ITコンサルタントに未経験で女性が転職するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

こちらでは女性がITコンサルタントを目指すために必要なスキルや資格などを解説しています。

また面接での受け答えや未経験求人の探しかたも紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

ITコンサルタントに未経験で転職する方法を解説!

電話する女性

ITコンサルタントとは企業の抱える経営課題をさぐり、対処方を提案して新しいシステム導入やシステム最適化を行う仕事です。

ITに関すること全般のコンサルティング業務を行うため、幅広い知識が必要となります。

資格やスキルがあれば男性だけでなく女性も活躍できますが、企業の様々な要望に応え問題解決するため専門的なスキルを要します。

未経験者の場合最初はスタッフとして経験を積み、システムエンジニアを経てITコンサルタントになるのが一般的です。

ITコンサルタントの未経験求人から仕事内容をチェック

女性

ITコンサルタントの多くはコンサルティングファームに所属しており、コンサルティングファームでは未経験者の求人も多いです。

ITコンサルタントの求人のうち、未経験者可となっている募集の仕事内容を確認してみましょう。

未経験者にはいきなりITコンサルタントとしての仕事ではなく、まずはIT関連の仕事でじっくり経験を積むことが提案されます。

教育を受けながらスキルを磨く

未経験者は入社後まずスタッフとしてスキルを磨き、慣れてきたらクライアントを担当しキャリアを積んでいきます。

未経験者求人では研修という形ではなく、先輩の仕事を見ながらキャリアを積みITコンサルタントへキャリアアップしていくのです。

コンサルティングファームによっては、未経験者も先輩と一緒にクライアントとの関わりを持ちながら仕事を覚える場合もあります。

SEを経験後コンサルタントに

スキルや資格にもよりますが、未経験者として入社後SEとして仕事を重ねITコンサルタントへのキャリアアップも多いです。

SEはクライアントのニーズにあわせてシステム開発を行います。仕事を活かしながらITコンサルタントとしての仕事を学びます。

企業の経営課題を改善する為の策を練り提案するのがITコンサルトの仕事ですが、その改善策を形にするのがSEの仕事です。

そのキャリアを活かしてITコンサルタントとして活躍する人が多いのも頷けます。

ITコンサルタントとして

未経験者でもシステムエンジニア(SE)やプログラマの知識があれば、少しずつ仕事に慣れながらITコンサルタントとして働けます。

コンサルティングファーム出身者が立ち上げた会社もあり、未経験者を育てるという方向で募集している会社もあります。

助言を受け相談しながらですが、早い時期からITコンサルタントとしてのキャリアを積んでいる女性もいます。

 

ワンポイント
未経験の女性は教育を受け先輩に相談しながらITコンサルタントとしてキャリアを積みます。

ITコンサルタントの魅力

 

ガッツ

ITコンサルタントの仕事は企業の経営のIT面での問題点を探り、改善すべきことを提案して解決に導くことです。

そのためには広い知識と経験やキャリアが必要な職業です。企業との関係を密にしながら問題解決の為の企画を立ち上げます。

それにより企業の経営が改善した時には、企業と共に喜び合えるという達成感が大きな魅力のひとつでしょう。

ITコンサルタントの培われた経験やキャリアに対する需要は多く、複数の企業を相手に独立して活躍することができるのも魅力です。

提案が企業に承諾されればプロジェクトを立ち上げ問題解決に取り組みます。一丸となって結果を出せるのは喜びであり魅力でしょう。

ITコンサルタントに求められる能力

データ分析の仕事

ITコンサルタントは当然ながらITに関する広い知識が求められるため、システムに関してもSEと同等に近いスキルがあれば有利でしょう。

企業に対して問題点と解決策をプレゼンするプレゼンテーション能力も重要で、その策を企業に納得してもらう説得力も必要となります。

プロジェクトの要になるITコンサルタントですから、人をまとめる能力をはじめ様々な面での能力が必要になるのです。

コミュニケーション能力

ITコンサルタントは企業がどのような問題を抱えているのか、どのような点で行き詰っているのかをしっかりと知る必要があります。

IT担当者と話し合い、会話の中からその問題点を探し出す必要があるのです。

そのためには、相手の話しをじっくりと聞き取れるコミュニケーション能力が必要となります。

導いた問題点から解決策を探し提案するときには、企業側にその内容を納得してもらう説得する力も大切になります。

コミュニケーション能力はITコンサルティングを行う上で、欠くことの出来ないことなのです。

問題解決力

提案

企業のIT担当者との話し合いで、その企業の経営に関しての問題点を導き出し解決するために、その解決力も必要な能力となります。

何が悪くて業績が上がらないのか、どこで躓いているのかを瞬時に感じ取る能力も必要です。

数多く問題解決をしてきたITコンサルタントは、さまざまな経験からこの問題解決力をスキルとして積み上げているのです。

的確な解決策を提案し出来るだけ早期にその問題を解決することで、企業側からの信頼を得ることができるのです。

論理的思考力

また導き出した解決策がなぜ企業の経営の問題点に有効なのかを筋道を立てて考え、その因果関係を明確に伝える必要があります。

ここが問題なのでこういう解決策が必要といってしまうのではなく、論理立てて相手に解ってもらうことが大切です。

〇〇が問題でその原因は△△にあり、それを解決するにはこのようなシステムでここを改善する必要があります。

というように説明し納得してもらうのです。物事を論理的に伝えられる論理的思考力はITコンサルタントには欠かせない能力です。

ITコンサルタントは単にIT面のみで企業と関わるのではなく、あらゆる面でその能力を発揮しなくてはいけないのです。

柔軟性も必要で、女性のITコンサルタントが注目されているのもそういった能力が重視されることが一因でしょう。

自己PRの仕方

ガッツポーズの女性

ITコンサルタントとしては未経験であっても、なぜその仕事を志望するのかをはっきりと伝えるのが転職成功の一歩です。

しっかりと自分自身をアピールします。過去にどのような仕事をしていたか、経験などを伝えることも自己PRの一つです。

ITコンサルタントとしてどのようなことをしたいのか、どうなっていきたいのかも明確に具体的に話しましょう。

過去プロジェクトなどでフローを設計した経験

ITコンサルタントやSEでなくても、過去に何らかのプロジェクトなどでそのフローを理解している経験があるなどもPRになります。

プログラマなどの経験があることも採用の目安になります。ITコンサルタントに関係ないかなと思うことも伝えるようにしましょう。

直接IT関係の仕事で関わった訳ではないけれどプロジェクトでの経験があり、流れが掴めていることは未経験での面接では強みです。

常に自己研鑽をしていることをアピール

やる気 女性

今は挙げるようなスキルは無いけれど、資格を取得するために勉強していることや日々自己研鑽していることはアピールしましょう。

コミュニケーション能力を磨く勉強をしている、英会話の上級に挑戦しているといったことも自己PRの一つと考えられます。

前向きに自己研鑽を怠らない人がIT業界には必要なのです。特にITコンサルタントは尚更です。しっかりと自己PRして下さい。

 

ワンポイント
ITコンサルタントの面接ではしっかりと自己PRをすることが大切です。

ITコンサルタントの面接でのポイント

面接

それでは実際にITコンサルタントの面接では、どのような質問や答えが採用に結び付くのかを考えていきましょう。

まずは面接でアピールすべき点や、自分がITコンサルタントとしてどう会社に貢献していくのかを伝える必要があります。

できるだけ明確に具体的に要点をまとめて、自分の性格のどういった点がITコンサルタントに向いているのかも伝えましょう。

ITコンサルタントの仕事は未経験であっても、IT関係の仕事経験がある場合はどのような経験かを具体的に伝えましょう。

自分が貢献できる点をアピール

今後自分がどのように会社に貢献できるのかをアピールします。実際に貢献できる点を挙げてその根拠も伝えます。

ITコンサルタントは未経験でも今まで企業でシステムの開発に携わってきたので、その経験を活かしたい。

コミュニケーション能力と語学力を活かして企業の問題点をしっかりと分析解明したいなどとスキルや資格をアピールしましょう。

聞かれればキャリアパスも明確に話せるようにしておきましょう。入社後どのようになりたいのかは重要なポイントとなります。

細分化して考えことができることをアピール

細分化はマーケティングでは大切な戦略ですが、その細分化の考え方を仕事に上手く取り入れることができるのは強みです。

細分化手法をマーケティングの調査と同様に、自分自身のキャリアに置き換えて考えられることをアピールします。

 

ワンポイント
面接では会社にどのように貢献できるか伝えるのがポイントです。

ITコンサルタントの質問例と回答例

面接

ITコンサルタントの面接ではどのような質問をされることが多いのか確認していきましょう。

面接では質問からどのような回答を返すのか、面接官は回答から面接者の考えを瞬時に感じ取ります。

そのため、明確に答えることが重要です。

経験者への質問と未経験者の質問では違いますし、男性女性でも違ってきます。ここでは女性の未経験者への質問例を挙げてみます。

志望動機

なぜITコンサルタントを志望したのかという質問と、なぜこの会社を選んだのかが志望動機での多い質問です。

回答例…「前職でITコンサルタントのプロジェクトに参加し、自分も経営の問題点に取り組み解決する仕事をしたいと志望しました」

回答例…「未経験であっても寄り添い、一日も早くITコンサルタントとして従事できるよう指導される御社の方針に魅力を感じました」

未経験者であってもITコンサルタントという仕事を熟知していることを志望動機に組み込むとより効果的です。

未経験だからこそこの会社を選んだという、明確な理由を伝えることは効果的な回答となります。

資格とスキル

スキル

どのような資格を取得しているのか、またどのようなスキルがあるのかは採用担当者にとっては気になるところです。

ITコンサルタントとして役立つ資格を取得していますか、また前職などで身に付けた役立つスキルがありますか。

回答…「ITコンサルタントを目指しITコーディネータの資格を取得しました。プログラミングの経験を活かしたいと考えています」

「特に資格はありませんが、今後役立つ資格を取得したいと考えています。コミュニケーション能力は前職で身に付けたスキルです」

特に資格は取得していなくても今後取得したいと答えることで、前向きさが伝わります

キャリアパス

未経験からITコンサルタントとしてすぐに活躍はできません。コンサルタントになる為の道筋が必要です。

そのためにあなたのキャリアパスを教えて下さい。と質問されることもあります。

回答…「IT関係の仕事で地道にキャリアを積む努力をし、併せてITコンサルタントとして必要な企業の知識を身に付けたいです」

「顧客企業への的確な改善策を提案できるようになり、より専門的な知識を深めてハイレベルなプロジェクトを立ち上げたいです」

未経験であっても必ずITコンサルタントとして活躍したいという、強い姿勢を見せることが必要なのです。

ITコンサルタントの未経験求人の探し方

パソコン作業をする女性

ITコンサルタントの求人はコンサルタントファームの求人として募集されている場合が多いです。

コンサルタントファームでは未経験者の求人を多く行っています

ただITコンサルタントは多くの知識と経験を必要とする職種のため、未経験者の場合転職後すぐに活躍できることは少ないでしょう。

ITコンサルタントの求人で未経験者可となっている案件を見つけて応募する必要がありますが、専門分野だけに難しいのが現状です。

ITコンサルタントの転職は、多くの情報網を持ち未経験の女性の転職に強みの転職エージェントに相談しましょう。

 

ワンポイント
未経験でのITコンサルタント求人を探すなら転職エージェントを活用しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

ITコンサルタントは専門的な広い知識が必要な職種ですが、未経験の女性でも転職が不可能なわけではありません。

IT関係の仕事をしていて、キャリアを積みITコンサルタントへの転職を考えているなら、可能性はより大きいです。

多くの情報を持っている転職エージェントを活用して下さい。豊富な経験からさまざまなアドバイスが期待できます。

まとめ

女性

ITコンサルタントは企業の経営課題を導き出し、対処法を提案する仕事です。

ITに関する幅広い知識はもちろんですが、プロジェクトを立ち上げて統一させるため、統率力も必要となります。

クライアントから課題を引き出すためのコミュニケーション能力や、提案する為の提案力も必要です。

未経験でITコンサルタントを目指す為には、まず地道に経験を積みながらキャリアを上げる必要があります。

女性のITコンサルタントも多く活躍しています。ぜひ転職エージェントを活用して転職を成功させて下さい。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら