車が好きで自動車営業に興味をもつという女性もいるのではないでしょうか。

専門的な知識が必要?とハードルの高さを感じる人もいるでしょう。

今回はそんな自動車営業に転職するために必要な情報を詳しくご紹介します。

自動車営業に転職する方法を解説

ファイルをもつ笑顔の女性

自動車営業というとどのようなイメージをもつでしょうか。

街中で見かける販売店を思い浮かべる人もいるでしょう。

自動車営業は大きくわけて2種類あり街中で見かける販売店で働くのがディーラー営業です。

ディーラーとは1つの自動車メーカーと契約を結び販売からアフターケアまで行っています。

自動車メーカー直営のディーラーが多いことを押させておきましょう。

自動車メーカーの営業が対象とする顧客は法人で、ディーラーの営業は個人がメインなのが特徴です。

今回はこの自動車営業に転職する方法を詳しくご紹介します。

転職活動で重要な応募書類の作成や求人の探し方についても触れていくので是非読み進めてください。

自動車営業の主な仕事内容は?

車の模型をもつ女性

自動車営業への転職を考える時にまず気になるのが仕事内容です。

ここでは自動車営業の仕事内容についてご紹介します。

まずは自動車メーカーの営業の仕事を見ていきましょう。

  • ディーラー営業の支援
  • 官公庁や企業向けの大口営業

自動車メーカーの営業は自社製品を販売するため車の特徴や魅力といった情報をもっています。

また他社の自動車との比較も自動車営業には必要な情報ですね。

営業に必要なこれらの情報をディーラーに提供し支援することも仕事の1つ。

そして官公庁や企業といった大口顧客を対象とするのが自動車メーカーの営業の特徴です。

次にディーラーの営業の仕事内容をチェックしていきましょう。

自動車の購入や修理・メンテナンスでディーラーを利用したことがある女性も多いのではないでしょうか。

車を運転する人にとっては身近な職種なのでイメージがわきやすいかもしれませんね。

  • 個人への営業
  • 法人への営業
  • 店舗イベントの開催
  • 店舗の窓口対応
  • 事務処理

ディーラーが対象とする顧客は個人がメインです。

営業方法は来店型と訪問型があり車を売り出すためにはイベントを行うこともあります。

特にファミリー層が来店しやすい週末にイベントを行い客を引き寄せることが多いでしょう。

このような店舗のイベントの開催や当日の対応はディーラー営業の仕事です。

また自動車の成約後は自動車登録や自賠責保険の加入申請など事務処理も行います。

 

ワンポイント
 自動車営業には自動車メーカーとディーラーの2種類があることを押させて転職活動をしよう。

自動車営業に求められるスキル

本を抱える女性、電球のマーク

自動車営業にはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

営業職全般で必要なスキルもあれば自動車業界ならではのものもあります。

車に関する知識

顧客に車を販売するのですから、もちろん車に関する知識が必要といえます。

自動車は顧客にとって大きな買い物です。

そのため自分が納得のいくところまで確認しておきたいという人もいるでしょう。

顧客のニーズを伺い希望に合った自動車やスペック・オプションを提案するのも自動車営業の役割です。

相手がわかりやすいように説明し質問があれば回答できるだけの知識が必要となるのです。

ヒアリング力

説明をする女性

自動車業界だけでなくどの営業職でも必要なのがヒアリング力です。

相手が求めている情報を伝えることでお互い納得のいく成約になるでしょう。

そのためには顧客がどのような自動車を求めているのか、どういった情報が欲しいのかを見極める必要があるのです。

顧客の話に耳を傾けるだけでなく聞き出す力も必要となります。

 

ワンポイント
 自動車営業の仕事は車の知識だけでなく顧客が求めるものを聞き出す力も必要。

持っておいた方がいい資格は?

木の自動車を持つ手

自動車営業に必要な資格はあるのでしょうか。

実際のところ「この資格がないと仕事ができない」というものはありません。

しかし自動車を販売する職種だからこそ持っておいた方がいい資格をチェックしていきましょう。

普通運転免許

運転をする女性

自動車の運転をしたことがない人が車のことを話しても説得力にかけるでしょう。

これがなければ自動車営業になれないというわけではありませんが普通運転免許は持っていた方がいいです。

個人宅へ営業へ行ったり自宅へ納車する際に営業が運転していくこともあります。

また展示車や試乗車の移動などで車を運転することがあるので免許がなければ困る場面も多いでしょう。

自動車営業を目指すのならAT限定ではなくMT免許の方が役立ちます。

2級自動車整備士資格

この資格は必須ではなくあった方が何かと便利という資格です。

自動車整備士の資格は国家資格で簡単に取れるものではありません。

認定された整備工場で3年以上の実務経験を積むことが受験資格です。

整備の知識があるため顧客から「車の調子が悪い」と連絡を受けて訪問した時にある程度のチェックができます。

また専門の整備士に見てもらう前に「このような修理が必要なので修理期間はこれくらいになりそう」という見積もりができるでしょう。

車の整備の知識や技術がある営業職はきっと他の職員からも顧客からも頼りにされるはずです。

自動車営業の求人例

説明する女性

自動車営業の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは自動車営業の求人例をご紹介します。

求人の例から自動車営業の転職のポイントをチェックしていきましょう。

自動車メーカーの求人例

自動車メーカーの求人例をご紹介します。

  • 会社名:〇〇自動車
  • 雇用形態:正社員
  • 年収:400~600万円(経験による)
  • 仕事内容:法人営業・既存顧客のアフターフォロー・経験により海外エリアを担当する可能性あり
  • 求める人材:責任感の強い人・営業経験のある人(2年以上)優遇

自動車メーカーの営業は法人がメインになるます。

経験によっては国内だけでなく海外営業を任されることもあるでしょう。

大口顧客がメインとなるため即戦力となる営業経験者が優遇されることがあります。

ディーラーの求人例

次にディーラー営業の求人例を見ていきましょう。

  • 会社名:〇〇自動車〇〇販売店
  • 雇用形態:正社員
  • 月給:20~30万円
  • 仕事内容:自動車営業・店舗に来店されたお客様のご案内・成約時の手続き・イベントの開催等
  • 求める人材:車が好きな人・人と話すのが好きな人・自動車整備の経験者優遇
  • 勤務時間:9:30~18:30
  • 休日:店舗の定休日、年末年始休暇あり

ディーラーの営業は店舗の休みや年末年始が休日になるのでスケジュールが立てやすいでしょう。

先ほどお伝えしたように自動車整備の経験があると転職で有利になることも。

また自動車整備士の資格があると手当がつく場合もあるので要チェックです。

損害保険の案内や手続きといったことを行う店舗では損害保険の経験があれば優遇される可能性があります。

未経験可の求人例

自動車営業は未経験者でも転職が可能です。

それでは未経験者可の求人例をチェックしていきましょう。

  • 会社名:株式会社〇〇
  • 年収:400万円以上
  • 雇用形態:正社員
  • 仕事内容:個人への自動車販売・アフターサービス・各種手続き等
  • 必要な資格:普通自動車運転免許(AT限定除く)
  • 研修制度:未経験者には3か月間の研修あり

未経験者でも調べてみると自動車営業の求人はあります。

その際「未経験可」「未経験歓迎」であることや研修などの教育体制が整っていると安心です。

 

ワンポイント
 自動車営業の求人で仕事内容をしっかり確認し未経験者は研修制度が整っているかチェックしよう。

自動車営業の転職で好印象を与える応募書類

マルを指さす女性

転職時にはまず履歴書・職務経歴書といった書類を提出します。

書類選考を通過すると次のステップに進むことができるので応募書類は重要ですね。

ここでは好印象を与える応募書類について説明していきます。

自動車営業の履歴書の書き方

履歴書

自動車営業の履歴書では志望動機のアピールが大切です。

志望動機を書く上でポイントとなるのがこちらです。

  • なぜその自動車メーカーなのか
  • なぜ自動車営業なのか
  • 入社後はどのように貢献できるのか
  • 自分の強みは何か

自動車メーカーは国内に何種類もあります。

そんな中でなぜその自動車メーカーを希望するのかを明確にしましょう。

また転職の志望動機では自分が入社後にどのような活躍・貢献ができるかを説明することも大切です。

自分の強みと合わせてしっかりとアピールしてください。

自動車営業の職務経歴書の書き方

転職の場合はこれまでの経験やスキルをアピールする職務経歴書を提出します。

自動車業界の経験があればどのような職種でどういう経験をしたのか説明しましょう。

自動車業界の異職種から営業職へ、異業界の営業職から自動車業界へという転職のパターンもあります。

この場合は特に経験やスキルをアピールすることで採用担当者から好印象をもたれることが多いです。

未経験で転職を目指す人はこれまでの経験が自動車営業でどのように活かせるか説明します。

そうすることで採用担当者の中で入社後のイメージがわきやすいくなるでしょう。

職務経歴書は具体的に書くことで好印象を与えることができるのです。

 

ワンポイント
 転職の応募書類では志望動機・これまでの経験・スキルをアピールしよう。

自動車営業の求人の探し方は?

考える女性

転職活動でまず自分の希望に合った求人を探すところから始まります。

自動車営業の求人はどのように探せばいいのでしょうか。

ここでは自動車営業の求人の探し方をご紹介します。

転職サイトをチェック

自動車営業の求人は転職サイトでチェックすることができます。

転職サイトは多くの求人を掲載しており検索機能がついているサイトが多いでしょう。

そのため希望する勤務地・年収などの希望から求人を検索することができるのです。

掲載されている求人が自動車メーカーなのかディーラーなのか注意してチェックしてください。

転職サイトのメリットはインターネットで好きな時間に検索できることです。

仕事をしながら転職活動をする女性にとって嬉しいポイントですね。

しかし求人を探すことはできるものの応募・面接の日程調整などは自分でやらなければなりません。

転職エージェントを活用しよう

自動車営業の求人を探すなら転職エージェントを活用するという方法もあります。

転職エージェントも転職サイト同様にインターネットで求人検索ができるというもの。

そして転職のプロである転職エージェントに直接相談できるのがメリットです。

経験・未経験問わず希望する条件を伺い自動車営業の求人をご紹介します。

また面接の日程調整も転職エージェントが行うので効率よく転職活動ができるでしょう。

自動車営業の将来性やキャリアパス

笑顔の女性

転職を考える時にその業界・職種の将来性が気になるという女性も多いでしょう。

ここでは自動車営業の将来性やキャリアパスについてご説明します。

将来性やキャリアパスを見据えて転職活動をしていくことをおすすめします。

自動車営業の将来性

若者の自動車離れが進んでいるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

自動車は大きな買い物ですし維持費もかかるので購入に慎重になる人もいます。

しかし日常生活の中で必需品とする人も大勢いるのが現状です。

そのため自動車の販売という仕事がなくなることはないでしょう。

また近年では自動運転の技術開発も進められており自動車業界の将来性もあります。

今後も自動車メーカー・ディーラーともに活躍が期待される職種です。

自動車営業のキャリアパス

キャリアパスは仕事をする上で大切なものです。

それでは自動車営業にはどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

自動車メーカーの営業の場合は経験を積む過程でメーカー直営のディーラーに出向することがあります。

そこでディーラーにメーカーの支援をしつつ個人への営業や店舗運営について学ぶのです。

直営ディーラーへの出向後はメーカー営業の管理職に就く可能性があるでしょう。

また求人例でご紹介したように海外エリアを担当することでキャリアアップを目指すこともできます。

営業のスペシャリストになる方法もあれば営業の管理職を経て人事にキャリアチェンジするという選択肢もあります。

次にディーラー営業のキャリアパスについて見ていきましょう。

ディーラー営業は経験を積むことで店長に昇進というキャリアが考えられます。

自動車営業の仕事は成約数で評価されることが多く成果によってインセンティブがつくことも。

そのため店長にはならず営業のスペシャリストとして現場で成果を上げていくという選択をする人もいるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

手を口に添える女性

転職活動で不安や悩みを抱えてはいないでしょうか。

自動車営業の仕事は自動車メーカーとディーラーがあり、どちらが向いているかわからないという人もいるでしょう。

また未経験者は応募書類で自分をどうアピールすればいいか悩むことも。

そんな転職の悩みは不安は転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロがあなたの転職のサポートをします。

まとめ

ガッツポーズをする女性

今回は自動車営業に転職する方法や仕事内容についてご紹介しました。

自動車営業には大きくわけて自動車メーカーとディーラーの営業があります。

この種類の営業は仕事内容が異なる部分があるので転職の際は求人内容を確認しましょう。

もし転職活動で不安なことがあれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら