企画職は女性の満足度が高い職種として知られています。しかし、実際にどういった仕事内容なのか、正確に把握している人は多くありません。

そのため、企画職に転職したくとも敷居が高いと感じている方が多いのも事実です。

実は企画職は未経験でも転職可能であり、女性のキャリアパスにも適しています。

この記事では、女性が他職種から企画職に転職可能か、また、キャリアパスの具体的な方法などを紹介します。

企画職でキャリアアップする方法をご紹介

打ち合わせする女性

企画職はその名のとおり、担当部門の問題解決に向けた企画を立案する職種です。

多くの企業では「営業企画」「宣伝企画」「商品企画」といった名称で設置されています。

企画立案にあたってはマーケティングが不可欠となることから、マーケティング職と呼ばれることも少なくありません。

企画職は横断的に担当分野を統括し、社内の問題を解決する役割を担っていることから、「花形」の職種の1つです。

まさにキャリアパスには最適な職種と言えるでしょう。その反面「自分には絶対ムリ」だと考えている方も少なくありません。

しかし、企画職は努力次第で誰でも就くことが可能でありキャリアパスも望めます。そこで、企画職におけるキャリアパスの方法を考えてみましょう。

企画職のキャリアアップに必要なスキル

PCに向かう女性

企画職は「出世」への近道です。しかし、企画職になれば誰もが出世できるわけではありません。まずは、企画職において実績を残すことが大切です。

ただし、闇雲に仕事に取り組んでも方向性が間違っていれば、徒労に終わるでしょう。

大切なのは企画職のキャリアアップに求められるスキルを正確に把握することです。

ここでは、企画職のキャリアアップに必要なスキルについて具体的に考えてみましょう。

アイディア力

企画職に求められるスキルとして、誰もが思い描くのが「アイディア力」です。特に女性の持つ柔軟なアイディア力は企画職に不可欠なスキルだと言えます。

企画職の仕事は担当分野の問題を迅速に解決することです。言い換えれば、従来の方法では解決できない問題を新たな手法で解決しなければなりません。

したがって、従来の方法には捉われないアイディア力こそが企画職には必要です。その点女性は消費者としての視点を上手くアイディアに取り込みます。

もちろんマーケティングによる市場調査も大切です。しかし消費者の観点で物事の本質を見抜く女性のアイデア力は、企画職には不可欠だと言えます。

コミュニケーション力

コミを図る女性

企画職において「コミュニケーション力」も大切なスキルです。担当分野の問題を解決するには、様々な部署との打ち合わせや調整が必要となります。

中には企画職の「介入」を快く思わない人もいるでしょう。しかし、企画職として能力を発揮している方は、社内に確固たる人脈を築いています。

コミュニケーション力を駆使して、普段から様々な部署、ポジションの方とのコミュニケーションを怠りません。非常に根回し上手だと言えるでしょう。

女性ならではの気遣いや心遣いは、職場を和ませる効果があります。あいさつや笑顔を絶やさず、コミュケーション力を磨きましょう。

チームをまとめる力

企画職からのキャリアパスを目指すなら「チームをまとめる力」を養っておきましょう。

企画職に限らず、様々なプロジェクトはチーム単位で推進されます。とりわけ、企業の実績に直結する企画職はチーム内の人間関係をまとめる力がカギです。

また、多くの企業では女性の役職者・管理者の登用を推奨しています。しかし、男性の真似をする必要はありません。

女性ならではの感性・判断力をもってチームをまとめることを心がけましょう。必ずキャリアパスに役立ちます。

ワンポイント
 企画職に必要なスキルをしっかりと理解しましょう

 

企画職の年収は?

考える女性

企画職における女性の平均年収は430万円前後です。これに対して女性全体の平均年収は350万円前後になります。

つまり、企画職はその他の職種より2割程度高給です。ただしキャリアや企業規模、業種によっても年収は大きく異なります。

したがって、平均年収はあくまでも参考程度であると心得ておきましょう。

企画職の将来性

書類を見る女性

企画職は企業の実績に大きく関わる職種であり、将来性は非常に豊かです。ただし、市場の動向とともに、求められるスキルや感性は変化し続けます。

企画職で頭角を現し実績を積み重ねるには、その重要性はもちろん、求められることを把握することが大切です。ここでは企画職の将来性について解説します。

企画職の重要性

企画職の重要性は企業の中でも非常に大きいと言えます。その理由は、何といっても「経営に直結する職種」であることです。

企業の目的は経済基盤を安定させ、事業規模を拡大させることにあります。そのためには常に問題を洗い出し、必要な改善を施すことが不可欠です。

例えば新商品を開発する場合、マーケティングを行い市場動向を把握します。過去のデータを参考に、課題が改善された商品を開発するのが一般的です。

これらのプロセスを一手に担う企画職は、まさに企業の命運を握っている重要な職種だと言えるでしょう。

将来の企画職に求められることは?

企画職には市場や消費者の動向を敏感に察知する嗅覚が求められます。

その上で時代のニーズにマッチした事業モデルを構築し、アイディアを具現化するスキルが不可欠です。

例えば、現在の若年層は消費に対して非常に堅実になりました。見栄で高価なものを購入するより、安くて質の高いものを選ぶ傾向が強いのが特徴です。

またSNSやネットから口コミ情報などを取得して商品・サービスを購入します。バブル期には考えられないことです。

企画職はこういった日々変化する市場動向を察知しなければなりません。

さらには斬新なアイディア力を発揮し、ユーザーに喜ばれる企画を立案するスキルが必要です。

ワンポイント
 企画職の重要性や求められることを理解しておきましょう

 

企画職へ他業種からの転職は難しい?

初心者の女性

他業種から企画職への転職は十分に可能です。それどころか企業は他業種の優秀な人材を求めています。

企画職は出世コースとして知られており、他業種からの転職は難しいと考えられています。

しかし他業種の人材は同業種の人材では敵わない経験やスキルを持っているのが一般的です。

従来の手法に捉われない柔軟な発想は、「新たな風」を企業に持ち込みます。これこそ、企業が企画職に求めているものであると言えるでしょう。

企画職でのキャリアパスの例を解説

出掛ける女性

これまで解説したように、企画職はキャリアパスに有利な職種です。しかし具体的にはどういったキャリアパスが考えられるのでしょうか。

とりわけ他業種から企画職への転職を考えている方は、将来性に加えキャリアパスを明確にしておくことが大切です。

そこで企画職の具体的なキャリアパスを考えてみましょう。

マネジメント職へのキャリアパス

企画職のキャリアパスとして、真っ先に思い浮かぶのがマネジメント職です。企画職は企業内でも非常に重要なポジションであり、将来を嘱望されています。

また、様々な分野に精通していることも、マネジメント職に登用されやすい理由です。ただし、企画職に配属されているのは自分1人だけではありません。

選ばれた多くの方が配属されており、しのぎを削っています。実績が伴わなければ、他部署に異動となることも少なくありません。

したがって。マネジメント職に昇格するには。日々、努力し続けて実績を積み上げることが不可欠です。

他社への転職によるキャリアパス

企画職のキャリアパスとして、好条件の他社に再転職をする方法もあります。転職から企画職を目指す場合、比較的入社しやすい企業を選ぶ方が圧倒的です。

そこで経験や実績を積むことで、経験やスキルを養います。そうすれば、より労働条件の良い大手企業に再転職を試みることも可能です。

優秀な企画職の人材は引く手あまたですから、ヘッドハンティングの可能性もあります。

ただし、平凡な実績やスキルでは再転職は困難であることを心得ておきましょう。

独立・起業へのキャリアパス

企画職で得た経験やスキル、人脈を基にして独立・起業するといったキャリアパスを選択する方も増えています。

市場や消費者の動向は日々進化しており、企業内の企画部門では対応しきれない企業も少なくありません。

そこで、注目されているのが企画部門に特化したコンサル業です。コンサル業を起業するには、企業内での経験や人脈が不可欠になります。

さらに高いスキルや資金力も必要ですが「やりがい」を感じられるキャリアパスだと言えるでしょう。

自分のキャリアパスを明確にするには?

PCで考える女性

企画職はキャリアパスを目指すには最適な職種です。しかし漫然と日々を過ごしていてもキャリアパスを成し遂げることはできません。

自分が「いつまでに」「どうなりたいか」を明確にすることが大切です。

また「今何を成すべきなのか」を真剣に考えてみましょう。ここでは、キャリアパスを明確にする方法を解説します。

目標を具体的に設定する

キャリアパスを明確にするには、自身の目標を具体的に設定することから始めましょう。

単に「出世したい」「転職したい」「独立したい」といった漠然とした目標は無意味です。

出世したいのであれば「執行役員になる」「企画室長になる」などと具体的に設定しましょう。目標が具体的であるほど、実現しやすくなります。

また、キャリアパスを成し遂げた自身の姿をイメージしてみましょう。モチベーションを高く持ち続ける秘訣です。

目標を細分化する

アイデアを巡らせる女性

前項で明確にした目標を細分化することで、さらに実現しやすくなります。

最終目標が大きければ大きいほど、実現までの道のりは険しく時間や労力を費やします。

そのため初心を貫くにも、心が折れそうになることも少なくないでしょう。そこで、最終目標までにいくつもの目標を定めます。

例えば3年後にはチームリーダー、5年後にはマネージャーといった具合で、最終目標までのロードマップを描いてみましょう。

細分化した目標を一つひとつクリアすることで自信につながるだけでなく、最終目標までモチベーションを高く持ち続けることができます。

定期的な進捗確認

細分化した目標をクリアして最終目標を達成するには、定期的な進捗管理が必要です。

最終目標を達成するまでに、全てが順風満帆に取り運ぶことはあり得ません。また、自分の取組みが全て正しいとも限らないでしょう。

定期的に自身の進捗度合いを振り返ることで、課題や修正点が必ず見つかります。

そこで、うやむやにせず必要な修正や新たなチャレンジを試みることがキャリアパスには不可欠です。

ワンポイント
 キャリアパスを実現するには目標を明確にしましょう

 

キャリアパスに悩んだ時の対処法

相談する女性

キャリアパスにかかる目標を定め努力しても、全てが叶うものではありません。すぐに結果が出ない方も大勢います。

自分の思い描いていたキャリアパスが「間違っていたのでは?」と悩む方も少なくありません。途中で投げ出したくなる方もいるでしょう。

しかし、キャリアパスに成功している方の大半が、同じ悩みを抱いていたことを忘れてはなりません。

「成功できる人」と「成功できない人」の違いは悩んだ時の対処法を知っているか否かです。

そこで、キャリアアップに悩んだ時の対処法について具体的に考えてみましょう。

友人や上司に相談しよう

信用できる友人や上司に相談することで、キャリアパスの悩みが一気に晴れることは少なくありません。

実は人に相談する人の大半が「解決策」を見出しています。しかし、自分のアイディアだけでは自信が持てないので、誰かに後押しして欲しいのです。

ただし、友人や上司に相談する際には、具体的に「何に悩んでいるのか」「自分はどうしたいのか」は明確に伝えておきましょう。

相談相手に丸投げでは相手も困ってしまいます。また、否定的な意見を受け入れる覚悟も必要です。

しっかりと準備して相談することで、より有効な「解決策」が見つかるでしょう。

漠然とした不安を取り除こう

PCで仕事をする女性

キャリアパスに悩んでいる人の中には、その理由がわからない方も少なくありません。いわゆる漠然とした不安に苛まれているのです。

悩みの原因を見失った場合、自分の心にあるものを素直に紙に書き出してみましょう。頭の中だけで整理しようとすると、必然的に思考が混乱します。

他愛のないことでも構いません。いくつも書き出しているうちに、数項目に分類することができるでしょう。必然的に悩みの本質が見えてきます。

悩みの本質さえ見えてくれば、解決策を探すことは非常に簡単です。また、前項で紹介したとおり友人や上司にも相談しやすくなります。

ワンポイント
 キャリアパスに悩んだときは自分なりの対処法を見つけましょう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話する女性

女性が企画職に転職しキャリアパスを実現するには、数多くの難関をクリアしなければなりません。

そもそも、どうすれば転職できるのか悩んでいる方も少なくないでしょう。

こういった方におすすめなのが転職エージェントです。本記事では可能な限り、女性が他職種から企画職に転職する必要な事項を記載しています。

しかし、同じ企画職への転職を目指す方でも方法は千差万別です。希望する労働条件も異なることでしょう。

転職エージェントであれば、個々の希望や悩みを解決する方法がいくつもストックされています。

したがって、本記事で企画職に関する知識を蓄え、転職エージェントに悩みを相談すると良いでしょう。

まとめ

オフィスの女性

キャリアパスを目指す女性にとって、企画職は非常に魅力的な職種です。企業の課題を解決する役割を担い、企業の実績に直結する部門でもあります。

企業内では優秀な人材が集まることでも知られており、出世コースの1つだと言えるでしょう。

また、企業は様々な経験やスキルを持った人材を求めていることから、他職種からの転職も可能です。

なお、企画職のキャリアパスとして代表的なものは「マネジメント職への昇進」「再転職」「独立・起業」があります。

いずれも豊富な経験と高いスキルが不可欠であり、キャリアパスを実現するには、予め目標を明確に設定することがすることが大切です。

さらに目標を細分化し、定期的に進捗管理を実践することで、より効率的にキャリアパスを実現できるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら