仕事が上手くいかない時「自分はこの仕事に向いていないかも」と考えてしまうことはありませんか?

特に疲れている時はネガティブ思考に陥りやすいので注意が必要です。

当記事で仕事に向いていないと悩んだ時の対処法や向いている仕事に転職するコツをみていきましょう。

Contents

仕事が向いてないと悩んだ時の対処法を解説

パソコン作業で悩む女性

仕事が自分に向いていないと感じたらまずはその原因を探ってみましょう。

職場環境や待遇、もしくは人間関係の悩みから来るストレスの影響で落ち込んでいる場合があります。

自分が本当に向いている仕事は何か、やりたい仕事は何かについても考えてみましょう。

今の仕事にやりがいがあり、あなたが思い描く将来に向かっていけている仕事かどうかも大切なポイントです。

もし今の仕事が自分に向いていないと分かったら転職という道もあります。

自分が仕事に対して求めていることを一緒に考えてみましょう。

仕事が向いてないと感じる原因

悩む女性

仕事に向いていないと感じる原因は何なのでしょうか。

ちょっとしたミスが続いたことが原因でモチベーションが下がるケースがあります。

ここでは大きく3つの要因に分け、「なぜそう感じてしまうのか」について解説していきます。

入社前と後のギャップ

想像していた仕事内容と違うなど入社前後でギャップを感じてしまう人は少なくありません。

自分で選んだ職場のはずなのになぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

その理由の1つとして会社に求めるものが大きすぎることが考えられます。

入社前の時点で会社に対する理想を高く持ちすぎていると、入社後にギャップを感じてしまうのです。

仕事に自信が持てない

疲れているビジネスウーマン

仕事に自信が持てないのも向いていないと感じる原因の1つです。

同期入社や後輩からの評判は気にしないようにしていても耳に入ってしまいます。

周りの人が仕事で活躍するたびに自分とくらべていませんか?

他人とくらべることで自分に対して必要以上にプレッシャーを感じてまうものです。

重圧がかかりすぎて思うような結果が得られず自信を失ってしまう、そんな悪循環に陥ってしまうのでしょう。

ミスが続くことで自己評価が低くなり、結果として仕事に向いていないと感じるのです。

仕事によるストレス

仕事量が多すぎたり責任の重い仕事を背負わされたりすると、仕事に対してストレスを感じてしまいます。

また、業務とは直接関係のない職場の人間関係もストレスを感じる原因です。

社内環境改善のためストレスチェックが行われているものの、個人的なストレス緩和にまで踏み込めていません。

相談したくてもできないという状況がストレスで、場合によっては心身のバランスを崩してしまうこともあるのです。

 

ワンポイント
仕事に向いていないと感じる原因は仕事量の多さやストレスなどさまざま。

仕事の向き不向きの判断基準は?

女性勉強

仕事上のミスなどが原因で「仕事に向いていない」と感じても、時間が経てば気にならなくなる場合があります。

しかし日常的にこのような思いを抱えているなら、仕事の向き不向きについて判断する必要があるのです。

では具体的にどのようなことを判断基準にすればいいのでしょうか。

3つのポイントが自分に当てはまるかどうか考えてみましょう。

自分の性格や能力が活かせているか

女性

仕事に向いていないと悩んでいる人の中には、適性に合っていない仕事を選んでいる人がいます。

どんな人にも得意分野や苦手分野があるように、仕事にも向き不向きがあるのです。

1人でコツコツ作業を進めるのが得意な人であれば事務職でその能力を発揮できるでしょう。

しかし、営業職を中心に人と多く関わる仕事では同じように活躍できないかもしれません。

自分の性格と仕事の特性が合わないまま仕事を続けていれば実力を活かすことはできないのです。

したがって、まずは自分を深く知ることから始めてみてください。

性格や長所・短所、得意なこと・不得意なことを紙に書き出し、客観的に自分を見つめることが大切です。

仕事にやりがいを感じるか

目標を達成したり自分を必要とされたりした時に人はやりがいを感じます。

これは仕事でも同じで、自分の成果が認められたり感謝されたりすればやる気につながるのです。

しかし、どれだけ頑張っても評価されなければモチベーションは下がってしまうでしょう。

あなたが今の職場でやりがいを感じられないと悩んでいるなら要注意です。

今の仕事でやりがいを感じられるかどうか、もう一度考えてみてください。

将来のビジョンが見えるか

仕事における将来のビジョンとは「なりたい自分」です。

キャリアアップを目指したいのか安定した収入を継続したいのか、人によってビジョンは異なります。

あなたが考える将来のビジョンと今の仕事がマッチしているかどうかは非常に大切なポイントです。

特に女性の場合は出産を始め大きなライフイベントを迎えることがあります。

妊娠中に仕事のサポートを受けられるかなど不安を抱える女性は多いのです。

自分のビジョンに合っている仕事かどうか分からなければ、会社内に理想とする女性の先輩や上司がいないか探してみましょう。

もし見つかれば今の職場でビジョンが叶えられる可能性は高くなります。

仕事が向いてない時にやるべきこと

女性仕事

今の仕事に向いていないと判断したら、どうすれば解決できるかを考えることが大切です。

向いていないと感じながら働き続けてもモチベーションが上がりません。

また、ストレスが原因で心と身体に悪い影響が出てしまう可能性もあります。

そして何よりあなたが持っているスキルを活かせないのは非常にもったいないことです。

では具体的にどのようなことを行えばいいのか3つご紹介します。

休暇をとって休んでみる

旅行

人は悩みがあるとそのことばかり考えてしまうため、悩みのタネから距離を置くことが大切です。

仕事に行きたくないと感じるのなら思い切って休暇を取って休みましょう。

旅行に出かけたり趣味に没頭したりと、好きなことをして心身共にリラックスさせてください。

仕事と距離を取ることで今までとは違った見方ができるようになり、新しい発見も生まれやすくなります。

誰かに相談してみる

「仕事に向いていない」と感じる原因が職場環境にあるのなら、人事に社内異動を相談してみましょう。

しかし人間関係などのネガティブな理由での異動願いは受け入れてもらえないことも多いのが現実です。

なぜなら異動先の部署でも新たな人間関係を構築しなければならず、同じような問題が起こる可能性があるから。

社内環境を変えたいときは上司や先輩に相談しましょう。

社内の人に相談しにくい内容なら、仲の良い友人など身近な人でも構いません。

思っていることを言葉にして吐き出すことで、自分の気持ちを整理することができます。

転職を視野に入れよう

仕事から距離を取ったり誰かに相談したりしても解決できない場合は転職も考えてみましょう。

ただし、退職後のビジョンがないまま仕事を辞めてしまうことはおすすめできません。

資格やスキルの習得、業界研究や企業研究など入念な準備が必要です。

特に「仕事が自分に向いていない」という理由での転職なら、新しい職場はより慎重に選ぶ必要があります。

行き当たりばったりな行動はせず、じっくりと転職に向けた準備をしましょう。

 

ワンポイント
向いていないと感じたら休暇を取ったり誰かに相談したりして気持ちを軽くしよう。

仕事が向いてないことは転職理由にできるの?

クエスチョンマーク、女性の手

仕事が向いてないことは転職理由にできます。

あれこれ工夫や努力をしても転職以外に解決方法が見つからないのなら、それは立派な転職理由になるのです。

誰にでも向き不向きはあるので、向いていない仕事を無理に続けても成果は上がらないでしょう。

転職は逃げの選択ではありません。あなたが持つ本来の実力を最大限に発揮できる新しい仕事を見つけましょう。

向いてない仕事から転職する時のポイント

女性パソコン

「仕事が向いていない」を理由とした転職を成功させるには「向いている仕事」を見つけることが重要です。

そのためには自分なりの向き不向きの判断基準を作りましょう。

そして転職活動に役立つ情報やサービスをできるだけ多く活用することです。

大切なポイントを2つ詳しく解説していきます。

自己分析をして強みや弱みを明確にしよう

転職活動の準備として初めにやるべきことは自己分析です。

今までの経験や考え方を整理し書き出すことによって、客観的に自分を観察することができます。

自分のスキルや強みを理解することで企業へのアピールポイントを明確にしましょう。

同時に自分の弱みを理解することも大切です。

不得意なことや苦手な環境が分かっていれば、自分に向いていない業界や職種を判別することができます。

仕事の向き不向きを知るためにも自己分析は丁寧に行ってください。

転職エージェントを活用しよう

学生の就職活動とは違い転職活動はすべて自分1人でこなさなければなりません。

特に働きながら転職活動をする場合は仕事と並行して行うことになります。

休日や仕事の合間を縫って活動することになるので時間的にも体力的にも大きな負担がかかるもの。

こうした事態を招かないために大切なのが転職エージェントを活用することです。

エージェントは求人情報の紹介や面接日程の調整など、あなたの転職活動がスムーズに進むようサポートしてくれます。

さらに、企業との給与交渉といった個人では難しいことも安心して任せることができるのです。

転職に慣れている人はほとんどいません。初めてで分からないことばかりなのは当然のことです。

1人で頑張ろうとせず転職エージェントを活用してあなたに向いている仕事を見つけましょう。

 

ワンポイント
自己分析したりエージェントを活用したりして転職活動を進めよう!

向いてない仕事から転職する時の注意点

指を差す女性

向いていないことを理由に転職をする際に注意しなければならない点があります。

それは同じような職種に転職しないことです。

せっかく新しい会社に転職してもまた同じ思いをしてしまう可能性があります。

ほかにも2つ注意点があるのでそれぞれみていきましょう。

転職理由を明確化しよう

まずは転職理由を明確にしてください。

いざ転職活動を始めてみるとさまざまな場面で選択を迫られることがあります。

A社とB社どちらが自分に合っているかなど、選択することよって転職先を絞り込んでいくことになるからです。

ここで転職理由が明確になっていないと自分にとっての向き不向きが分からなくなってしまいます。

間違った選択で辛い思いをしないよう転職理由を明確にしましょう。

企業研究や情報収集を徹底しよう

転職活動では徹底して情報を集める必要があります。

なぜなら向いていない仕事に就いている原因として企業研究が足りなかった可能性があるからです。

実際に働いてみなければ分からないことはありますが、丁寧に企業研究をすれば事前に分かることが多いもの。

企業研究や情報収集をしっかり行うことで、自分に向いている会社かどうか判断する材料になります。

企業のホームページを入念にチェックしてみましょう。

自分に向いている仕事の探し方は?

ガッツポーズをする女性

自分に向いている仕事を探すには適職診断がおすすめです。

自分が仕事に求めているものや考え方の傾向など、自分では気づけなかった意外な一面を知るきっかけにもなります。

好きな仕事イコール向いている仕事と思われがちですが、これは少し違います。

「好き嫌い」が個人の好みであるのに対して「向き不向き」は特性やその人の性質です。

自分の能力やパフォーマンスを十分に発揮して成果や達成感を得られる仕事が向いている仕事といえます。

適性診断のほか自己分析を徹底的に行うことも大切です。

自分のことは自分が一番よく分かっているといわれますが、本当にそうなのでしょうか。

改めて自分を見つめなおすことで、隠された強みが見つかるかもしれません。

 

ワンポイント
適性診断や自己分析で向いている仕事を見つけよう!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアコンサルタント

転職活動に不安や悩みは付きものです。

家族や友人に話を聞いてもらうことはできても客観的な意見を求めるのはなかなか難しいでしょう。

そんな時は転職エージェントに相談するのがおすすめです。

さまざまな知識やノウハウを持ったキャリアアドバイザーが的確にアドバイスしてくれます。

転職エージェントは慣れない転職活動をサポートしてくれる心強い味方です。

困った時は1人で抱えず、遠慮せずにエージェントを頼りましょう。

まとめ

女性

今の職場で「仕事に向いていない」と感じたらそう思った理由を探ってみましょう。

実は「向いていない」と思い込んでいるだけで、本当の原因は別にある場合もあります。

職場は一日の大半の時間を過ごす場所です。仕事を好きだと思えないとただ辛い時間を重ねていくだけになってしまいます。

自分を見つめ直し、時には周囲の人の力も借りて解決していきましょう。

あなたらしい働き方をするために転職エージェントの活用は欠かせません。

エージェントと二人三脚で理想の未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する