転職を考えた時、応募書類や面接など関門になるものはたくさんあります。

それらを乗り越えて内定を手に入れるには、自分自身をアピールすることが大切です。

しかし的外れなアピールでは内定から遠のいてしまいます。

転職を成功させるには応募企業に求められるスキルをアピールしなければなりません。

ここでは、転職を考えている女性が求められるスキルや企業に必要とされる人材を徹底分析して解説します。

女性が転職に求められるスキルを解説

転職活動は、できる限り有利に進めたいものです。

そのためには、就職したい企業の特徴や求めている人物像を知っておく必要があります。

まずは、女性が転職に必要とされているスキルについて、考えていきましょう。

「ポータブルスキル」

女性

業種や職種にかかわらず、ポータブルスキルは転職を行う際に非常に重要なポイントになります。

ポータブルスキルとはどんな企業・職場であっても通用するスキルのことです。

例えば、新しい分野の仕事に挑戦したいと思ってもその分野の専門的な技術がないのは仕方がないことです。

しかしこれまでの仕事で培ってきたポータブルスキルは大きな武器となりえます。

具体提起には前職で得た知識・仕事を効率的に進めていく技術・コミュニケーション能力などが挙げられます。

企業は転職者に対して即戦力を期待していることが多いです。

新卒採用のように仕事のいろはから教えていくのではなく、一般的な常識は既に身についていることを期待しています。

そのためどんな仕事にも役立つ、汎用性の高いポータブルスキルがあることは大きなアピールポイントになるのです。

同じ職種である場合に限らず、全く別の業種・職種への転職でも自信を持ってアピールしていきましょう。

「テクニカルスキル」

テクニカルスキルはその業務を成し遂げるにあたってピンポイントで必要となるスキルです。

特に、特定の分野を専門としている企業への転職を目指している場合に重要になります。

転職者がそのスキルを有しているか否かは、採用者にとって注目のポイントとなってきます。

既に身につけている技術だけでなく、その分野で未取得の資格等があれば積極的にチャレンジしていきましょう。

事前に取得することが出来れば一番良いですが、なかなか難しいという場合もあるでしょう。

その場合はこれから勉強していくという意欲をみせることが重要です。

企業に必要とされている女性の特徴は?

仕事場で求められている女性には、どういった特徴があるのでしょうか。

業務をスムーズに進めていくには、どんなことが必要とされているかを中心に解説していきます。

何事も積極的に行動できる人

女性

企業としては自分で考え自分から行動できる人材を求めています。

企業が成長していくには新しいことにも挑戦していく必要があります。

積極的に行動できる人であれば、そうした挑戦にも前向きに取り組んでくれるのではないかと企業側も期待できるのです。

また成果主義の企業が増えており、仕事を意欲的に取り組める人材を求める傾向は高まっています。

選考の段階から仕事に対して受け身の姿勢がみえれば、仕事への意欲が低いと判断されてしまう可能性があります。

良いと思ったことには自分なりの意見を出し、どんどん意欲的に仕事へ取り組んでいきましょう。

状況に応じて行動できる柔軟性のある人

ディレクター

どこの職場にも大抵マニュアルがあり、守ることが前提とされています。

仕事をスムーズに行う為に作られたものですから、基本的にはそのマニュアルに沿って各々の業務を進めていきます。

しかし、時にはマニュアル通りに対応できないことも起こりえるものです。

そのため状況により臨機応変に対応できる力を持つ人が求められています。

マニュアルに頼りきるのではなく、どうすべきかを常に考えて対応できる柔軟性のある人は企業から重宝されるでしょう。

ただしこの時に気をつけなければならないことがあります。

それは1人で勝手に決め込んでしまうのは良くないということです。

良かれと思って臨機応変に対応したつもりが、会社側からすると都合が悪い場合もあります。

事前に責任者や上司へお伺いを立てることもまた、臨機応変に対応するためのスキルの1つといえるでしょう。

また普段からのコミュニケーションをとり、そういったことが聞きやすい環境作りが大切です。

社交的な人

女性

仕事を進める上で重要になってくるのが、他者とのコミュニケーションです。

プライベートであれば付き合う人間関係をえり好みできます。

しかし仕事では苦手な相手だからといって避けて通ることもできません。

人間関係がギクシャクして仕事に支障をきたすことは、企業にとって大きな損失です。

仕事で関わるのは大切なお客様や、一緒に働く同僚・上司など、立場も様々です。

それらの人々との人間関係がスムーズであれば、業務も滞りなく進めることができます。

誰とでも上手く付き合うことができる社交的な人は、企業にとっても、とても貴重な存在なのです。

 

ワンポイント
仕事への意欲や社交性が重視される。

年齢別の求められるスキルや能力は

企業から求められるスキルや能力は、年齢によっても違ってくるのでしょうか。

全世代に共通の普遍的なものもあれば、転職者の年代によって少しずつ変わってくるものもあるようです。

ここでは、転職を考えることの多い20代・30代の女性に焦点を当て、考えてみます。

20代

パソコンと女性

持てるスキルをアピールすることに加え、20代といえばとにかく若さも武器の1つになります。

たとえスキル面では未熟であったとしても、これから学んでいくという姿勢が大切です。

20代から始めたことを一生の仕事にしたいという熱意は、企業側に好印象を与えます。

特に女性は、結婚や出産を機に、退職・休職・転職する人も少なくありません。

20代女性にとって、転職先の仕事との兼ね合いは、慎重に考えたいところでもあります。

企業側にとっては、「この仕事を長く続けてもらえるか」も採用を考える上で重要なポイントになってきます。

転職希望者としては、採用されたいがために相手に媚びたり自分を偽ったりする必要はありません。

仕事に対する責任感が伝わるようなアピールを心がけましょう。

30代

転職は、するなら早い内が良いとされています。

それは、年齢を重ねるごとに求められるハードルが上がっていくからです。

転職者同士・同レベルのスキル・同じ条件ならば、企業はこれからの期待も込め若い人材を選びがちです。

20代とは、良い意味で違った魅力をアピールすることが大切になってきます。

これまでの職務で経験して得たものをしっかりと伝え、即戦力となることをアピールしていくのがポイントです。

じっくり考えた上で自分に合った仕事を選び、挑戦していきましょう。

自分のスキルの見つけ方を知ろう

自分のスキルは、どのようにして見つけていったら良いのでしょうか。その方法について、見ていきましょう。

自己分析をしよう

パソコンで作業する女性

まずは、自分のスキルを書き出してみましょう。

得意なことや、頑張ってきたこと、持っている資格などを思いつく限りノートに書くことをおすすめします。

大きな成功や強みでなくても、これまでの仕事で当たり前にやってきたことを思い出してみてください。

その小さな積み重ねが、日々の仕事に求められるスキルであったりします。

書き出すことでその内容を客観的に捉えることができ、自己分析を深めることができるでしょう。

第三者の意見を取り入れよう

自己分析をした後は第三者に内容を見てもらい、思ったことや気が付いたことを言ってもらうと良いでしょう。

家族などの身近な人・自分をよく知ってくれている友人・就職・転職の専門家もおすすめです。

自分では強みだと思っていなかったとしても、第三者からすれば充分強みな場合もあります。

第三者からの意見やアドバイスをもらうと、自分だけでは気が付かなかった新たな発見があるでしょう。

 

ワンポイント
第三者に聞くことでより深く自己分析できる。

転職に求められるスキルをアピールするためのポイント

質問する女性

転職に求められるスキルをアピールするには、まず企業が求めている人材を知る必要があります。

どれだけ自分のスキルが素晴らしいものでも、企業が求める人材にマッチしていなければ宝の持ち腐れです。

また、企業のニーズにあっていないスキルをアピールすれば企業研究ができていないと思われてしまいます。

企業が求める人材を理解した上で、自分の強みの中にマッチするものがないかを探しましょう。

そのためには自己分析の徹底が大切です。

また、企業の求める人材にマッチしていても強みを裏付けるエピソードがなければ信憑性に欠けてしまいます。

スキルをアピールする際には、必ずそれを裏付ける具体的なエピソードを関連づけましょう。

 

ワンポイント
企業の求める人材と自分の強みを照らし合わせてアピールしよう。

「ポータブルスキル」のアピール例

企業側へ自分のポータブルスキルを知ってもらうためには実際の経験を交えてアピールすることが大切です。

ポータブルスキルのアピール例文を紹介します。

例:営業経験

笑顔の女性

前職の営業ではお客様の抱える課題を見つけ、その課題解決によって営業成績を伸ばして参りました。

前職の営業では新規顧客獲得のために多くの企業を訪問してきました。

企業の担当者と話す際は商談だけでなく、雑談も聞き逃さないことを常に心がけています。

雑談の中にはお客様のニーズが隠れており、それを見つけ出してお客様へ最適な提案をしていました。

隠れたニーズを察知し、本当にお客様が必要としている商品を提供することで信頼関係が生まれます。

それにより継続的に取引いただくお客様が増え、売上アップに貢献しました。

例:事務経験

資料を読む女性

前職では、主に営業事務や受付業務を担当しておりました。

事務職では経理関係の書類などを、正確かつ迅速に資料を作成できることが求められます。

そのためワードやエクセルなど、パソコンの基本的ソフトを最大限に活かして活用できます。

また、受付業務にて電話やお越しくださったお客様への対応をしており、接客業務には自信があります。

「テクニカルスキル」のアピール例

次に、テクニカルスキルのアピール例も考えていきましょう。

テクニカルスキルは企業ごとに求められるものが異なってくるため、まずは求人情報をよく読むことがポイントです。

ここでは業界別に必要となる資格等を前提に、アピール文としては書類にも面接にも使えるものを挙げていきます。

例:銀行窓口の経験

女性

私は銀行の窓口対応を5年経験しています。

勤務中に特に意識していたのは日々の業務をより正確かつ迅速に行えることです。

それを実現するため、日商簿記検定1級を取得し、その知識を活かして業務に取り組んでいました。

さらにファイナンシャルプランナーの資格も取得し、融資だけでなく資産形成の相談にも応えています。

これらの経理・投資の知識や経験をもとに、貴社に貢献して参ります。

例:介護業界の経験

認知症対応型のグループホームにて、高齢者の介護に携わってきました。

日々、お年寄りと接する中で、より良い介護を目指したいと考えるようになり、介護福祉士の資格を取得しました。

日々の入浴や食事などの身体介護、また、レクリエーションやイベント業務などの経験もあります。

この仕事を通して、御社において、また社会において貢献していきたいと考えています。

転職を成功させるためのコツは?

スーツ、女性

転職では「同じ仕事を長く続けることが出来ないのでは」など少なからずマイナスイメージ抱かれてしまいがちなものです。

そのイメージを払拭するには、転職の内定を勝ち取りたい企業に対し、仕事への意欲を示すことが大切です。

前職を「嫌になったから辞めた」というのではなく、前向きな理由を全面に押し出して伝えましょう。

そのためには給与など待遇面ばかりに目をむけるのではなく、少しでも興味のある仕事に挑戦するのが良いでしょう。

そして「この仕事に就いてやってみたいこと」を積極的にアピールしていきましょう。

前向きな気持ちを持ち、それをアピールすることが転職を必ずや成功へと導いてくれます。

 

ワンポイント
仕事への積極的な姿勢を示すことが大切。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ヒアリングする女性の画像

転職で自分がアピールできるスキルが分かっても、それをどう伝えたら良いのかは難しいと感じる人は多いでしょう。

そんな時は、まずは転職エージェントへ気軽に相談してみましょう。

転職エージェントは転職にまつわる様々なケースに対応し、転職のサポートをしてくれる存在です。

1人で不安を抱えたままでは、悩んでばかりで転職活動を思うようにできない可能性もあります。

転職エージェントを利用すれば、1人1人にあったアドバイスやぴったりの仕事がきっと見つかることでしょう。

まとめ

紹介

今回は女性が転職の際に求められるスキルについて解説しました。

転職の際、自分をアピールするにはスキルや実績などの強みが大きなカギを握ります。

伝え方次第では書類選考の時点で落とされてしまう可能性もあるため、しっかりと準備が大切です。

自己分析で自分を知り、企業研究で応募企業のことを知りましょう。

この2つを徹底することで、応募企業に通じる自分の強みや、関連のあるエピソードなども見つかります。

それらを客観的に捉え、どのようにアピールするのが効果的なのかを考えましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら