「印刷営業」について興味はあるけれど具体的にどのように転職活動をしてよいのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

転職する上で仕事内容向いている人の特徴などは重要な情報です。

自分に合った企業に転職したいと考える女性は多くいます。どのような企業が良いのかを知るためにも情報は必要になるでしょう。

この記事では「印刷営業」にスポットライトを当ててご紹介していきます。

向いている人の特徴や活かせる経験も紹介しますので参考にしてください。

求人の探し方のポイントも記載します。

印刷営業に転職する方法を解説

女性

転職をするにはまず自分の要望にマッチした求人を選ぶことが必要となります。

雇用形態や平均年収・通勤時間・雇用条件など自分が重要視する事柄によって選択肢は様々あるでしょう。

数ある求人の中から自分に合った方法を見つけることができるように転職活動を行ってください。

自分に合った求人かどうかを判断するためにも情報は必要です。

この記事では「印刷営業」に関する情報を解説していますので参考にしてください。

さらに疑問に思うことがありましたら転職エージェントに相談するのも手です。

有益な情報を集めて転職を成功させましょう。

印刷営業に転職するために知っておくべきこと

女性

転職活動は応募する職種や企業の情報を集めることが重要です。

この章では印刷営業に転職するために知っておくべきことを紹介します。

仕事内容や年収は転職活動において基準となる事柄のひとつです。是非参考にしてください。

大まかな仕事内容

女性

印刷営業の大まかな仕事内容を紹介します。

個人・企業問わずクライアントとなる相手方に対し作成した印刷物のアピール新規案件の提案をするのが「印刷営業」の仕事です。

この「印刷営業」によるアピールを通して数ある会社の中から自社を選んでいただく必要があります。

「印刷営業」の方法は大きく分けて以下の2つの場合が想定されるでしょう。

1つ目は新規のクライアント獲得です。

これまで自社に対して印刷物の依頼をしたことがないクライアントの場合は他社と比較されます。

そんなときに他社にはない自社の良さを伝え新規のクライアントの獲得をめざすのが「印刷営業」の腕の見せ所です。

2つ目は既存のクライアントに新たな印刷物の提案をすることになります。

すでに何度か依頼のあったクライアントから継続の依頼や新規の案件を提案いただく場合についてです。

これまで培ってきたクライアントとの関係の中からクライアントの理想とするイメージを的確に形にすることが必要になるでしょう。

どんなときも相手方のニーズにあった印刷物を提案し受注を行うまでの営業をすることが重要です。

印刷営業の平均年収

女性

「印刷営業」の平均年収は300万円から400万円といわれています。

企業の規模や残業の有無によってばらつきがあるようです。

売上規模の大きな企業ほど給与も高い傾向にあります。

中小規模の企業では年収が300万円前後ということもあるようです。

 

ワンポイント
印刷営業に転職するために知っておくべきこと
・作成した印刷物のアピールや新規案件の提案をする仕事
・「印刷営業」の平均年収は300万円から400万円

印刷営業はどんな人に向いている?

女性

この章では印刷営業がどんな人に向いているのかを解説していきます。

営業職ですのでコミュニケーション能力は重要です。

一方で印刷物のイメージを伝える必要があるためクリエイティブなことが好きな人にも向いているといえるでしょう。

いくら魅力的な業種でも自分に向いていなければ長く勤めることが難しい場合があります。

自分に合った業種かどうか確認しておきましょう。

クリエイティブなことが好き

相談

印刷営業は基本的に営業職のため実際に印刷物を制作することは少ないかもしれません。

ですがクライアントのニーズに寄り添い、クライアントのイメージを的確にデザイン担当者へ伝える必要があります。

実際に形にしていくのはデザイン担当かもしれません。

ですが完成される印刷物のイメージを明確にするためにはクリエイティブな能力が必要になるでしょう。

クリエイティブなことが好きな人は「印刷営業」として新たな創造をしていく際に強みとなって活かされます。

人とコミュニケーションをとるのが好き

女性

どんな職種においてもコミュニケーションは重要になります。

「印刷営業」の仕事はクライアントのニーズを的確に理解しお客様の頭の中に浮かんでいるイメージを形にすることが重要です。

そのためしっかりお客様とコミュニケーションを取りながらお客様のニーズに寄り添うことが大切になります。

日頃から人とのコミュニケーションをとるのが好きな人は「印刷営業」としてその強みを存分に活かして働くことができるでしょう。

柔軟に対応できる性格である

女性

クライアントの要望は多種多様です。

そのため「印刷営業」はあらゆる角度から可能性を考え出してクライアントの要望に寄り添った提案をしなくてはなりません。

そのときに柔軟に対応できる性格があれば、より的確にクライアントのニーズに合った提案をすることができます。

さらに制作担当からの指摘や問い合わせをクライアントにわかりやすく伝えることも「印刷営業」の仕事の一つです。

どんな状況であっても柔軟に対応できる性格であれば受注から納品までがスムーズに進むでしょう。

 

ワンポイント
印刷営業に向いている人
・クリエイティブなことが好き
・人とコミュニケーションをとるのが好き
・柔軟に対応できる性格

印刷営業のやりがいや楽しさを紹介

女性

どんな仕事であっても長く続けるためには自分に合ったやりがい楽しさが必要です。

そこでこの章では印刷営業のやりがいや楽しさを紹介します。

印刷業は印刷物をクライアントに納品する業種です。

成果物が実際に目の前に出来上がるためクライアントと一緒に喜びを分かち合うこともできるでしょう。

クライアントからの感謝の言葉がやりがいに繋がる女性も多いようです。

物作りの現場が楽しい

仲間

印刷業種はいろんな考えを持った人の意見を集約し1つの印刷物を作成します。

イメージがになったときやりがいを感じることができるでしょう。

さらにクライアントに完成した印刷物を納品する際にクライアントの感謝の言葉を直接聞くことができるのも「印刷営業」の大きな魅力です。

こういったことから物作りの現場が楽しいと実感できる場面は多いことでしょう。

印刷の知識が増える

ガッツポーズ

「印刷営業」はクライアントの頭の中に描いたイメージと出来上がった印刷物に差異がないようにする必要があります。

そのため多くの人との対話からイメージに合った言葉伝え方を日々学ぶことができます。

さらにデザインや制作時に使用する印刷業界特有の用語についても自然と勉強することができるため印刷の知識が増えていくでしょう。

印刷の知識を積み重ねることが「印刷営業」として働く上での大きな強みになります。

 

ワンポイント
印刷営業のやりがい
・物作りの現場が楽しい
・印刷の知識が増える

印刷営業の勤務形態について

女性

印刷営業の勤務形態について解説します。

基本的には日中の勤務になりますが、営業職ですのでクライアントとの打ち合わせを優先させる場面もあるでしょう。

そのため決められた時間外でも打ち合わせの対応を行う女性もいるようです。

勤務時間

女性

印刷営業の勤務時間はオフィスワークの場合は日中の勤務が主流です。

朝9時から出社して、一日の稼働時間はおおよそ8時間ほどだといわれています。

ただし印刷業は繁盛期がある場合がありますので、その間は決められた時間を越えての勤務になることもあるようです。

休日

女性

印刷業では一般的にカレンダー通りの休みだといわれています。

土日祝日を休みにする週休二日制が多いです。

ただし繁盛期や納期が迫っている時には休日出勤も必要になるでしょう。

印刷営業に未経験で転職するためには

女性

  • 本当は経験者を採用したいがなかなか採用できないから未経験も募集対象としている
  • あえて未経験者を採用し新しい視点を取り入れることでよりクリエイティブなものを創作できる

このような理由で「印刷営業」の未経験を対象としている求人は多数あります。

たとえ「印刷営業」が未経験だとしても活かせる経験は多くあるでしょう。

コミュニケーション能力や接客業の経験・物作りの経験などは「印刷営業」でも活用できます。

自分の経験が役立つものであるのかどうか迷ったら転職エージェントにご相談ください。

転職のプロが活かせる経験のアドバイスを行います。

活かせる経験を紹介

女性

では実際にどのような経験が活かせるのかを解説していきます。

「印刷営業」が未経験であっても活かせる経験は多いです。自分の強みにもなりますので確認しておきましょう。

物作りの経験

ファッション

物作りというと大そうなものを作っているイメージを浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが実は日常の中でも多くの物作りに関係することがあります。

たとえば料理メイクなど毎日行っていることも立派な物作りです。

メイクや料理は完成を想像しながら趣向を凝らしてその完成像に近づけていこうとします。

他にも趣味で手芸やイラスト制作を行っている方がいらっしゃるかもしれません。

いずれも「何かを完成させる」経験が印刷物を完成させるというイメージに近いです。

こうした物作りの経験が印刷営業に活かせるといえるでしょう。

接客業の経験

女性

接客業の経験があるとクライアントとのコミュニケーションや他部署の社員との連携が円滑に進むことでしょう。

接客業経験者は「印刷営業」としての仕事において重要な強みになります。

接客業の経験がなくても、日常生活において沢山の人とコミュニケーションをとっている方も多くいらっしゃるでしょう。

日々の対話で培ったコミュニケーションの経験が「印刷営業」として役立つかもしれません。

 

ワンポイント
活かせる経験
・物作りの経験
・接客業の経験

印刷営業の求人状況

女性

印刷営業の求人状況について解説していきます。

大手は一括採用が主流

大手印刷企業は一括採用が主流です。

一括採用は決められた期間に集中して採用を行えるためコストを軽減できるというメリットがあります。

効率良く人材を確保できるため一括採用をしている企業も多いです。

転職エージェントに相談する手も

相談

転職エージェントは非公開求人情報も多く持っています。

自分が納得できるような印刷営業の求人が見つからない場合は転職エージェントに相談するという手もあるでしょう。

転職のプロが自分に合った応募先を紹介してくれるため安心して転職活動に打ち込むことができます。

面接などのアドバイスも貰えますので転職エージェントへの相談も選択しに入れておきましょう。

転職のことなら転職エージェントに相談しよう

女性

転職エージェントに相談することは多くのメリットがあります。

自分のニーズに合った求人を紹介してもらえることやサポート体制が整っていることも魅力的です。

登録制のため非公開の求人もあります。

転職活動をスムーズに行うためにも転職のことなら転職エージェントにご相談ください。

企業側のニーズとあなたのニーズにマッチした企業を的確かつスピーディーに紹介してくれます。

転職のプロにアドバイスを貰いながら転職を成功させましょう。

まとめ

女性

「印刷営業」は必要な資格や条件・経験を問われることはありません。

比較的誰にでもできる仕事内容ではありますが、日常の様々な経験を活かし個性を出しながら自分らしい営業スタイルで働ける職種です。

家庭の事情があったりキャリアアップのためであったりと様々な理由を抱えて転職しようと考えている女性は数多くいます。

「印刷営業」は様々な女性にとって楽しさやりがいの感じられる職種だといえるでしょう。

「印刷営業」の仕事はクライアントの想いを印刷物という見える形にして提供する仕事です。

打ち合わせから完成までの多くの工程を見届けることができます。

印刷物の完成やクライアントからの感謝の言葉を直接感じることができるでしょう。

努力が形となって目に見えるため、やりがいを感じることの多い仕事のひとつです。

もし転職に悩んでいる人やこれから転職を考えようとしている方は、転職エージェントをご活用ください。

自身の仕事に対する条件や要望を確認して理想とする働き方を目指して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら