緊張などが原因で、面接中にどうしても聞きたかった質問を聞き逃してしまったという経験がある人はいることでしょう。

転職前に必ず確認したいことを聞き逃したままでは、入社まで不安を抱えた状態になってしまっています。

本記事では、そんな問題を解決するために役立つ情報を記載しますので、是非お役立てください。

Contents

面接で聞き逃した質問を電話で聞いてもいいか解説

ポイント

面接で聞き逃したことを電話できいても良いのか、疑問に思う人は多いでしょう。

わざわざ電話して質問することで、印象を落とすのではないかと心配する人もいるかもしれません。

質問の内容によっては評価に影響する場合もあるため、連絡方法・時間・態度などに留意する必要があります。

もし連絡し直してでも聞きたいと思うことがあれば、相手に配慮した上でコンタクトをとることをおススメします。

面接で聞き逃した質問をする前に考えたいこと

面接直後・数日経ってから・もしくは何かの拍子に、確認したいことはタイミングを選ばずに思いついてしまうものです。

では面接で聞き逃したことを、特に何も考えずに聞き直しても良いのかといえばそうではありません。

質問をする前に考えておきたいポイントを解説します。

聞き逃した質問が何かをよく考えよう

メモ

質問内容によっては「それはわざわざ連絡して聞き直す必要ある?」と面接官に思われてしまう可能性があります。

そう思われてしまってはせっかく好印象で終えられた面接も台無しになりかねません。

相手の人事は他の仕事中のため、質問はコンパクトに、ある程度どのような回答が返ってくるかを予想した上で質問しましょう。

また「なぜ面接中に聞かなったのだろう」と思わせないようにすることも大切です。

聞き逃した事項は、どうしても聞いておかなければならないことなのか・そのタイミングは適切かを再度考え直しましょう。

選考が進んでいるということを意識しよう

特に自分の思うようにやりとりができなかった場合や面接が終わった後は、“選考中”であるという意識が薄れがちです。

自分の評価はある程度面接で決まりますが、他にも希望者がいるなど評価が相対的である可能性は大いにあります。

つまり自分の評価は、良くも悪くもまだ変わり得るのです。

会社側に問い合わせる前に今一度その事実を理解して、緊張感をもって確認に臨みましょう。

また、選考途中であるなら再度確認する機会が訪れるかもしれません。

そのような状況を客観的に踏まえて、質問することが適切なのかを考えましょう。

 

ワンポイント
質問の重要度によってはわざわざ電話すると評価を落としてしまう場合もある。

面接で聞き逃した質問を聞きたい場合は

それでは、実際に面接で聞き逃したことを確認したい場合の方法について解説します。

聞く内容の重要度や緊急度を考えたとき、質問の重要度にあわせた方法で確認しましょう。

電話で質問する

電話で話す若い女性

確認事項が一般的な目線で緊急性や重要度が高い場合は、電話で質問することをおススメします。

ただし電話で質問すると、相手がその場で応えなければならないため回答に時間を掛けることができません。

そのため会社側に対する束縛が強い手法となります。

また電話で長々と話してしまうとその間相手の仕事をとめてしまうことなるため、なるべく整理して話すことも大切です。

失礼のない態度で、再び連絡する必要のないよう1回の電話で質問を完結させるように意識して臨みましょう。

メールで質問する

パソコンを操作する女性

基本的にはメールで質問することをおススメします。

前述した通り、電話で回答を求めるというのは相手の回答に時間を与えないことと同義です。

重要度は低いけれど気になることがある場合、かつ、自分にとって重要である事項はメールにて回答を求める方が無難です。

選考通過の連絡があった時に質問する

確認内容の重要性が低い場合は選考通過時の連絡にあわせて質問するのがベストです。

会社側も採用予定のない人材に時間と労力を割きたくはありません。

また、質問して手間を取らせることで、選考が不利になってしまう可能性もあります。

そのため、選考プロセスが途中の段階であるならば、次回の機会に確認するのが良いでしょう。

逆に選考プロセスが不透明であるなら、メールで問い合わせることをおススメします。

 

ワンポイント
質問の重要度と連絡方法が適切か確認しよう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で聞き逃した質問を電話でする場合

では電話で質問すると決めた場合、どのようなことに留意すれば良いのかについて解説します。

相手に失礼のないこと・1回で完結させるという観点を頭に入れておくと確認事項も纏まってくることでしょう。

電話する前に準備すること

パソコンとコーヒー

物質的に準備しておくものは、紙と筆記用具・スケジュール帳・履歴書・必要に応じたアイテム(資格の証書など)でしょう。

可能であれば、通話しながら情報を確認できるように、PCやタブレットを準備しておくことも有効です。

質問内容・質問に対する回答の予測も事前に準備しておきましょう。

特に質問内容は具体的にメモしておくとスムーズに質問ができます。

また回答をあらかじめ予測しておくことで質問内容もシャープになり、より有意義なやりとりができるでしょう。

会話はキャッチボールです。一方的に投げっぱなしの質問にならないよう、十分に準備しておきましょう。

電話をかける場所の選び方

スマホをもつ女性

電話をかける場合は、基本的に無音の空間がベストです。

転職活動の場合、既にやりとりがあって信頼関係が築けている訳ではありません。

例え知人の紹介によるものでも、選ぶ者と選ばれる者との関係があります。

周りが騒がしいところから電話をかければ、自分も相手側も声が聞き取りづらく、スムーズな会話ができない可能性があります。

相手側からは、その場の思いつきで電話をかけている配慮ができない人だと思われてしまうでしょう。

そのため、余計なBGMや他人の会話が入らない静かな場所で電話するのがベストです。

具体的には、家がベストでしょう。交通音も少ないでしょうし、音楽や他人の会話などはシャットアウトできます。

大事なのは、相手に思いつきで連絡してきているわけではないと理解してもらうことです。

電話をかけるタイミング

電話をかけるタイミングは、業種にもよりますが午前中が最も負担になりにくいでしょう。

始業後30分~1時間後程度であれば、朝イチのメールチェック等もひと段落し、突然の連絡に対するストレスも感じにくいです。

また、同職種に転職の場合は、負担になりにくい時刻を予測し配慮することも好印象です。

終業5分前などのギリギリにかけるのも、相手に残業させてしまうことになるため良くは思われません。

月末・年末に経理関係の転職について問い合わせる、など相手の状況を想像できない行動をとることも評価としてはマイナスです。

したがって、繁忙期でないか・休憩中ではないかといった配慮をした上で問い合わせましょう。

失礼に当たらない電話のマナー

電話する場所、タイミングが決まったら、後は“態度”です。

ここでは、相手に不快な印象を与えないマナー面について考えていきましょう。

電話をかける時の例文

話す女性

実際に電話を掛ける場合は、以下のような切り出し方で始めましょう。

「〇月〇日に御社の中途採用面接をして頂いた✕✕と申します。

突然の電話で申し訳ないのですが、是非お伺いしたいことがありご連絡させて頂きました。

面接のご担当者様(名前が分かれば担当者の名前)はお忙しいでしょうか?」

(担当者が出た場合)

「〇月〇日に御社の中途採用面接をして頂いた✕✕と申します。突然のご連絡で失礼致します。

面接の途中で質問しそびれたことがあるのですが、〇分程お時間よろしいでしょうか?」

(確認内容によって時間を調節。多めに見積もっておくことをおススメします。)

一般的には上記のような文言で問題ありません。

しかし繁忙期にどうしても聞いておく必要がある場合などは、もっと丁寧な切り出し方がベターです。

「〇月〇日に御社の中途採用面接をして頂いた✕✕と申します。

大変の忙しいところ申し訳ないのですが、○○✕✕についてどうしても確認しておきたく、連絡した次第でございます。

面接のご担当者様(名前が分かれば担当者の名前)と〇分程お話しできればと思うのですが、ご都合はいかがでしょうか?」

相手の声が聞き取れない場合は?

こちらの状態は万全でも、担当者側の電波が悪い場合などは声が聞き取りにくいかもしれません。

慌てず騒がず落ち着いて、以下のように聞き直してみましょう。

「すみません。電波の状況が悪くお電話が遠いようです。

〇〇✕✕ということでよろしいでしょうか?/もう一度お伺いしてもよろしいでしょうか?」

通信環境が悪いということは、相手もベストな環境でない(移動中やテレワーク中など)可能性もあります。

そのような場合、相手にとってはストレスになりかねないので、低姿勢で聞き直すことを心掛けてください。

電話終了後はお礼のメールを送ろう

ネットが普及した現代において”電話=回答に時間を掛けさせない行動”であり、相手には負担がかかります。

そのため、対応して頂いたことに感謝し、お礼のメールを送りましょう。

内容は見やすくシンプルに、多くても5行程度でまとめておくと良いでしょう。

面接で聞き逃した質問をメールでする場合

ノートパソコンで仕事をする女性

メールで確認する場合、電話とは違い、内容を理解してもらうことが最重要課題です。

とはいえ質問内容が分かりにくいからと短絡的に電話せず、メールでの確認で済ませられないかトライしてみましょう。

メールであれば相手のタイミングで確認できるため、電話よりも相手側は余裕をもって対応できます。

メールの場合、質問内容を箇条書きにするとより分かりやすくなります。

相手からの返答を電話でほしい場合は、こちらからかける旨と都合の良い日時の質問をメール内に記載しましょう。

 

ワンポイント
メールなら相手のタイミングで確認・対応できる。

面接で聞き逃した質問を聞く時の注意点

メールや電話で質問する際には、態度やタイミングに加えて、”分かりやすさ”が求められます。

丁寧に、かつ、短く簡潔明瞭な伝え方を意識しましょう。

相手の都合に合わせて連絡しよう

カレンダーと時計

メールにおいて、相手は回答に時間を掛けることができます。

しかし”返信する・回答の準備をする”という点は電話と変わりません。

むしろその場で消化できない分、タスクとして溜まります。

そのため、前述した繁忙期などに回答を求める場合、十分に丁寧な姿勢を心掛けましょう。

電話をかける場合もその間相手の仕事を止めることになってしまいます。

電話をかける際には必ず電話の冒頭で相手が対応する時間があるかどうかの確認が必要です。

都合が悪ければ折り返しの連絡をお願いするか、自分から改めて電話をかけられるよう都合の良いときを聞いておきましょう。

面接後の質問を受け付けない企業もある

NG 女性

後から聞き返すということは「なぜ面接の場で確認しなかったのか」とういう思考に繋がります。

したがって厳しい企業・忙しい企業・人材を十分に選べる企業では、面接後の質問を一切受け付けない場合もあります。

また、折り返しの電話やメールの返信が来ない場合もこういった可能性があります。

もし返事を催促する場合、その後の関係性に悪影響を及ぼすリスクがあることを十分に理解しておきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で聞き逃した質問の聞き方をチェックして疑問は払拭しよう

女性

基本的に面接後の確認はネガティブな印象を与えやすい行為です。

しかし失礼のないように誠実な態度で臨めば、積極的に検討してくれているという印象をもってもらえる可能性もあります。

何より転職活動をより一層有意義にすることができます。

人生で転職活動するため、仮に落選となってしまっても、自分自身後悔することのないように行動しましょう。

再確認はタイミングや態度に注意すれば、過度に迷惑に思われることはありません。

入念な準備をして、躊躇せずに連絡してみましょう。

 

ワンポイント
面接後の質問で評価を落とさないよう、聞き方をしっかりチェックしよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ヒアリングする女性の画像

以上のように、手段や態度に十分留意しながら聞きたいことは確認しておくことをおススメします。

しかし、当然ケースバイケースです。

質問内容が聞いて良いことが悩む人や、電話かメールか迷う内容だったりするかもしれません。

そうした悩みを抱えている場合には転職エージェントを利用しましょう。

緊張・不安・焦りといったネガティブな状況で自己判断をすると、良くない選択をしてしまうこともあります。

それを防ぐために、客観的に物事を捉えられ、経験も豊富であるプロに相談してみてから判断することが大事です。

またそのような状況を事前に想定しておき、いざとなったらエージェントに相談できるような環境を作っておくことも大切です。

自力で転職活動をしている最中でも、状況を把握していて即座に対応可能なエージェントがいれば心強いでしょう。

まとめ

パソコンと女性

今回は面接で聞き逃した質問を電話で聞く方法を解説しました。

面接後に質問することは、企業によっては良い印象をもたない可能性もあります。

電話は相手にその場での対応を求めることになってしまうため、効率的ではないと思われてしまう場合もあるでしょう。

しかし、電話をするタイミング・態度・質問内容によっては誠実さを示すチャンスにもなり得ます。

さらに面接で聞き逃した質問を確認することで、その後の選考や入社後の不安を払拭できます。

電話で質問する際には、相手への配慮を徹底し、良い印象を与えられるよう心掛けましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら