企業は変化する経済環境の中で経営状況がうまく行っているかチェックして、課題を解決しています。

そうした時に、企業戦略に活用するため外部の専門家の意見を聞くことがあります。

その専門家が経営コンサルタントと呼ばれる人たちです。

今回は経営コンサルタントの仕事内容、やりがい、女性のコンサルタントの適性、キャリアパスなどを解説します。

経営コンサルタントの仕事内容

オフィス

経営コンサルタントの仕事は、企業から経営状態の相談を受けて情報収集や分析を行い、経営力アップのための改善提案やアドバイスする職業です。

経営コンサルタントになるための資格などは特にありません。

そのため経営コンサルタントとして会社を立ち上げることは誰でも簡単にできです。

しかし、企業の経営戦略策定やM&Aなどをはじめ人事戦略・法務関係・IT導入など経営の根幹に関わる仕事です。

それなりの経験と知識、実績がなければ誰でもできる仕事ではありません。

経営戦略の立案

経営コンサルタントで重要なのがクライアント企業の財務や置かれている状況をリサーチ・分析し・問題を洗い出して最適な経営戦略プランを立案することです。

クライアントは大企業から中小企業、ベンチャーなどで事業領域も広く高いリサーチ力が求められます。

経営コンサルタントには特定業種に特化したところもあり、飲食やサービス業を得意とするコンサルタントもいます。

また、経営戦略を立案して新商品やブランドの開発から販売、店舗のディプレイまで携わる経営コンサルタントもいます。

情報提供

経営コンサルタントに依頼する人は企業だけでなく個人事業主もいます。

クライアントの依頼内容が財務の問題なのか、営業のやり方・生産効率の悪さ・労務問題・減価償却の問題など

あらゆる可能性を考え分析して解決策を策定し勧告します。

必要な情報を提供し企業として独り立ちができるようサポートするのです。

そのためには国内外の情勢や業界内の動向にも注意をし法律の改正や規制などについても深い理解がなければなりません。

セミナーや講習会の開催

経営コンサルタントは、これまで培ってきた経験をセミナーで語ったりします。

セミナーや講習会は社員一人一人が何を身につければ強い企業体質になれるのか気づきを教えるなど場です。

セミナーや講習会はターゲットを企業経営者に絞ったものや、従業員向けのものなどがあり講師として指導や助言をします。

個性ある経営コンサルタントの話術に引き込まれて人事研修をはじめとして前向きに改善に取り組む企業も少なくありません。

経営コンサルタントのキャラクターも営業をする上で大切なポイントで、経営コンサルタントといっても人と人の繋がりが大事なのです。

経営コンサルタントのやりがい

指を差す女性

経営コンサルタントのやりがいはクライアントが全て企業のトップだということです。

日頃はコンタクトすらできない大企業の経営者と企業の経営戦略について語り合い、課題を解決して行く醍醐味は他の仕事では味わえません。

名だたる企業のトップが何を考え日々仕事をし、社員のこと、会社の未来像をどう描いているのかなど直に触れることができます。

そうした中で分析した改善提案を軌道に乗せ、無事解決できた時の達成感は表現しようがありません。

ハイレベルな人材やその分野のスペシャリストと一緒に仕事ができるチャンスは経営コンサルタントならではのものです。

そうした刺激こそが経営コンサルタントの大きなやりがいといえるでしょう。

 

ワンポイント
 経営コンサルタントは倫理的思考ができる人におすすめの仕事です。

向いている女性の特徴

紹介

経営コンサルタントに向いている女性とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

経営戦略の立案や課題解決をコンサルタントする女性には論理的な思考ができることが大切です。

経営コンサルタントの業務はタイトな時間との戦いでもありますから、その中でベストな解決策を策定しなければいけません。

そのため時間と労力の配分が柔軟に対応できる人が向いています。

経営コンサルタントの業務は一つのクライアントの案件にチームを組んで働きます。

コンサルティングファームでは案件に応じて適任者を選びプロジェクトメンバーを作ります。

さまざまな角度から企業の抱える問題と解決策を考えるのにチームで動く方が効率が良いからで、そこには協調性も必要になります。

また、企業を取り巻く環境は劇的に変化するので、常に最新の情報をキャッチできるアンテナを張っておくことも大切です。

息が抜けない仕事ですが、大きな案件が無事に終わればまとまった休みが取れるのも経営コンサルタントの魅力です。

オンとオフのメリハリをつけて、休暇の時は思う存分リフレッシュできます。

コミュニケーション能力が高い

オフィス

経営コンサルタントは高い分析力、論理的思考力さらにコミュニケーション能力も必要です。

クライアントから悩みを聞き出し、それを100%理解しなければクライアントが抱える問題を解決できません。

さらにその課題をコンサルティングファームで、チームに情報共有し認識を一致させるコミュニケーション能力も必要になります。

課題施策が決まればクライアントへのプレゼンテーションがあります。

ここでもクライアントが納得するわかりやすい形で伝える高いコミュニケーション能力が求められるのです。

情報収集・分析が得意

情報収集

一般に情報や資料の収集や分析はコンサルタントファームでは一般社員が担当します。

この経験を積み重ねてプロジェクトをいくつもこなして上級経営コンサルタントになります。

経営コンサルタントの根幹である情報収集・分析が得意であるかどうかは、経営コンサルタントに向いているかどうか重要なポイントです。

分析といってもさまざまですが、企業の経営状態を分析する場合は、財務状況・企業体質・同業他社との比較など細かくリサーチしてクライアントが抱える問題を洗い出します。

問題を分析するのに数字に強く、Excelなどは上級クラスでなければならないでしょう。

経営コンサルタントの1日を紹介

プレゼンテーション

経営コンサルタントはコンサルティングファームと呼ばれる企業に雇用されて、クライアントである官公庁や企業に派遣される形で仕事をします。

場合によって案件が解決するまでの間クライアントのところで仕事をずっとするケースもあります。

この場合は、コンサルタントの1日のスケジュールはクライアントの会社に合わせたものになるのです。

経営コンサルタントは課題の洗い出しのため社内でミーティングや関連セクションでのヒアリングが大切なので、ここに膨大な時間を裂きます。

ヒアリングした情報をもとに調べたり、さらにヒアリングを重ねることもしばしばです。

社内にいる間は大まかな時間の管理は自分で行います。

特に差し迫った問題や案件の期限がなければ残業もあまりありません。

ただ、クライアントの会社で仕事をしているため情報管理は厳しくなります。

自宅に持ち帰って仕事する場合はコンプライアンス的な問題も絡むため各会社のルールに従います。

 

ワンポイント
 経営コンサルタントは高収入。

経営コンサルタントの年収

ヒアリングする女性の画像

気になる経営コンサルタントの年収ですが、一般にコンサルタント業務は高収入だといわれています。

外資系では年収1000万円を越える人もいますが、完全実力主義のため、同じ会社に長く勤務している人は少ない傾向にあります。

結果を出せなければ淘汰される厳しい業界です。

平均年収

経営コンサルタントの平均年収は600万円から800万円だそうです。

日本人の平均年収が400万円といわれていますので高収入であることは確かでしょう。

40代になると年収も大きく増え、個人の賞与が実績に応じて支払われるので、賞与だけで100万円を越える人も多くいます。

会社によっては年俸制を導入しているところもあります。

年収を上げるには?

実力主義の経営コンサルタントで年収を上げるためには案件を単にこなすだけでなく、実績を重視し次につながる強みを見つけ出すことです。

そして資格もその裏付けになります。

コンサルタント業で必要な資格といえば、税理士・公認会計士・社労士・中小企業診断士さらにMBAなどでしょう。

海外留学経験があって語学が堪能であれば活躍の場はもっと開かれます。

海外に進出する企業も多い中、M&Aなど国境を越える場合には語学力が重要になります。

外資系コンサルティングファームでは英語ができなければ仕事にもなりません。

こうしたバックグラウンドがあれば対応する案件も増えて、年収も増えて行きます。

 

ワンポイント
 経営コンサルタントの需要は将来高くなる。

経営コンサルタントの将来性やキャリアパス

資料を眺める

経営コンサルタント、特に外資系の場合は長年にわたり同じ会社に勤務するコンサルタントは少ないです。

キャリアを活かしてベンチャー企業や大手企業へ転職、または独立を選ぶコンサルタントが多いからです。

企業によってはコンサルタント経験者を高待遇で採用するケースもあります。

経営コンサルの将来性とキャリパスについて考えてみましょう。

将来性

これからの経営コンサルタントは専門性を高めることが大切です。

海外に出て行く企業もあれば地方に特化する企業もいます。

また企業のM&Aを通して成長して行くベンチャー企業などさまざまなシーンで経営コンサルタントが活躍できるでしょう。

AIを駆使したコンサルタント業が叫ばれる中、新しいIT技術や情報を吸収して行かなければ生き残りは厳しいかもしれません。

一方で企業が問題を抱えた時は、第三者の機関に調査依頼して問題解決に取り組みます。

そこに経営コンサルタントが必要になるのです。

専門性が高く優秀であることはもちろん重要ですが、信頼関係をしっかり築けることも経営コンサルタントの将来には必要です。

キャリアパス

経営コンサルタントを志したら、案件一つ一つが大切なキャリアパスになります。

自らの専門性を高めて行くためにはスキルを高め、テーマを絞り得意分野に特化することです。

そして最終的にプロフェッショナルとしてクライアントを支援したいのか、

これまで培った経験を活かしてクライアント側でやって行きたいのか自分のキャリアの行先を見つめることは重要です。

40代を越えてプロフェッショナルのキャリアだけでやって行くと、行き詰まりを感じる人も出てきます。

そのためにも転職を考えるなら自分のキャリアの見直しは欠かせません。

経営コンサルタントは未経験でも転職できる?

パソコンと女性

ここまで経営コンサルタントの仕事を見て来ました。

かなり高度な専門知識と能力がなければ無理だと思いがちですが実際はどうなのでしょうか。

コンサルティング業界もどんどん変貌していて、案件も増加の一途で人手不足に苦しんでいます。

中途採用も増えていて、未経験者でも採用しているコンサルティングファームも多くなっています。

コンサルティングファームも若い社員が多く、今採用のポイントはポテンシャル重視になっているのです。

経営コンサルタントは論理的な思考能力とクライアントを巻き込んで行くコミュニケーション能力が重要になっています。

面接でもその点が重要視され、コンサルタントになりたい理由、コンサルタントになって何がしたいのかなど聞かれます。

コンサルティングファームは商品を売るわけではなく、人材が武器なのです。

 

ワンポイント
 資格を取って経営コンサルタント業務の幅を広げよう。

経営コンサルタントのおすすめの資格

資格

経営コンサルタントは会社や個人経営者に経営状態を調査分析して、経営改善のアドバイスをする仕事です。

経営コンサルタントになるための資格はありませんが、コンサルティングする上で信用を得たり、知識として役に立つ資格は取得しておきたいものです。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対して調査分析して、助言する専門家で国家資格となります。

日本の企業は多くが中小企業なので中小企業診断士があれば高い信頼性もあり、クライアントの要望にも応えられます。

経営コンサルタントには欠かせない6つの経営資源ヒト・モノ・カネ・情報・法律・外部環境です。

それぞれ基礎知識を学び、適切に配分することで効率良い経営が実現できます。

中小企業診断士の資格を取ってコンサルティングファームに転職できれば高収入も目指せます。

公認会計士

会計と監査のスペシャリスト公認会計士は、企業の要となる会計・財務に深く関わる専門家で主に監査法人への転職には大きなメリットがあります。

税理士と会計士の違いですが、税理士は企業や個人事業主の税務処理や納税及び節税のアドバイスを主な仕事としています。

税理士法では税務代理・税務書類の作成・税務相談の3つと規定されています。

一方、公認会計士は公認会計士法で監査業務と定められ、企業が作成した財務諸表が適正かどうか評価する業務です。

また、経営戦略立案から組織再編やシステムコンサルティングなど経営全般にわたる助言や相談に応じます。

MBA

女性

MBAは大学院で経営学を修了した人に与えられる学位で、かつてはエリートを目指す人が取得する学位といわれました。

現在は働きながら大学院で取得できるコースも増えていて、会社員で通う人も多くいます。

主に学ぶテーマは、事業戦略・マネジメント・マーケティング・財務・会計・ロジカルシンキング・問題解決です。

さらに最近は、AI・ビッグデータ・IoT・FinTechなどビジネスに絡んだテクノロジーも学びます。

MBAはビジネスのグローバル化や組織の多様化などに欠かせないものになっています。

MBAを取得する人たちは業種を越えたネットワークが武器になります。

また、経営力を学ぶことで時代を予見する先見性や大局的な考えもできるようになります。

社会保険労務士

社会保険労務士は社会保険や労働関連の法律の専門家として人事や労務管理する人のことで、人事労務管理のコンサルティングに携わります。

ひとたび人事労務問題が表面化すれば社会的な問題になりかねず、企業としてのブランドにも傷がつきます。

そした問題に速やかに専門家として立ち向かい解決するのが社会保険労務士です。

今度、非正規雇用者が増えて行く労働現場で社会保険労務士の需要は高まると考えられます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ヒアリングする女性

未経験者が経営コンサルタントを目指すことは容易なことではありません。

それはこれまでコンサルティングファームで働いて来た人にも当てはまることです。

営業経験やコミュニケーション能力などポテンシャル重視の会社なら、経験を問わないコンサルティングファームもあります。

経営コンサルタントに転職したいなら、転職エージェントに相談してみましょう。

これまでの経験と企業側が求めるスペックとをマッチングさせて、転職に必要な経験や知識、スキルなどを知ることができます。

その上でどうすれば良いか考えてみるのがおすすめです。

まとめ

打ち合わせをする女性

高収入な経営コンサルタントは魅力的な業界です。

転職エージェントにはコンサルティング業界に精通した会社があります。

経営コンサルタントに転職したいなら転職エージェントをうまく活用して効率的に転職しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら