代理店営業とはエンドユーザーに商品を販売するのではなく代理店にアプローチする仕事になります。

代理店営業が気になっているけれど仕事内容はよくわからないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では代理店営業に未経験で女性が転職する方法をエージェントが解説します。

転職を有利にする資格や向いている人の特徴も紹介しますので参考にしてください。

女性が未経験から代理店営業を目指せるか解説

女性

企業は自社の製品を直接販売するだけではありません。販売代理店に代理販売をしてもらうケースも多数あります。

代理店営業はこうした代理店を増やしながら商品を多く売るサポートをする仕事になります。

一般的な営業職のように自社の商品を顧客に販売することを目的にはしません。

そこで代理店営業の仕事内容や未経験から目指せるのかを解説します。

もし未経験で不安がある場合は転職エージェントを頼るのも一つの手です。興味のある職種への転職を目指しましょう。

代理店営業の仕事内容とは

女性

では具体的に代理店営業の仕事内容を見ていきます。

販売代理店で実際に商品を販売しているのは自社の社員ではありません。そのため商品に対する熱意に温度差が出る場合があります。

そのため代理店営業はただ販売代理店を増やすのではなく代理店のサポートも業務のひとつです。

代理店サポート

商談

代理店営業では代理店のサポートに力を注ぐことになります。

自社の商品を販売してもらうためには正しい知識ノウハウを伝えなければなりません。

また顧客からのクレームに対応する必要もあります。

販売代理店は自分の会社の商品だけを扱うわけではありませんので、いかに自社製品をプッシュしてもらうかも考える必要があります。

そのため販売代理店の店員としっかりコミュニケーションをとることが重要です。

営業同行

女性

自社の製品が販売されている現場で店員と一緒に販売業務を行うこともあります。

販売代理店の店員が製品について行う説明が正しいのかどうかを判断することもあるでしょう。

実際の販売の様子を見て販売方法を教えることもあります。

販売の現場に出ることは手間に思われるかもしれません。

しかし販売員と直接コミュニケーションをとることで販売の効率が上がることもあります。

新規開拓

女性

新規開拓は新しい販売代理店を開拓する仕事です。

新商品が販売されたタイミングなどで営業を行えば、より効率的に販売をしてくれる代理店を見つけることができます。

販売代理店のほうから製品を扱わせてほしいと依頼があるケースにも対応する必要があるでしょう。

自社製品を取り扱ってもらえる可能性が高いので、契約できるように対応します。

代理店営業で関わる業種

女性

代理店営業では業界ごとに少しずつ業務が異なります。

この章では特に求人の多い代理店営業で関わる業種を紹介しますので参考にしてください。

保険会社

女性

保険会社の代理店営業は代理店からの問い合わせなどの受付や回答を行います。

新規代理店希望者の面談なども業務に含まれるでしょう。

販売代理店と顧客の間にトラブルがあれば対応しなければなりません。

保険業界は多くの商品を扱いキャンペーンなども頻繁に行います。そのため販売代理店との連携を密にしていくことが重要です。

代理店とコミュニケーションを取り良好な関係を築きましょう。

携帯電話会社

携帯電話会社の代理店営業は各地にある販売ショップを回ることが仕事になります。

商品や契約に関する指導をしたり販売方法について教えたりすることになるでしょう。

クレームの対応を行う場合もあります。

 

ワンポイント
代理店営業で関わる業種
・保険会社
・携帯電話会社

代理店営業に向いている人の特徴は?

女性

代理店営業にはどのような人が向いているのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

代理店営業の仕事は直接自社製品を売り捌くものではありません。そのためユーザーと接する機会は少ないといえるでしょう。

しかし、販売代理店とのコミュニケーションはとても重要です。

良い関係を築くための能力がある人ほど代理店営業に向いているといえるでしょう。

コミュニケーションが得意

女性たち

代理店営業で重要なことは販売代理店と良好な関係を保つことです。

そのため相手とうまくコミュニケーションをとることができるのは重要な能力になります。

代理店営業は自社製品の知識や販売方法を販売員に伝えることも大切です。相手にうまく伝える能力がポイントになるでしょう。

また代理店で自社製品を多く販売してもらうためには販売員のモチベーションの維持も大切です。

自社の社員ではない販売員はそこまでモチベーションが高くない場合もあります。

そのため代理店営業が販売員と適切なコミュニケーションを取りながらモチベーションを高く保って貰う必要があるでしょう。

メンタルがタフ

女性

代理店営業が売上を上げるためには、自分で売るのではなく販売代理店に成果をあげてもらうしかありません。

しかしコミュニケーションを取って指導を続けてもなかなか成果が出ないことも多いです。

その時に諦めてしまわないメンタルのタフさが重要になってきます。

成果が上がっていない販売代理店にも辛抱強くサポートを続けるメンタルを持っている人は代理店営業に向いているといえるでしょう。

また代理店営業は多くの販売代理店と付き合っていかなければなりません。

その一つ一つに向け合うためにも強い精神力が必要です。

情報分析能力が高い

女性

代理店営業は販売代理店に売上を伸ばしてもらうことを目標に仕事をします。

一人でいくつもの販売代理店を担当することになるでしょう。

販売代理店は一つ一つが別のお店です。そのため抱えている課題も全て違います。

代理店営業はそれぞれの販売代理店に合った対応をしなければなりません。

そのときに重要になってくるのが情報分析能力です。

一つ一つの代理店が抱える問題を分析して対応することで売上を伸ばすことができます。

 

ワンポイント
代理店営業に向いている人の特徴
・コミュニケーション能力がある
・タフなメンタルがある
・情報分析能力が高い

代理店営業の未経験転職を有利にする資格は?

女性

代理店営業では応募に必要な資格を指定されることはあまりありません。

基本的に人柄や人間性を重視されるでしょう。

ですが他の応募者との差をつけたいのであれば資格があると有利になることもあります。

全業界を通してはオフィスソフトの使用能力を裏付ける以下のような資格があると良いでしょう。

  • MOS
  • 日商PC

英語を使用する業界では英語力を提示できる以下のような資格が有利です。

  • 英検
  • TOEIC

保険業界では専門的な知識が証明できるファイナンシャル・プランナーのような資格があると有利になることもあります。

 

ワンポイント
代理店営業の未経験転職を有利にする資格
・オフィスソフトの使用能力を証明する資格
・英語力を証明する資格
・専門的な知識が証明できる資格

代理店営業の仕事で身につくもの

女性

代理店営業は多くの販売代理店と付き合いながら新規開拓も目指す仕事です。

それだけ多くの人とコミュニケーションを取りながら日々の業務をこなさなければなりません。

決して楽ができる職種ではないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし代理店営業はそれに見合った達成感を得ることができます。

代理店営業を行い販売代理店の成果が上がれば、やりがい達成感を感じることができるでしょう。

また業務を続けていくうちに多くの能力を伸ばすことができます。

それでは代理店営業の仕事で身につくものをみていきましょう。

経営者の視点を知れる

女性たち

代理店営業は代理店の売上を伸ばすために様々なアドバイスを行う必要があります。

販売方法のコツに始まり顧客像の設定の仕方なども内容に含まれるでしょう。

この時に得られるのが経営者の視点です。

代理店経営者とコミュニケーションをとり情報交換を重ねることで経営者の視点を知ることができます。

これは他の営業職にはない特徴といえるでしょう。

分析能力

女性

販売代理店はそれぞれ別の会社になります。そのため抱える問題や接し方もそれぞれ違ってくるでしょう。

様々な問題を解決するためには正しく物事を分析する能力が必要です。

多くの代理店の対応をしているうちに、それぞれの代理店が抱える問題点を的確に分析できる能力も育っていくでしょう。

コミュニケーション力

ホワイトボードと女性

代理店営業は日々多くの人とコミュニケーションをとることになります。

そのため自然とコミュニケーション能力が身についていくでしょう。

販売店の成果を上げることや商品説明をきちんと伝えることなど目的のあるコミュニケーションですから能力も鍛えられます。

コミュニケーションを上手くとることができれば代理店と良好な関係を築くことができるでしょう。

良い関係を築いたということが自信になりコミュニケーション能力も磨かれていきます。

また販売店の思いを聞き取るヒアリング能力も伸びるかもしれません。

代理店営業で大変なこと

女性

多くのことをこなす代理店営業について漠然と大変そうだなと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの章では代理店営業で大変なことを挙げてみます。

目標を達成できれば大きなやりがいに繋がりますが、ノルマやクレーム対応は他の営業職と同じく大変だと感じる女性が多いようです。

ノルマを達成するのが難しい

女性

代理店営業にもノルマがある企業が多いです。

そしてこのノルマを達成することが難しいと感じる大きな原因は「自分で製品を売らない」という点にあります。

売上を上げてもらうためには実際に販売を担当している代理店の販売員に頑張ってもらわなければいけないのです。

自分で売上を完全にコントロールすることができません。

自社製品の知識や販売方法を代理店に伝えたとしても、その通りに販売してくれるかどうか確定するわけではありません。

ノルマを達成するためには販売代理店をどのように動かせばよいのか悩む女性も多いようです。

クレーム対応が必要な場合もある

代理店との窓口である代理店営業はクレーム対応も業務に含まれる場合が多いです。

これは代理店からのクレームというよりも代理店を通じて来た顧客からのクレームの対応ということになります。

クレームを受けて気持ちの良い人はあまりいないでしょう。

他の営業職にもいえることですが、クレームを直に受けて対応をするということはストレスになります。

特に代理店営業の場合は自分が直接販売したわけではないのに、窓口の店員のクレームなどにも対応しなければならない場合もあります。

このようなクレーム対応に関して理不尽だと感じる女性も多いようです。

 

ワンポイント
代理店営業で大変なこと
・ノルマの達成
・クレーム対応

代理店営業の未経験求人の探し方は?

相談

代理店営業を行っている業種は多くあります。

そのため業界を選ばなければ代理店営業の求人も多数見つけることができるでしょう。

もし希望の業界があるのであれば、多くの求人情報を持つ転職エージェントに相談するのも一つの方法です。

転職エージェントであれば一般には公開されていないような非公開の求人情報も揃えていますので希望の業界への転職情報もあるでしょう。

自分の希望する未経験でも応募可能な求人を効率良く見つけるためにも転職エージェントを活用してください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

未経験の職種を転職で希望する場合には仕事内容や求人情報など様々な疑問が出てくるでしょう。

そんな時には転職エージェントにご相談ください。一人で悩んでいる時間を効率良く転職活動に活かせるようになります。

転職の情報は転職のプロに任せることが何よりです。

転職エージェントに相談すると効率良く転職の情報を集めることができるでしょう。

希望する求人の情報や履歴書の書き方・面接の対策などをじっくりと相談することもできます。

転職エージェントを上手く活用して転職活動の時間をうまく使いましょう。

まとめ

代理店販売は直接自社の製品をエンドユーザーに販売するわけではありません。

販売代理店に製品を販売してもらうために尽力する業務になります。

そのため沢山の代理店とコミュニケーションを取りながら良好な関係を築く必要があるでしょう。

代理店に成果をあげてもらわなければノルマに届かないことがもどかしく思えるかもしれません。

ですが代理店が成果を上げると大きな達成感を得ることができます。それがやりがいと感じる方は多いです。

もし代理店営業への転職で悩むことがありましたら転職エージェントにご相談ください。

一緒に転職活動を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら