保険営業というのは営業職に分類される職種であり、営業職の中でも保険に関する専門的な知識が必要となります。

今回の記事では保険営業に転職する際に必ず必要となる志望動機の書き方についてご紹介しましょう。

どのように書くのが良いのか、この記事を参考にしていただければと思います。

Contents

保険営業の志望動機の書き方を解説

資料を読む女性

この記事では保険営業の志望動機の書き方を解説していきましょう。

的確で分かりやすく魅力を伝える志望動機を書くには、保険営業の仕事内容を把握する必要があります。

どんな仕事なのか、年収はどのぐらいなのかなどしっかり理解した上で志望動機を上げていきましょう。

保険営業を知る

笑顔で説明をする女性

保険営業への転職を考えている方はまずその仕事内容年収などについて具体的な情報を把握しておく必要があります。

ここでは保険営業についての情報をまとめているので、転職を検討している方はここで保険営業について詳しく知っておきましょう。

保険営業の仕事内容

まずは、仕事内容について知っていきましょう。

保険営業のお仕事は、顧客1人1人に合った保険プランを提案し、納得した上で契約してもらう仕事です。

この保険の購入はお客様の人生プランに大きく関わります。

家族構成は増える予定があるのかなど将来のことを丁寧にヒアリングし、的確な保険プランを選定するのが主な業務です。

保険営業には「生命保険」「自動車保険」「学資保険」など様々な種類があります。

そのため扱う保険プラン毎に保障内容・毎月にかかる金額・オプション内容が変わってくるのです。

それらの保険プランを細かく丁寧に説明するためには保険に関しての知識や営業経験が必要です。

どれだけ要望を詰め込んだ保険プランを的確に紹介出来るかが成約を勝ち取る肝だといえます。

細やかな気配りができ、コミュニケーションが得意な方はこの職種に向いているといえるでしょう。

共感能力・感情の動きに敏感な人ほど顧客が言いにくいこと・伝えたい要望をキャッチし的確な保険プランを提案できます。

今回は保険営業について紹介するので、どんな保険プランを扱っているのかなど知識を深めていきましょう。

保険営業の年収

次に保険営業の年収について理解を深めていきましょう。

令和元年の保険・金融に携わる女性の平均年収は280万円程度でした。

これはあくまで平均を出した金額です。

保険営業は基本給に歩合給が追加されるので、自分の営業結果次第で更に多くの年収を手にすることができます。

入社する保険会社によって基本給・歩合給の金額が異なるため、おおよその年収について調べておくことも大切です。

保険営業では高い営業成績を残すことで年収アップも期待できるでしょう。

 

ワンポイント
・保険営業は顧客にその人に合った保険を提案する仕事
保険営業の平均年収は280万円だが営業成績次第で歩合給が追加される

保険営業に求められる能力とは

ガッツポーズの女性

営業成績を上げるには保険営業に求められる能力を知ることが大切です。

どんな能力を持っていたら保険営業に有利なのか詳しく紹介するので、身につけて自分の戦力に変えていきましょう。

コミュニケーション力と根気強さ

保険営業に求められる能力において特に重要なのがコミュニケーション能力根気強さです。

コミュニケーション能力というのは顧客が求めているものを把握できるようにするためのものだといえます。

顧客の人生を大きく左右する保険営業で成果を得るには、顧客についてヒアリングし根気強く知っていくことが大切だといえます。

丁寧なコミュニケーションでお客様が求めている要望を見つけ出せない限り、納得できる保険プランを提案することはできません。

根気強くヒアリングしていけば顧客の求めているものを理解することができるでしょう。

必要な資格は?

ビジネス街の女性

保険営業は顧客の人生プランに大きな影響を与えます。

保険営業で顧客の人生プランを担う信頼を得るためには以下の2つの資格を持っていると効果的です。

  • 生命保険講座試験
  • ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは家族構成・大まかな人生設計を説明しながら必要な保険プランを提案できるため転職活動にも役立つでしょう。

顧客に保険プランを提案するときも「ファイナンシャルプランナー」の肩書きは貴方に自信を与えてくれます。

責任と信頼を同時に得られる資格を、ぜひ取得してみてください。

 

ワンポイント
・保険営業に求められるのはコミュニケーション能力と根気強さ
・生命保険講座とファイナンシャルプランナーは保険営業への転職に役立つ資格

保険営業の志望動機の書き方のポイント

女性

保険営業の仕事内容・年収・必要な資格・能力を理解した上で「洗練された志望動機」を書いていきましょう。

書類選考を勝ち抜ける志望動機の書き方のポイントを3つの場合に分けて紹介していきます。

営業経験がある場合

営業経験がある場合、業種関係なく「働いた期間」と「期間内に残した実績・成果」を具体的な数字で記載しましょう。

営業経験があるのは大きな強みです。

期間と実績を数字で記すことで自分の営業経験を分かりやすく魅力的に見せられます。

保険営業は成果主義であるため結果を残すことが大切です。

実際に他の分野の営業で成果を残しているということを具体的に伝えることで、自身の営業職への適性を強くアピールしていきましょう。

保険業界の経験がある場合

女性

保険営業の経験がある場合、他の営業経験よりも優遇される可能性が高いです。

ただでさえ大変だといわれる営業職の中でも「保険営業」は専門知識と成果が求められるため適性がなければ続けていくのが難しい業種です。

そんな「保険営業」を経験した実績が長ければ長い程評価され合格する可能性が上がります。

「勤続した期間に見合う営業実績」を明記し自身の営業スキルをアピールしていきましょう。

営業経験も業界経験もない場合

営業経験も業界経験がない場合も、書類選考を勝ち抜く志望動機を書くことができます。

保険営業や他の営業実績がなくても大丈夫です。

保険営業で大切なのは結果を残せることです。

そのため、企業の人事担当者に結果を残せることを印象付けることが大切になります。

自分が保険営業でやってみたいことを具体的に記して、人事担当者にイメージを与えることが大切です。

実際に経験してなくても仕事内容を理解した「やりたいこと」は立派なアピールに繋がります。

また、自分が保険営業を選んだ理由を伝える際には経験や実体験を交えて記載しましょう。

応募する企業の人事担当者が欲しいのはあなたに成果を残す能力があるかどうかを判断できる材料です。

どんな経験や実績であれ、保険プランをコミュニケーションと根気強さで勝ち取れるという証明ができれば良い評価に繋がるでしょう。

次は、入社後にどんな働き方で保険営業をかけ実績を残していくのか、具体的な表現や数字でアピールします。

成果を残すことが大切な保険営業では明確なイメージが湧いてこない熱意や感情よりも実績やイメージを湧かせる戦略が大事です。

保険営業の特徴や保険プランを理解しそれに合わせた入社後の働き方を記載しましょう。

大変な仕事だと理解した上で保険営業を選んだ理由をエピソードを交えて記していきましょう。

離職する人が多い業種でも、続けていく『強い意志』を感じさせるエピソードがあれば完璧です。

 

ワンポイント
自分のこれまで経験してきたキャリアに合わせた志望動機の伝え方を考えるようにしましょう。

保険営業の志望動機の例文を紹介

相談

志望動機を書くときに大切にしてほしいポイントは「その会社を第一志望に選んだ理由」と「貢献できる能力を明確にする」ことです。

「どの保険会社でもいいのでは」と思われる志望動機にならないよう意識しながら書いてみましょう。

その会社を第一志望にした理由を伝える際の例文

下記、例文となります。

「私は保険商品を多くの人に提供し、病気に負けない世の中を作る助けをしたいと思い貴社を志望しました。

貴社にはガンや病気に対する医療が充実した保険商品が充実しています。

病気になる前も病気になった後も貴社の保険商品を通してお客様のことを手厚くサポートしていきたいと考えています。

私は前職の直属の上司がガンを患うという経験をしました。

実際に目の前で病気と戦う姿を見て医療制度が整った保険商品の良さを実感したのです。

培ったコミュニケーション能力で幅広いお客様に保険商品を届けられる営業職を希望いたします。」

以上が例文となります。

貴社を第一志望に挙げる理由が明確で、企業の仕事に貢献したいという強い意志が感じられます。

実際に入社した後の働き方がしっかりと伝わる志望動機です。

貢献できる能力を明確にした場合の例文

女性たち

「私は保険商品を多くの人に提供し病気に負けない世の中を作る助けがしたいと思い、貴社を希望しました。

私は以前、自転車で日本を回る旅に出ました。

様々なトラブルを経験して帰ってきたとき貴社がもつ自転車保険の強みを感じたのです。

車だけでなく自転車に乗る人も安全を確保できるよう貴社の自転車保険を広めていく営業職を希望いたします。

私にはその旅を通じで、様々な人コミュニケーションを取るスキルを習得しました。

貴社に入社することができた暁には、それを生かして営業職として様々なお客様に貴社の商品の良さをお伝えしたいと思っております。」

以上が例文です。

自身の強みや志望動機がきちんと書かれています。

自身のエピソードを交えてコミュニケーションを生かした営業職を希望した理由を伝えると良い評価に繋がるでしょう。

志望動機を書く時の注意点

女性

次に、志望動機を書くときの注意点を紹介していきましょう。

自分の魅力を提案し、企業に入社してほしいと思わせる文章を書くことが大切です。

構成を意識する

入社した後に実績や成果がとれないと仕事を続けていくことが難しくなります。

自分の魅力・実績を具体的なイメージで伝えられる能力があれば、保険営業としての仕事にも役立つはずです。

そのためには明確な志望動機・入社後にしたいこと・実績を残せるだけの熱意があることを順番に記していきましょう。

このように構成をしっかりとすることによって、企業の担当者にも自分のことが伝わりやすくなります。

文章にまとまりを持たせるためにも構成は大切です。

漠然とした内容はNG

志望動機において漠然とした表現はNGとなります。

自分の魅力・実績・熱意を伝える志望動機にするためには明確なイメージを伝える必要があるでしょう。

保険営業というのは数ある保険プランの中から、お客様自身が必要とする保険内容を聞き出し的確に提案することが大切です。

保険営業がどんな仕事なのか、どんな取り組み方をして実績を出すのかしっかり理解して自身の強みを具体的にアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
・文章構成を意識することで相手に伝わりやすくなる
・漠然とした内容ではなく具体的な内容にすることを意識する

保険営業の志望動機NG例を紹介

首を傾げる女性

次は保険営業の志望動機としてNGな例をご紹介します。

以下のような志望動機は企業に好印象を与えられないため避けましょう。

その会社を選んだ理由が明確でないNG例

「私は保険商品を多くの人に提供し病気に負けない世の中を作る手助けがしたいと思い、貴社を志望しました。

保険は生活を守ったり負担なく治療を受けたりするために必要不可欠な商品です。

前職でお世話になった上司がガンになったと知ったとき保険商品が発揮する効果を実感しました。

私も、万が一に備えた大事な保障として多くの人に大切さを広めていきたいです。」

上記の例文は身近な人が実際にガンになり保険商品の良さを知ったこと・保険商品の良さを広めていきたいことは記されています。

しかしながら、第一志望にその会社を選んだ理由が明確にありません。

「保険会社ならどこでもいいのでは」と思われてしまうので、第一志望に選んだ具体的な理由を加えるといいでしょう。

複数の職種を希望するような文章になっているNG例

「私は保険商品を多くの人に提供し、病気に負けない世の中を作る助けがしたいと思い、貴社を志望しました。

貴社は様々な病気やガンに対応した保険商品を開発しており、私自身もそうした商品の開発に貢献したいです。

具体的には前職で培ったコミュニケーションスキルを生かし、保険商品の営業や売り込みでも貴社に貢献したいと考えております。」

上記の志望動機は保険商品を通じて病気に苦しむ人をなくしたいというエピソードが入っています。

しかし「開発にも貢献したい」というのは複数の職種を希望しているような印象を与えてしまう言葉です。

複数の部門を希望するような書き方はしないようにしましょう。

保険営業の面接でよく聞かれること

女性

保険営業の面接でよく聞かれる質問をご紹介していきます。

保険営業で求められるのは「保険営業を続ける意欲がある」こと「実績や成果を生み出す能力がある」ことです。

曖昧な表現や着地が弱い回答をせず「明確にイメージが浮かぶ構成」で、しっかり答えましょう。

壁にぶつかったとき、どうやって乗り越えましたか

保険営業では、実績や成果が全てです。

この質問では努力を続けても結果につながらないとき、どうやって乗り越えるのかを具合的に言葉にすることが求められます。

企業はこの質問で、直面している壁に気付き、適切に対処することができる能力を持っているかを確認しているのです。

他の生命保険会社でも通じる志望動機ではありませんか

企業は自社を第一志望に選んだ明確な理由を聞かせて欲しいと考えています。

自身のエピソードを踏まえながら、第一志望に選んだ理由を明確に伝えるようにしましょう。

転職のお悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職で悩んでいる場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントはあなたの転職活動をサポートしてくれる存在です。

キャリアアップに悩んでいる人には、最適なキャリアプランを練ってくれるので、ぜひ一度相談してみてください。

保険営業への転職でどの会社を選択すれば良いのか分からない方は転職エージェントに聞けばアドバイスを行ってくれるはずです。

エージェントを上手に活用しながら理想の転職を実現させましょう。

まとめ

ノートパソコンをもってガッツポーズする女性

今回は保険営業の履歴書を書くときのポイント例文について紹介しました。

この記事で紹介したポイントや例文を参考にして、転職を有利に進めていきましょう。

また、転職エージェントで、業界について聞いてみたり、志望動機の作成を手伝ってもらったりするとスムーズに転職活動を進められます。

転職活動を安心して進めたい方は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら