転職活動を始めても時間に余裕がなかったりストレスを感じたりと途中で諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

特に在職中の人は転職活動に割ける時間が限られており転職活動が大変だと感じる人も多いです。

今回は転職活動が大変になる原因を明確にし転職を円滑にすすめるコツを紹介します。

Contents

転職活動が大変になる原因を解説

女性

転職活動をしたことがある人の多くは転職活動の大変さを実感したことがあるのではないでしょうか。

転職活動が大変だと感じる代表的な原因として以下のポイントが上げられます。

  • 学業或いは在職中の職業との両立が難しい
  • 交通費やスーツ購入費など出費が多くなる
  • 面接の合否が精神的なストレスにつながる

転職活動はそもそも時間と労力を要し、ときにはストレスを感じるものです。

企業研究や書類作成、そして面接対策など準備に要する時間が多い割に必ず内定をもらえるわけではありません。

転職活動を大変だと感じる人はまずは自分が負担に感じやすいポイントを明確にして対応策を考えることが大切です。

転職活動が大変になる原因を把握せずにいると転職の結果もなかなか良い方向に進めません。

自分で解決が難しい人は転職エージェントなどを活用することもおすすめです。

在職中の転職活動で大変だと感じる理由

転職活動が大変だと感じる理由は在職中の人と離職中の人では異なります。

まずは在職中の人が転職活動を大変だと感じるポイントを確認してみましょう。

情報収集や書類作成に割く時間がない

時計をみる女性

在職中の人が転職活動を大変だと感じる代表的な理由は「時間がない」ことです。

フルタイムで働きながら仕事で疲れた身体を駆使して転職活動を行うのは体力的にも精神的にも負担に感じます。

しかし転職活動をするためには応募先企業の情報収集や応募書類の作成など時間を要する準備が多いのも特徴です。

限られた時間で現職と転職活動の両方を両立するためには効率的なタイムマネジメントをすることが求められます。

面接の日程が決まらない

悩む女性

面接の日程が決まらないことも在職中の人が転職活動で大変だと感じるポイントの1つです。

在職中だと仕事の都合で急な面接日程の案内に応えられない場合もあります。

また面接に参加するためにスケジュール調整することで職場の人に迷惑かけることもあるでしょう。

面接日程が決まらないために自分のプライベートの予定を立てられない人もいるのではないでしょうか。

真面目で責任感の強い人ほど面接日程が決まらないことが負担に感じやすい傾向にあります。

しかし面接日は自分で決められるものではないため臨機応変に対応するしかありません。

面接日が決まらないことで転職活動が大変だと思う人は普段から心に余裕のもてるスケジュール管理を意識しましょう。

周りに隠して転職活動をしなければならない

指をさす女性

在職中の人にとって同僚や周囲に隠して転職活動をすることも大変なことです。

仕事のある日に急な面接が入った場合は上司に嘘をついてスケジュール調整をしてもらう必要があります。

同僚と会社の未来について語るときは転職する心の内を隠して在籍企業の未来について語るのは心苦しい人もいるでしょう。

周囲の人に隠して転職活動をすることは悪意がなくても無意識のうちにストレスが溜まるものです。

 

ワンポイント

在籍中の転職活動は体力的にも精神的にも大変だと感じることは多いです。

しかし転職活動のコツをつかめば負担は軽減できます。

大変だからと諦めずに在職中からの転職成功を目指しましょう。

離職中の転職活動で大変だと感じる理由

では次に離職中の人が転職活動で大変だと感じる理由について紹介します。

離職中の人は在職中の人に比べて転職活動に専念できる時間があるのが特徴です。

しかし離職中の人は以下のような不安要素を抱えやすい傾向にあります。

以下の項目を参考に離職中の人が転職活動を大変だと感じるポイントを押さえましょう。

転職活動に関する出費が多い

お金を数える女性

離職中の人は安定した収入がないため時間はあっても財力に余裕のない人が多いです。

しかし転職活動はなにかと出費が多いため負担に感じる人も多いのではないでしょうか。

交通費だけでも複数企業応募していると大きな出費となります。

スーツや靴そしてカバンなどを購入する必要がある人にとっても大きな出費です。

離職中に転職活動を検討している人は転職活動で負担にならないよう事前に貯金をしておくことをおすすめします。

転職活動が長期化して焦ってしまう

悩む女性

転職活動が長期化することで焦りやストレスを抱える離職者も多いです。

既に離職しているため経済面などを考慮すると早く次の仕事を決めたい人も多いのではないでしょうか。

しかし転職活動は必ずしも自分の予想通りに進むわけではありません。

むしろ自分の思い通りに進まないことの方が多いのが転職活動です。

離職してから転職活動を始める人は長期化することも想定した準備をしておきましょう。

自己管理ができなくなる

バツを出す女性

離職中の人は比較的時間が自由になるため自己管理ができなくなる人も多いです。

誘惑にまけて遊びを優先してしまったり就職活動を後回しにしてまったりする人もいるのではないでしょうか。

その結果転職活動を計画的に進められない人も多く就職活動が大変だと感じるようになります。

意思が弱い人や自己管理能力が低い人はこの状況に陥りやすい人です。

本気で転職の成功を願うのであれば転職に対する意識の改善から試みましょう。

 

ワンポイント

離職中で時間があるからといって転職活動がスムーズに行えるわけではありません。

離職中の人ほど計画性と強い意思をもって望む必要があります。

離職中の転職のリスクも把握して自分に合ったタイミングで転職活動をしましょう。

転職活動はいつから始めるべきなのか?

では転職活動はいつから始めるべきなのでしょうか。

以下項目では転職活動をするおすすめの時期について紹介します。

これから転職活動をする人は参考にしてみてください。

在職中がベスト

パソコンと女性

転職活動を始める時期は人によって様々です。

しかし1番ベストなタイミングとしては在職中に転職活動をすることをおすすめします。

なぜなら在職中の転職活動には以下のメリットがあるからです。

  • 履歴書に空白の期間がないほうが採用担当者に好感を持たれやすい
  • 経済的に安定した状態で転職活動に臨める
  • 限られた時間で集中して転職活動をしやすい

仕事と転職活動の両立が負担に感じることはあるかもしれませんが転職活動のコツをつかめば負担は軽減します。

現職が多忙すぎて時間がない人も転職エージェントを活用することで時短の転職活動も実現可能です。

忙しいからという理由で諦めるのではなく、忙しくても転職活動ができる方法を考えるようにしましょう。

退職後は焦りが生まれることも

走る女性

上記では在籍中の転職活動をおすすめしましたが人によっては離職中の転職活動が必要な人もいるでしょう。

例えば転職する前に休暇や留学などの自分を見つめる時間が欲しい人も多いです。

しかし離職中の転職活動には少しリスクが伴うことも把握しておきましょう。

  • 無収入の期間の出費
  • 仕事から開放されることでタイムマネジメントの感覚が鈍くなる
  • 履歴書の空白期間が採用を不利にする場合がある

離職後の転職活動が長期化すると精神的な焦りやストレスで負のスパイラルに入る人も多いです。

離職中に転職活動をしたい人は上記リスクをしっかりと把握した上で計画的な行動をすることを心がけましょう。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

マルとバツをもつ女性

在職中の転職活動を成功させるためには在職中の転職活動のメリット・デメリットを把握することが大切です。

メリットは有効的にデメリットは対策を練って行動することが転職成功につながります。

まずは以下の項目で想定できるメリットとデメリットを押さえておきましょう。

<メリット>

  • 無職の期間がないため経済的に余裕をもって活動できる
  • 限られた時間で対応するためタイムマネジメント力と柔軟性が身につく
  • 在職中の転職の方が採用担当者に好感を持たれやすい
  • 転職が決まらなくても仕事を失うリスクがない

<デメリット>

  • 仕事と転職活動の両立が難しい
  • プライベートの時間を削って就職活動をしなければならない
  • 同僚や上司に隠し事をする後ろめたさがある

転職活動を円滑に進めるコツ

では転職活動を円滑に進めるコツについて紹介します。

以下の項目を参考に効率よく転職の成功を目指しましょう。

スキマ時間を利用しよう

カレンダーと時計

転職活動を効率的に行うためにはスキマ時間を上手く利用することが大切です。

例えば応募先企業の研究などは通勤電車の移動時間などを利用して行いましょう。

履歴書に記載する自己PRについては働きながら自分の行動や実績を客観的に分析しておくのもおすすめです。

仕事の休憩時間などを使って求人情報のチェックなどをしたり転職エージェントに登録してみるのもよいでしょう。

スキマ時間を有効的に使えるようになると同時にセルフマネジメント力も高まります。

まずは自分の生活を振り返ってどのような時間の使い方をすると効率的に転職活動ができるかを考えてみましょう。

早退や有給をうまく使おう

やる気溢れる新人女性

在職中の人は就業先の有給や早退のシステムを上手く活用することも転職活動に役立ちます。

仕事のある日に応募先企業の面接が入った場合は有給などを上手く活用して日程調整をしましょう。

ときには体調不良や家庭の事情を理由に早退するなど自分の将来のために機転を利かせた対応も必要です。

転職予定のある人は転職活動時に役立つように有給は全部使わずに残しておくようにしましょう。

急な出費を想定した貯金を

貯蓄イメージ

貯金をしておくことも転職活動を円滑に進めるためには効果的です。

特に離職中の転職を検討している人は必ず貯金をしておきましょう。

転職活動には交通費などの出費が発生します。

特に女性はスーツや靴そしてメイク用品などにもお金をかけるため経済的に余裕を持つことが大切です。

経済的余裕は心の余裕にもつながります。

計画的に貯金をすることを心がけましょう。

転職活動は在職中に効率よくやろう

キャリアウーマン

転職活動を大変だと感じる人は転職活動を効率的に進めることで負担を軽減できます。

まずは自分がどんなことに負担を感じているのかを明確にして効率的な対策を練りましょう。

在職中の転職活動を大変だと感じる人も多いですが、在籍中に効率よく転職することがおすすめです。

転職活動のメリットとデメリットをしっかりと把握して在職中に転職を成功させましょう。

 

ワンポイント

転職活動は効率的にすすめることが大切です。

在職中から計画性をもって行動することを心がけましょう。

メンタルケアも転職活動には必要

転職活動は体力だけでなくメンタルも消耗する活動です。

とくに期待していた結果が出なかったときは精神的に不安定にる人もいます。

以下の項目を参考に精神的にダメージを受けたときの対処法を確認しましょう。

不採用が続いた時の対処法

頭を抱える女性

不採用が続くと誰でも精神的に不安を抱えやすいものです。

自分の価値を見失ったり、自信をなくしたりする人もいるのではないでしょうか。

しかしそこで立ち止まっていては転職を成功させることはできません。

不採用が続いた時こそ同じ失敗を繰り返さないように自己分析をする必要があります。

何故不採用になったのか考えられる理由をリスト化して次の転職面接では改善できるよう努めましょう。

また不採用の通知で自分を責めるのではなく自分と縁がない会社だったと割り切る気持ちも大切です。

マイナスな感情を引きずるのではなく常に前向きな気持ちで対応できるように意識しましょう。

応募書類がうまく作れない時は

考える

応募書類が上手く作れないときはイライラしたら精神的に不安定になる人が多いです。

特に自己PRや志望動機を考えるのが苦手な人はこの傾向にあります。

応募書類がうまく作れないときは焦らずに気分をリフレッシュしてから書類作成をするようにしましょう。

志望動機の作成に行き詰ったときは原点にもどって志望動機を明確にする作業から始めることが大切です。

書類内容に自信がない人は転職エージェントに書類の添削やアドバイスをもらうことも検討してみましょう。

1人で抱え込まず周りに相談することもストレス軽減につながります。

面接がうまくいかず自信を喪失した場合

進む

面接がうまくいかないと感じたときはネガティブな思考になる人が多いです。

特に第1志望の企業の面接に失敗すると自信を喪失してしまう人もいます。

ネガティブな思考はネガティブな出来事を呼び寄せるため転職の成功に悪影響です。

面接でうまくいかなかったとしてもネガティブな気持ちを引きずらないようにメンタルケアを大切にしましょう。

頑張ったご褒美に美味しいものを食べてリフレッシュして休息の時間をもうけることも大切です。

 

ワンポイント

就職活動においてメンタルケアをすることは非常に重要なことです。

常に前向きに気持ちを切り替えて対応できるよう自分なりのメンタルケア方法を明確にしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ファイルを持つ女性

転職の悩みや相談は転職エージェントを効率的に活用することをおすすめします。

とくに転職活動はストレスを感じやすいものです。

1人で全てを抱え込むとかえって転職活動に悪影響を与える場合もあります。

転職を効率的に成功させるためにも転職エージェントのサポートを最大限に受けるようにしましょう。

転職エージェントは単に仕事を紹介してくれるだけではありません。

提出書類の添削や面接対策そして面倒な企業とのやりとりまで幅広くサポートしてくれます。

これから転職を検討中の人は是非この機会に登録してみてください。

まとめ

ポイント

転職活動が大変になる原因と転職を円滑に進めるコツはつかめましたか。

転職活動は大変なのが当たり前です。

しかしその中でいかに効率的に転職活動を行えるかによって自分に降りかかる負担も軽減します。

転職を効率的に進めるためには転職活動のメリットとデメリットを把握して対策することが大切です。

想定できるデメリットは事前に対策して転職の成功を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら