カウンセラーは人の悩みに寄り添いサポートをする仕事です。

温かな心遣いときめ細やかなサービスが求められます。

人のサポートをしたいと思う人に適した仕事です。

この記事では、心理カウンセラーに未経験で転職する方法を解説します。

心理カウンセラーに興味のある人はぜひご覧ください。

心理カウンセラーに未経験で転職する方法を解説

カウンセラー

この記事では、心理カウンセラーに未経験で転職する方法を解説します。

心理カウンセラーは心理学の知識だけでなく、経験から掴めるノウハウも求められます。

そのため最初のうちは仕事を進めるのに苦労するかもしれません。

ですが未経験であっても心理カウンセラーになることはできます。

資格の取得はもちろんのこと、心理カウンセラーに必要なスキルのアピールも効果的です。

この記事でポイントを押さえ、心理カウンセラーへの転職を成功させましょう。

心理カウンセラーの未経験求人から仕事内容をチェック

疑問を持つ女性

まずは心理カウンセラーに求められている仕事内容をチェックしましょう。

未経験歓迎の心理カウンセラー求人に掲載されている例を3つ紹介します。

先輩カウンセラーのサポート業務

最初のうちは、先輩カウンセラーのサポート業務をおこないます。

直接的なお客様対応はあまりしないのですが、そばでカウンセリングの様子を見ることができます。

仕事に慣れるためにまずはサポート業務という位置づけに立ちながら先輩の仕事の様子を見るのです。

先輩の指示に従って、カウンセリングに必要な書類の作成やカウンセリングの記録などをします。

こうしてまずは簡単な部分から現場に触れ、徐々に心理カウンセラーの業務に慣れていくのです。

学生の療育やサポート

なんらかの悩みを持つ学生の療育やサポートなども、心理カウンセラーの業務です。

特に中高生といった思春期の学生は心が不安定で悩みが多くなりがちです。

そのような学生をカウンセリングをして、学生の悩みや不安を和らげます。

学生が無理なく生活を送れるようにサポートもしますが、学校側との交渉が必要になるケースもあります。

生活に関するアドバイスや心理学的な切り口からの提案などが必要です。

企業人事へのアドバイスや訪問による対応

打ち合わせ

悩んでいる人の直接的なサポートではなく、指導という形で間接的に関わることもあります。

企業人事への対応がその例です。

大手企業を中心に従業員のメンタルケアやストレスチェックが重要視されています。

従業員がメンタル面という意味で働きやすい環境をつくるためのサポートが主な仕事です。

またメンタルになんらかの問題を抱えている従業員がいる企業であれば、人事に対応法のアドバイスをします。

企業へ直接訪問して内部を見学し、分析やアドバイスをすることもあります。

ここで求められるのは指導であるため、論理的で説得力のあるアドバイスが必要です。

 

ワンポイント
心理カウンセラーとして最初のうちはサポート業務が中心です。

心理カウンセラーのやりがいは?

女性

心理カウンセラーのやりがいについて解説します。

仕事のやりがいについて知っておくと、モチベーションアップにつながります。

悩んでいる人を助ける

悩んでいる人を助けることができるのは心理カウンセラーの大きなやりがいです。

心理カウンセラーを求める人は、なんらかの悩みを抱えています。

心理カウンセラーはそんな悩みに直接触れながら人をサポートできるのです。

メンタルを蝕むほどの大きな悩みは、人生を左右させることさえあります。

心理カウンセラーはそれを解消させ、人生をより良くするお手伝いができるのです。

自分の力で悩んでいる人を助けられるという経験は、大きなやりがいを感じさせてくれます。

人の助けになりたいという人にはぴったりの仕事でしょう。

人間について考えることができる

心理カウンセラーの仕事を通じて、人間について考えることができます。

心理学は非常に複雑な分野です。さまざまな要素が絡み合って予想もしない結果を生み出すことさえあります。

人間の心について深い部分まで考えることができます。

また、悩みの多くは人間関係が原因で発生するものです。

そういった意味でも人間について考える機会は増えるでしょう。

人間について深く考え分析するというのは、仕事だけでなく自分の人生においても役に立つことです。

実力次第でフリーランスになれる

ポイント

心理カウンセラーは実力次第でフリーランスになることも可能です。

フリーランスは仕事の全てを自分一人で進める必要があります。

大変なことや責任もありますが、その分大きなやりがいを感じることができます。

実力さえあれば独立して仕事ができるという事実はモチベーションにつながることです。

心理カウンセラーに求められるスキルは?

ホワイトボードと女性

心理カウンセラーに求められるスキルを紹介します。

次のようなスキルを活かして人のサポートをします。スキルのアピールができると効果的です。

傾聴力

まずは傾聴力です。傾聴力とは相手の話を注意深く聞くスキルを指します。

心理カウンセラーは人の悩みを聞き出したうえでアドバイスをします。

相手がどのような悩みを抱えているかを把握するために、しっかり話を聞くことは不可欠です。

また話している内容そのものだけでなく、表情や声のトーンなどにも注意をはらう必要があります。

そして相手に寄り添うようにしながら、真剣に話を聞くことが何よりも大切です。

真剣に聞いてもらえているという実感は信頼や安心感へつながるので大切な要素といえます。

寄り添うように真剣に聞く力は心理カウンセラーに必須のスキルです。

分析力

分析力も心理カウンセラーに求められるスキルです。

心理カウンセラーはお客様の話やそのときの様子などをまとめたうえで分析をし、状況を把握します。

さまざまな要素や心理学の知識を加味しながら結論を出していきます。

また心理テストをおこなうことがありますので、その結果を活用するためにも分析力が必要です。

分析力がなく聞いた話をそのまま受け取ることしかできないと、適切なアドバイスはできません。

正しい判断をするために、心理カウンセラーには分析力が強く求められます。

人への興味

女性

いくら高いスキルがあっても、人への興味がなければ心理カウンセラーとしての仕事は難しいです。

心理カウンセラーは困っている人に寄り添う必要があります。

人に興味を感じることができないと寄り添うという行為は難しいでしょう。

それだけでなく、人の深い部分まで知るためには質問が欠かせませんが、興味がないとその質問すら浮かびません。

近い距離で深い部分までサポートするために、人への興味が必要です。

 

ワンポイント
スキルをつけることがスムーズな仕事につながります。

心理カウンセラーとして役立つ資格は?

ビジネスウーマン

仕事に役立つ資格があると転職時のアピールポイントになり、業務での活用も可能です。

心理カウンセラーとして役立つ資格を紹介します。

臨床心理士

ひとつは臨床心理士の資格です。

臨床心理士の資格は臨床心理学の知識や技術、そしてそれらを活用する能力がある人に与えられます。

カウンセリング時の適切な対応や処置能力・心理テストの活用法・心理カウンセラーとしての素質などが問われます。

臨床心理士の資格は、心理カウンセラーとしての知識や適性が証明するものです。

転職時のアピールポイントとしても活用できるだけでなく、スキルアップのための取得にも適しています。

心理カウンセラーを目指すのであればぜひ取得しておきたい資格です。

公認心理師

公認心理師とは心の問題を抱える人のサポートや心の健康に関する情報発信をする仕事です。

臨床心理士と似ていますが、公認心理師は情報発信が主な業務に入っている点が大きく違います。

公認心理師は国家試験であり受検資格も定められています。

以下のいずれかを満たすことが資格の受検をするための条件です。

  • 4年制大学で指定科目を履修し、さらに大学院で指定科目を履修
  • 4年制大学で指定科目を履修し、さらに指定の施設で実務経験を2年以上
  • 外国の大学において心理に関する科目を修め、かつ、外国の大学院において心理に関する科目を修了

このように学歴が必要となるため、受検ハードルがやや高い試験といえます。

2017年に生まれたばかりの資格でありまだ取得者はそう多くありませんが、アピールポイントとして大きいです。

 

ワンポイント
適した資格があると転職やスキルアップに有利です。

心理カウンセラーになるためのアピールポイントは?

パソコン、女性、面談

心理カウンセラーになるためのアピールポイントを紹介します。

心理カウンセラーに求められるスキルを有していることをぜひアピールしたいです。

相手の声を聞き入れる姿勢

心理カウンセラーに必須である傾聴力があることはぜひ伝えたいポイントです。

そのため相手の声を聞き入れる姿勢を持つことをアピールします。

人の話を聞くときに心がけていることや、傾聴力があると思わせられるエピソードを話します。

ただ傾聴力があると伝えるだけでは説得力がありません。

光景がイメージできるような、具体的なエピソードを併せて話すことが必要です。

知識やスキルを伝える

心理カウンセラーとして活用できる知識やスキルを伝えることも大切です。

資格があればもちろんアピールしますが、そうでなくても心理学の知識があれば伝えます。

大学で心理学の授業を受けた経験や、読んだことのある心理学に関する本などもアピールポイントとなります。

知識やスキルを有していると、即戦力として活躍できる可能性が高いです。

積極的にアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
ポイントを押さえて良いアピールをしましょう。

心理カウンセラーの年収は?

指を差す女性

心理カウンセラーの年収は300万〜400万です。病院勤務だと500万ほどになることもあります。

心理カウンセラーは基本的に非常勤かつ時給制であることが多いため、勤務日数によって大きく変わります。

一箇所のみで仕事をするというより、複数箇所と契約をして日によって職場が違うということが多いです。

また、心理カウンセラーとしての経験の有無や持っているスキルも給与に大きく影響する要素となります。

転職を検討している職場の給与体系を事前に確認しておきましょう。

心理カウンセラーの未経験求人の探し方

女性 

心理カウンセラーの未経験求人を探す方法は大きく分けて以下の2点です。

  • 転職サイトに登録する
  • 転職エージェントを活用する

求人情報の多くは転職サイトに掲載されています。

複数の転職サイトに登録し、希望条件で検索をかけて求人を探しましょう。

その際「未経験歓迎」「未経験可」などの条件を選択しておきます。

また転職エージェントの活用も求人探しに適しているためおすすめです。

転職エージェントは求職者の条件に合った求人をピックアップして紹介します。

外部のサポートを受けることも転職活動をスムーズに進めるために大切な方法です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

説明する女性

転職活動中はなにかと悩みが発生しやすいでしょう。

志望動機の書き方や取っておくべき資格、面接のポイントなど、とにかく考えなければならないことが多いです。

インターネット等で調べるのは限界がありますし、自己判断で進めるのは危険な部分もあります。

転職活動中に悩みが生まれたら、転職エージェントに相談することがおすすめです。

転職エージェントは転職活動のプロであり、転職に関する知識やノウハウを多く有しています。

転職者のサポートを通して得たノウハウを活かしたアドバイスも期待でき、かなり実用性が高いです。

一人で悩みを抱え込んではストレスになってしまいますし、良い転職活動にはなりません。

転職活動で悩みができたら、すぐに転職エージェントに相談して解決させましょう。

まとめ

女性

心理カウンセラーは人と近い距離で接し、心の深い部分までサポートをする仕事です。

ただ話を聞くだけでなく、さまざまな要素から徹底的な分析をします。

どうしたら相手が楽になるかだけでなく、本当に必要なことは何かを導き出すことも必要です。

人の悩みに多く触れるため、時には疲れてしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、相手の助けになれたときの喜びや感謝を得られたときのやりがいは大きいものです。

もし転職活動で悩みがあれば、ぜひ転職エージェントへご相談ください。

心理カウンセラーとして人の助けになる未来が楽しみです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら