IT業界への転職に興味があるけれども、資格がありすぎて何を取得すればよいかわからないと思っていませんか?

ここではIT転職に役立つ資格を解説していきます。

IT転職に役立つ資格を未経験からエンジニアが取得した方が良いものまで、レベル別にみてみましょう。

資格を取得するメリットや資格勉強のコツなどもまとめていきます。

転職においてもIT資格はアピールになるのでしょうか?

IT転職を目指している方はもちろん、ITの資格について気になっている方もぜひ参考にしてみてください。

IT転職に役立つ資格を解説

女性,ビジネス,電話,不機嫌,ノートパソコン,オフィス

IT転職に役立つ資格はたくさんの種類があります。

未経験者の中には、何から取得をすれば良いか迷っている方もいるかもしれません。

IT資格は国家資格やベンダー資格の違いがあることはもちろん、レベル別にも必要な資格が異なってくるのが事実。

言い換えれば、自分がどういったレベルかによって挑戦すべき資格が決まっているともいえるでしょう。

IT資格の内容をしっかり見極めて、自分が目指せる資格を調べておくことはとても大切です。

また、やみくもに勉強するのではなく、勉強のコツや資格を持つことのメリットも意識しておくと転職にも役立つでしょう。

事前調査をしっかり行ってから資格取得を目指すようにしてください。

国家資格とベンダー資格について

IT資格においては、主に国家資格とベンダー資格の2種類があることを知っていますか?

この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?

国家資格

パソコン

国家資格とは簡潔にいえば、国の機関である経済産業省が認めている資格。

ITの知識が国が認めるレベルまであることを示す資格で、IT転職を目指す方がまず取得する資格といえるでしょう。

資格を取るための受験料も比較的安く、更新の必要や有効期限などがないのも嬉しいポイントではないでしょうか。

国家資格を一度取得すれば、その後いつ転職しても資格保持者としてアピールもできるかもしれません。

一方で、IT業界では取得することが求められていることも多く、他の志望者との差別化がしにくいのも事実。

IT転職においては取得が必須となっているか、確認しておく必要もあるでしょう。

ベンダー資格

女性,スーツ,パソコン,書類,真剣,仕事中

ベンダー資格とは、民間企業の製品に対する知識があることを認めてくれる資格。

ITの幅広い知識があることを示せる国家資格がある一方で、ITの製品ごとの資格ともいえるでしょう。

企業が設定しているベンダー資格は、国家資格に比べると受験料が高額なことも多いのが事実。

また、有効期限や更新が必須の資格もあるので、しっかりチェックしておくことが大切です。

一方で、ITの転職においては現場でもすぐに知識が使えるといったメリットも。

IT業界でやりたいことが決まっている方や、他の志望者との差別化を図りたい方にはおすすめといえるでしょう。

 

ワンポイント
・IT資格には国家資格とベンダー資格がある
・それぞれにメリットデメリットがあるため、自分にあったものを取得しよう

未経験からIT業界へ転職する場合

女性,ビジネス,会議,パソコン,笑顔

未経験の方がIT業界へ転職したいと思っている方もいるでしょう。

未経験の方が取得できる資格はあるのでしょうか?

基本情報技術者試験

IT業界を目指す人ならば、まず取得しておきたいのがこの資格。

基本情報技術者試験とは、システム構築やネットワークなどITの知識全般で必要なことを学べる国家資格です。

IT業界への転職ではまず資格が求められていることもあり、未経験者でも目指しやすい資格ともいえるでしょう。

受験に条件はありませんが、合格率は10~20%と意外にも狭き門となっています。

プログラミング項目をしっかり理解しておくことが合格の近道といえるかもしれません。

ITパスポート試験

初心者の取得が最も多い資格がITパスポート試験でしょう。

IT利用を始める前に知っておきたい項目や知識を学べる資格で、独学でも取得可能な国家資格です。

未経験者でも勉強しやすい資格として、年々取得者が増えているのも特徴といえるでしょう。

一方で、IT業界においては取得していることが基本となっており、アピールには使えないのも事実。

未経験者は取得をしておきたい資格ではありますが、IT転職に向けた最初に取得すべき資格と考えておきましょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストはMOSとも呼ばれ、日本だけではなく世界中で実施されている資格です。

世界共通の資格なので、海外で仕事をしたいという方にもぴったりの資格といえるかもしれません。

マイクロソフトオフィス製品の知識があることを示す資格です。

IT業界への転職にもかかせない資格ともいえるでしょう。

この資格も条件はなく、誰でも取得をすることができます。

スペシャリストとエキスパートがあり、スペシャリストは初心者でも目指しやすい資格です。

未経験でIT業界を目指す方が最初にとっかかりとして、取得を目指すのも良いかもしれません。

 

ワンポイント
・初心者でも取得しやすい資格はある
・取得しやすいというメリットはあるが、アピールとしては弱い

エンジニアが転職を目指す場合

女性,オフィス,ビジネス

ここまでは未経験者が取得を目指したいIT資格について紹介してきました。

ここでは、エンジニアが転職を目指す場合の取得しておきたいIT資格についてまとめます。

システムアーキテクト

IT業界にいる方であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれないシステムアーキテクト

システムアーキテクトはいわゆるシステムの分析や設計などを行うための資格です。

情報処理技術者試験のひとつともなっており、国家資格にもなっている難しい資格といえるでしょう。

エンジニアはすでに作られた機能のシステム設計を担う仕事を行います。

その一方で、システムアーキテクトは一からシステム構成を考えます。

この資格があることで企業においても、重要なポジションを任される可能性も増えるかもしれません。

Oracleマスター

ベンダー資格のひとつであるOracleマスター

日本オラクル社が定める資格で、受験にはオラクル社認定の検収を受講する必要のある資格です。

また、有効期限もあるので期限内に再認定を受ける必要のある難しい資格といえるでしょう。

一方で、取得があると志望者との差別化が期待できる資格でもあります。

気になる企業がオラクルデータベースの運用や管理ができる人材を必要とする場合には、アピールがしやすいでしょう。

グレードもいくつかあるので、気になる方はぜひ調べてみてください。

ITストラテジスト試験

IT資格の中でも、難易度が高い資格ともいわれているのが、ITストラテジスト試験

企業の戦略に基づいてITを活用した政策を提案するための国家資格です。

必要とされているIT人材において、特に必要視されている人材でしょう。

さらに、資格が取得できればどの企業でもアピールができるでしょう。

言われたことに対応するIT人材ではなく、自ら考えて指示ができる人材を目指す資格でもあります。

IT業界で長く活躍したいと思っている方は、ぜひ取得を目指したい資格ともいえるでしょう。

資格を取得するメリットは?

資格の種類について説明してきました。

一方で、資格を取得するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

スキルの証明ができる

女性,オフィス,会議,ミーティング,面接,笑顔

どの業界においてもメリットにはなりますが、特にIT業界において必要なのがスキル証明

目に見える資格があり、アピールできるものがあればそれがスキルの証明に直結します。

「ITに興味がある」「IT関連の仕事が得意」というアピールでは、どのくらい得意なのかはわかりません。

一方、「〇〇の資格取得済」「〇〇資格に挑戦したい」と明確に説明できると相手側も理解しやすいでしょう。

このように、自分の持っている価値やスキルを一発で証明することができるのが資格なのです。

知識やノウハウを理解できる

教える女性

資格取得は転職において有利になるだけという印象を持っている方も多いでしょう。

しかし、資格取得はアピールするだけが大切なポイントではありません。

資格取得のために勉強をしていくことで、知識やノウハウを理解できることが本来の目的です。

ITにまつわる知識やノウハウは、転職後の仕事でも活かすことができるでしょう。

ついアピールのための材料として考えがちですが、資格のある意味についても考えてみてください。

 

ワンポイント
・資格はIT業界への転職へのスキル証明になる
・一方で、知識やノウハウを理解できるというのが本来の資格のあるべき姿

IT系の資格勉強のコツを紹介

資格勉強はつい必死にやりがちですが、やみくもに勉強しているだけではいけません。

ここではIT系の資格勉強のコツを紹介していきます。

自分にあった資格を選ぶ

人差し指を指す女性

ここまでIT資格を数種類紹介してきましたが、見てきた通りたくさんの種類があることがわかったのではないでしょうか。

国家資格やベンダー資格をはじめ、難易度や種類も本当にたくさんのものがあります。

その中で、なんでもかんでも取得すればよいというものではありません。

自分にあった資格を取得することが大切なのです。

自分には何が必要なのか?何を目指したいのか?など今後の自分と向き合ってみましょう。

その上で、必要な資格を取得してみてください。

時間を有効活用する

女性,ビジネス,スーツ,電話,謝罪,パソコン

どんな方にも平等にあるのが時間。

時間を有効活用することが資格取得の近道ともいえるかもしれません。

仕事しながらでは時間がない!と悩む方もいるでしょう。

しかし実際見直してみると、一日の間で無駄な時間を過ごしているのも事実。

ちょっとした隙間時間や趣味の時間を削って、勉強を勧めるようにしましょう。

スマホを眺める数分でも勉強することができるのではないでしょうか。

仲間を見つける

頑張る女性たち

一人で頑張っていると、限界を感じてしまうこともあります。

本当にこの勉強法でよいのか?など悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんな時必要なのが仲間の存在。

一緒にIT資格を取得する仲間を見つけて、励ましあえると良いのではないでしょうか。

セミナーや研修などに参加して見つけるのも良いかもしれません。

 

ワンポイント
・自分にあった資格取得をするのが大切
・時間を有効活用し、仲間と一緒に資格取得を目指そう

資格よりも実務経験が評価されやすい

オッケーサインを出す女性

これまでIT資格の取得メリットについて説明してきました。

しかし、実は資格取得が全てではないことも知っておきましょう。

実は、実際は資格よりも実務経験が評価されることは多くあるようです。

資格がある方よりも、実務で経験してきた方は現場でもすぐに戦力になるからでしょう。

逆に資格をいくつも持っていても、実務経験がないと現場ではすぐに動くことができません。

資格についてやみくもに取得を目指すのではなく、IT業界で実務をこなすことも覚えておきましょう。

資格は転職のアピールポイントになる

女性エージェント

資格をもっていると転職ではもちろんアピールポイントになります。

スキル証明にもなりますし、IT知識についてもアピールできるでしょう。

IT業界に興味のある方は未経験でも取得しやすい取得から調べてみるとよいかもしれません。

ある程度、経験もあり上級を目指したい方は高度な資格にチャレンジするのも良いでしょう。

自分にあった資格を取得して、転職にぜひ活用してみてください。

IT業界への転職のことなら転職エージェントに相談しよう

考える女性

IT業界への転職を考えているけれども、悩みを抱えている方もいるかもしれません。

求人の見つけ方や自分にあった資格がわからないという悩みもあるでしょう。

そんなときは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談してIT業界への転職について相談してみましょう。

プロの視点から意見をもらうことで、これまで気づかなかった意見も聞くこともできます。

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

女性,電話,笑顔

IT資格について解説していきました。

IT業界で必要な資格の種類はたくさんあり、何を取得して良いのか悩んでしまうのも事実。

初心者が目指せる資格や上級者向けなど種類もたくさんあります。

やみくもにIT転職を目指すからと取得をするのではなく、自分にあった資格取得を目指すと良いでしょう。

勉強のコツも利用して、効率的な資格取得を目指してみてください。

わからないことは転職エージェントに相談したり、仲間と支えあったりしてみることもおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら