ブライダル業界は多くの女性が活躍している人気の業界です。

今回はそんなブライダル業界に未経験で転職する方法と、必要なスキルをご紹介します。

また、未経験者歓迎の求人を探す方法もあわせて解説していきます。

ブライダル業界に未経験で転職する方法を解説!

花嫁、ブーケ

ブライダル業界は人生の一大イベントである結婚式に関わる業務全般を担っています。

華やかな仕事であり、人の幸せを間近で支えることができるため、大変人気の業界です。

また、女性が活躍しやすい業界で、特に20代から30代の女性求職者には人気が高くなっています。

人気の業界と聞くと経験者が優遇されるように聞こえますが、ブライダル業界では未経験者歓迎の企業が多く存在します。

そのため、未経験であっても積極的に求人へ応募していくことが転職成功の鍵となるでしょう。

ただし、人気業界ということで応募者の数も当然多くなります。

未経験でブライダル業界への転職を成功させるためには、他の応募者と差別化できる志望動機やスキルが必要となります。

ブライダル業界の職種

ブーケ

ブライダル業界には様々な職種があります。

未経験でブライダル業界に挑戦する場合は、まずどの職種を志望するか決めましょう。

ウェディングプランナー

パソコン、女性、面談

ブライダル業界の花形ともいえるのが、ウェディングプランナーです。

ウェディングプランナーは新郎新婦と協力しながら結婚式と披露宴の進行プランや演出を作る仕事です。

新郎新婦と何度も打ち合わせを重ね、二人のニーズに相応しい内容と予算でプランを提案し、必要な備品や人員手配を担当します。

ウェディングプランナーの仕事は新郎新婦の予算・日程・希望条件を聞き出し、それに合うプランの提案から始まります。

詳細が決まれば式当日の司会やカメラマン・神父・音響照明スタッフといった人員の手配も必要です。

式ではブーケやウェディングケーキ、来賓者への提供料理などの備品・食品手配と管理もあり、そちらも担当します。

結婚式・披露宴に関する総合的なプロデュース業務がウェディングプランナーの主な業務といえるでしょう。

企業によっては式の契約までをウェディングプランナーの仕事とし、管理や手配は別の担当が行うケースもあります。

ウェディングプランナーは結婚式場か結婚式サポートを主な業務とする企業に配属されるのが一般的です。

  • 新郎新婦と顔を合わせ、直接話し合いながらサポートを行うタイプ
  • Webサービスを介して結婚式にまつわる情報提供を行いつつ新郎新婦をサポートするタイプ

と仕事内容が企業によって分かれます。

自分がどんなウェディングプランナーになりたいかよく考えて応募しなければなりません。

少子高齢化社会とはいえ結婚式には一定の需要があるため、ブライダル業界は安定した業界といえるでしょう。

そのため、ウェディングプランナーの需要も安定しているのが人気の理由のひとつです。

ウェディングプランナーに必要とされるスキルには以下のようなものがあります。

  • 顧客ニーズを聞き取る力
  • 的確なプランを提供する提案力
  • 最新トレンドに対する知識・情報収集力

業界未経験でも接客業営業職を経験していれば、こういったスキルを活かしてウェディングプランナーとして活躍できます。

ドレスコーディネーター

ウェディングドレス

ドレスコーディネーターもまた人の幸せに直接かかわる花形仕事といえます。

結婚式や披露宴ではウェディングドレスを始めとした様々な衣装を着用します。

ドレスコーディネーターはそんな新郎新婦の衣装や来賓の衣装をコーディネートする仕事です。

特に花嫁衣裳は結婚式における重要な要素となるので、ドレスコーディネーターの仕事は責任重大といえます。

ドレスコーディネーターは、

  • 新郎の衣装(タキシード・紋付き羽織袴など)
  • 新婦の衣装(ウェディングドレス・白無垢など)
  • 列席する家族の衣装

などをコーディネートすることがメインの業務です。

それに加え、ヘアスタイルやメイク、小物類を含むトータルコーディネートを担当することも多いようです。

衣装のコーディネートは自分のセンスで行うのではなく、新郎新婦の希望条件や予算を聞き取りながら行います。

ドレスはフルオーダーなのか・セミオーダーなのか、レンタルするのか等の条件も踏まえて手配をするのです。

ドレスコーディネーターはブライダル関連のドレスショップや、ホテル、式場専門の衣装サロンなどに配属されます。

ドレスコーディネーターに必要とされるスキルはウェディングプランナーと大きく変わりません。

ドレスや色彩に関する知識があればなお歓迎される傾向があります。

必ず必要になる資格はないので、未経験者でも挑戦しやすい職種のひとつといえます。

バンケットサービス

カトラリー、ナプキン、テーブル

バンケットは「宴会」を意味し、バンケットサービスは結婚式に関わる飲食サービスを提供する仕事となります。

ブライダル業界だけでなくホテル業界にも関わりのある職種です。

バンケットサービスは料理やドリンクの提供を行いますが、全てタイムスケジュールに合わせて動くことが求められます。

基本的にチームで連携して動き、式前の食器のセッティングや終了後の片付けすべてがバンケットサービスの業務となります。

披露宴の進行状況にあわせて臨機応変に指示を出す「バンケットキャプテン」に従って働く形になるでしょう。

バンケットサービスには

  • 臨機応変な対応力
  • 周囲の状況を把握する観察力と視野
  • 迅速に動ける体力

が必要となります。

未経験でもスピーディーに業務をこなした経験があればそれを活かして活躍できるでしょう。

音響・照明

こちらは結婚式や披露宴をから支える仕事です。

裏方仕事というと地味に感じるかもしれませんが、式や披露宴における音響や照明は式の盛り上がりを左右します。

音響は新郎新婦の決めた音源を式や披露宴の雰囲気にあわせて臨機応変に音量や流すタイミングを調節します。

照明も音響と合わせながら、メインとなる人を目立たせることができるように対応する必要がある仕事です。

こちらはチームというよりも、一人か二人でこなすことが多くなるため責任感がある人材が求められます。

また、機械操作に対して抵抗感がなければなお歓迎されるでしょう。

 

ワンポイント
 ブライダル業界にはウェディングプランナーをはじめとした様々な職種があります。

ブライダル業界の魅力

紫のブーケを持つ女性

ブライダル業界の魅力はなんといっても、人に喜ばれる仕事ができる点といえます。

結婚式は人生における一大イベントです。

そのイベントを新郎新婦と共に作りあげ、感動を生み出せるのがブライダル業界の仕事なのです。

失敗が許されない環境のため、プレッシャーや責任感に圧し潰されそうになるかもしれません。

しかし、その分成功した時の喜びはひとしおです。

仕事の成功が顧客の幸せに直接繋がり、大きな達成感満足感を得ることができます。

 

ワンポイント
 ブライダル業界の魅力は人に喜ばれる仕事ができることです。

ブライダル業界で働くことの注意点

悩む女性

女性が憧れるブライダル業界ですが、働く際には注意点があります。

注意点を理解して転職活動しなければ、入社後にギャップを感じてしまいます。

かなり体力を使う

疲れているビジネスウーマン

ブライダル業界は新郎新婦やその関係者の都合が優先される仕事なので、残業土日出勤が当たり前の世界です。

また、式に使う備品などの大きな荷物を持って会場内を往復することもあります。

肉体労働長時間労働体力を使う環境となるのがブライダル業界の仕事です。

時期によっては担当する挙式が複数重なることもあるため、自己管理能力がなければ体調を崩してしまうのです。

結婚式の日取りはほとんど土日祝日が選ばれますし、相談にくる新郎新婦も土日祝日に集中します。

つまり土日祝日は稼ぎ時でもあるのです。

全くお休みがないということでもないのですが、土日祝日は式や顧客対応が増大し平日よりも体力を使うことが多くなります。

体力に自信がないままブライダル業界に足を踏み入れてしまうと、その激務具合についていけない可能性があります。

ブライダル業界を目指すと決めた時点である程度の体力作りは必要となるでしょう。

常に笑顔でいる必要がある

ブライダル業界はハレの日を作る仕事です。

ハレの日を作る側が曇った表情をしていては、主役である新郎新婦もいやな気分になってしまいます。

そのため、どんな状況や難題にぶつかっても常に笑顔でいる必要があるのです。

感情を顔に出すことができないため、フラストレーションがたまりやすい環境ともいえます。

感情が顔に出ないように訓練することと、たまったフラストレーションをうまく発散する方法を見つけることが大切です。

失敗が許されない

結婚式は顧客である新郎新婦にとって人生の一大イベントであり、やり直しがきかないものです。

その結婚式を作るブライダル業界の仕事は基本的に失敗が許されません。

失敗が許されないという緊張感にストレスを感じてしまうケースも多いようです。

ブライダル業界は華やかだと思われがちですが、人の幸せに直接かかわるぶん厳しい面があることを覚えておきましょう。

 

ワンポイント
 ブライダル業界は体力を消費することや失敗が許されない環境であることを知っておきましょう。

ブライダル業界に必要なスキル

電球、考える女性

ブライダル業界は厳しい面もありますが、そのぶんやりがいが大きい仕事をすることができます。

女性も活躍しやすいブライダル業界に転職する時に持っておきたい必要スキルを紹介します。

ビジネスマナー

手を合わせる女性

ブライダル業界はどの業界よりもマナー礼儀に関するルールが厳しく定められています。

人生の一大イベントである結婚式には多大な資金が必要となります。

顧客単価が高いぶん、どんな業種よりも高度な接客レベルが求められるのです。

対応する顧客の世代や職種はばらばらです。

その顧客のニーズを聞き出し、的確な式を提供するために礼儀正しさ正しい言葉遣いは必須となります。

また、顧客から好感を持たれる話し方身だしなみもビジネスマナーに含まれます。

こういった知識をつけるための勉強や資格取得は転職を有利にするでしょう。

体力と忍耐力

ブライダル業界は顧客に対する営業と接客サービスを行う仕事が多いため、どんな状況にも耐える忍耐力が必要となります。

顧客の都合に合わせて打ち合わせや下見が行われますし、大量の荷物を持って広い会場を移動することもあります。

長時間労働と肉体労働が重なることもあるので体力は必要不可欠です。

式までの準備と、式当日の管理業務をすべてこなせるように体力はつけておくべきでしょう。

 

ワンポイント
 ブライダル業界で必要とされるスキルにはビジネスマナーや体力・忍耐力が挙げられます。

ブライダル業界の面接で想定される質問は

クエスチョンマーク、女性の手

ブライダル業界の転職面接未経験者がされると予想される質問にはどんなものがあるのでしょうか。

ここではよく聞かれる質問を紹介します。

なぜブライダル業界を志望するのか?

未経験者はやる気や熱意といった将来性に繋がるポイントを評価される傾向があります。

しかし、応募した業界の知識や動向に関する情報を得ていないと企業側は危機感を覚えてしまいます。

そのため、業界研究に関する質問は面接において高確率でされるでしょう。

ブライダル業界のビジネスモデルや市場規模、会場のタイプや挙式のスタイルといった基礎知識を把握しておきます。

また、業界のトレンドや応募企業についても研究が必要です。

未経験者歓迎の企業でも、異業種へ転職する理由に具体性がなければ内定は貰えません。

なぜその業界なのかという理由と共に、なぜその企業へ応募したのかという理由も作っておくと効果的な回答が出来ます。

業務で活かせる経験やスキルがあるか?

中途採用というものは新卒採用と違い即戦力を求める傾向が強いため、活かせるスキルや経験を聞かれます。

未経験者は経験者と違い、ブライダル業界の専門スキルはほとんど持っていません。

その代わり、これまでの経験や得てきたスキルから活かせるものがあるかを尋ねられるのです。

この時、回答する経験やスキルが業界とそぐわないものにならないよう注意しなければなりません。

ここはあくまでもブライダル業界において活かせる経験やスキルを答える場面です。

業界研究、企業研究とあわせた綿密な自己分析が必要となります。

これらの対策は一人で行うのが難しいものです。

こういった質問に対して具体的に答えられない場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは経験やスキルを踏まえた効果的なアピールポイントを作るサポートをしてくれます。

ブライダル業界の将来性やキャリアパス

海、花嫁

ここではブライダル業界の将来性キャリアパスがどうなっているのかを確認していきます。

将来性

ウエディング業界は現在、結婚式数の減少に対し、結婚式の多様化を率先してアピールしています。

近年、結婚式を挙げない夫婦の増加や高齢化にともなう晩婚化が進んでいますし、未婚の男女も増えています。

また、結婚式自体も小規模なものが増えてきており、レストランや商業施設を利用した式が増えているのです。

ウエディング業界は従来の結婚式に加え、増え続ける様々なニーズに対応する必要があります。

減少傾向にある結婚式が手軽に出来るようにリーズナブルな値段で売り出している企業も存在します。

これからのブライダル業界には現状に対して臨機応変に対応できる企画力提案力のある人材が求められるでしょう。

キャリアパス

ブライダル業界のキャリアパスは業務のアシスタントから始まり、経験や実務を積んで知識とスキルを身につけていきます。

そのため、入社後は必要な業務を迅速かつ丁寧に行えるよう、基礎力をつける期間が続きます。

そこから様々なタイプの式場やプランに対応できる応用力をつけ、より良い単価の式を担当できるようになるのです。

ゆくゆくはマネージャーや支配人などの管理職や、スペシャリストとして活躍できるでしょう。

また、企業に属さないフリーランスとして働く人も増えてきています。

まずは基礎的なブライダル業界知識とスキルを身につけてから、将来的にどこを目指すか決めて行動していきましょう。

ブライダル業界の未経験求人の探し方

手を差し伸べる女性、検索画面

未経験者がブライダル業界に転職したいと考えた時、どのような求人の探し方をすれば良いのでしょうか。

まず興味のある企業を見つけたら、募集要項やホームページをチェックして求めている人材像を把握します。

未経験歓迎の他に必要な事項がないか確認し、歓迎されるスキルや経験を持っていればそこを軸にアピールができます。

募集要項には業務内容や待遇についても記載されているので、本当に自分のやりたいことと合っているのかも確認しましょう。

こういった情報収集が苦手な場合は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントであれば希望条件に沿った求人や、経験を活かせる求人を紹介してくれるからです。

応募書類の添削や面接対策などのサポートも行っているため、未経験からブライダル業界を目指すときに役立ちます。

転職の悩みは転職エージェントに相談!

応援するビジネスウーマン

ブライダル業界の仕事は女性が活躍できることで人気となっています。

人気の業界で転職活動する時は、情報収集と自己分析をしっかりしなければ他の応募者との差別化ができません。

もし何度応募しても内定が貰えず悩んでいるときは、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントはあなただけの強みを見つけ、他の応募者とひと味違うアピールポイントを作る手伝いをしてくれます。

まとめ

ブーケ、新郎新婦の人形

ブライダル業界の仕事は華やかな面がある半面、責任が大きく緊張感のある仕事でもあります。

しかし、未経験者でも積極的に挑戦できるので、迷っている時は思い切って応募してみましょう。

その際、業界や企業についての情報収集や自己分析が必要となります。

他の応募者との差別化をしたい時は転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら