ツアーコンダクターはお客様に旅行の魅力を直接伝える花形の仕事です。

ライバルも多いので具体的な志望動機で自分を採用する必要性をしっかりアピールしましょう。

一般的によくある志望動機でもオリジナリティを出すことは可能です。

転職エージェントに相談しながら採用担当者の目を引く志望動機を完成させましょう。

Contents

ツアーコンダクターの志望動機の書き方を解説

履歴書,ペン

ツアーコンダクター志望動機は下記の構成が基本になります。

  • ツアーコンダクターを選んだ理由
  • 希望企業を選んだ理由
  • 入社後にやりたいこと

他の志望者と十分な差別化を図るためには企業研究・業界研究・自己分析が必要です。

ツアーコンダクターとしてアピールが欠かせないポイントを確実に踏まえつつオリジナリティを意識してみてください。

ツアーコンダクターの主な仕事内容

旅行,空港

ツアーコンダクターの仕事内容は旅行会社が主催するツアーの企画・運営・現地サポートがメインです。

  • ツアー参加者の情報管理
  • スケジュール管理・運営
  • ツアー先の情報収集
  • ツアー中に必要なアナウンス
  • ツアー参加者のチケット手配・管理
  • 宿泊先のチェックイン・チェックアウト対応
  • 食事場所の案内
  • ツアー中の安全管理
  • ツアー参加者の健康管理
  • 突発的なトラブル対応
  • 旅行後の報告
  • 必要経費の精算 など

ツアー参加者が初めて行く場所でもストレスなく旅行の楽しさを体験してもらう添乗業務がメインです。

業務を通じて様々な国や地域に行けるため、旅行が好きな人にとっては魅力的な仕事といえるでしょう。

ツアーコンダクターの志望動機を書く時のポイント

ツアーコンダクターに転職する際の志望動機は企業研究・業界研究・自己分析によって深みが出ます。

実際に書き始める前に十分な情報収集を行いましょう。

書く前の準備

自己分析,長所,短所

ツアーコンダクターに限らず志望動機を書く時の事前準備として企業研究と業界研究が挙げられます。

  • なぜツアーコンダクターなのか?
  • なぜこの旅行会社なのか?

この2つの問いに採用担当者が納得できる理由を示し、自分が採用される必要性を訴えるのが志望動機です。

まずは希望する企業と旅行業界全体の独自性を深掘りして十分な情報を収集するところから始めてみましょう。

書き方のポイント

ポイント

採用担当者の目を引く志望動機は「この人を採用したい」と思わせる志望動機です。

書き方のポイントは自分の持っている魅力をその企業の事業内容や求めている人材像にリンクさせること。

そのためには企業研究と業界研究に加え、深い自己分析が必要です。

まずは、これまでに携わった業務内容や得てきたスキルをリストアップし、ツアーコンダクターとマッチ度の高いものを厳選しましょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く時には企業研究・業界研究・自己分析が必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ツアーコンダクターの志望動機で意識すべきこと

志望動機にはその職種とその企業を選んだ理由の記載が欠かせません。

ツアーコンダクターも例外ではなく、ツアーコンダクターを志望する理由とその旅行会社を志望する理由が必要です。

ツアーコンダクターを選んだ理由

女性,旅行

ツアーコンダクターの志望動機を書く時には「なぜツアーコンダクターなのか」を必ず意識しましょう。

旅行に関する職種はツアーコンダクターだけでなくツアープランナーなど様々あります。

その中でもなぜツアーコンダクターなのか、を志望動機としてアピールする必要があるのです。

ツアーコンダクターと他職種との間に明確な差をつけるためには業界研究・企業研究が欠かせません。

転職準備の段階で優先度を高めに設定し時間をかけて志望動機を練り上げましょう。

その企業を選んだ理由

「その企業を選んだ理由」もツアーコンダクターの志望動機に欠かせない要素の1つです。

1つ、幸運な点として旅行業界は企業ごとの特色が出やすい傾向があります。

人気観光地以外の場所に対するニーズも高まっていて、ニッチなターゲットに特化した旅行会社も多いです。

企業ごとの違いを明確にしやすいため、志望動機に活かせるポイントの選定もそこまで難しくはありません。

事業規模・得意とするツアーコンセプト・得意な国・得意な地域などに注目して企業研究・業界研究を深掘りしましょう。

ツアーコンダクターの志望動機を書く時の注意点

ツアーコンダクターに転職する際の志望動機はツアーコンダクターを目指す必要性を明確にしましょう。

できるだけあいまいな記述を避け具体的な記載内容を意識してみてください。

ツアーコンダクターとして働きたい理由を明確にしよう

why,なぜ,黒板

ツアーコンダクターへ転職する際、志望動機には「ツアーコンダクターでないといけない理由」を盛り込みましょう。

例えば、ツアーコンダクターの志望動機として「旅行が好き」という理由はよくあるものです。

しかし、旅行業界で活躍できる職種は他にもあります。

つまり「旅行が好きなだけならツアーコンダクターでなくても良いのでは?」という展開を避ける必要があるのです。

そのため志望動機には「旅行業界で活躍できる職種が他にあるのになぜツアーコンダクターなのか?」を盛り込む必要があります。

まずは旅行業界で活躍する各職種を研究しツアーコンダクターと他職種の違いを明確にしましょう。

あいまいな理由は避けよう

女性,疑問

志望動機を書く際はあいまいな理由を避けできるだけ具体的な記載をしましょう。

志望動機で特に大切なポイントがオリジナリティです。

自分にしか書けないオリジナリティを出すためにはできるだけ具体的に記載する必要があります。

また、ツアーコンダクターはツアー参加者が旅行に没頭できるような説明力や新しい切り口で旅先の魅力を伝える提案力が必要です。

ツアー参加者が旅行に没頭できるような説明力や新しい切り口で魅力を伝える提案力が必要です。

志望動機欄でもそれができる人材であることをアピールするために具体的な記載が求められます。

 

ワンポイント
採用担当者が志望動機から知りたいことを踏まえてNGを避けましょう。

ツアーコンダクターへの転職でアピールすべきこと

ツアーコンダクターに転職して長続きできる人は旅行が好きでコミュニケーション力が高い特徴を持っています。

自己分析の結果、自分にそのような特性があるのなら積極的にアピールしましょう。

また、ツアーコンダクターとして役立つ資格も転職成功に近づく有効なアピール材料です。

旅行が好きなこと

パスポート,飛行機

転職成功に近づくツアーコンダクターの志望動機として「旅行が好き」という理由は最もポピュラーな理由です。

ただし、ツアーコンダクターとしてはありふれた志望動機でもあるのでアピールの仕方には注意しましょう。

ツアーコンダクターは旅先でしか経験できない楽しさをプロとして多くの人にプレゼンする仕事でもあります。

これまでにどのような旅行経験をしたのか、という部分でオリジナリティを出してみてください。

コミュニケーションが得意なこと

女性,コミュニケーション

ツアーコンダクターの志望動機にはコミュニケーション力の高さに関するアピールも欠かせません。

ここでいう「コミュニケーション」には語学力はもちろん、観察力も含まれます。

例えば、旅先でツアー参加者が急な体調不良になってしまう可能性もあるでしょう。

実は旅先での慣れない雰囲気から自らの体調不良に気づかない旅行者も少なくありません。

ツアー参加者の雰囲気や調子を観察し適切なアナウンスをするのもツアーコンダクターの仕事です。

また、現地で利用できる病院の確保や付き添い、受診手続きなどツアーコンダクターが対応することもあります。

日常会話だけでなく病院や交通事故、時には警察でよく登場するフレーズを使いこなす語彙力も必要です。

資格を持っていること

ツアーコンダクターになるには旅程管理主任者資格が必要です。

旅程管理主任者資格は国内旅行のみ有効な国内旅程管理主任者資格と国外に対応できる総合旅程管理主任者資格があります。

取得には筆記試験と現場研修が必要なので国内旅程管理主任者資格を取得してから総合旅程管理主任者資格取得を目指すのが一般的です。

そのため転職時に総合旅程管理主任者資格を持っていれば強いアピール材料になります。

また、旅行業務取扱管理者資格も選択肢に入れるべき資格の1つです。

旅行業務取扱管理者資格は国家資格で旅行に関する法律の知識が問われます。

資格手当を支給する企業も多いのでキャリアアップを考えるなら避けて通れない資格といって良いでしょう。

ツアーコンダクターの志望動機の良い例

志望動機に盛り込むべきこととして、その企業のツアーコンダクターを目指す理由将来やりたいことの2点が挙げられます。

また、未経験からの転職の場合はこれまでのスキル・経験とツアーコンダクターの業務内容がリンクするポイントをアピールしましょう。

志望動機に必要な要素がそろっている例

女性,面接,スーツ

採用担当者は志望動機から「自社のツアーコンダクターになる必要性」「今後どのように成長するのか」を知りたいと考えています。

つまり、良い志望動機とはそれがわかる志望動機です。

<志望動機に必要な要素がそろっている例文>

初の海外旅行でアンコールワットを訪れた時、現地の人しか知らないポイントまで解説してくれたツアーコンダクターに憧れ志望しました。

中でも貴社を志望した理由は私にとって思い出深いカンボジアをはじめとする東南アジアに特化したツアーを得意とされているからです。

前職は輸入雑貨の卸売商社で東南アジア雑貨を3年間担当しておりました。

特にアンコールワットのあるカンボジアには仕事とプライベートをあわせすでに10回以上訪れています。

東南アジアの国々の魅力を幅広い視点から伝えられる経験は貴社ツアーコンダクターとしても役立つと確信しています。

入社後は東南アジアの魅力をより深く伝えるためツアープランニングができるツアーコンダクターになりたいです。

本日はよろしくお願いいたします。

他業界での経験を活かせる志望動機

企業は自社にない知見を取り入れたいと常に考えています。

そのため、他業界で得たスキルや経験を盛り込むと採用担当者が興味を持つ志望動機となるでしょう。

<他業界での経験を活かす志望動機例文>

前職はWebサイト制作会社で動画編集を2年担当しておりました。

スマートフォンやパソコンだけで済むことが増える中「そこでしかできない体験」を伝えるツアーコンダクターに憧れ応募いたしました。

多数ある旅行会社の中から貴社を志望した理由は貴社がご提案するツアーのターゲットが幅広いからです。

海外初心者の方向けのオーソドックスなツアーから旅行上級者向けのニッチなツアーまで、幅広く支持される提案力に魅力を感じております。

今後は前職の動画編集で得たスキルを活用しながらオンラインツアーのプロジェクトに携わってみたいです。

幅広いターゲットに支持される貴社ツアーと旅行だからこそできる体験の魅力を組み合わせたオンラインツアーを提案できる自信があります。

本日はよろしくお願いいたします。

 

ワンポイント
志望動機では希望している企業のツアーコンダクターでないと実現できないことを盛り込みましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

旅行企画の志望動機のNG例

志望動機のよくあるNG例が自分の強みが盛り込まれていない内容です。

また、ありふれていて独自性がない志望動機も採用担当者の心を動かすのは難しいでしょう。

自分の強みを提案できていない例

女性,面接

自分の強みやその強みによって転職先企業が得られるメリットは志望動機に欠かせない要素です。

そのため自分の強みが盛り込まれていない志望動機はNGとなります。

例えば、下記は「なぜその企業なのか?」「入社後の人材像」についてはしっかりと記載されている例です。

だからこそ必須のはずの自分の強みについて無記載であることがより際立っています。

<自分の強みが提案されていない志望動機例文>

南洋諸島のエコツーリズムに特化した貴社の企業理念に魅力を感じ志望いたしました。

現職は人気観光地を中心とした定番の旅行商材が中心で最近は個人でも実現できる内容が増えていると感じておりました。

そのため、個人では体験するのが難しいディープな「旅」の魅力を提案できる企業に転職を希望しております。

エコツーリズムの課題の1つに環境汚染や生物の多様性喪失などテーマが重くなりがちという点があります。

入社後はもっと気軽にエコについて問題意識を持っていただけるようなアナウンスができるツアーコンダクターを目指します。

志望動機がありふれている例

志望動機にオリジナリティがなく他志望者と重複してしまう内容もNGです。

中でも特によくある志望動機の例として「旅行が好き」という理由が挙げられます。

旅行が好きであることはツアーコンダクターにとって大事な素質ですが、志望動機としては使い古されている印象です。

ベースがありふれていても独自の体験を加えるなどしてオリジナリティを出すことが求められます。

<ありふれた志望動機の例文>

旅行が好きという理由でツアーコンダクターを志望しました。

特に海外の魅力的なツアーを幅広く提案する貴社に魅力を感じています。

前職は工具メーカーの受付事務と畑違いの業界でキャリアを積んでまいりました。

しかし、接客業という点では共通しており「おもてなし」の経験やスキルは貴社でも十分活かせるレベルと自負しております。

入社後は貴社がご提案しているツアーの魅力をより深く感じてもらえるようリピーターを増やす施策に取り組みたいです。

 

ワンポイント
志望動機には自分が転職によって活かせる強みと独自性が欠かせません。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性,会議

ツアーコンダクターへの転職を検討するなら転職エージェントを活用しましょう。

ツアーコンダクターは旅行が好きな方にとっては憧れの職業ですが、希望者も多く資格取得の必要もあります。

未経験から目指すにはしっかり計画を立てることと計画を1つずつ確実に実行していく粘り強さが求められるでしょう。

転職エージェントはツアーコンダクターになるためにやるべきことを整理し計画を確実に進めるサポートができます。

特に「ツアーコンダクターになりたいけれど何をしたらいいかわからない」という人は気軽に相談してみてください。

まとめ

女性,ヒアリング

ツアーコンダクターは旅行が好きな気持ちと慣れない土地でもトラブルに対応できるコミュニケーション力が求められます。

ツアーコンダクターとして活躍できる適正を面接でしっかりアピールするために企業研究・業界研究・自己分析が欠かせません。

人気の職業だからこそライバルも多いので、差をつけるために転職エージェントも活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら