転職先としてフロントエンドエンジニアを目指している女性に、志望動機の書き方を解説しましょう。

フロントエンドエンジニアはwebサイトを作成する仕事の一部です。

その中でもユーザーインターフェース部分を担当するエンジニアの職種となります。

デザイン関係が得意な女性なら、フロントエンドエンジニアとして十分やっていけるでしょう。

ただ、これから転職するのですから、履歴書に記載する志望動機はしっかりと書かなければなりません。

どのような書き方をすればいいか、整理しておくことが大切です。

フロントエンドエンジニアへの志望動機の考え方

女性パソコン

フロントエンドエンジニアを目指しているのですから、その仕事内容はよくわかっているはずです。

ただ、志望動機は、自分がこの会社への転職を希望しているかを説明するための文章です。

企業側にとっては、書類選考の参考資料として志望動機をチェックすることになります。

採用担当者に注目してもらえるような志望動機を書くことが大切です。

志望動機で何をアピールするかを意識しておきましょう。

ワンポイント
・行動力を示せば効果的
・チャレンジする姿勢を表す

面接官へ印象を残す志望動機のポイント

女性

志望動機は履歴書に記載しますが、採用においては面接が行われるでしょう。

面接官に強い印象を与えられれば、転職の成功は近くなります。

どのような志望動機がいいのかを考えてみましょう。

サイト構築ではユーザーが初めに見る部分を担当しますから、依頼主とのコミュニケーションが重要です。

同じように面接官との会話でもわかりやすい言葉遣いを心がけましょう。

注意しておかなければならないのは、フロントエンドエンジニアではパソコン使用を前提としています。

そのため、直接の面接ではなく、オンラインでの面接になるケースも少なくないことです。

文章として提出する志望動機の重要度は高いと考えてください。

志望動機に記載した内容について質問されてもいいように準備しておきましょう。

行動力をアピールする

走る女性

自分の行動力をアピールすることはフロントエンドエンジニアに限らず、採用してもらうためのポイントになります。

フロントエンドエンジニアの行動力とは、いろいろな情報を収集してパソコン上に展開する素早さを示しています。

新しい技術であっても、自分のスキルとして取り込んでいく力が求められます。

ツールとして活用するのはインターネットだけですから、実際の作業場所は自宅でも可能です。

インターネットを構成する仕組みはフロントエンドエンジニアならよくわかっているはずです。

しかし、技術の進歩は早く、新しい仕組みの情報収集も大切です。

新しい技術をチェックすることが行動力として評価されます。

常に学ぶ姿勢を見せる

資料整理をする女性

これまで自分が経験して習得してきた技術を使えば、安定したフロントエンドシステムを構築できます。

しかし、システムの環境は進歩しており、既存の技術だけでは時代遅れのシステムになる可能性が高いでしょう。

そのためには、常に学ぶ姿勢を持っておかなければなりません。

転職するために学ぶ姿勢をアピールしてください。年齢や性別は関係ありません。

また、転職時はフロントエンドエンジニアを希望していても、与えられる業務は少し違うかもしれません。

具体的な業務では幅広い作業を担当することも少なくありません。

それでも柔軟に対応できるスキルが求められます。

フロントエンドエンジニアへの転職でアピールすべきこと

スーツの女性

フロントエンドエンジニアへの転職でアピールすべき点は何でしょうか。

これまでの経験を活かして柔軟な対応ができることをアピールしましょう。

そのためには具体的な経験内容を志望動機に書かなければなりません。

フロントエンドエンジニアとして未経験であっても、インターネットに関する業務をやってきたのです。

フロントエンドエンジニアの経験と同じと考えてください。

経験を具体的に書くことも重要ですが、知っている言語・ツール名の列挙は意味がありません。

フロントエンドエンジニアとして必要な言語はHTML・CSS・JavaScriptです。

しかし、サイトを構築するためにはそれ以外の言語も使用されています。

言語を知っていることは当然のスキルと考えましょう。

自分の希望はフロントエンドエンジニアの部分だけの作業かもしれません。

しかし、システム全体を理解した上で、その一部を担当することの意味を考えなければなりません。

 

ワンポイント
・前職の経験をアピール
・貴社を選んだ理由を書く

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

フロントエンドエンジニアの志望動機の例文

女性

フロントエンドエンジニアの志望動機を書く場合には、自分の実力を積極的にアピールしなければなりません。

自分が持っている知識を具体的に記述します。

それらの経験を活かして、どのような業務をやってきたのかを書きましょう。

また、たくさんの企業がある中で、貴社を選んだ理由も書きましょう。

経験者の志望動機例

私はこれまで中小企業のホームページ制作にフロントエンドエンジニアとして携わってきました。

そこで学んだことは、企業の顔となるホームページの重要性です。

ホームページに掲載する内容を読む人の視点でまとめることが重要だと思います。

フロントエンドエンジニアの役割は十分理解しており、技術的な面での不安はまったくありません。

ただ、御社の業務内容を見てみると、これまでに自分ができなかった新しい視点でのシステム構築がありました。

自分の経験と技術のスキルアップを図ることで、貴社への貢献ができればいいと考えています。

未経験者の志望動機例

私は通販サイトのデータベースシステムの構築に携わってきました。

顧客毎にシステムの規模も構成内容も異なっています。

これらの経験で目的に合わせたシステムづくりの大切さを学びました。

貴社を希望した理由は、新しい技術を自分のものにしたいと考えたからです。

日々進化しているインターネットシステムの構築に携わることで、スキルアップするつもりです。

フロントエンドエンジニアの業務に限定していません。

広い視野を持って取り組むことができれば、貴社の業務に貢献できると思います。

他業種からの転職者の例

これまで、事務系のシステム構築に携わってきました。SQL関連には自信を持っています。

インターネット上に展開するシステム構築の経験はありません。

しかし、フロントエンドエンジニアの役割は十分に理解しています。

御社の業務内容はかなり幅広く、ユーザー毎に適切なフロントエンドの構築に貢献したいと考えています。

そのためにはユーザーが求めている内容を理解し、それを具体化することが必要だと思います。

事務系でも新しいシステムへの更新業務を多く経験しましたから、未経験の新しい言語の習得に不安はありません。

常にチャレンジ精神で前進したいと考えています。

自分がどのようなシステムでの業務に携わってきたのかを記載しています。

また、フロントエンドエンジニアに対して、どのような考えを持っているかを書けば、その理解度を示せます。

フロントエンドエンジニアの志望動機のNG例

資料を眺める

フロントエンドエンジニアの志望動機として、必要な内容を記載することが大切です。

ただ、言語の列挙漠然とした内容では不十分です。NG例を示しましょう。

経験者のNG例

女性

通販サイトのフロントエンドエンジニアを5年間続けてきました。

学んだ言語はHTML・CSS・JavaScript・Perl・PHP・Python・SQLです。

どのようなフロントエンドでも柔軟に対応できると考えています。

貴社の業務内容を見て、新しい取り組みだと感じました。自分のスキルを活かすことができると考えています。

未経験者のNG例

前職ではパソコンを活用した業務を担当してきました。

ホームページ制作の経験はありませんが、現場で使用するマクロ作成を経験しました。

フロントエンドエンジニアとしての役割を果たせると考えています。

貴社の業務に将来性を感じ、転職を希望しました。新しい業務に一刻も早く慣れたいと思います。

戦力となって、売上に貢献したいと考えています。

NG例の改善点

志望動機は職務経歴を記載するのではなく、どのような仕事をしたいかを書かなければなりません。

言語の羅列では文字数を増やしていると感じられる文章になってしまいます。

フロントエンドエンジニアをやっているのですから、基礎的な技術の習得は当然だと考えなければなりません。

言語だけではアピールできるスキルではありません。

未経験であれば、フロントエンドエンジニアとして、どのようなスキルを身につけたいかを強調しましょう。

 

ワンポイント
・業務経験・言語のスキル・資格を具体的に記述

 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

フロントエンドエンジニアの履歴書の書き方

OKをする女性

フロントエンドエンジニアの履歴書は他業種と基本的には変わりありません。

業務経験や持っているスキルを具体的に書くことが重要となります。

単にプログラム経験があるというだけではなく、何の言語を何年間経験したというような書き方をしましょう。

業務経験

具体的な内容を記載します。

ただ、特定の企業名や商品名を記載できないケースも少なくありませんから注意が必要です。

一般的には基幹業務システム構築経験2年などと表現しておけばいいでしょう。

また、年数だけではなく、担当した件数・業務の規模・担当した部分などをできるだけ具体的に記載します。

言語のスキル

言語のスキルにも具体的な言語名を記載します。HTML・CSS・JavaScript・PHPなどを列挙しましょう。

フロントエンドエンジニアが使用する言語では、時代とともに新しい仕組みが登場します。

すでに過去のツールとなった言語については記載すべきではありません。

それらを使っているシステムはないからです。

もちろん、若い人であれば、現在の主流となっている言語を記載します。

実際にどれくらいのレベルがあるかを具体的に表現することは難しいでしょう。

保有する資格

フロントエンドエンジニアとして資格を記載することは転職採用の面で有効となります。

Webクリエイター能力認定試験はWebサイトを構築するための基本的な知識を持っていると評価される資格です。

もちろん、資格がなくてもフロントエンドエンジニアとしての仕事には支障ありません。

業務とは直接関係なくても、IT技術に関する資格を取得しているのであればアピールになります。

フロントエンドエンジニアに関する資格に限定する必要はありません。

将来のスキルアップを考えていると受け取ってもらえるからです。

 

ワンポイント
 ポートフォリオで自分のスキルを理解してもらおう。

ポートフォリオは必要か?

聞く

自分がどのような業務に携わってきたかや、持っているスキルを具体的に表現したものがポートフォリオです。

文章では表現しにくいスキルがわかりやすくなります。

フロントエンドエンジニアの転職を希望しているなら、ポートフォリオの作成は重要と考えなければなりません。

企業によっては提出が必須の場合もあります。

今までの学習成果を見せる

ポートフォリオは、自分がこれまで学習してきたことを具体化する手段です。

業務として作成したサイトを直接ポートフォリオにはできませんから、ポイントを抜き出した形で作成しましょう。

持っている技術をふんだんに活用した作品を提示できるようにします。

今後のポテンシャルを見せる

ポートフォリオはすでに使われなくなった仕組みを活用した過去の作品ではアピールが弱くなります。

現在の自分のスキルに合わせた内容を心がけましょう。

もちろん、たくさんの作品を提示できた方がスキルを評価してもらえます。

注意したいのは同じような作品ばかりを提示しないことです。

できるだけ幅広いテクニックを披露できるようにしましょう。

最新の技術を使っていることを示せば、あなたの将来性に期待してくれるはずです。

フロントエンドエンジニアの転職面接対策

打ち合わせの様子

フロントエンドエンジニアの転職では、面接も注意しておかなければなりません。

志望動機は文章だけであり、具体的なスキルを十分に表現できません。

そこで面接時に具体的な内容の説明が求められます。

自分が担当している部分とチーム全体の業務を区別して説明しましょう。

自分でも十分理解していない専門用語は避けた方が無難です。

意味や仕組みを質問されて、答えられないと評価を落としてしまいます。

転職での不安は転職エージェントに相談しよう

相談

フロントエンドエンジニアとして転職するためには、技術の進歩についていくことが大切です。

仕事の範囲も時代とともに変化していく職種です。

その分だけやりがいもありますが、転職への不安も強いでしょう。

悩みを抱え込むのではなく転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

適切なアドバイスを受けることができますし、相談することで気持ちを落ち着かせられるでしょう。

それが転職成功への道となります。
 
クリエイティブ職向け転職
【マイナビクリエイター】に相談する
 

まとめ

ガッツポーズする女性

フロントエンドエンジニアとして転職したいと考えている女性は少なくありません。

時代の最先端技術の習得が求められます。

これまでの経験を活かすだけではなく、チャレンジ精神でスキルアップを心がけることが大切です。

志望動機にはこれらの気持ちを十分盛り込まなければなりません。

ただ、文章でフロントエンドエンジニアのスキルを表現することは簡単ではありません。

ポートフォリオを提示することが一般的です。

様々な視点で作成したポートフォリオで自分の実力をアピールしましょう。

技術の進歩に合わせて、自分のスキルアップする気持ちを強調してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら