、一年で20万円〜30万円ぐらいが一般的で、通学制に比べるとかなり格安で学ぶことができます。

「スクーリング」に通うのか、自宅で学ぶのか、などの学習スタイルを自由に決めることができるのが通信制の良さです。

自分のスタイルに合わせた大学を選びましょう。

司書講習を受講する

司書資格を取得するには司書講習受講資格のあるものが、司書講習を受講することで得る方法もあります。

司書講習は作文による選考があるので、申込者全員が受講できるとは限りません。

講習時期は7月〜9月ごろにかけて約2ヶ月間行われるため、社会人の場合平日を含めて休みを取ることは難しいかもしれません。

受講料は大学によって違いますが、大体15万円程度の大学が多いようです。

 

ワンポイント
通信制大学で学ぶことや司書講習を受ける事で働きながらの資格取得が可能です。

資格を取得するメリット

メリット

司書資格を取得することのメリットはどのようなことでしょうか。ここで解説します。

転職で有利になる

図書館司書の資格を持っていなくても図書館で働く事ができます。

しかし図書館で働きたい方は多いので、図書館司書の資格を持っていると採用試験で有利といえるでしょう。

また給料や担う仕事の質も有資格者と無資格者では違います。

専門知識が身につく

図書館司書の資格を修得する際に図書館に関するさまざまなことを学ぶので、知識面での安心感があるのではないでしょうか。

図書館司書の仕事の1つに利用者からの質問に対する答えを探す「レファレンスが業務」あります。

利用者の質問はさまざまですが、本や図書館の知識を持っていると心強いです。

資格取得自体は難しくないものの努力は必要になりますが、図書館で働きたいならぜひ持っておくと良いでしょう。

司書の採用事情

考える女性

資格を取ったとしても仕事はあるのでしょうか。

司書の採用事情について解説します。

司書の採用状況

公立図書館に勤めたい場合、公務員試験を受ける必要がありますが、公務員試験に合格しても図書館に配属になるとは限りません。

一般行政職員として地方公務員になり、その後希望が通れば図書館に配属になります。

しかし公務員試験そのものが倍率が高く、公立図書館で正規雇用で働く道は厳しい状況といえるでしょう。

臨時職員やパートの募集は比較的多く、採用条件もあまり厳しくありません。

有資格者であれば有利に採用される可能性は高いものの、地方自治体の図書館は数が限られているため求人は多くはありません。

大学の図書館や国立運営のもの、企業が運営している施設にも目を向けてみてください。

限られた予算で運営している公共図書館と異なり、採用枠が多く取られていることもあるようです。

図書館で働きたいと思うなら公立に絞らず、間口を広くすることが大切です。

平均年収

給料のイメージ

公務員の場合は、地方自治体の公務員の給料基準によりますが、臨時職員やパートの場合は給料が良いとはいえません。

図書館司書の給料は契約形態や雇用主によって大きな違いがあり、全体的な給料平均は月給15万円から18万円程度とされています。

手取りで換算すると12万円程度になる方もいるようですが、年収では300万円前後が平均になります。

仕事へのやりがいを感じている方は多いもの、給料への不満を感じている方は多いようです。

学校司書の場合、先生方より給料が低く尚且つ先生方より立場が低くみられるなどの不満もあるようです。

それを補っているのが生徒たちに喜んでもらえるという仕事のやりがいで、一般的に図書館司書の仕事はやりがいは高く給料は低いといえそうです。

司書の将来性

図書館は本を大量に所蔵しておく場所ですが、本があるだけで図書館が機能するわけではありません。

その本を整理整頓し利用できるように管理するスタッフが必要になります。

最近は図書館は増える傾向にあり司書は必要とされる存在です。

仕事を続けることで自分のスキルが上がっていくことを実感できる、企画や運営に携わることができるなどやりがいは大いにあります。

しかし日本における図書館司書の人数は専任と兼任・非常勤はほぼ同数で、臨時職員やパートなどの雇用形態が多く給料が安いという問題があります。

女性が多い職場なので結婚や子育てに対して理解があるということでは、働きやすい職場といえるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

OKサインの女性

転職で悩んだ時、一番の解決方法は転職エージェントに相談することです。

転職エージェントはまず相談者の話をじっくり聞き、相談者のスキルの棚卸しをします。

今までどんな仕事をしてきたのか、どんな仕事に向いているのかをプロの視点で見てくれます。

何よりも重要なのは転職エージェントには非公開求人が多くあることです。

一般求人では臨時職員やパート中心の職種でも、転職エージェントには正社員の募集があることもあります。

自分自身のステップアップのためにも転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

本棚と女性

いかがでしたか。

今回は図書館司書の仕事内容や資格を取るための方法を解説しました。

図書館司書はやりがいがあり、希望者の多い職種です。

あなたの夢を叶えるために今回の記事がお役に立てれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら