店舗や倉庫内の商品管理を行う在庫管理は、具体的な仕事内容を知らない方も多いのではないでしょうか。

実際在庫管理が扱う商品は企業によって様々で、担当するお仕事も多岐にわたります。

そこでこの記事では、在庫管理の仕事内容についてまとめました。

合わせて、女性が活かせるスキルや経験も転職エージェントが丁寧にご紹介します。

在庫管理に興味がある方は、ぜひご一読ください。

在庫管理の仕事内容を解説

ガッツポーズを取る女性

ここからは在庫管理の仕事内容について解説していきます。

ちなみに求人情報では商品管理と記載されているケースもありますが、どちらもほぼ同様の職種です。

在庫管理の仕事内容は、大きく分けて二つに分類されます。

一つはアパレルショップやスーパーマーケットなど、店舗内で他の業務と並行しながら行うケースです。

もう一つは倉庫内で、商品の管理に関連する業務のみを行います。

 

ワンポイント
 在庫管理の仕事は店舗内と倉庫内の二通り。

在庫管理の業務内容

作業着の女性

在庫管理の業務内容は、主に数量の計算商品の保管在庫の調整と処分の3つに分類されます。

在庫の数量や保管状態を適切に管理することで、店舗全体の流れをよくする重要な役割を担っているのです。

そのため雑貨店や家電量販店など、様々なジャンルの店舗で必要不可欠な存在といえます。

主な業務は共通していますが、具体的なことは店舗によって変わるといっても過言ではないでしょう。

例えば店舗内・倉庫管理の両方を担当したり、店舗内で在庫管理業務以外の仕事を兼務するケースもよく見られます。

数量の確認

チェックリスト

まず商品が入荷された際は、注文した数量と一致しているかどうかを確認します。

不一致の場合は仕入れ先に連絡しなければならないため、早めにチェックすることが重要です。

逆に商品を出荷した際も、在庫数がずれていないか再度確認します。

さらに数え間違いやチェック漏れがないか、定期的に点検する業務も欠かせません。

万一在庫が合わない場合は原因を追究し、最終的には報告書を作成します。

商品の保管

物流倉庫

商品を入荷してから出荷・発送するまでは、倉庫・店舗内で大切に保管しておかなければなりません。

入荷後保管する際には、不良品がないかどうかしっかり検品する必要があります。

また商品が食品の場合、賞味期限のチェックは定期的に行うことが重要です。

注文を受けたときにすぐ対応できるよう、在庫の品質を保持しておくのが保管業務のポイントといえるでしょう。

ずさんな管理は、会社全体のイメージを一気に悪くしてしまいます。

在庫の調整と処分

通話しながらメモを取る

在庫は保管するだけでなく、適切に調整し場合によっては処分の決断を下す必要性も出てきます。

在庫の調整とは、在庫切れや在庫過剰を防ぐために入荷の数量を決める業務です。

全体的な適正在庫を把握しておくことで、店舗内へ商品をスムーズに回せます。

また売れ残りの商品を保管しておくとスペースが無駄になってしまうので、随時値下げ処分を検討しなければなりません。

食品の賞味期限やブームの下降など、先を見越した行動が必要になります。

在庫管理の仕事の流れを紹介

マスク姿の女性

在庫管理の主な仕事の流れは、入荷した商品を受け入れることから始まります。

このとき注文した数と実際の数が合わないケースが出てくるので、仕入れ先へ連絡しなければなりません。

商品に不良品がないかどうか検品し、その後棚へと移動します。

そして店舗への品出しや出荷を行い、再度在庫の数量をチェックする作業が重要です。

必要に応じて追加注文や値下げ処分を検討し、次の入荷までにスペースを確保するための調整をしておきます。

 

ワンポイント
 在庫管理の主な流れは入荷・保管・出荷の3ステップ。

在庫管理のやりがいや大変なところ

男女の作業員

在庫管理は在庫の調整や受注に関することなど、幅広い業務に携わると大きなやりがいを感じるようになります。

一方で倉庫内・店舗内を動き回る仕事なので、ある程度体力が必要なところが大変に感じる方もいるでしょう。

またアルバイトと正社員では任される業務が異なり、在庫チェックの軽作業以外にデスクワークが必要なケースもあります。

正社員は業務が増えて大変ではありますが、在庫に関する知識が増え上から意見を求められる場面も出てくるでしょう。

会社や店舗の流れを左右する重要な役割を担っているのが、在庫管理の特徴なのです。

やりがい

男女のビジネスチーム

倉庫内にある商品は会社の財産でもあるので、責任感のある仕事だということにやりがいを感じる方が多いです。

合わせて在庫チェックに必要な集中力や不良品を発見する注意力が、働くうちに自然と身に付きます。

また経験年数を重ねると、リーダー的なポジションに抜擢されるケースもあるでしょう。

スタッフの教育から業務管理にまで携わることで、新たなやりがいが感じられます。

ときには受注に関して提案を行う場面も出てくるでしょう。

大変なところ

マスク姿の女性

倉庫内で行われている全体的な作業を把握しなければならないのが、在庫管理の大変な一面です。

在庫の状況は日々変動し、複数の作業が同時進行するケースも出てきます。

そのため全体の流れを掴み、効率よく業務を行うことが重要です。

さらに在庫管理の業務は基本的に倉庫内を歩き回っているため、ある程度の体力が求められます。

自身の体調管理も仕事の一部です。

在庫管理に活かせるスキル

中高年の男性と女性

在庫管理に活かせるスキルは、情報を分析する力細やかな作業に取り組む力などがあげられます。

これらのスキルは持っているという根拠を示すためにも、具体的なエピソードを添えると説得力が出るでしょう。

また場合によってはPCスキルがあると便利ではありますが、基本的に簡単な入力さえできればそれほど重要ではありません。

PCスキルは在庫データをシステム管理する会社で、デスクワーク時に活かせるでしょう。

ここからは倉庫・店舗内共通で活かせるスキルについて、詳しく解説していきます。

情報を分析する力

書斎のデスク

在庫を適切に管理するなかで、情報を分析する力は重要になります。

普段の流れや今までのデータから分析し、今後どの程度追加注文するべきか予測して動くことが求められているからです。

売れ行きの良い商品の流れを滞らせないためにも、先を見越して早めに入荷しておかなくはなりません。

逆に売れ行きが伸びていない商品をいち早く察知し、値下げを判断するのも大事な業務です。

情報を分析することで様々なケースが想定できるので、不測の事態が起きても慌てず対処できるでしょう。

マネージメント能力

ビジネスのイメージ

在庫の流れをスムーズにするためには、物事を効率よく動かすマネージメント能力が活かせます。

例えばある商品が過剰在庫となる傾向が出てきた場合、どうすれば売れるのかを考えなければなりません。

注文数を調整する・値下げ処分を検討するなど、マネージメント能力があれば適切な対応が行えます。

他にも様々な場面で、臨機応変な対応を求められることが出てくるでしょう。

課題に直面したときどのように考え行動したか、エピソードと共にスキルの高さをアピールしましょう。

細やかな作業に取り組む力

指示する女性労働者

在庫管理には正確で丁寧な仕事が求められるため、細やかな作業に取り組む力を活かすことができます。

特に在庫の数量が理論数と一致しない場合、過去にさかのぼって原因を突き止めなければなりません。

数量を調整したときの入力漏れや数え間違いは誰にでも起こり得ることですが、できるだけ正確に行えば予防はできます。

また在庫の過不足はないか、不良品はないかといった確認も常に必要です。

ひとつひとつの作業は難しくありませんが、集中して取り組むことで全体の流れを効率よく進められます。

 

ワンポイント
 在庫管理で活かせるスキルは全体を把握する力と細やかな作業に集中する力。

在庫管理に活かせる経験

タブレット端末を操作

在庫管理は検品・梱包業務スーパーの店員をしていたときの経験が活かせます。

採用担当者の興味を引ける部分でもあるので、経験があるときは積極的にアピールしましょう。

特に、倉庫の規模や扱っている商品が応募先企業と似ていた場合は注目度が高いです。

そして前職の経験をアピールする際は、課題に直面したときの経緯や自分なりに工夫したことを順序立てて話しましょう。

具体的なエピソードは説得力があり、採用担当者にしっかり伝わります。

ピッキングや検品・梱包業務

女性・台車・後ろ姿

必要な分の商品をピックアップするピッキングや検品・梱包業務は、在庫管理と重なるため転職時は強みになる経験です。

これらの業務は、在庫管理のアルバイトや派遣が担当しているケースが多く見られます。

そのためアルバイトから入社して社員を目指す、という方も多いです。

特にアルバイト・派遣であれば未経験で転職できる確率が高いため、狙い目ともいえるでしょう。

在庫管理を目指したい方にとっては、キャリアアップを目指せる重要な経験です。

スーパーなどの「店員」業務

精肉コーナーの定員

スーパーなどの店員は店舗内の在庫をある程度把握していることが多いため、活かせる経験としてアピールできます。

また店舗内の在庫管理は、店員が他の業務と兼務しているケースがよく見られることも理由のひとつです。

在庫管理と並行して接客やレジでの会計業務を行ってきたという経験は、全体の流れを理解できる能力があると見られます。

在庫に関して携わった経験がある場合は、具体的な職場の規模や実際の業務について採用担当者にしっかり伝えましょう。

業務を行ううえで自分なりに工夫していた点が説明できると、評価がより高くなります。

在庫管理の仕事に応募するためにチェックしておくこと

パソコンを操作する女性

在庫管理の仕事に応募する際は、事前にチェックしておくべきことがあります。

まず正社員での転職を希望する場合、基本的に倉庫内作業に関する知識が必要とされることです。

つまり未経験や未資格での応募は難しいといえます。

困ったときは転職エージェントを活用するのも、ひとつの有効な方法です。

ここからはチェック項目について、詳しくご紹介します。

未経験や未資格では難しい

初心者マークを持つ女性

未経験や資格がない状態だと、在庫管理で採用されるのは難しいのが現状です。

求人サイトの応募条件には、大抵管理業務経験が必要である旨とその年数が記載されています。

また資格に関しては、「倉庫管理主任者」の取得を条件にあげているケースが多いです。

一方在庫管理のピッキング・梱包など限られた業務のアルバイトであれば、未経験でも転職できる可能性が高いでしょう。

まずはアルバイトで経験を積み、あらためて転職先を探すのも選択肢のひとつです。

倉庫内作業に関する知識が必要

テキストを読む女性

在庫管理にとって、倉庫内作業に関する知識は必要不可欠といっても過言ではありません。

倉庫内では同時に様々な業務が進行するため、全体的な流れを把握しておくことが重要です。

ひとつの業務にばかり気を取られてしまっては、他のことが上手く回らなくなってしまいます。

特別な技術は必要とされないものの、在庫の入荷・保管・出荷の調整をバランスよく行うのは意外と難しいものです。

知識の有無は転職時の有効なアピール材料となるため、積極的に身に付けておきましょう。

転職エージェントを活用する

ガッツポーズする女性

在庫管理の求人を探すには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは、求人サイトに掲載されていない非公開求人を多数抱えています。

そのため個別面談を行ったうえで、自分に合った求人を紹介してもらえるのが魅力のひとつです。

未経験者可の求人や経験者の優遇が大きい求人など、様々な条件で転職のプロがピックアップしてくれます。

自分で求人を探すよりも、効率よく転職活動が行えるでしょう。

 

ワンポイント
 在庫管理の正社員に転職するには経験と知識が必要。

倉庫管理主任者資格について

ノートにメモを取る女性

倉庫管理主任者資格とは、倉庫の管理に必要とされる知識やスキルを取得していると証明できる資格です。

この資格を持っていれば、倉庫管理主任者に選任される要件のひとつを満たせます。

正社員を目指すための重要なステップとなるので、積極的に資格取得を目指しましょう。

資格を取得するためには、倉庫業界や倉庫業連合会が設定した講習を受講後に受験する流れとなります。

ちなみに倉庫管理主任者の選任要件は二つあり、もう一つは倉庫管理業務の実務経験に関するものです。

転職のことは転職エージェントに相談しよう

パソコンで仕事する女性

在職管理を含め、転職のことは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

特に未経験の職種に転職したい場合は、適切にアドバイスする転職エージェントが頼りになるでしょう。

求人を紹介するほかにも、転職者の強みを客観的に評価して応募書類や面接の対策を行います。

また転職できるまで様々な面からサポートするので、在職中でも効率よく転職活動が進められるでしょう。

転職を成功させたい方は、ぜひ活用してみてください。

まとめ

メモを取る作業員

在庫管理は会社・店舗の大切な財産を扱う重要な仕事です。

倉庫内での全体的な流れを把握しながら、細やかな作業も集中して行えるバランス力が求められています。

注意しておきたいのは、未経験で正社員として転職するのは難しいためアルバイトの経験をした方が有利であることです。

悩んだときは転職エージェントの活用も検討し、転職前に必要な準備を整えてから臨みましょう。

責任感のある在庫管理に転職し、ぜひやりがいを感じてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら