ファッションに敏感な人に最適なアパレル販売員には未経験からでもなれるのでしょうか?

アパレル販売員へ未経験からなるためのポイントについて解説していきます。

また、アパレル販売員としての素質がある人の特徴なども併せて紹介する特集です。

Contents

アパレル販売員に未経験で転職する方法を解説

アパレルショップの画像

ファッションに興味がある人は、アパレル関連の販売員になろうと考えたことがあるのではないでしょうか?

その後、アパレルでの販売業が未経験といった理由から諦めたという人も多いはずです。

ファッションは好きでも、自分にセンスがあるかどうかも分からないという人もいることでしょう。

やはりアパレル販売員になるのに、未経験者では無理なのでしょうか

今回はアパレル販売員に未経験でなるための方法について解説していきます。

アパレル販売員の未経験求人から仕事内容をチェック

バッグショップの画像

アパレル販売員の経験はないけど自分は求人案件に応募してもいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

結論を急ぐ前に、アパレル業の求人案件の内容をしっかり把握するべきでしょう。

実際の応募案件を客観的に見ると、他の業種や業界と比べても特に変わった内容など書かれてはいません。

シンプルにスタッフとして働いてくれる人を求めている旨が多い印象です。

では、一般的な転職サイトには、具体的にどのような求人案件が掲載されているのかを見ていきましょう。

まずは実際に掲載されている記事の一部を紹介します。

資料を読む女性の画像

生産管理部への配属予定です。業務は幅広くなります。最終的にあなたにマッチした仕事を選択してもらうことも可能です。

自分の特徴が分からなくても、店舗での販売経験を積みながら見つけられます。

未経験歓迎・アパレル販売経験のある方は尚可です。意欲重視の採用なので第二新卒の方も受け入れています。

現在出店を大幅に展開中です。販売経験がある方なら、早くて1年くらいで店長を目指せます。

他にも、複数店舗統括のエリアマネージャー・バイヤー・MDへのチャレンジも可能です。

産休育休制度も充実、ライフステージの変化に伴い家事と育児の両立ができる環境を整えています。

接客・販売経験者優遇、他業界からやアルバイト経験のみでもご応募可能です。

店舗での接客業務を中心にしながら、電話対応・レジ業務・商品整理をしてもらいます。

他にも、ディスプレイ・入荷商品チェック・店内清掃なども業務の一環です。

各店舗にて3~4名体制で年齢層問わず活躍できます。ノルマはありませんが店舗ごとの売上目標をあげてもらいます。

お店の雰囲気にマッチすれば私服勤務が可能です。売経験者優遇、販売未経験も歓迎しています。

アパレル販売員に向いている女性の特徴は?

ショップ前の画像

アパレル販売員は、常に最新ファッションに触れる機会が多くて、一見すると華やかさがある憧れの職業とされています。

そのため、アパレル店員になってみたくても、自分に相応しいかどうか不安だという人もいることでしょう。

いつもおしゃれで華やかな容姿を保っていないといけないものなのでしょうか?

そこで、アパレル販売員に向いている人の特徴をいくつか紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ファッションや流行に関心がある

服選びする画像

アパレルショップでは、常に季節ごとで新商品のセレクトや入荷をします。

そのため、アパレル販売員は最新トレンドについての研究や商品知識を増やしていく必要があるのです。

流行のファッションへの関心があり、変動するものへも対応できる人が向いています。

そのファッションが自分に似合うかどうかよりも、顧客へアピールできるまでの知識レベルに向上させる意思が大切です。

どんな時でも笑顔を大切にできる

アパレル販売員は接客業です。そのため、店舗にはたくさんの人々が来店し、そこで対話をする機会は普通にあります。

中には思いもよらぬトラブルやクレームを受ける場合も想定されるのです。

そのような辛いことがあっても、気持ちの切り替えができて笑顔を振りまきながら働ける人は向いているでしょう。

仕事として割り切ってでも構わないので、笑顔で接客することに抵抗感がない人が望ましいといえます。

 

ワンポイント
アパレル販売員は明るくて根気のある人が望ましい。

アパレル販売員に未経験でもアピールできる経験や能力

ウェディングドレスの画像

アパレル販売員も他の販売業と一緒で、特定の商品・サービスを顧客に提案する仕事です。

自社が展開するブランドの服やアクセサリーなどの商品・サービスを通じながら認知してもらう役割もあります。

顧客が思い描く理想のスタイルを演出していくサポート役でもあるでしょう。

では、アパレル販売員へ未経験から転職するのに有利な経験やスキルについて解説していきましょう。

接客経験

接客する女性の画像

アパレル業界そのものが未経験だとしても、他の業種にてサービス業や販売経験がある人は転職しやすいといえます。

例えば、飲食業界や旅行業界などは、そのまま以前の接客の経験が生かせることでしょう。

未経験といっても接客をしたことがあって自信がある人は、転職活動が有利に展開します。

コミュニケーション能力

アパレル販売員にとって大切なスキルはコミュニケーション能力です。

会話の歯切れの良さや真摯な態度はもちろん、相手の心情を察知して対応できる能力があるとよいでしょう。

顧客ニーズは個性によって異なります。来店されたお客さまへの自然なファーストアプローチが接客対応の基本です。

そのためにはコミュニケーション能力は欠かせません。

アパレル販売員の未経験転職のための転職対策

オープンの画像

アパレル販売員の募集案件は、意外と未経験者でも幅広く受け入れているところが多いという特徴があります。

他の職種と比較しても、安心して未経験者も応募しやすいのがメリットです。

販売員としての心得や商品知識を身につけながら、自分が理想とする転職が実現することでしょう。

その前に、未経験での転職で考えておきたい対策について解説していきましょう。

志望動機の伝え方は?

アパレル販売員の転職では、志望動機は明確にしておくようにしましょう。

現職・前職を辞めてからなぜ販売員をしたいのかを明確に理由付けしておく必要があります。

数多い求人案件の中から、その企業を選んだ理由は誰しも気になるところです。

必ず面接時には聞かれる質問といえます。

まずは、なぜその会社に入りたいのかを書きき出して、自分の中で整理してみましょう。

他にも、内容は前向きな姿勢を見せることです。

仮に前職でトラブルがあって辞めたとしても、そのことをネガティブに理由付けするとマイナス印象になります。

アパレル販売員としてどのような展望を描いているのかをポジティブに話しましょう。

面接でよく聞かれる質問は?

アパレル販売員に限らず、どのような職種の面接でも聞かれる質問はいくつかパターンが決まっています。

その中の1つが、自分の強みについての質問です。意外と自分の強みを改めて聞かれると分からない人が目立っています。

そこで、自分の弱みのほうに注目してみるとよいでしょう。

実際に自分の弱みのほうがいつも気にしていて理解しているものです。

その弱みの言い回し方を変換させれば強みにもなります。

例えば飽きっぽいのが弱みなら、それは多くのことに興味や関心度が高いという見方もできます。

それはもう自分の強みといえるでしょう。

 

ワンポイント
基本的な面接対策を見直してから転職に臨もう。

アパレル販売員への未経験転職を成功させるポイント

買い物する女性の画像

アパレルといってもさまざまなメーカーやブランドがあります。

転職先として決めた企業は、自分に適しているブランドでしょうか?

そのブランドの雰囲気が自分にマッチしているのかどうかはとても重要です。

普段から服や小物など身に着けているのがその企業のブランドであるべきでしょう。

もしハイブランドのアパレル販売員になりたいのなら、そこの商品については知っていなくてはなりません。

また雰囲気にあったマナーや立ち居振る舞いも重視されるでしょう。

とくにアパレル業界未経験の場合なら、自分とブランドとの溝を埋める努力をすることも方法の1つということです。

アパレル販売員の未経験求人の探し方

スーツの画像

アパレル販売員の求人案件はとても多くあります。きっと探すのに苦労することはないはずです。

しかし逆にあり過ぎるからこそ、絞り切るのが難しいともいえます。

アパレル販売員の募集案件はさまざまな方法で探せるので、やりやすい方法を決めてまずはチャレンジしてみることです。

そこでここでは、アパレル販売員の未経験求人の探し方について解説していきましょう。

未経験でこれから求人を探したいという方はチェックしておいてください。

求人サイトをチェック

アパレル業界の求人としては、特化した求人サイトや求人誌が存在します。

まずは求人サイト・転職サイトを閲覧したり活用することをおすすめします。

とくにアパレルに特化した求人検索や応募なら効率よく転職活動のスケジュールも組みやすくなります。

いつも求人検索などを行っている人にとっては一番やりやすい方法ではないでしょうか?

転職エージェントを活用しよう

求人サイトの活用と同時進行しながら、転職エージェントへの登録と活用も行うとよいでしょう。

転職エージェントのメリットは、担当アドバイザーがさまざまなアドバイスをしてくれることです。

些細な内容でも親切により的確な指示を与えてくれるので、転職活動がスムーズにできます。

もし困ったことがあれば気軽に相談するとよいでしょう。また、転職エージェントの案件は優良企業がほとんどです。

きっと自分に最適な案件選びができるはずです。

 

ワンポイント
求人探しは転職サイトと転職エージェントを活用しよう。

アパレル販売員の転職に関する疑問

服の画像

アパレルは特殊な世界だと思われています。なにか特別なルールの下で店舗経営をしているのではという憶測もあるようです。

しかし本来は販売業として、他の商品・サービスとなんら変わりはありません。

ここでは、アパレル販売員への転職でみられる疑問点について解説していきます。

ファッションセンスがなくても転職できる?

もちろんアパレル関連なのでファッションセンスがあると有利です。

しかし自分のファッションセンスに相当な自信があって誰にも負けないという人は、それ程世の中にはいないはずです。

そもそもファッションセンスに順位などありません。あまり深く考え込む必要などないのです。

アパレル販売員にとって大事なのは、ファッションセンスよりも販売力でしょう。

おしゃれな販売員を見かける機会も多くありますが、そこに依存しているわけではありません。

必ずしも高いファッションセンスと売上実績は比例していないのが実情です。

ファッションセンスを気にしない販売員でも、売上に対する意識が高くて実績をあげている人も多くいます。

スタイルに自信がなくても転職できる?

よくある疑問の中には、スタイルなどの容姿についても多く見つけられます。。

スタイルが悪いとアパレル販売員には向いていないのかと悩んでいる人もいるでしょう。

しかしアパレル販売員はファッションモデルそのものではありません。ましてやオーディションでもないのです。

応募条件にも容姿の良さを優遇とは一切書かれていないはずです。その点は深く悩まなくてもよいでしょう。

ただし採用する条件として、ブランドが展開する服を全く着られない極端な容姿では相応しくないのが現実です。

アパレル販売員は自分自身がマネキンとなりこともあります。

にもかかわらず、自社の製品が体型に合わないとなると真実味がありません。

ワンポイント
アパレル販売員らしい容姿よりも販売力を養おう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェントの画像

転職活動を充実させ安心した形で乗り切るためにも、転職エージェントへの登録がおすすめです。

困ったことや不安があれば、担当アドバイザーに相談ができて、適切なアドバイスを受けることができます。

転職に関する悩みなどがあれば気軽に聞いてみるとよいでしょう。

転職エージェントは転職に関する専門家です。転職についてのノウハウを熟知したスタッフが対応しています。

まとめ

女性3人の画像

アパレル販売員はとくに女性にとって憧れの職業という位置にあります。

ショップ店員という言葉の響きは、何となくセンスがあるように聞こえます。

しかし接客業の1つである以上は、コミュニケーションや交渉力など適性のある人が求められています

例え容姿に自信がなくセンスがないと思っていても、仕事への高い意識こそが重要です。

表情・人柄が明るいタイプであれば、未経験でもアパレル販売員としての適性があるともいえるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら