エンジニアといえば男性の仕事というイメージがありますが、実は女性の方がきめ細かい仕事ができるので適職だといわれています。

またIT業界も理系や文系といった区別も今は関係なく、文系女子でも活躍できます。

結婚や出産でライフイベントが変わっても、エンジニアは在宅で仕事ができるので子供をかかえた女性には魅力的な仕事です。

女性でエンジニア未経験でも転職する方法、仕事の概要、スキルやエンジニアに向いている女性の特徴など解説します。

未経験でもエンジニアになりたいと思っている女性必見です。

女性エンジニアに未経験で転職する方法

ノートパソコン、手で丸をつくる女性

IT技術の急速な進歩でITエンジニアは人材不足に陥っていて、男女問わず未経験者でも転職が可能な状況です。

男性の仕事と思われがちなエンジニアですが、女性でもやる気と適性があれば誰でも未経験からはじめて管理職まで目指せる職業です。

未経験でも女性エンジニアを志望するなら、ある程度システムに明るい方が転職には有利でしょう。

そのためには、基礎的なプログラミングのスクールを受講するのもいいでしょう。

Webでレッスンを受けることもできるので自宅に居ながら好きな時間に受講できます。

またIT業界に精通した転職エージェントを利用する方法もあります。

IT業界に精通している転職アドバイザーなら知識も豊富でスピーディーに対応してくれます。

例え未経験でも数多くの求人案件を扱っているので、あなたの適性と希望にかなう企業を紹介してくれるでしょう。

また転職の悩みにも相談に乗ってくれるので、IT業界を目指すならどういった勉強すれば良いかアドバイスをしてくれます。

未経験でエンジニアを志望するならエンジニアの知識や経験を持つ人との交流は将来のキャリアのプラスになります。

女性エンジニアの仕事内容は?

オフィスの女性

女性エンジニアの仕事内容とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ITエンジニアと一般にいっても、エンジニアの仕事は多岐にわたります。

エンジニアの種類に応じて職種もさまざまです。

代表的なものにシステムエンジニアがありますが、仕事内容はクライアントの要望をヒアリングすることから始まります。

ヒアリングした内容から要件定義書を作成し、それにもとづく設計書を作ります。

設計書ができたらプログラマーに渡しシステムを作り上げ、実際に稼働するかチェックします。

次にプログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に基づいてプログラミングして、機能を実装させます。

プログラマーはいろいろなシステム言語を使い、アプリケーションプログラマー、Webプログラマー、Javaプログラマーなどさらに職種が細分化されます。

また、ネットワークエンジニアと呼ばれる職種もあります。

システムの設計や保守を主な仕事としていて、最近では不正アクセスの監視が重要になっています。

次はWebエンジニアの仕事ですが、WEBサイトやアプリケーションの設計・開発・運営を行います。

プログラミングだけでなく、設計・運用・保守・テストなど守備範囲が広いのが特徴です。

次に紹介したい職種はインフラエンジニアです。

インフラエンジニアはサーバーエンジニアとネットワークエンジニアに分かれます。

サーバーエンジニアはメールサーバーやデータベースサーバーなどの構築する仕事です。

ネットワークエンジニアはサーバーやルーターなどでデータを正常に送受信するためのネットワークの構築業務を行います。

フロントエンドエンジニアは、HTML・CSS・JavaScript・PHPを使いWebサイトのコーディングを担当します。

ユーザーが使ってみて実際に見やすいサイトどうかチェックします。

 

ワンポイント
 エンジニア目指すなら基礎的知識は学んでおこう。

女性エンジニアに必要なスキル

女性

未経験者の求人募集であればポテンシャル、とくに論理的思考が重視されます。

もちろんベーシックなスキルがあればそれにこしたことはありません。

独学でプログラミングを学んでいるなら是非アピールしてみましょう。

それでは女性エンジニアに必要なスキルを3つご紹介します。

コミュニケーションスキル

エンジニアのイメージはデスクに座り、一人でPCに向かって黙々と仕事をしていると思われがちです。

しかし、エンジニアの仕事はクライアントとの打ち合わせや社内の関連部署との連携も必要です。

会議ではプレゼンテーションもあれば、意見を求められることもあります。

チームで動く仕事のためコミュニケーションスキルは何よりも重要です。

IT・PCスキル

未経験といってもエンジニアに転職するならITやPCの基礎的な知識はあった方がいいでしょう。

独学でも勉強ができる環境はあるので積極的に活用して少しでもシステムに慣れておきたいものです。

日々新しい情報が溢れるIT業界では新しい情報をキャッチして理解することが大切です。

IT業界でキャリアアップするならITの知識と情報に気を配っておきましょう。

またITに関する資格があれば転職にも有利です。

プログラミングスキル

エンジニアの仕事は幅が広いのが特徴ですが、プログラミングスキルは不可欠といってもいいでしょう。

基礎的なプログラミングならネットでも勉強できますから、転職に備えて始めましょう。

プログラミングができればポートフォリオを作成することも可能になります。

面接に作成したポートフォリオを紹介すればやる気を認められ転職に有利になります。

女性エンジニアに未経験でも挑戦できる理由

青空 ビジネスウーマン

女性エンジニアは男女比率8:2とまだ圧倒的に少ないのが現状です。

政府も成長戦略としてIT分野の発展に女性の活躍は欠かせないと考えています。

未経験者の求人も年々増加していますし、結婚後ライフスタイルが変化した女性も職場へ戻って来ています。

IT業界はそういった女性が働きやすい環境になっているのも活躍できる理由です。

未経験求人数が多いから

女性

未経験可の求人が多い背景として考えられるのはIT業界の慢性的な人材不足です。

その原因は年々拡大しているIT技術に対応できる人材の恒常的な不足です。

企業はエンジニア不足を解決するため、未経験者でもできる業務を切り出して募集し人材を確保しておきたいのです。

IT業界全体が慢性的な人材不足のため経験者だけを採用するだけでは限界があります。

やる気を持ったポテンシャルの高い人なら入社後のOn The Job Trainingでいくらでも知識や経験が積めます。

今、IT企業は先を見据えて人材の育成に力を入れているのです。

未経験者を求める求人が多い事はそれだけ転職のチャンスもあるわけです。

人材不足が懸念されているから

笑顔

日本は少子高齢化の波におされていて、IT業界でも人材が減って来ています。

しかし、ITを取り巻く環境は急速にどんどん拡大していて人材が全く足りない状態です。

AI・ビッグデータ・IoTなどWebサービスの需要が高まっています。

最近では海外では当たり前ですが、日本でも小学校からプログラミングの必修化が叫ばれるほどです。

海外に比べ日本の人材不足は深刻といえます。

こうした状況が女性のIT業界進出を後押ししているのです。

独学でも勉強できるから

ディレクター

エンジニアの仕事も幅が広いので未経験でもチャレンジできる仕事はありますが、エンジニアになるなら勉強も必要です。

独学で学べるものは、ITの基礎知識プログラミング・設計ロジカルシンキングなどがあります。

プログラミングを学んで行けばシステムを設計することもできるようになります。

自分でシステムも構築できれば検証もできます。

そこで問題が起きたらどこに原因があるのか判断しますが、それがロジカルシンキングとなるのです。

設計そのものに問題があるのか、あるならどこのプログラムを変更したらよいのか。

ロジカルシンキングの練習はエンジニアとしてキャリアアップには欠かせないポイントです。

転職できてもプログラミングができないうちは誰でもできる仕事しか回って来ないので、自力で勉強して行くしかありません。

そのため転職活動を始める前にある程度の基礎知識だけは学んでおきたいところです。

 

ワンポイント
 独学でプログラミングを習得しよう。

女性エンジニアへ未経験から目指すには

OKマーク 女性

女性でエンジニアを未経験で目指すなら、ネット・書籍・スクールなど独学でプログラミングを学ぶことです。

そして目的をはっきりさせることも忘れないで下さい。

自分が何をしたいのか、どんなシステムを作りたいのかを明確にすることで漠然と勉強するよりは成長も早いでしょう。

 

ワンポイント
 未経験でも転職を成功させるなら自己分析を怠らない。

女性エンジニアが未経験転職を成功させるポイント

パソコンと考える女性

エンジニアの世界に身を置くことを決めたら、スキルを磨き情報収集することです。

未経験者といえどもスキルが身につけば転職には断然有利です。

最新の情報を収集するのは業界の動きを知るため、そして面接ふられた話題にも答えられます。

また、IT業界に転職した人の成功例を聞いたり、セミナーに参加することでブラッシュアップにもなるでしょう。

自己分析をしよう

転職を決めたら自己分析をしましょう。

キャリアの棚卸しすることで自分の得意とするものや苦手なもの、なぜ転職したいのか、将来どのように進んで行きたいのか考えることができます。

やりがい・待遇・福利厚生・スキルアップなど自分が転職するにあたり何に魅力を感じたのかはっきりさせましょう。

面接では、「なぜ弊社を選んだのか」・「入社して何がやりたいのか」・「将来どうなりたいのか」など聞かれます。

頭を整理して面接で慌てないようにシミュレーションもしておきたいものです。

業界研究や情報収集を徹底しよう

理想の会社と思って入社したら現実は違っていたという話はよくあります。

転職して後悔する原因は業界研究や情報収集不足です。

一口にエンジニアといっても職種はさまざまで、募集する会社も未経験者をどのような業務につかせるかは会社によって違います。

いかに自分にあった会社を見つけるかが転職成功のカギになるのです。

ネットだけではつかみ切れない会社の情報はセミナーに参加したり、転職エージェントに相談すれば情報交換できます。

客観的な考察力を持って希望する会社を決めましょう。

女性エンジニアの年収は?

考える

SE・プログラマーの平均年収は433万円、男性443万円、女性394万円で、Webサービスエンジニアの平均年収は434万円、男性447万円、女性379万円です。

女性は結婚や出産で退職するケースがあるため、年収が抑えられてしまう傾向にあります。

ただし、IT業界全体で見ると決して安くはない金額だといえます。

もちろん資格やキャリアにより女性の方が男性よりも収入が多いこともあるでしょう。

 

ワンポイント
 エンジニアに向いてる女性の特徴は粘り強さと柔軟さ。

 

女性エンジニアに向いている女性の特徴

パソコン、笑顔の女性

エンジニアに向いている女性の特徴について解説しましょう。

どの職種のエンジニアにもいえることですが、人と話すのが好き・好奇心がある・人が話している間も相手が何を求めているのか分析できる人が適任です。

また、コツコツ仕事するのが得意な人やなぜそうなるのか検証して原因追究するのが好きな人もエンジニアにはぴったりです。

コミュニケーションスキルが高い人

システム開発に従事している以上、相手の話から必要な情報を聞き出し、それをどう具体化するか考えられることは大切です。

チームでシステムを作り上げるためにはコミュニケーションスキルが高くなければなりません。

また、意見が食い違っても落としどころを見つけられるのもエンジニアには大切なスキルです。

情報収集できる人

IT業界やシステムは進化し続けています。

新しい情報を常にキャッチできなければシステム対応が間に合わず、最悪クライアントに迷惑をかける事態になりかねません。

情報を収集して分析しプログラムを構築し直すエンジニアが求められます。

試行錯誤できる人

女性でエンジニアを目指すなら試行錯誤が苦にならずできる人がいいでしょう。

実行中に何度もエラーになった時にプログラムを見直し、場合によっては修正して再度実行してみることも必要です。

ロジックは一つとは限らず、複数の組み合わせが存在します。

その中から最適なものを見つけ出し検証を重ねる忍耐力が重要です。

学ぶことが苦手ではない人

エンジニアは実力重視の仕事です。

新しい事をどんどん吸収していかなければ取り残されてしまいます。

システムエラーが出ても冷静に対応し、影響の範囲を特定、次回以降は同じエラーが再発しないように取り組む姿勢が必要です。

失敗から学ぶことがエンジニアには求められます。

トライアンドエラーができる人

エンジニアはトライアンドエラーができる人に向いています。

エンジニアはチームで仕事にあたりますが、検証やプログラミングはそれぞれPCの前で黙々とやることになります。

エラーや行き詰まった時は原因を調べたり、視点を変えてみたりしてもう一度トライします。

それを繰り返しながら最善の方法を見つけ出し問題解決ができる柔軟な発想が必要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ヒアリング

女性未経験でエンジニアに転職したいなら転職エージェントに相談しましょう。

IT専門の転職エージェントには未経験エンジニアの募集案件が豊富にあります。

自分の適性チェックもプロのアドバイザーがしてくれるので強みと弱みが客観視できます。

未経験者向けのキャリアアドバイス応募書類作成面接サポートなど希望者の不安をひとつずつ解決して行きます。

後悔しない転職をしたいなら転職エージェントにお任せです。

まとめ

パソコンを使う女性

女性未経験でもエンジニアになれます。

IT業界は女性が長く活躍できる環境に変りつつあります。

プロの転職アドバイザーの意見を参考にさあ一歩踏み出しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する