インターネットやスマホが急速な勢いで発達しているIT業界において、マークアップエンジニアは注目の職種です。

マークアップエンジニアはHTMLやCSSを駆使して、デザイナーが設計したデザインをブラウザに表示させることが仕事です。

Webデザイナーに近い位置付けになるマークアップエンジニアは最近では未経験でも応募ができる職種でもあります。

未経験者の女性がどのようにすればマークアップエンジニアとして転職できるのか解説します。

Contents

マークアップエンジニアに未経験で転職する方法を解説

鉛筆を持つ女性

マークアップエンジニアはWeb制作にかかわる仕事です。

アクセシビリティSEOを考慮しながら、デザイナーが作ったグラフィックやデザインをもとにユーザーが使いやすいサイトを作ります。

今、もっとも需要のある職種ですが求人を見ると、これまでは経験者を求める広告がほとんどでした。

未経験者がいきなり飛び込むにはハードルが高い職種でしたが、加速するインターネットの世界で経験者の数にも限りがあります。

実際に未経験者でもやる気・知識・ある一定のスキルがあれば採用する会社もあるのです。

マークアップエンジニアが未経験の女性でも転職するにはどうすればよいのでしょうか。

未経験者でも必要とされるスキルや知識、どういった人が向いているのか解説して行きます。

 

無料転職相談をして情報収集しよう

 

マークアップエンジニアの未経験求人から仕事内容をチェック

悩む女性

マークアップエンジニアの未経験を募集する会社は、未経験者に十分なキャリアが積めるチャンスを与えてくれます。

そしてディレクターをはじめ幅広く活躍できるようにサポートする体勢ができている会社も増えています。

やる気次第で部署を網羅する立場の責任を任せてもらえるなど未経験者に大きな期待を寄せる会社が多いのが特徴です。

将来の戦力として一から育成して行こうとする気迫が感じされる企業が多いのです。

いくつか求人情報を見てみましょう。

未経験でも基礎から学べる

資格や経験は問わないA社を紹介します。

求人内容は年齢は20歳から40歳くらいまでで、求めるスキルはPCの基本的操作ができ、新しい事にもチャレンジするのが好きな人です。

A社ではサイト制作とSEO対策を一体の物と捉え、SEOの細かい知識としてテキストマッチ・コンテンツマッチ・リンク構造のデザインなどが学べます。

そして、サイト作成ではシステムの知識も習得し、マークアップエンジニアのキャリアを積むことができます。

適性によってはWebコンサルタントへの道もあるので幅広く活躍できる場が用意されているといえます。

未経験でもキャリアアップできる

有名スポーツブランドB社の求人を紹介しましょう。

未経験Webマークアップエンジニアとして採用後、ECサイトのコーディングや運営業務に携わりながらキャリアアップができます。

またプロモーションからオリジナルアパレルブランドの企画運営まで多岐にわたる事業展開しています。

将来的にはクライアントからの案件だけでなく、自社のブランドにも携われます。

実務とキャリアのステップアップを目指し、HTML・CSSでメルマガ作成や自社EC運営をしています。

そのほかJavaScriptも取り入れたWebサイトの作成、クライアントとの打ち合わせに参加など、

常に会社の戦力の一員になれるようサポートします。

マークアップエンジニアは未経験でも構いません。

スキルとしてはHTML ・ CSS ・ JavaScriptの基本的な知識・向上心・やる気があれば十分です。

未経験でも職種はさまざま

大手総合商社の子会社C社の求人を紹介しましょう。

もともとはグループ企業の社内報を作成する目的で設立された会社です。

現在は広告宣伝物・印刷物の企画立案・市場調査・書籍の出版・デジタルコンテンツの作成販売・セミナーの企画運営などてがけています。

最終学歴・経験職種・経験業種不問・未経験者も応募可能です。

職種はPG・SE・マークアップエンジニアとなっています。

 

ワンポイント
 未経験でもやる気さえあれば転職はできる。

マークアップエンジニアに向いている女性の特徴は?

女性

マークアップエンジニアの仕事はクライアントからの要望に応えることです。

そのためには深い知見と経験、スキルが必要になります。

女性でマークアップエンジニアを目指すなら粘り強い人が最適でしょう。

ほぼ一日PCの前で仕事するマークアップエンジニアは、コツコツ仕事するのが好きな人に向いているといえます。

Web業界の技術革新や情報は常に変わりますから、アンテナを張って新しい事を吸収する探究心が欠かせません。

マークアップエンジニアを目指す女性は向上心が必要です。

向上心がある人はどんどん新しい事にも挑戦し勉強するからです。

マークアップエンジニアには柔軟性も求められます。

コーディングしたシステムが思うように機能しないこともありますが、こうした時こそ冷静な対応能力が必要になります。

さまざまな角度から検証して原因を追究し、問題が見つかれば組み直さなければなりません。

マークアップエンジニアはPCの前で一人で考え込むこともありますが、チームワークで取組む業務です。

コミュニケーションをとることが重要で、意思疎通をはかることで効率的に仕事ができるようになります。

マークアップエンジニアを目指す女性はアイデアを提案できるかどうかもポイントです。

クライアントの要望に応えるのがマークアップエンジニアの仕事ですが、時には自ら考えたアイデアも提案できることが大切です。

そのことがクライアントの気づきにつながり、よりよいWebサイトができ上がる可能性があります。

 

無料転職相談をしてキャリアアップしよう

 

未経験でマークアップエンジニアになるには一定のスキルが必要

転職

マークアップエンジニアの仕事はいわれるままコーディングすることではありません。

何を目的に作るサイトなのか、デザイナーの意図、クライアントの要望全てを理解して作り上げるものです。

そして最終的にユーザーに受け入れられることが一番重要なのです。

そのためには未経験のマークアップエンジニアにも一定のスキルが必要になりますが、ベーシックなもので構いません。

大切なのはやる気と好奇心、強い精神力です。

 

ワンポイント
 未経験でも一定のスキルだけは身につけよう。

未経験のマークアップエンジニアに求められるスキルは?

スキル

例え未経験といっても基礎的な知識やスキルがあればそれだけ転職のチャンスに恵まれます。

マークアップエンジニアになるため独学で勉強したりセミナーに出たり、新しい知識を吸収する姿勢は持ち続けましょう。

転職する時にはそれが自信になって未経験者でも転職できたケースがいくつもあります。

それではいくつかマークアップエンジニアに求められるスキルについて見て行きましょう。

HTMLとCSSが使える

マークアップエンジニアがコーディングする時に必要とされるスキルにHTMLとCSSがあります。

HTMLはハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージと呼ばれ、Webサイトを作る土台になる言語のことです。

マークアップ言語といわれ、現在はHTML5が主流になっています。

Web制作する時にホームページに示したい文字や写真の情報をマークアップ言語で文章校正しコンピュータに指示します。

ホームページに表示したい情報を形作って行くうえで大切なHTMLを理解できていることはマークアップエンジニアの基本といえます。

CSSはカスケーディングスタイルシートと呼ばれ、ページのレイアウトを考える時に必要になるものです。

CSSを駆使すれば文字の色や背景色、配置などを自由に変更できます。

HTMLとCSSはマークアップエンジニアにとってWebサイトを作る両輪みたいなものです。

JavaScriptやjQueryを活用できる

Webサイトを見る時に、画像を拡大表示して見やすくしたり、入力フォームを設置してメッセージを送付したりする時にJavaScriptが活躍します。

ユーザー側のWebブラウザと、Webサイトまたはウェブサービスの相互間のやりとりを、円滑にするために使われています。

現在、JavaScriptはPC・スマホ・スマートテレビ・車にも利用されています。

jQueryはマークアップエンジニアになるためには是非使いこなしておきたいものです。

jQueryはJavaScriptのためのライブラリで、jQueryにはHTMLとCSSとも関連性があるためjQueryを学ぶことは大変重要です。

jQueryを利用すればWebコンテンツの作成の時間を節約でき、高度なデーター処理も簡単にできます。

CMSが使える

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)はコンテンツのあらゆる情報を一元管理できます。

そのため効率的で多くのサイトで利用されています。

CMSが導入されていればデータベースに保管されているテキストデータを編集するだけでWebの更新が可能でHTMLの専門知識も不要です。

CMSを使いこなせれば仕事の幅も広くなります。

 デザイナーの意図を理解できる

パソコンを見る女性

マークアップエンジニアとWebデザイナーは非常に似た仕事をしています。

Webデザイナーは、ビジュアルデザインのスキルも必要です。

また、視覚的に閲覧者にどのような心理的影響を与えるのかを踏まえて、Webサイト全体のデザインを考えます。

マークアップエンジニアはデザイナーの意図を理解し、指示のもとコーディングすることでより理想のデザインに近づけます。

そのためマークアップエンジニアを目指すなら、デザインの勉強もある程度必要といえるでしょう。

将来のキャリアパスのためにはデザインの勉強も非常に役に立ちます。

 

無料転職相談をして未来ある業界に転職しよう

 

マークアップエンジニアの未経験転職に役立つ資格

資格

マークアップエンジニアの経験がない女性が転職するのにどのような資格があればいいのでしょうか。

マークアップエンジニアを志すならHTML・CSS・JavaScript・SEO・デザイン理論の基礎知識が欠かせません。

マークアップエンジニアの活躍の場を広げるためには独学の勉強も必要ですが、資格もその証として持っておけば転職で武器になります。

ではマークアップエンジニアを目指すならどのような資格をとればいいのでしょうか。

ウェブデザイン技能検定

パソコンを操作する女性

ウェブデザイン技能検定はNPO法人インターネットスキル認定普及協会が実施している検定で、ホームページのデザインの能力を問う試験です。

実技試験ではレイアウトやデザインしてWebでどう表示されるのかがポイントになります。

ウェブデザイン技能検定は1級から3級まであり、3級は実務経験がなくても受験はできます。

企業にも認知度が高い資格なので取得しておくと転職には有利だといえるでしょう。

CIW HTML5&CSS3スペシャリスト

勉強する

マークアップエンジニアのおすすめの資格にCIW HTML5&CSS3スペシャリストがあります。

インターネットとWebのスキルを認定する21種類から成る国際資格でHTMLとCSSに特化した資格です。

マークアップエンジニアには、HTMLとCSSは必須で未経験者なら転職後でもキャリアパスのために是非取得しておきたい資格です。

 

ワンポイント
 転職活動は事前準備を怠りなくしよう。

マークアップエンジニアの転職活動の事前準備

パソコン作業で悩む女性

転職をはじめて経験する人はマークアップエンジニアになって何をしたいのかをはっきりさせることから始めましょう。

転職は成功して入社してもミスマッチで辞めて行く人もいるのです。

レベルが高すぎる、自分が思い描いていた仕事とは全く違う、職場環境にもなじめないなど実際に聞く話です。

転職を考える前に事前準備がいかに大切かおわかりでしょう。

今勤務している会社の不平不満から転職を考えて活動すると転職先企業を見誤ることにもなりかねません。

自己分析をしよう

転職にあたりまず自己分析から始めましょう。

なぜ今転職を希望するのか、これまでの経験と今回の転職をどう関連づけるかポイントです。

そして自分の強みと弱みをどう活かして次のステップに進むのか言えることが大切です。

協調性・コミュニケーション能力・論理的思考・企画力・柔軟性・提案力・責任感などアピールしましょう。

これらのキーワードと自分の強みを関連づけた体験談など準備しておくことをおすすめします。

未経験者の場合、特に面接対策は怠りなく準備する必要があります。

未経験者でもコミュニケーション能力があればクライアントや社内の関連部署との情報交換も適任と見られるでしょう。

業界研究や情報収集をしよう

転職したいのなら業界研究と情報収集は欠かせません。

業界内の動きに常に関心を持ち将来の展望を描けるようにしましょう。

また、求人サイトは欠かさずチェックし、転職ノウハウや業界及び職種別の最新動向や採用ニーズを把握しましょう。

これらの情報はキャリア構築のヒントになるからです。

 

ワンポイント
 面接でよく聞かれる質問に備えよう。

マークアップエンジニアの転職面接でよく聞かれる質問

面接

マークアップエンジニアの転職面接ではどのような質問が出るのか気になりませんか。

未経験の場合でも基礎的なスキルに関する質問は必ず聞かれるので抑えておく必要があります。

やる気を見せる

面接でよく聞かれる質問としてはHTML・CSS・JavaScriptがどれくらい書けるのか、これまでブログなどサイトを作った経験があるかなどです。

未経験なので実技レベルは期待していないと考えていいでしょう。

しかし、関心を持っているかどうかは入社後将来にわたり伸び代があるかないか判断する上で重要なポイントです。

将来の自分像を語る

次の質問は、なぜ未経験なのにマークアップエンジニアを目指そうと思ったか、どのようなスキルがあるのか、強みは何か、将来はどうなりたかなどです。

会社は自分の将来のビジョンを描ける強い意志のある人材が欲しいのです。

未経験者を採用するということは社をあげて人材育成する覚悟があるのですから、本気度が問われます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

提案

転職活動は孤独な戦いであり、特に経験がない業界や業種に転職したい場合は転職エージェントに相談してみるのが賢明です。

転職エージェントは担当する企業と綿密に採用のためのコンタクトを取っています。

そのためどのような人材を企業側が欲しがっているのか把握できるのです。

企業との話には表に出ないニッチな話題もあれば、転職に有益な情報もあります。

転職エージェントはこれまで培った転職のデータが豊富にあるので転職希望者の適性や経験に合った企業を紹介してくれるでしょう。

書類作成や面接対策、自己ピーアールなど転職に必要なノウハウを親切に教えてくれるので安心です。

まとめ

スーツ、女性

マークアップエンジニアが未経験でも転職はできます。

一人で転職活動して行き詰まることがないように、転職エージェントに相談して下さい。

IT業界の転職相談に強いプロのアドバイスを受けて、自分の将来が描ける企業に転職しましょう。

転職エージェントを利用することはあなたにとってプラスになります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら