装丁家は一人だけで仕事をするわけではありません。

小説家、編集者などさまざまな人と関わり、初めて一つの本が誕生するのです。

一つの著書にあったデザインを描いていき何度も話し合いを経て完成させます。

その本の内容を知ったうえでそれに見合ったデザインを考える必要があります。

装丁をするうえで身につけておいた方がいい能力がたくさんあり本を作り上げていくにはなくてはならない存在です。

実際にどんな仕事をしているのか、どんな知識が必要になるのかをご紹介します。

ブックデザイナーの仕事内容を解説

説明する女性
装丁家という言葉はあまりなじみのない言葉かもしれません。

装丁家とはブックデザイナーとも呼ばれ小説家が書籍を出版するうえでなくてはならない存在の人です。

著書の内容をしっかりと理解しなければ装丁家にはとてもなれません。

小説家が執筆した文章の内容を理解したうえで本の表紙、帯などにデザインを加えていきます。

また表紙のタイトルはどのようにデザインするのかまでデザインをするために入念に打ち合わせをする必要があります。

装丁家がいなければ誰も小説をデザインしてくれません。

一冊の書籍として出版するためにさまざまな工程のもとで本は成り立っています。

デザインをするだけと思われますがこれも立派な仕事であり一つの作品です。

書籍の内容を理解したうえで表紙のデザインはどのようなイラストがいいのか一つ一つ決めていきブックデザインを決めていきます。

一つの作品が仕上がればその分装丁家はデザインを施すために行動しなければならないためとても神経を使う仕事です。

ブックデザイナーの業務の流れ

①クライアントからの依頼

オッケーサインをする女性
出版社から出版の依頼があります。

依頼が入った瞬間から装丁家の出番です。

依頼が来なければ装丁家の仕事にはなりませんのでどんなデザインにしようかという考えはひとまず置いておくことにしましょう。

依頼がいつ来てもいいように前もって情報収集をしておく必要があります。

②本の原稿確認・打ち合わせ

依頼がきた後まずはデザインの想像を膨らませるために原稿の確認から作業するようにしましょう。

原稿を読んでその内容にあった表紙のデザインをしなければなりません。

ここで原稿と表紙のデザインがまったくあわなければせっかく仕上がってきた原稿に失礼です。

著書の中でも表紙は読み手側に一番目につく場所になります。

デザイン性あふれる表紙に仕上げるためにまずは必ず原稿に目を通すようにしましょう。

原稿のチェックが終わればいよいよ打ち合わせです。

自分が考えているデザインを話しつつ小説家や編集者の方たちの意見も聞くようにしましゃう。

自分の意見が強すぎると話もまとまりませんし小説が完成する日も長引いてしまいます。

打ち合わせは何度も行われ長い時間を強いることになるかもしれません。

ですがここでしっかり話し合っておかないと素敵な著書が完成しなくなります。

③デザイン案の作成

打ち合わせが終われば話し合ったものの内容を形にしていきましょう。

ここでは自分のデザイン能力が問われます。

著書の内容や方向性をしっかりと固めておけばそれに沿った案が次々と浮かんでくるはずです。

しっかりと話し合い丁寧な仕事をすることが求められます。

④デザイン案の提出・修正

書類を出す女性
デザインが完成したらそのデザインを提出しましょう。

著者のイメージにあったものや話し合いで決まったものを選びます。

またそれに対して修正することもあります。

この修正作業は一回で済めばいいのですが一度で済む確率はとても低いです。

何度も何度も修正を加えたり時には全く新しいデザインに変更したりします。

表紙は本屋さんに訪れた全ての人の目に止まるものになるため仕事を進める上でも慎重になるでしょう。

誰もが納得のいくデザインに仕上げるために繰り返し修正を重ねるのです。

⑤納品

すべての工程が終了したらデザインを納品しましょう。

その後出版社と色合いなど最終的な部分を話し合い決定していきます。

デザインを納品するのにいろんな工程があります。

その一つ一つがとても長い道のりになりますが素晴らしい作品を仕上げるためになくてはならない作業です。

作品を納品し細かな打ち合わせや作業が終了すれば一つの装丁が終了という形になります。

 

ワンポイント
道のりは長いですが一つ一つ丁寧に作業を進めていく必要があります。

ブックデザイナーの活躍の場

出版社

出向する女性

装丁家になりたいからといってすぐにその職業につけるというわけではありません。

まずは出版社に装丁家になるためさまざまな知識を身につけます。

装丁家のアシスタント業務をすることもあるでしょう。

自分がイメージしていたものと実際の現場では物事が違って見えてくることもあるからです。

学ぶべきものは多いですが装丁家がデザインする作品を見られるだけで大きな収穫になるでしょう。

今後自分が装丁する際に自分がいいと思ったものは目で見て盗んでブックデザインに活かしましょう。

出版社で装丁について学んだ後は今度は自分が装丁作業をする番です。

デザイン事務所

装丁家は著書をデザインする仕事です。

そのため文字の書体やイラストに関する知識は不可欠になります。

デザイン事務所に勤務するとデザインに関する知識は一通り身につくはずです。

またデザイン事務所に席を置いていると仲間がいます。

切磋琢磨しあえる仲間がいるだけで自分の成長にもつながっていくでしょう。

どのようなデザインがいいか、イラストの案も一人ではたどり着けなかったデザイン案が出てくるかもしれません。

同じ仕事をしていますが決して競争をしているわけではありません。

一つの作品を作り上げていくわけですので自信を持ってデザインを施していきましょう。

フリーランス

背伸びしている女性
フリーランスにいきなりなる人はいません。

デザイン事務所でまずは経験を積む必要があります。

経験を十分に積んでから独立しようという人が多いです。

ただしフリーランスで仕事をするのであれば何もかも自分で行動する必要があるのです。

仕事を取るにも打ち合わせをするためにアポイントをとるにも自分から働きかけて仕事を勝ち取ります。

フリーランスは出版社やデザイン事務所に在籍している人に比べて自由に行動することができるのです。

ですが計画を一からすべて立てなければならないという点があります。

求められるスキル

デザイン力

はりきる女性
表紙や帯をデザインするわけですから当然デザイン力は必要不可欠です。

著書が売れるかどうかは装丁の手にかかっています。

本が苦手な人であったらデザインで本を選ぶ人もいるかもしれません。

そんな時デザインが伝わらなければやめておこうと手を引っ込めてしまいます。

そうならないために装丁家はデザイン能力が必須といえるのです。

また装丁家はその著者の魅力が伝わるようなデザインを心がける必要があります。

本の魅力をデザインに変えるという作業はなかなかできるものではありません。

デザイン性も問われますが著者の内容にあったブックデザインにしないと作品がいつまで経っても発表できないということになります。

作品を発表する前に編集者や出版社の承認を得ることから始まるのです。

デザイン力はあらゆる面で神経を使う作業です。

色んな人が一つとなって一つの作品が生まれるためブックデザインは最も重要なポジションの仕事になります。

印刷・製本の知識

デザインがどう仕上がっているのかどのような紙でなど印刷や製本の知識を知っておかないと全体の仕上がりがわからなくなります。

仕事をしていくにはデザインを仕上げるだけではいけません。

印刷をしたときに自分が書き上げたデザインがどう反映するのか印刷をすればインクの写り用はどうなのかを知っておく必要があります。

この知識を知らなければ出来上がったときに思っていたデザインと違ってくる必要性もあるかもしれません。

ブックデザインを手がける上では必ず身に付けておく必要があります。

読解・情報収集力

考えている女性
著書が売れるかどうかが問われるため表紙や帯のデザインは読者の目を惹きつけるものにする必要があります。

ですが著書の内容と表紙のデザインがまったく関係のないものに仕上がっていたら共通性はどこにあるのかわからなくなります。

そのため装丁家は小説家が執筆した文章の内容を理解しなければなりません。

その内容を理解したうえで表紙に最適のデザインを加えていきます。

それまで何度も話し合いがありますが話し合いを重ねていって一番見合うデザインを表紙に施します。

装丁をするには一人で取り組むことはできません。

本に現れる物語の情景を理解しながら仕事を進めていく必要があります。

そのためにもさまざまな情報を集める必要もあるのです。

小説家は文章で表現しますが装丁家は絵で表現します。

コミュニケーション能力

著書にデザインを施す上で小説家や編集者と話し合う必要があります。

装丁家は決して一人で作業を開始することはできません。

小説家、編集者とともに動いていかなければ成立しないのです。

コミュニケーションが成り立たなければデザインの方向性も決まりませんし仕事をすることもできません。

ブックデザインをする上で案を出し合って打ち合わせをしていくなかで決めていきます。

意見が出そろえば作業開始です。

最終的に出版社へ納品を行いますがそこでも打ち合わせが行われます。

打ち合わせの結果次第でやり直しを依頼されることが多々あります。

またどういう方向性でデザインを進めていくのか決めていかなければなりません。

相手と話をする、話を聞く力はとても重要です。

一人で黙々と作業できる環境にはないため人と触れ合い会話を重ねながら作業をすることで完成に近づいていくのです。

仕事をする上でコミュニケーション能力はなくてはならない能力になります。

ブックデザイナーのやりがいや大変なところは?

ブックデザイナーのやりがい

どこかへ出向く女性

装丁家の一番のやりがいはやはり本が売れた瞬間です。

文章を執筆するのは小説家ですが一つの本を仕上げるために装丁家や編集者、出版社などさまざまな人が関わります。

色んな人の力があって一つの本として成り立つわけですがその本を手に取って購入してくれた時は心から喜べます。

小説家や編集者に貢献できたことは大きなやりがいといえるでしょう。

装丁家は本の表紙などをデザインしていく仕事です。

表紙や帯は本の顔と呼ばれる場所になるためとても重要な仕事になります。

お客様の中には著者の表紙を見て買ってみようと思う人もいるかもしれません。

仕事をする上で小説家や編集者と話し合いながらデザインを決めていく必要があります。

表紙や帯などによってその本が売れるかどうかが決まってくるのです。

やりがいはとても大きいものになりますが重要性も高くなります。

ブックデザイナーの大変なところ

装丁するうえで一冊にかかる時間は長いですがそれを同時に何冊も手がけて同時進行をはかっている装丁家もいます。

一つ一つ著書の内容は違いますしそれに見合ったデザインを加えていかなければなりませんので丁寧に作業するように心がけましょう。

またブックデザインを提出する納期も決まっています。

どの仕事にしても同じことですが納期がきたら必ず守るようにしましょう。

 

ワンポイント
一人の力だけではなく色んな人の力を合わせて一つの作品が生まれます。

ブックデザイナーの1日を紹介

ホワイトボードを持つ女性
装丁家によると思いますが働き方はさまざまです。

一日、二日会社に来て打ち合わせを行った後は自由に仕事をしているという人もいます。

逆に自分は夜型だからといって深夜にかけて作業をおこなう人もいるのです。

会社に勤めている人の合計勤務時間は八時間程度でしょう。

その中でやるべき業務はたくさんありますが自分の中でスケジュールを決めながら作業を進めていきます。

 

ワンポイント
ブックデザイナーの働き方は人それぞれです。自分に合った働き方ができるのも大きな特徴になります。

ブックデザイナーの将来性やキャリアパス

将来性

本を持つ女性
少し早いかもしれませんが装丁家になったあとのことを考えてみるのもいいかもしれません。

将来を見据えることは簡単なことではないかもしれませんが想像することは個人の自由です。

自分の人生は自分のものですので考え方も自由ですが将来のために行動していくのも一つの考え方であることは間違いないでしょう。

キャリアパス

  
今までは出版社に勤めながらブックデザインを務めていました。

自分の実力や知識を兼ね備えたと自信を持っていえるならフリーランスとして働くことも可能です。

会社に勤めることはありませんので自分で時間を確保しつつその時間は自由に使うことができます。

成長しようと思えばできますがそれをするのは自分自身の行動にかかっています。

未経験でもブックデザイナーを目指せる?

悩む女性
何かを初めて経験することに関して人は誰もが未経験なのです。

自分の努力次第でなりたいものに近づけます。

ただその途中の道のりを間違ってはなりません。

経験を積む方が有利になりますがまずはアシスタントとして事務社に入ってみる、専門学校で勉強するなど過程を立てましょう。

最終的ゴール地点が装丁家であるならそこまでにたどり着くまでの道のりがあるはずです。

未経験であろうが自分は必ず装丁家になるんだという思いを捨てないことが大事になります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

考え込んでいる女性
うまくいかないと思った時は必ず転職を考えるものです。

誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

転職したいと思った時は転職エージェントがいます。

転職エージェントに今まで自分が行ってきた仕事内容を伝えてみましょう。

人に相談してみることで自分のやりたいことが見えてくるはずです。

 

ワンポイント
悩んでいるだけでは何も解決されません。まずは気軽に相談するところから始めましょう。

まとめ

本を見て笑顔の女性
装丁家は決して一人だけでは成り立たない職業です。

小説家、編集者、出版社などさまざまな人と触れ合い長期に渡り打ち合わせをして一つの作品が誕生していきます。

著書を作り上げていく中で装丁家はなくてはならない存在です。

やりがいもたくさんありますがその一方で知識がなければ成り立たない職業です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら