女性は結婚・妊娠・出産などライフスタイルの変化によって働き方を見直さないといけない場合もあります。

そんな中で事務職は長く働くことができる職種といわれているのをご存じでしょうか。

今回は事務職は長期的に働くことができるのか詳しくご紹介します。

Contents

事務職が長期的に働くことができるかを解説

ガッツポーズする女性

事務職は長期的に働くことができるというイメージで女性からの人気が高いです。

しかし長く働けるのは「楽だから」というわけではありません。

事務職と一言でいっても様々な事務があるのでここで見てみましょう。

  • 一般事務
  • 経理事務
  • 総務事務
  • 受付事務
  • 営業事務

他にも多種多様な事務職があり、決して「楽そう」という理由で長く働けるのではないのです。

事務職が長く働けるといわれる理由は仕事の特徴やメリットを見ていくとわかります。

今回はそんな事務職が長期的に働くことができる理由を解説していきます。

事務職として長く働くためのポイントも要チェックですよ。

事務職が安定して長期で働けるといわれる理由

首をかしげる女性

事務職は安定して長期で働くことができる職種といわれています。

それではなぜ長期で働くことができるのでしょうか。

ここではその理由を詳しく解説していきます。

ワークライフバランスが安定している

事務職はワークライフバランスが安定する職種の1つです。

もともとあったスケジュールに沿って仕事をすることが多く予定を立てやすいのです。

事務職の仕事は「社員のサポート」という役割を担っています。

社員がスムーズに仕事ができるような縁の下の力持ちの存在です。

PCを使った事務作業もありますが自分でスケジュールを立てて進めることも。

他の職種と比べても突発的な仕事やトラブル対応といったことが少ないのが特徴です。

残業が少なく休日も決まっているのでプライベートの予定を立てやすいでしょう。

PCスキルさえあれば市場価値が上がる

パソコン作業をする女性の手

事務職といえば事務処理を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そのイメージ通り事務職は事務処理の仕事でPC作業をすることが多いです。

取引相手の情報や経費の計算、他部署から依頼された資料作成などPC作業の内容は様々でしょう。

どのようなPC作業であっても事務職に求められるのが迅速かつ正確な作業です。

そのためPCスキルがあれば自分の事務職としての市場価値を上げることができるのです。

近年ではテレワークを導入する企業も増え在宅で仕事ができるようになりました。

PCスキルが高ければテレワークでも困ることはないでしょう。

育児とも両立することができる

子育て中の女性

育児中の女性にとって仕事と育児の両立は大変なものです。

独身の頃のような働き方ができず悩む女性も多いのではないでしょうか。

保育園の送迎があれば早く出勤したり残業したりするのは難しいですね。

そのため妊娠・出産をきっかけを辞めるという選択をする女性もいます。

そんな中で事務職は育児とも両立することができる職業として女性に人気なのです。

事務職は突発的なトラブルや依頼などがなければ定時に退社することができます。

また育児中は時短出勤を認めている企業もあるでしょう。

これらのことから育児中も同じ企業で無理なく働き続けることができるのです。

もちろん育児だけでなく介護との両立も可能です。

 

ワンポイント
 事務職は残業が少ないのでワークライフバランスが安定し育児・介護と両立しやすい。

事務職のメリット

ファイルを持つ女性

事務職が長く働けるのにはその職種ならではのメリットも影響します。

ここでは事務職のメリットを見ていきましょう。

クレーム対応をすることが少ない

クレーム対応をすることが少ないのは事務職のメリットといえるでしょう。

事務職は社外に出ることはほとんどなく社内での業務がメインです。

その仕事柄、業務上関わるのは同じ企業の社員ということになります。

そのため営業職のように顧客のクレーム対応をすることが少ないのです。

受付事務や総務事務の場合は会社の代表電話を受けることがあるでしょう。

しかし要件を伺い担当部署につなぐことになるので事務職が一心にクレーム対応をすることは少ないです。

クレーム対応は精神的にキツイと感じる女性も多いのではないでしょうか。

そのクレーム対応が少ないのは事務職のメリットですね。

座っての作業なため体力的に楽

パソコンで仕事する女性

事務職はデスクワークのため座って作業をすることが多いでしょう。

そのため立ちっぱなしの仕事よりも体力的に楽というメリットがあります。

体力勝負の仕事ではないので「若くないとできない」「年齢を重ねるうちに仕事が辛い」ということは少ないでしょう。

しかしパソコン作業を長時間続けると疲れが出てくるもの。

比較的体力的に楽であっても疲れには注意が必要です。

事務職を退職する理由

悩むスーツ姿の女性

ワイフワークバランスを保てることができメリットもある事務職ですが退職する女性もいます。

なぜ長く働きやすい職種なのに退職という選択肢をとるのでしょうか。

ここでは事務職の退職理由を見ていきましょう。

やりがいを感じられない

仕事をする上で達成感ややりがいはモチベーションを保つために重要です。

やりがいを感じられないと「何のために仕事をしていんだろう」「私の代わりはいくらでもいる」とネガティブになってしまうことも。

このようにネガティブな感情になると仕事を辞めたくなる人もいるのではないでしょうか。

先ほどもお伝えしたように事務職は社員のサポート役の存在です。

他職種のように契約数や成果のような数字で評価することが難しいという特徴があります。

そのため自分の仕事の結果がわかりにくく、評価されているのか実感できないという女性もいるのです。

また営業職をはじめとする他職種と比べて昇給が少ないというデメリットも。

こういったことが重なると退職という選択肢を取る人もいるでしょう。

他の社員に馬鹿にされる

オフィスで悩む女性

事務職をしていると他の部署の社員に馬鹿にされていると感じる場合もあります。

営業・研究・開発・マーケティングなどは企業にとってなくてはならない部署といえるでしょう。

事務職だって同じように会社や社員を支える重要な存在です。

しかし残念ながら縁の下の力持ちの仕事が他の社員に伝わらないことも。

その結果他の社員から馬鹿にされて辛く感じる事務職の女性もいるでしょう。

もっと自分が活躍できる会社で働きたい、他の職種にキャリアチェンジしようという理由で退職に至るのです。

給与が低い

給料が低いのが理由で事務職を退職する女性もいます。

事務職の年収は250~400万円程度が相場で平均年収は約330万円です。

それではなぜ事務職の年収は低めなのでしょうか。

事務職は他の職種と比べて仕事が会社の売り上げに直結するわけではありません。

一方で営業職は契約数を増やせばそれだけ会社の売り上げに貢献したことになります。

営業職の平均年収は約440万円ですが結果を出すことで年収600万円以上も可能になるでしょう。

これは成績によってインセンティブがついたり昇給があったりするからです。

しかし事務職にインセンティブがつくことはなく、残業が少ない分他の職種より年収が低くなります。

また昇給が少ないのも事務職のデメリットの1つ。

同じ企業で長く働いても年収アップが望めず転職する事務職の女性もいるでしょう。

 

ワンポイント
 事務職のデメリットを解消するために転職する女性が多い。

事務職は倍率が高い

考える女性

事務職が女性に人気の仕事だというのは求人倍率を見るとわかります。

求人倍率は採用難易度を現す指標の1つで有効求人数をハローワークに登録している求職者数で割ったものです。

これを「有効求人倍率」といいますが事務職は2020年4月時点で「0.3倍」とされています。

有効求人倍率は1倍を超えると求職者より募集する企業の方が多いということ。

つまり0.3倍の事務職は募集する企業よりも求職者の方が多く倍率が高いのです。

事務職で転職を目指す時は高い倍率を乗り越えるための転職対策が必要となるでしょう。

市場価値の高いスキルがあると長期的に働きやすい

指をさす女性

事務職として長く働くためには自分の市場価値を高めることも大切でしょう。

長く働ける環境が整っているというだけでなく自分自身の行動が必要となるということです。

それはつまり事務職としての自分の市場価値を高めるということです。

市場価値を高めると以下のようなメリットがあります。

  • 他部署や同僚から頼りにされる
  • 責任ある仕事を任されるようになる
  • 年収が上がる
  • 仕事にやりがいを感じる

これらのメリットがあることで長く事務職を続けることができるでしょう。

長期的に働くためには市場価値を高めるスキルを身につけることをおすすめします。

 

ワンポイント
 事務職としての市場価値を高めて長く働きやすくしよう。

事務職に転職するとき持っていると有利な資格

ノートを開く女性

事務職は求人倍率が高いので転職するときにはアピールできるものがほしいですね。

ここでは事務職に転職するときに持っていると有利な資格をご紹介します。

転職してから実践で役立つ資格なのでぜひ検討してみてください。

MOS

PC作業が多い事務職はWordやExcelの基本的な操作ができる必要があります。

また業務を効率的に行うためのスキルがあれば転職時にアピールすることができるでしょう。

そんなPCスキルをアピールできる資格が「MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)」です。

MOSはマイクロオフィス社のWord・Excel・PowerPointといったソフトの取り扱いについて実務に基づいた問題が出ます。

事務職の転職でPCスキルがあると伝えるのとMOS資格合格者というのでは印象が異なるでしょう。

簿記検定

事務職におすすめの資格というと簿記検定を思い浮かべる女性も多いでしょう。

特に経理事務の転職では持っておくと有利になる資格です。

簿記検定は複数の団体で実施していますが中でも「日本商工会議所」主催のものが有名です。

3級・2級・1級があるのでまずは3級から始めて簿記の知識を身につけましょう。

事務職は企業によって一般事務が経理の仕事を兼任したり経費の処理をすることがあります。

このような事務職は簿記の知識があると重宝されるでしょう。

秘書技能検定

秘書技能検定は事務職の転職を有利にする資格の1つです。

一般常識やマナーに関する知識や技能が問われる秘書検定は実践で役立つでしょう。

試験ではビジネスマナー・正しい敬語の使い方・電話対応・来客対応・ビジネス文書の作成といったことが問われます。

仕事をする上で「感じのいい対応」といった接遇は大切なことです。

筆記試験だけでなく面接試験もあるので合格すると転職時にアピールできるでしょう。

 

ワンポイント
 事務職の転職は資格を取得してアピールしよう。

事務職で長期的に働くため企業選びのポイント

パソコンで学ぶ

事務職で転職をしたら長く働きたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

長く働くためには転職時の企業選びが大切です。

ここでは事務職で長く働くための企業選びのポイントをご紹介します。

やりがいを持って働けるかどうかの視点を持とう

事務職で長く働くためにはやりがいを持てるかどうかが大切です。

先ほど事務職の退職理由のところで「やりがいを感じられない」ということをご紹介しました。

そうならないために転職してどうなりたいか、どんな仕事をしたいのかを考える必要があります。

やりがいを持って働けるかどうかという視点で転職先を検討しましょう。

女性が活躍している企業かどうか

女性が長く働ける企業のポイントは女性が活躍しているかどうかで見ることができます。

活躍している女性が多いということは、それだけ働きやすいという見方ができるからです。

女性管理職がいるというだけでなく育児休暇や介護・看護休暇といった女性が求める制度が整っていることも大切ですね。

産休・育休後も働き続ける女性が多いのは長く働きやすい企業だと思っていいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

事務職は長く働ける職種として女性に人気が高いです。

しかしキャリアップのため、年収を上げるためなど様々な理由で転職を考える人もいるでしょう。

長く働きやすい上に人気が高いため事務職は倍率が高いです。

そのため自分の市場価値を高めるスキルを身につけるように心がけてください。

事務職の転職で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のプロに相談しながら倍率の高い事務職の転職を成功させましょう。

まとめ

ノートパソコンをもつ笑顔の女性

今回は事務職が長期的に働くことができるのかについて解説しました。

ワークライフバランスが安定し育児と両立しやすい事務職は女性にとって働きやすいでしょう。

しかし、やりがいや給料の面から転職を考える女性も多いです。

倍率が高い事務職の転職を成功させるためには自分の市場価値を高めましょう。

そのためには資格取得や強みを見出すなどの行動が必要です。

転職の悩みは転職相談に登録することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら