女性の活躍を推進している職種の一つに、ITコンサルタントがあります。

コンサルティングファームというと、男性的でハードルが高い印象を持つ人も多いでしょうか。

実は昨今、ITコンサルタントへの女性転職者は年々増加しており女性が活躍できる職種として注目を集めています。

本記事では、ITコンサルタントへの転職を成功させる志望動機の書き方のポイントや例文を解説していきます。

Contents

ITコンサルタントの志望動機の書き方を解説!

男性に説明をする女性

女性の応募者が年々増加しているITコンサルタントですが、転職を成功させるには採用担当の目に留まる志望動機が必須です。

ここから、自分の経験を最大限にアピールできる志望動機の書き方を一緒に考えていきましょう。

構成を整える

志望動機を書き始める前に、まずは構成を整えましょう。ここでのポイントは結論を先に書くことです。

結論を後ろに持ってきてしまうと、本当に伝えたいことが明確ではなくなってしまいます。

構成としては、「①志望した理由・②理由を裏付けるエピソード・③どのように活躍するのか」という順番が効果的でしょう。

内容がどんなに魅力的でも、構成を間違えるとその魅力は半減してしまいます。大事なことが相手に伝わる構成を意識しましょう。

また、相手に対して物事を論理的に説明することもITコンサルタントの仕事の一つです。

相手に伝わる言葉を作る練習だと思って、構成を考えてみると良いでしょう。

具体性のあることを書く

書類を書く手

志望動機において、具体的に書くことはとても重要です。

例えば志望理由を裏付けるエピソードで自分の過去の功績を披露する際、明確な数字を用いることで強い説得力が生まれます。

具体性を持たない文章は、人によってとらえ方の幅があるため、相手には「なんとなく」しか伝わりません

自分の伝えたいことを明確に・確実に伝えるためには、具体性が必要なのです。

具体性を持つ文章が書けると、採用担当者の目に留まるような志望動機を作れます。

抽象的な表現になっていないか、注意して書くようにしましょう。

今までの経験をアピールする

ITの幅広い知識が求められるITコンサルタントへの転職を目指すためには、過去の経験をどのように仕事で活かすかを伝えることが重要です。

この時、未経験からの挑戦でITコンサルタントの仕事に直結する経験が無くても問題ありません。

切り取り方を工夫するだけで、自分の経験をITコンサルタントに役立つように見せることが可能です。

自分の経験をアピールする時に大事なのが、しっかり自己分析することと仕事への理解を高めることです。

ITコンサルタントに求められるスキルを正しく理解したうえで、それに最も適した自分のスキルをアピールする必要があります。

自分が志望している企業の仕事内容まで具体的に理解を深めて、現場で活かせる経験を見つけましょう。

女性コンサルタントの現状

握手する女性

男性のイメージが強いコンサルタント職ですが、活躍している女性は多いのでしょうか。

近年の働き方改革やワークライフバランスの改善により、コンサルに就職や転職する女性は年々増加しています。

男女比率では女性のコンサルはまだ20%程度と平均よりやや低い傾向ですが、管理職への女性比率も毎年上昇している現状です。

成果を重視するコンサルティングファームでは基本的に男女による差はなく、成果さえ上げれば自由な働き方が目指せる仕事でもあります。

「忙しい」とよくいわれることもありますが、男女平等で自由な環境でチャレンジできることはコンサルタント職の魅力でしょう。

 

ワンポイント
男女平等の風潮が強く残るITコンサルタントは、女性が力を発揮しやすい職種です。

女性にITコンサルタントがおすすめな理由

指を立てる女性

年々人気が上がってきているコンサルタント職ですが、ITコンサルタントも例外ではありません。

ここではITコンサルタントを目指す女性がなぜ増えているのか、女性にとっておすすめの理由を解説しましょう。

女性ならではの視点を仕事に活かせる

前述の通り、コンサルティングファームにおいて男女は平等です。

女性であっても自分の強みを見つけて磨くことができれば、大きな成果を上げられるでしょう。

その強みの一つとして、女性ならではの視点は武器になります。

女性だからこそ分かる女性の気持ちや、男性にはできない柔軟な発想力はITコンサルタントの仕事でも活かすことが可能です。

女性の活躍を推進している企業が多い

書類を持つ女性

IT系のコンサルティングファームは、元々は外資の流れを受けています。

その源流となるアメリカでは男女差別が禁止されており、違反に対する厳しい罰則も存在します。

そのような考え方が生きているITコンサルタントの業界では、女性の活躍を積極的に勧めている企業が多いです。

男女による違いに違和感を感じない環境では、女性も力を存分に発揮して気持ち良く過ごせることでしょう。

制度が充実している

一般企業に比べて、出産や育児の制度が充実しているのもITコンサルタントの仕事の特徴です。

コンサルティングファームは、設備や基金といった事業の元手となる資本をほとんど必要とせず、代わりに「人材」がビジネスを左右します。

人材の成長こそが会社の成長に直結するコンサルティングファームでは、人を失うことは死活問題になるのです。

辞めないで長期間仕事を続けてもらうための制度が充実していることは、女性にとって大きな魅力といえるでしょう。

 

ワンポイント
「人材」を最大の資本と考えるITコンサルタントでは、社員の働きやすい環境が整備されています。

ITコンサルタントの志望動機でアピールすべきこと

指をさす女性

女性も活躍できる環境があるITコンサルタントですが、志望動機ではどのようなことをアピールすべきでしょうか。

一つ重要なことは、なぜ他社ではなくその企業を選んだのかという理由をアピールすることです。

ITコンサルタントの業界では、似たような会社や同業者のライバル会社も多く存在します。

その中で志望する企業ならではの長所を明確に伝えることで、志望度の高さをアピールすることができます。

しっかりと事前に企業研究を行ったうえで、その企業特有の強みを見つけておきましょう。

 

ワンポイント
ITコンサルタントの志望動機では、その企業ならではの特色を把握してアピールしましょう。

志望動機の例文

解説する女性

ここからは好印象を与える志望動機の例文をご紹介します。

自分のこれまでの経験の、どの部分をどのように切り取れば上手くアピールできるのか、自己分析しながら考えていきましょう。

例  SEからの転職

私はSEとしての知識と経験を活かして、よりお客様に近い位置でサービスを提供したいと考え志望しました。

現職ではSEとして、インターネットサイトのシステム開発に2年間ほど携わっております。

自分の技術によってお客様が満足されることに喜びを感じていますが、同時にさらに踏み込んだ知識を身に付けたいと思うようになりました。

コンサルタントの経験がない人にも積極的なチャレンジを推進している御社でなら、さらに自分の技術を磨けると確信しています。

システム開発の知識を活かし、課題を解決するコンサルタントとして活躍したいです。

例  営業職からの転職

製造業のIT化の導入により製造現場での業務効率の改善を目指したいと考え、貴社を志望しています。

私は前職では食品製造会社の営業として3年間従事しておりました。

相手の課題に耳を傾ける営業を心がけたことで、昨年度は年間売り上げ目標の150%を達成する結果となりました。

その仕事の中で特に感じたのが、製造現場のIT化の遅れによる業務効率の悪さです。

積極的にIT化を進めることが製造業において急務であり、業界全体の成長にもつながると強く感じました。

特に製造業のコンサルティングに力を入れている貴社でなら、製造業が抱えるIT化遅れの課題を解決できるのではと考え志望しています。

前職での製造業や営業の提案力を活かし、コンサルタント職で貢献したいと考えています。

例  経験者の場合

ITコンサルタントとして、海外に活躍の現場を広げたいと思い志望しています。

前職では、国内の中小企業向けにコンサルティングを行っていました。

その中で、これからの時代を鑑みても海外への進出が必要であると強く感じていました。

海外の企業を対象としたコンサルティングを中心に展開する貴社でなら、活躍の場を広げられると考えています。

4年間の留学経験と語学力を活かして貢献したいです。

ITコンサルタントの志望動機を書く時の注意点は?

悩み

ITコンサルタントの志望動機を書く際には、注意するべきこともいくつかあります。

その一つとして、やはり具体性に欠ける内容を書いてしまうことは要注意です。

志望動機はラブレターのようなもので、その企業のどこに惹かれているのかを具体的に説明しなければなりません。

あいまいな表現を使用したり、テンプレートの型にはまったような内容はNGです。

企業のことをよく調べておらず、志望度が低いと捉えられてしまうのです。

志望する企業のことは可能な限り調べ、個性的な内容の志望動機を作れるように意識しましょう。

ITコンサルタントの志望動機のNG例

バツを出す女性

それでは、ITコンサルタントの志望動機として注意すべきNG例を紹介していきましょう。

ライバルの多いITコンサルタントを志望するのであれば、採用担当の目に留まる志望動機を書く必要があります。

ありきたりで抽象的な表現になってしまっていないか、しっかりチェックしましょう。

例  ありきたりで抽象的な志望理由

私はSEの経験を活かしたいと考え貴社を志望しました。

前職では会社のシステム開発の仕事に従事し、多くの仕事を手掛けてきました。

その中でITコンサルタントという仕事を見つけ、自分の専門知識が活かせるのではと強く感じて興味を持っています。

SEの知識をさらに深め、貴社のコンサルタントとして幅広く貢献したいです。

例  構成が悪く結論が分かりづらい

私は前職で、保険会社や証券会社のITコンサルタント業務を5年間担当しておりました。

1年前からはリーダーを担当し、3人のスタッフをまとめる役割も経験しました。

そのようなチームの進捗を管理してまとめる経験も貴社の業務に役立てたいです。

前職の会社が担当していたのはシステムの設計以降の下流の仕事がほとんどでした。

貴社においては大きなシステムの初期設計段階から携われることに魅力を感じ、志望しています。

ITコンサルタントの面接で聞かれること

面接

ITコンサルタントの志望動機を書く準備ができたら、次の試練である面接の準備も整える必要があります。

面接では基本的に応募書類の内容を話すことになるので、自分の書いた文章を自分で説明できなくてはなりません。

面接で聞かれる内容をあらかじめチェックして、大事なことをしっかりと伝えられるように準備しましょう。

なぜその企業を選んだのか

志望動機を書く際にも、「なぜ他社ではなくその会社を選んだのか」をアピールすることが重要であるとご説明しました。

この内容は面接でも頻繁に聞かれる質問です。

面接で採用担当が特にチェックするポイントの一つに、志望度の高さがあります。

この質問に対して明確な理由を答えられれば、業務に対する理解や志望の本気度をアピールできます。

その会社特有の強みや特色を見つけて、自分の経験と結び付けられるように考えておきましょう。

将来どうなりたいのか

笑顔の女性

ITコンサルタントの面接でよく聞かれる質問の二つ目は「将来どうなりたいのか」です。

どんなに輝かしい実績を重ねていても、その能力をどのように活かして会社に貢献するのかを一緒に伝えなければ好印象を与えられません。

自分が活躍する分野を具体的に伝えられれば面接官も将来の姿を想像しやすく、会社に雇うことにメリットを感じるのです。

一方的に自分をアピールするのではなく、採用することによる会社にとってのメリットを提示するように意識しましょう。

 

ワンポイント
ITコンサルタントの面接では、「志望度の高さ」と「会社に雇うメリット」を評価されます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンの前の女性

自由な働き方を目指せるITコンサルタントは、女性で活躍する人も多い魅力的な職業です。

しかしその分、転職におけるライバルが多いのも特徴です。

特に未経験から挑戦する場合、自分のスキルを上手くITコンサルタントと結び付けて伝えなければ、転職を勝ち抜くのは難しいでしょう。

そんな時に、心強い味方になってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは自分のこれまでの経験を棚卸す際のアドバイスや、志望動機の適切なアピール方法を教えてくれます。

さらに未経験でもチャレンジしやすい求人を紹介してくれるので、時間が無い人でもストレスなく転職を進められます。

無料で相談できる転職エージェントを活用して、確実に転職を成功させましょう。

まとめ

企画職の女性

固いイメージのあるITコンサルタントですが、産休・育休制度が充実しており女性にとってもおすすめな職種であると分かりました。

仕事選びにおいて男性より考えることが多い女性にとっては、「働きやすさ」はとても重要な項目です。

そのような働きやすい環境が整えられているITコンサルタントは、「女性が存分に力を発揮できる」職種といえるでしょう。

転職エージェントに相談しながら、生活と仕事の両方が充実した生活を目指してみてはいかがでしょうか。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら