ツアーコンダクターに興味はあるけれど転職方法に疑問のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ツアーコンダクターはツアーのスケジュールを管理する添乗業務を行います。

お客様が安心して旅行できるように案内をしたり現地のスタッフと打ち合わせをしたりすることが主な業務です。

チーフツアーコンダクターになるためには必要な資格があります。他にも転職に有利になる資格もありますので確認しておきましょう。

この記事ではツアーコンダクターに役立つ資格を解説します。

資格を取得するメリットも紹介しますので参考にしてください。

ツアーコンダクターに役立つ資格を解説

ガイド

ツアーコンダクターに役立つ資格はいくつかあります。

主に観光関連の資格になりますのでチェックしておきましょう。

ツアーコンダクターに役立つ資格について、もし疑問がありましたら転職エージェントに相談するのも一つの手です。

「どのような資格が役に立つのか」「自分に必要な資格はどれか」などのアドバイスを受けることができます。

必要な資格のアドバイスを受けて転職を成功させましょう。

ツアーコンダクターになるため必ず必要な資格

旅行

旅程管理主任者」はチーフツアーコンダクターが必ず取得しなければならない資格です。

この資格を持っていなくてもツアーの添乗は可能ではありますが一人で添乗するためには必要な資格になります。

添乗員一人だけのツアーも多く、ツアーコンダクターになるためには必要な資格といえるでしょう。

国内旅行のみ添乗する場合

ポイント

国内旅行のみに添乗する場合は「国内旅程管理主任者資格」が必要です。

取得の年齢制限はなく基礎研修・応用研修・実地研修といった3ステップの研修を受けます。

「国内旅程管理主任者資格」ではテスト科目が2科目あり、4日程度で取得可能だといわれているようです。

テストでは基本的に一般常識で回答できる問題が多く出題されます。

海外旅行も添乗する場合

「総合旅程管理主任者資格」は国内旅行に加えて海外旅行にも添乗できる資格です。

取得の流れは「国内旅程管理主任者資格」とほぼ同じですがテスト科目は英語試験を含めて3科目になります。

取得期間は7日以上だといわれているようです。取得の難易度は比較的容易な資格になります。

テストは講義後に行われますので講義をきちんと聞くようにしましょう。

 

ワンポイント
ツアーコンダクターになるために必要な資格は「旅程管理主任者」です。

ツアーコンダクターのためにあると便利な資格

ツアー

ツアーコンダクターに必須の資格ではありませんが、あると便利な資格も紹介します。

ツアーは観光地を巡ることが多くありますので観光系の資格も転職には有利なようです。

旅行業務取扱管理者

女性

旅行業務取扱管理者は旅行業者の営業所でお客様に旅行の提案説明をする責任者のことです。

旅行業者の営業所には旅行業務取扱管理者が必ず必要になりますので、資格を持っていれば転職に有利に働くかもしれません。

国内旅行の業務を取り扱うことができる「国内旅行業務取扱管理者」と海外旅行も取り扱うことができる「総合旅行業務取扱管理者」があります。

旅行地理検定

旅行

「旅行地理検定」は旅先の地理観光情報の知識を評価する資格です。

「日本旅行地理」と「世界旅行地理」の2種類があり、それぞれ初級から上級に分かれています。

試験の学習をすると旅行への知識が深まるため実際の旅行が楽しくなるようです。

旅行業務取扱管理者の国家資格の前ステップとして知識を整えるといった効果も期待できます。

旅行地理検定に受験制限はありませんので誰でも受験可能です。

世界遺産検定

神殿

「世界遺産検定」は世界遺産についての知識や理解を評価する資格になります。

新卒に限りますが世界遺産検定の記入欄を設けている旅行者もあるようです。

学習の過程でツアーコンダクターに必要な世界遺産の知識を得ることができるのも魅力になるでしょう。

検定内容には世界遺産を主として、関係する国や地理の問題が出題されます。

 

ワンポイント
ツアーコンダクターのためにあると便利な資格
・旅行業務取扱管理者
・旅行地理検定
・世界遺産検定

ツアーコンダクターの資格取得方法

女性

ツアーコンダクターの資格は旅行会社に就職後、研修や実地訓練を積んで取得を目指します。

資格を持たない者は一人でツアーに添乗できません。

旅行会社にツアーコンダクターとして就職したのであれば、この資格を取得して初めて一人前と認めてもらえるのかもしれません。

一定の添乗経験を持っていることが取得条件になっていますので、まずは旅行会社に転職を目指すという手もあります。

資格について不安があれば転職エージェントにご相談ください。

転職のプロからの適切なアドバイスをもとに効率良く転職活動を行いましょう。

海外旅行の添乗も目指すなら英語力は必須

旅行

国内旅行だけの添乗員を目指すのであれば英語力はそれほど重要視されません。

しかし海外旅行の添乗も目指すのであれば英語力は必要です。

専門的な議論ができるほどの高度な英語力は必須ではないのですが、旅行先での会話程度はこなせる必要があります。

ただし試験の点数だけが良ければそれでいいというわけではありません。

あくまでも旅行先で現地のスタッフと意思疎通をするための力として発揮できなければ意味がないのです。

現地での手続きや海外の旅行会社の人たちとのコミュニケーションのための英語力が必要になります。

TOEIC

TOEICなら550点以上程度の英語力が必要になるでしょう。

高度な専門的知識の会話が必要なわけではありませんので、現地の人と日常会話が問題なくできる程度を目指してください。

観光英語検定

旅行

「観光英語検定」は観光分野の英語力を確かめる試験になります。

観光分野の英語力を磨いていれば海外のツアーに添乗員として同行した際に強みとなるでしょう。

通常では使用しないような観光案内での言い回しなどを理解できれば海外ツアー中に活かすことができます。

観光英語検定は筆記試験とリスニング試験がありますので合格を目指して対策を練ってください。

観光や旅行に関する問題が出題されます。

資格を取得するメリットは?

勉強

ツアーコンダクターに転職するためには特定の学歴は必要ありません。

その代わり一人で添乗できるようになるための資格は必要です。

旅程管理主任者資格を取得することでツアーコンダクターとしての業務の幅が広がるでしょう。

またその他のツアーコンダクターとして役に立つ資格を取得することで知識も広がります。

資格があるということはそれだけのスキルがあるという証明にもなりますので転職に有利になる場合があるでしょう。

旅程管理主任者資格は必須

旅行

ツアーに一人で添乗するためには「旅程管理主任者資格」が必要です。

ツアーコンダクターとして業務を続けるのであればこの資格は必須になるでしょう。

資格を取得するまではあくまでもサブの添乗員としてツアーに添乗することになります。

資格を取得して一人で業務をこなせるようになって初めて一人前と認められるでしょう。

スキルの証明ができる

女性

旅程管理主任者資格以外のツアーコンダクターに役に立つ資格はスキルの証明に有効です。

面接時に「旅行先に詳しいです」と言うよりも「観光に興味があり旅行地理検定を取得しました」と伝えるほうがよりアピールになるでしょう。

資格は自分自身の能力やスキルを証明してくれるものでもあります。

観光関連英語力などの資格を持っている場合はうまくアピールできるようにしておきましょう。

知識やノウハウを理解できる

女性

資格についての学習の過程でツアーコンダクターに必要な知識やノウハウを理解できることもメリットです。

旅行地理検定であればツアーで訪れる観光地の勉強になります。観光地の話題は添乗する際の顧客との会話に活かせるはずです。

同様に世界遺産検定の勉強をしておけば海外ツアーで活かすことができるでしょう。

観光英語検定の学習をすれば海外での手続きや現地スタッフとのやり取りもスムーズに行なえます。

このようにツアーコンダクターに関連する資格を勉強することにより知識やノウハウを活かすことができるでしょう。

 

ワンポイント
資格を取得すると知識やノウハウを理解できる。

資格勉強のコツを紹介

メモ

ツアーコンダクターに活かせる資格は多くあります。

では資格勉強はどうすれば良いのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

この章では資格勉強のコツを紹介します。

自分が必要だと感じた資格を取得できるようしっかりとポイントをおさえてください。

資格を取る目標を明確にする

ポイント

ただ闇雲に勉強をしていては効率が悪くなります。

資格取得を目指すのであればまずは資格を取る目標を明確にしておきましょう。

何の目的で・いつごろ取得を目指すのかをはっきりとさせます。

そうすることにより資格取得のための勉強の鋭角を立てることができるようになるでしょう。

資格勉強で大切なことは「どんな資格をいつまでに取るのか」「そのためにどんな勉強をするのか」を自分で決めることです。

毎日少しずつ勉強する

勉強

あたり前のことなのですが社会人は一日のうちの多くの時間を仕事に費やします。

そのため資格勉強の時間を休日にまとめて行おうと考える方もいらっしゃるかもしれません。

休日にまとめてやるという考えできちんと計画通りに勉強できる方はそれで十分です。

ところが「次の休みに挽回しよう」「試験前の休日で追い込みをかけよう」と思って平日勉強しないのであれば休日もきちんと勉強はできません。

あとからまとめて挽回するという考えの方にこそ資格の勉強は毎日少しずつ進めることがおすすめです。

例えば寝る前に参考書を読み、朝起きてから内容を思い出すだけでも随分違いが出るでしょう。

目標を決めて計画を立てたなら毎日少しずつ勉強を進めてください。

スキマ時間を有効活用する

通勤の時間や仕事の休憩時間など、実は社会人にはスキマ時間があります。

資格取得のために自分のスキマ時間を有効活用してコツコツ勉強することも大切です。

自分に無理のない時間配分で10分から15分ほどのスキマ時間を資格取得のための勉強時間にしてみてください。

小さな事柄ひとつ覚えるだけでも違ってきます。

参考書を読むのも良いですしスマートフォンにアプリを入れて情報を聞き流すのも良いでしょう。

自分なりのスキマ時間の活用法を探してみてください。

資格仲間を見つける

仲間

資格の取得を目指す仲間を見つけることは励みになります。

もし同じ社内で資格取得を目指している人がいれば良い刺激になるでしょう。

同じ目標に向かっているわけですから励まし合うこともできます。

同じ資格ではなくても、資格の勉強をしている仲間がいるのも良いでしょう。

 

ワンポイント
資格勉強のコツは自分の時間を活用する。

資格は転職のアピールポイントになる

ポイント

転職を希望しているのは一人だけではありません。

求人を出した企業には多くの採用希望者が集まります。

多くの希望者の中から自分を選んでもらうためには企業にマッチしたスキルをアピールしなければならないでしょう。

資格はその人の持つスキルや能力の証明になります。

書類選考や短い面接の時間でスキルをアピールするためには資格を提示するのが分かりやすいといえるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

ツアーコンダクターの転職に有利な資格は多くあります。

自分がどの資格を取れば良いのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

その他にも転職に関する悩みを抱えている女性は多いです。

転職活動で困ったことがあれば転職エージェントにご相談ください。

一人で悩みを抱え込んでいても転職活動の時間を無駄にしてしまうだけです。

転職のプロに相談して的確なアドバイスを得ることができれば効率的に転職活動が行えるでしょう。

スムーズに転職活動をして転職を成功させてください。

まとめ

仲間

観光関連の資格や英語力を証明する資格など、多くの資格がツアーコンダクターに役立ちます。

資格の勉強をすればツアーコンダクターとしての知識も深まり転職に役立つでしょう。

自分の時間をうまく使って資格取得を目指してください。

もしツアーコンダクターに役立つ資格について疑問がありましたら転職エージェントに相談しましょう。

転職に有利な資格を確認して転職活動を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら