ブライダルコーディネーターはウェディングプランナーとも呼ばれ、新郎新婦の理想の結婚式・披露宴をプロデュースします。

未経験からブライダルコーディネーターへの転職を考えた場合、どのようにしたら実現できるかを解説していきます。

選考でのアピールポイントや役に立つ資格についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

ブライダルコーディネーターを未経験で目指す方法を解説

女性

ブライダルコーディネーターは未経験から目指すことができるのでしょうか。

ここでは未経験者が転職する際にアピールすべきポイントや、転職に役立つ資格について紹介していきます。

しっかりと情報を集め、ブライダルコーディネーターへの転職を成功させましょう。

ブライダルコーディネーターの未経験転職のポイント

指し棒の女性

結論から言えば、ブライダルコーディネーターへは未経験からでも転職することが可能です。

しかしその際に押さえておかなければならないポイントがあります。

まずは未経験で転職する際のポイントについて詳しく説明します。

未経験でも転職できる可能性はある

ブライダル業界は女性が多い職場で、結婚や出産を機に退職・休職する人も多く、人材が流動的であるといえます。

そのため人手不足になりやすく、中途採用の求人を目にする機会も比較的多いです。

もちろん企業側は経験のある人を採りたいのですが、そのような人材が来てくれることはほとんどありません。

以上のことから「未経験可」としている求人も多く、未経験でも適性があると認められれば採用される可能性は高いといえます。

自己分析と企業分析をしよう

虫眼鏡

未経験だからこそ、自己分析企業分析は入念に行う必要があります。

自分が今までに仕事で培ったスキルや実績を整理し、ブライダルコーディネーターの仕事に活かせるものを見つけましょう。

自分の強みと企業が求める人材をマッチさせることで、他業種からの転職でも活躍できる人材であることをアピールします。

未経験者の場合は面接でここが見られている

未経験者の場合は、これまでの異業種での経験をどのようにブライダル業界で活かせるのかを面接官にしっかりと伝えましょう。

また、なぜほかの業種ではなくブライダル業界を選んだのかも合わせて説明できるようにしておく必要があります。

未経験からの転職を志すに至った経緯や、それが成功するという根拠を具体的に示しましょう。

憧れや軽い気持ちではなく、戦略性のある転職であることをアピールしましょう。

 

ワンポイント
未経験でも転職は可能です。自分と企業についてしっかり分析し、求められる人材であることをアピールしましょう。

ブライダルコーディネーターになるには学歴は必要?

疑問

ブライダルコーディネーターの求人情報を見ると、「学歴不問」や「高校卒業以上」と記載されていることが多いです。

つまり大卒などの高度な学歴は必要なく、あくまで接客スキルや人柄を重視する傾向が高いといえます。

ブライダル関連の専門学校もありますが、特に卒業を必須条件とされていることもないため、学歴は必要ないと考えてよいでしょう。

ブライダルコーディネーターの採用動向

女性

ブライダルコーディネーターの近年の採用動向はどうなっているのでしょうか。

少子化や生涯未婚率の増加により、業界全体の市場規模は徐々に減少してきている状況です。

その中でも方向転換できない企業は淘汰されていくとみられていますが、一方で時流に乗ることができる企業は伸びています。

フォトウェディングやおひとりさま結婚式など、今までになかった新しい市場を生み出す柔軟性のある企業です。

そういった企業は伝統にとらわれない多角的な見方を重視するため、他業種からの転職も柔軟に受け入れる傾向にあります。

未経験からの転職は、そのような企業を中心に応募先を決めていくとよいでしょう。

未経験者のアピールポイント

話をする女性

未経験者が採用面接において、特にアピールすべきポイントについて説明します。

未経験でも経験者と同じくらい、またはそれ以上に採用するメリットがあることを強調する必要があります。

詳しく見ていきましょう。

学ぶ意欲のアピール

未経験でもこれから十分に学び、採用されたら経験者と同じくらい役に立つということをアピールする必要があります。

具体的な資格を挙げていつまでに取得すると宣言するなど、学ぶ意欲を見せましょう。

すでに資格を持っていればさらに説得力も増しますが、そうでなくても仕事に必要な知識を学んでいく姿勢は印象付けましょう。

志望動機のアピール

相談

なぜ他業種からブライダルコーディネーターを目指したいと思ったのか、誰もが納得するような動機をアピールしましょう。

一番説得力があるのは、今までに仕事を通じて培ったスキルがこの業界で活かせるという説明です。

例えば「営業の経験があり、たくさんの顧客の要望を叶え、喜びを感じてきた」のようにこれまでの実績を伝えます。

それを踏まえ、「結婚式という一生に1度の場面で顧客の要望を叶え、感動してもらいたい」などと具体的に目標を伝えましょう。

このように、この業界でなければ達成できない目標と、それを実現するためのスキルを持っていることをアピールしましょう。

ヒューマンスキルをアピール

ブライダルコーディネーターは他者と深く関わる仕事ですから、ヒューマンスキルは必須といえます。

自分が持っているヒューマンスキルをしっかりとアピールしましょう。

これまでに接客や営業の経験があれば、それを業績と共に説明するのが効果的です。

特別な業績がなくても、今までにコミュニケーション能力の高さを活かせたエピソードを具体的に述べてアピールしましょう。

 

ワンポイント
未経験者の場合は、学ぶ意欲・志望動機・ヒューマンスキルを十分にアピールしましょう。

未経験者が選考を受けるときの注意点

指を差す女性

業界未経験者がブライダルコーディネーターの選考を受ける際、どんなことに気を付けたらよいでしょうか。

業界経験者と比べてマイナスと思われる部分をカバーできるように準備しておきましょう。

応募前に必ず業界の知識をつける

未経験でも、事前に業界や企業の情報収集をして勉強しておくことは重要です。

ビジネスモデルや最近の結婚式のトレンド・挙式スタイルなどの基礎知識は勉強しておくとよいでしょう。

あらかじめ勉強しておくことで、自分が働いている姿をより具体的にイメージすることもでき、ミスマッチの軽減にも役立ちます。

事前に知識をつけておくことで熱意のアピールにもなり、面接の受け答えに困ることもなくなるでしょう。

自分の経験をブライダル業界にどう活かすか考えておく

頑張る

自分が今までに積み上げてきたスキルをブライダル業界でどのように活かすかは必ず考えておきましょう。

ここがはっきりしていないと、企業は未経験者を採用するメリットを感じることができません。

今までにどんな経験をしてきて、それがどんな場面で役に立つかということを具体的に説明しましょう。

特に別業種からの転職の場合は、接客経験や営業経験・プランニングなどの経験が役に立つでしょう。

実務経験を積むことが可能であれば検討する

もし転職前に余裕がある場合は、ブライダル関連のアルバイトなどをして実際に経験を積むことも可能です。

ブライダル業界は土日を中心とした仕事のため人手不足傾向にあり、常に働き手を募集しています。

実際に現場に出て働いてみることで、自分が業界の仕事をこなせるかどうか具体的にイメージすることができます。

またそのようにして現場で働いた経験があれば、企業側も過剰にミスマッチを警戒する必要がなくなり、採用に有利に働くでしょう。

 

ワンポイント
未経験であることが選考で大きなマイナスにならないような準備をしておきましょう。

年間の挙式数が多いホテルが、ブライダル部門転職の狙い目

女性

もしホテルのブライダル部門への転職を考えているのであれば、年間挙式数の多いホテルが狙い目といえます。

挙式数が多ければそれだけ担当者の数も多く必要になるため、転職の間口が広くなるからです。

未経験のうちはまずブライダルフェアでの説明を担当したり、新規契約の獲得を担当することになるでしょう。

そこで徐々に挙式についての知識を増やしていき、十分に経験を積んでからプランニングを手掛けることができます。

ブライダルコーディネーターの資格は強みになる

試験勉強

ブライダルコーディネーターは資格が必須の仕事ではありませんが、資格を持っていれば大きな強みになります。

特に業界未経験の場合は、資格を持っていることでしっかりと業界について勉強していることをアピールできます。

もちろん実際に働く際にもその知識が仕事に直接活かされるため、転職を目指すなら資格はぜひ取っておきましょう。

ブライダルコーディネート技能検定

ブライダルコーディネートに関する技能を認定する検定です。

顧客のニーズを汲み取り、顧客に合ったプランを立て、わかりやすく提案し、円滑に運営する力を認定します。

3級から1級まであり、2級以上は実務経験が必要になるため、まずは3級の合格を目指すとよいでしょう。

ブライダルプランナー検定

女性勉強

国際的最大規模の全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)が認定する全国一斉試験です。

1級と2級があり、1級では日本や欧米でのブライダルにおける実務レベルの問題が多く出題されます。

2級では日本や欧米でのブライダルの基礎知識を問う問題が出題されるため、まずは2級の合格を目指すとよいでしょう。

1級に合格すれば、ABC協会認定のアシスタント・ブライダルプランナーの資格を得ることができます。

アシスタント・ブライダルプランナー

前述の「ブライダルプランナー検定」の1級に合格したのちABC協会に登録申請することで、有資格者として登録されます。

登録されることで様々な情報提供を受けることができ、またセミナーやイベントへの参加優待などもあります。

この資格を持っていれば、実務レベルでのブライダルの知識を持っていることが証明でき、転職に大きく役立つでしょう。

そこから実務経験を積み、さらにプロフェッショナル・ブライダルコンサルタントなどの上級資格を得ることもできます。

フラワーデザイナー検定

日本フラワーデザイナー協会が主催する、フラワーデザインに関する技術や知識を認定する検定です。

3級から1級まであり、3級では知識と技術の基礎を学びます。

2級と1級ではさらに専門校でのレッスンを受け、深い知識と技術を学んでいくことが可能です。

それぞれの検定に合格し、正会員として日本フラワーデザイナー協会に入会することでフラワーデザイナーとして登録されます。

2級以上はレッスンの単位が必要となるため、まずは3級の取得を目指しましょう。

 

ワンポイント
ブライダル関連の資格は転職に有利になります。可能な限り転職前に取っておくといいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズをする女性

ブライダルコーディネーターのような専門職については、実際にその業界を体験してみないと分からないことが多いでしょう。

しかし転職前に十分に情報を吟味しなければ、入社後のミスマッチを起こしかねません。

転職の準備をしていて分からないことや悩むことが出てきたら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは相談者の転職が成功するよう、様々な情報を集めて提供してくれます。

また、希望の条件に合う求人を選んで提案してくれたり、企業とのやりとりをサポートしてくれたりと、頼りになる心強い存在です。

転職エージェントは完全に無料で利用することができますので、安心して相談し、大切な転職を成功させましょう。

まとめ

意欲的な女性

ブライダルコーディネーターは未経験からでも転職可能な仕事です。

学歴は不問とされていることが多く、ヒューマンスキルが重視されている傾向にあります。

未経験者は学ぶ意欲や志望動機、ヒューマンスキルをしっかりとアピールしましょう。

応募前に必ず業界の知識をつけ、他業種での経験をどのように活かしていくかを伝えることが重要です。

資格は転職の際に熱意や知識の証明としてアピールできるため、事前に取得できる資格は取っておきましょう。

一人で抱え込まずに転職のプロである転職エージェントの力も借りながら、未経験からの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら