IT業界への転職を考える人は多いです。しかし、未経験の職種への転職を不安に思うこともあるでしょう。

今回は、未経験の女性がIT業界に転職するときに知っておくべきことを紹介します。

IT業界への転職を考えている人はチェックしてみてください。

未経験者がIT業界へ転職するために知っておくべきことを解説

指を差す女性

IT業界は未経験でも挑戦することが可能です。人材不足の業界であることから求人も多く目に留まりやすいことでしょう。

しかし、未経験者が何も知らずにIT業界へ飛び込むと後々苦労することとなります。

専門性の高い仕事であるからこそ、事前にIT業界のことを学ぶ必要があります。

未経験者がIT業界へ転職するために知っておくべきことを解説していくので、チェックしておきましょう。

「IT業界」は複数の業界のことを指す

紹介する女性

IT業界に転職するためには、IT業界がどのような仕事をしているのか知る必要があります。

一般的にIT業界というのは、IT系の複数の業界のことをまとめて表しています。

複数の業界がIT業界に所属していてそれぞれ仕事内容は異なります。ここでは、4つのIT業界について紹介していきます。

インターネット業界

インターネット業界ではWebメディアやホームページ、サイト作成などを開発して提供しています。

クライアントの要望を聞き出すことが重要であり、その要望を元に設計が行われます。

開発も重要ですが顧客の満足度を高めるためにはヒアリングと設計が何よりも重要となります。

そのため、顧客の本心を聞きだせる人が重宝される業界です。

また、自社のWebメディアを作成して運営することもあり業務内容は多岐に渡っています。

ソフトウェア業界

仕事をする女性

ソフトウェア業界では、パソコンに導入するパッケージ製品を作成しています。

WordやExcelなどの文書作成・表計算ソフトもその一つです。また、ウイルス対策のソフトを作成しているのもソフトウェア業界です。

インターネットをより安全に、より便利に利用するための製品を主に作成しています。

ソフトウェア業界ではユーザーのニーズに合わせた製品を開発していくことが重要となります。

業務内容は自社製品の開発に関わることがメインです。

ハードウェア業界

ハードウェアとはパソコンディスプレイやキーボード・マウス・プリンターなどです。ハードウェア業界ではそれらの製品を制作しています。

パソコン関連以外にもスマート家電などの幅広いハードウェアを開発し販売しています。

開発では主にC言語が使用されてプログラミングを行っています。

自社製品として販売をするため、開発部門・営業部門・販売部門と部門分けされることが多く、業務内容も異なります。

IoT製品の需要が高まっていることによって、ハードウェア業界は成長しエンジニアの需要も高くなっているのが特徴です。

情報処理業界

女性 

情報処理業界は「Sler」と呼ばれています。企業が社内で使用する情報システムの開発・運用が主な仕事です。

情報システムを開発するために、クライアントからの要望をヒアリングし、それに基づいて設計が行われます。

クライアントの要望を聞き出すことによって、満足度の高いシステムを開発することができます。

クライアントに対して提案を行うこともあり業務内容は想像以上に多いです。

 

ワンポイント
IT業界は複数の業界の総称である。

IT業界の職種を確認しよう

パソコンを操作する女性

IT業界には分類があるように職種もたくさんあります。

ここからは、「システム系」「Web系」「システム系・Web系共通」の3つに分けて職種を紹介していきます。

未経験からIT業界に挑戦するとき、どのような職種を選ぶかは重要なポイントとなります。

そのためには、IT業界の職種について詳しく知る必要があります。IT業界への転職を考えている人はチェックしておきましょう。

システム系

システム系には「プログラマー」「システムエンジニア」「ITコンサルタント」の3つの職種があります。

「プログラマーはプログラミング言語を用いてプログラムを組んでいく仕事です。

IT系の職種というとプログラマーをイメージする人は多いでしょう。システムエンジニアは、プログラムを組む前の設計を行う仕事です。

クライアントから要望を聞き出してそれを設計書に書き出します。

プログラムに関する知識と、コミュニケーション能力の両方が必要となるでしょう。

また、ITコンサルタントは企業に対して経営課題や業務課題の解決策を提案していく仕事です。

高い技術力と経験が必要となります。未経験から挑戦する場合はプログラマーかシステムエンジニアがおすすめです。

web系

事務

web系には「Webデザイナー」「Webマーケター」「Webディレクター」の3種類があります。

WebデザイナーはWebサイトのデザインを設計する職種です。

デザイン性だけでなく利便性も考える必要があり、ユーザーの気持ちになって仕事をすることが必要となります。

Webマーケターは広告などを利用して集客をすることが主な仕事内容です。また、顧客の問い合わせもWebマーケターの仕事です。

WebディレクターはWebサイトを作成するときの責任者です。

Webサイト制作のリーダーであり、プロジェクトの立ち上げ・進行・品質管理・納品など多くの業務を行います。

マネジメント能力が必要となるため、Web系の仕事を経験した後に目指す人が多いです。

システム系・web系共通

IT系の職種の中には、システム系・web系に共通する職種があります。代表的なのは営業職です。

自社の製品やサービスをクライアントに提案したり販売するのが主な仕事内容です。

また、運用オペレーターやQAエンジニアのようにリスク回避やシステム保守をメインに行う職種もあります。

システムはリリース後に障害が発生することがあります。

それを防ぐためのリスク回避を行うのがQAエンジニアで、障害発生時の問合せ対応を行うのが運用オペレーターです。

 

ワンポイント
IT業界にはたくさんの職種がある。

未経験歓迎の求人でも専門用語は知っておこう

女性

IT業界は未経験者が歓迎されている業界でもあります。しかし、専門用語も知らない状態で飛び込むには厳しい業界です。

IT業界に転職をするなら基本的な専門用語だけでも勉強しておきましょう。

面接の際に専門用語を使用することも多いため、知っておくだけでIT業界に興味を持っているとアピールすることができます。

転職エージェントを利用することで、そういったアドバイスをもらうことができます。

未経験から転職しやすい職種は?

首をかしげる女性

IT業界にはたくさんの職種がありますが、未経験では難しい職種もあります。

では、未経験者はどの職種を選べば転職しやすいのでしょうか。ここでは未経験者におすすめの3つの職種を紹介していきます。

プログラマー

プログラマーは専用のプログラミング言語を勉強しなければならないことから、未経験からの転職が難しいと思われがちです。

しかし、現場ではプログラマーが不足しています。

そのため、未経験者であっても自社で教育しながら育てていこうという企業がたくさんあります。

プログラミンに関する知識がゼロの場合は難しいですが、多少の知識を持っていれば転職できる可能性は高いです。

また、これからプログラマーを目指そうという人はITスクールで基礎を学んでおくと転職しやすくなります。

webデザイナー

仕事をする男女

webデザイナーで必要となるスキルはHTMLやCSS、Adobeなどのデザインソフトです。

これらの知識は独学でも身につけることができます。そのため、転職への難易度は低くなります。

webデザイナーはITスキルよりもデザインスキルが重要視されています。

IT未経験であってもデザインセンスがある人は採用されやすくなります。

また、選考時にポートフォリオを求められることが多いため、あらかじめ作成しておく必要があるでしょう。

営業職

営業職は未経験からIT業界に挑戦するときにもっとも転職しやすい職種です。

ITに関する知識は必要ですが、営業職に必要なのはコミュニケーション能力です。

IT業界が未経験であっても営業職経験者であれば優遇されることがあります。

業界が違っても営業職には共通する部分があるため、未経験から挑戦しやすいのです。

 

ワンポイント
未経験転職におすすめの職種
・プログラマー
・Webデザイナー
・営業職

IT業界は未経験でも挑戦可能な業界

ガッツポーズをする女性

IT業界は難易度が高いと思われがちですが、実は未経験でも挑戦可能な業界です。人手不足なこともあり企業側も人員を求めています。

また、成長途中の業界であるため、新しい企業がたくさんあります。これから先IT業界はさらに発展していきます。

求人件数も多くなっていくことから、未経験者を歓迎する企業も増えることでしょう。

 

ワンポイント
IT業界は未経験でも挑戦できる。

IT業界への未経験転職でよく聞かれる質問

女性

IT業界が未経験だと、転職面接の際にどのような質問をされるか分からないことでしょう。

未経験転職でよく聞かれる質問をチェックしておくことは重要です。ここでは、3つの例を紹介していきます。

よく聞かれることですのでチェックして自分なりの回答方法を考えてみましょう。

例①前職に関する質問

前職に関する質問は、未経験の転職の際によく聞かれます。

前職に関する質問で企業側が重要視しているのは、マイナスな退職理由でないかどうかということです。

また、前職が全く違う業種である場合なぜこの業界を目指そうと思ったのかも聞かれる可能性が高いです。

「手に職をつけたい」という理由を話す人は多いですが、これはNGです。

手に職をつけるならわざわざIT業界を目指さなくてもいいと思われてしまいます。

自分がIT業界に惹かれるきっかけとなったサービスや商品を具体的に話していくと、印象がよくなります。

例②自社を選んだ理由

キャリアコンサルタント

IT業界にはたくさんの企業があるため、なぜ自社を選んだのかと聞かれます。

応募企業が自社サービスを提供している場合は、どういうところに魅力を感じたのか伝えましょう。

受託事業を行っている企業の場合は、経営理念など会社の考え方と自分の目標がマッチしたことを伝えるといいでしょう。

企業に関して調べておくことが重要となるため、下調べを忘れないようにしてください。

例③将来のキャリアプランについて

将来のキャリアプランについても、IT業界の未経験転職で聞かれます。

未経験であっても将来のプランがしっかりとしている人は評価されます。

反対にキャリアプランの中身がなかったり、実現不可能なキャリアプランを立てていると計画性のない人だと判断されます。

具体的に何年かけてどのようになりたいのかを話すと、IT未経験でも評価されることとなります。

転職に役立つ資格を紹介

女性

IT企業に転職する際に役に立つ仕事がいくつかあります。

職種によってさまざまですが、プログラマーを目指すのであれば「基本情報技術者試験」が評価されやすいです。

また、ネットワークエンジニアなら「CCNA」が評価の対象となります。

必須の資格ではありませんが、持っているだけでIT企業に本気で転職したいという意思をアピールすることができます。

ITについて前向きな姿勢を持っていることは重視されているため、これを機に資格を取得してみるといいでしょう。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズをする女性

未経験の業種に挑戦することに不安を感じる人は多いです。また、未経験だからこそ分からないことがたくさんあることでしょう。

未経験業界への転職で悩んだときは、転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロである転職エージェントは、的確なアドバイスをくれることでしょう。

また、どういった内容をアピールしていくべきか教えてくれるため転職を有利にすることができます。

まとめ

街中

社会がIT化されていくにつれて、IT業界の仕事はどんどん増えています。その一方で人材不足がIT業界の問題点でもあります。

成長途中の業界であるからこそ、未経験の転職も歓迎されています。

ITに関する知識がないから。自分にできるか分からないから。と諦めるのではなく挑戦していきましょう。

迷ったり悩んだときは転職エージェントを活用しつつ、IT業界への転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら