誰でも新たな職場に慣れるまでには時間がかかるものです。

入社直後は新たな職場での仕事を覚えたり、新たな同僚との人間関係を築いたりと気持ちが落ち着かない人は多いでしょう。

今回は女性が新しい職場に慣れるまでの期間や方法を紹介します。

Contents

女性が新しい職場に慣れるまでにかかる期間を解説

新しい職場に慣れるまでにはだいたいどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

慣れるまでにかかる期間は人それぞれです。

まずは以下の項目を参考にしてみてください。

早くても1か月はかかる

指をさす女性、作業着

新しい職場に慣れるためには最低でも1か月はかかるといわれています。

どんな職場でもまずは仕事内容を覚えなくてはなりません。

また同じ職場で働く人の顔や名前を覚えて新たな関係性をつくるのにも時間がかかるものです。

毎日ルーティンワークの簡単な仕事でも月初と月末で仕事内容は若干変わります。

早く仕事に慣れたいと考えている人も最低1か月は様子をみて徐々に慣れるようにしましょう。

場合によっては3か月から半年のことも

首を傾げる女性

人や職場の環境によっては新しい職場に慣れるのに3か月から半年かかる人も多いです。

とくに覚える業務量の多い仕事や変化の多い職場では慣れるのに半年以上かかる人もいます。

試用期間を3か月から半年で設定する企業が多いのも新入社員の適性をみるだけでなく新しい職場に慣れるための期間も考慮しているからです。

新しい職場で慣れるのに時間がかかると感じている人も入社して半年くらいまでは想定して焦らずじっくり慣れるようにしましょう。

 

ワンポイント

新しい職場になれるのに時間がかかるのは当たり前のことです。

まずは半年を目途に職場に慣れる目標を立てて実践してみましょう。

約6割が慣れないと感じている

頭に手をあてるスーツ女性

実は新しい職場になかなか慣れないと感じている人は転職者全体の6割程度だといわれています。

そのなかには職場に馴染めなくて辞めたいと考える人も多いです。

せっかく転職しても新しい職場で馴染めずに辞める決断をすれば転職を繰り返すことにつながります。

キャリアアップの転職を繰り返すのは良いことですが職場に慣れないことが原因で転職を繰り返すことはおすすめできません。

新しい職場でなかなか慣れないと感じている人は慣れない原因や改善策を検討することも大切です。

初めから諦めるのではなく、まずは原因をしっかり把握してどうしたら新しい職場で上手くやっていけるのかを考えましょう。

新しい職場に慣れない原因は?

新しい職場に慣れない原因にはいくつかのパターンがあります。

職場に慣れないと語る多くの人は以下の原因を理由に新しい職場に対してマイナスのイメージを抱えがちです。

まずは以下の項目を参考に新しい職場に慣れない原因を明確にしましょう。

信頼関係が築けていない

打ち合わせをする女性

新しい職場に慣れない原因として1番多くの人が抱えている悩みは職場の人と信頼関係が築けないことです。

人間関係は1日でできるものではありません。

しかし全く知らない人達に囲まれた新しい職場で1人も心を許せる存在ができないと孤立してしまいます。

職場での信頼関係が築けないとどんなに得意な業務内容でも居心地の悪い職場になるでしょう。

同僚との信頼関係が築けていないことを自覚している人は自分から同僚に対して歩みよる努力も必要です。

努力しても結果が改善されないのであれば上司や周りの人に相談してみましょう。

コミュニケーション不足

考える女性の画像

職場でのコミュニケーション不足も新しい職場に慣れない原因の1つです。

人見知りな人やコミュニケーションが苦手な人は新しい職場に慣れるまでに時間がかかります。

どんな仕事もコミュニケーション不足では円滑に進みません。

新しい職場に慣れるためには受け身で構えるのではなく、自分から積極的に人とコミュニケーションをとることも大切です。

コミュニケーション不足を感じている人はまずは自分の立ち振る舞いから改善してみましょう。

社内ルールを把握できていない

バツを持つ女性

社内ルールを把握できていないというのも新しい職場に慣れない原因となります。

新しい職場では前職のルールや常識が通用しないのが当たり前です。

前職のスタイルを引きずってしまう人は新しい職場での社内ルールを素直に受け入れられない人が多いです。

しかし社内ルールを把握できない人は同僚に迷惑をかけたり新しい職場の雰囲気を壊してしまいます。

周りからも職場に馴染む努力ができない人として評価されてしまうでしょう。

社内ルールを把握できていない人は心をリフレッシュして新しい職場でのルールを覚える努力が必要です。

自ら積極的に職場に溶け込むイメージで行動を変えてみましょう。

 

ワンポイント

新しい職場に馴染めない原因は転職した本人が抱えていることもあります。

まずは職場に慣れない原因を明確にして自分の行動を変える努力をしてみましょう。

新しい職場に慣れない人の特徴

バツマークの女性

新しい職場に慣れない人にはいくつかの特徴があります。

まずは以下の特徴を参考に自分の職場での行動と比較してみましょう。

  • 受け身の姿勢で積極性に欠ける
  • 前職での仕事のやり方にこだわる
  • 積極的に仕事や職場のルールを覚える姿勢がない
  • 分からないことをその場で聞けない
  • 新しい職場の同僚を好きになれない
  • 協調性がなく職場の空気を乱す
  • 何かと人や職場のせいにする

多くの仕事は人との関わりで成り立っています。

上記のような特徴のある人はなかなか職場の人からも好感を持ってもらえません。

まずは自分の考え方や行動を見直す努力もしてみましょう。

しかしブラック企業などは例外です。

明らかに職場の環境が悪いことが原因で仕事に慣れない人もいます。

職場に慣れない原因が自分にないのであれば労働基準監督署や転職エージェントなど他人の力を借りることも必要です。

新しい職場に慣れるために意識すべきこと

次に新しい職場に慣れるために意識すべきことを紹介します。

以下の項目を参考に職場に慣れるコツをつかみましょう。

社内ルールを覚える

ガッツポーズの女性

「郷に入っては郷に従え」という諺がありますが、新しい職場ではそこのルールに従うことが大前提です。

まずはどんな社内ルールがある職場なのかをしっかりと把握し自ら実践するようにしましょう。

社内ルールを覚える姿勢を積極的に見せることで周囲の同僚にも好感を持ってもらいやすくなります。

同僚との良い人間関係を構築するためには自分から相手を受け入れる姿勢を見せることが大切です。

自分から相手を受け入れようとすることで相手も自然と心を開いてくれるでしょう。

積極的なコミュニケーションを心がける

胸に手をたてる

新しい職場では積極的なコミュニケーションを心がけることも非常に大切です。

職場では皆それぞれに仕事を抱えているため多忙な人も珍しくありません。

仕事で多忙な人は自ら新入社員に気をかける余裕がない人もいるでしょう。

相手から話しかけてくれるのを待っているだけでは人間関係の構築がスムーズにできません。

まずは自分のことを職場の人に知ってもらうためにも自己PRをかねて積極的なコミュニケーションを心がけましょう。

わからないことを放置しない

ルーペを持つ女性

職場でわからないことがあったら放置をせずその場で聞くことが大切です。

わからないことを放置しておくと仕事に支障がでる場合があります。

新入社員はわからないことがあるのも当たり前ですので恥ずかしがらず素直に聞くようにしましょう。

業界の専門用語など周りの人に素直に聞けない場合は自分で調べるなどして解決しておくことが大切です。

新しい職場でやってはいけないNG行動

新しい職場に慣れるためにはやってはいけないNG行動というものがあります。

最初のうちは同僚に不快感を与えないよう以下の行動に気を付けるようにしましょう。

仕事に対する不満や批判を言う

ストップのジェスチャーをする女性

入社したばかりで仕事に対する不満や批判を漏らすのはNG行動です。

仕事に対するマイナス発言が多いと周りの人に「なんで入社したの?」と思われ好印象につながりません。

また仕事に対する意欲がない人と判断され周囲からも厳しい目線で扱われる原因となります。

慣れない仕事で不満をこぼしたくなっても最初は我慢することを心がけましょう。

どんな職場でも常にポジティブな思考で積極的に仕事に取り組める人が好感を持たれやすいです。

職場での人間関係や居心地の良さは周りに受け入れられることで成り立ちます。

まずは不満や批判ではなく質問や積極性で周囲に受け入れられる努力をすることが大切です。

周囲に対する態度が失礼

不満

新しい職場では周囲に失礼がないよう立ち振る舞うことが重要です。

上司に対して反発的な姿勢や同僚に対する横暴な言動はNG行動です。

毎日遅刻するなどの勤務態度に問題がある行動も避けましょう。

入社直後から職場で嫌われる行動をとっていると職場に慣れるどころか孤立してしまいます。

最初は周りに気持ちよく受け入れてもらうことが肝心ですので周囲の人に対する言動には気をつけましょう。

 

ワンポイント

新しい職場に慣れるためには職場の人に受け入れてもらうことが最善の方法です。

自らそのチャンスを逃さないよう自分の言動には十分に気をつけましょう。

新しい職場に慣れない場合の対処法

半年以上経っても新しい職場に慣れないと感じる場合は対策を練ることが大切です。

なぜなら半年以上たっても改善されない状況はその後も続く可能性が高いからです。

まずは以下の項目を参考に自分にあった対処法を探ってみましょう。

上司へ相談

指をさす女性

職場での悩みは上司に相談してみることも大切です。

直属の上司であれば入社してからの自分の職場での行動を1番把握している人物でもあります。

自分で解決できないことも客観的な視点から効果的なアドバイスをしてもらえる可能性が高いです。

上司に相談する前に自己分析をして悩みの原因と解決するために努力してみたことをまとめておくことをおすすめします。

具体的に自分の状況を分析して伝えることで上司もその後のアドバイスをしやすくなるでしょう。

社内で頼れる人を見つける

女性、二人

上司に悩みを相談しづらい場合は社内で頼れそうな人に相談するのもおすすめです。

職場に慣れない原因が上司にもある場合は相談相手を慎重に選ぶようにしましょう。

社内で1人でも頼れる存在ができると職場での居心地が変わります。

まずは1人でも頼れる人と信頼関係を築けるように努力することが大切です。

転職エージェントに相談してみる

ファイルを持つ女性

職場で悩みを相談できる人が1人も以内場合は転職エージェントに相談するのも1つの方法です。

転職エージェントの仕事は求職者の転職を成功させることですので転職後のフォローも親身になって対応してくれます。

特に職場に慣れない原因が転職先企業にある場合は情報共有もできますので積極的に転職エージェントを頼りましょう。

転職エージェントへ相談しても問題が解決できない場合はまた新たな転職サポートもしてもらえるため効率的です。

 

ワンポイント

職場の人や転職エージェントにも相談できない場合は友人や家族にも相談してみましょう。

自分で解決できない事は誰かに頼ってアドバイスをもらうことで解決につながることもあります。

まずは1人で抱え込まないことが大切です。

新しい職場に慣れるには焦らないことが大切

ガッツポーズをするビジネスウーマン

職場になかなか慣れることができないと焦りを感じる人も多いです。

しかし職場に慣れるためには焦らないことが大切です。

焦るとで自分のことに精一杯で周りが見えなくなります。

そうすると職場での行動が空回りしたりと悪循環です。

まずは職場に慣れるためのコツを参考にして焦らずに状況の改善を目指しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

接客中のビジネスウーマン

転職の悩みや相談は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

今回は新しい職場に慣れないときの原因や対処法方について紹介しましたが、転職の悩みはそれだけではありません。

転職先の労働条件が求人情報とちがうなど転職後に抱える悩みは人それぞれです。

転職を成功させるためにも転職の悩みは放置せずに解決することを心がけましょう。

転職エージェントの仕事は仕事を紹介するだけではありません。

転職前のサポートから転職後のサポートまで幅広く受けられるのが特徴です。

まだ転職エージェントを活用したことがない人はこの機会に登録してみましょう。

まとめ

呼びかける女性

新しい職場に慣れるまでの期間や慣れない場合の対処法は明確になりましたか。

とくに女性は職場での給料や業務内容よりも人間関係や居心地の良さを重視する特徴があります。

そんな女性にとって新しい職場で慣れることができるかは非常に重要なポイントです。

まずは新しい職場に慣れるためのコツを参考に周りに受け入れられる環境を自分から積極的に作りましょう。

現在職場になかなか慣れないことに悩んでいる人も職場に慣れない原因を明確にして今後の対策を考えることが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら