世界中で発展し続けているICT技術。ほとんどの方が、スマホやパソコンを使ってWebサイトを閲覧していることでしょう。

そんなWEBサイトを作る仕事の要ともいえる存在が「Webディレクター」です。

Web業界は男性のイメージが強いかもしれませんが、実は女性のWebディレクターも多く活躍しています。

そこで今回は、女性がWebディレクターになるにあたり、持っていたらプラスになる資格をご紹介。

Webに関する知識はもちろん、デザインの知識やマーケティングの知識など、Web業界ではさまざまな知識が必要とされています。

それでは、Webディレクターにおすすめの資格を見ていきましょう。

女性のWebディレクターにおすすめの資格を解説

ノート

Webディレクターに必須の資格はありません。そのため、最前線で活躍している方の中には、資格を持っていない方もいます。

Web業界の進歩の速度は目まぐるしいので、現場で学ぶことの方が圧倒的に多いです。

資格取得のために身につけた知識だけでは、現場で活躍することができません。

現場で培ったノウハウ技術、それを実践に活かす能力と、Webディレクターには多くの実践的な力が求められています。

しかし、資格を取る意味がないということではありません。

資格を取得することで、クライアントからの信頼を勝ち取りやすくなります。

 

ワンポイント
Webディレクターに必須の資格はない。

Webディレクターの主な仕事内容

MTG

Webディレクターは、Webサイトの制作に携わるスタッフをまとめる役割があります。

Webサイトの制作を一人で行う場面は、まれです。

デザイナーやライター、コーダーなど、多くのスペシャリストの力を合わせて一つのサイトが作られています。

Webディレクターは、そんなチームをまとめ、スムーズに業務が遂行できるように管理しなければなりません。

スケジュール管理やWebサイトのクオリティ管理、クライアントとのやり取りなど、業務内容は多岐に渡ります。

そのためWebディレクターは、Webサイト制作における幅広い知識を身につけることが重要です。

 

無料転職相談をしてWebディレクターを目指す

 

ディレクションに関するおすすめの資格

女性頑張る

ディレクションをする上で必要となるのが、Webに関する幅広い知識。ここではWebやITに関する資格を紹介していきます。

「Webリテラシー試験」

Webリテラシー試験は、株式会社ボーンデジタルが運営している資格です。

受験料は11,000(税込)円。試験時間は90分で、合格するためには70%以上の正答率でなければなりません。

受験資格はないので、どなたでも受験することができます。

Webリテラシー検定はWebディレクター・Webデザイナー・Webプロデューサーの業務において、最も重要な事項が出題されます。

幅広い分野の知識が必要とされますが、出題されるのはWeb制作において基本的なこと

未経験の方やWeb業界に入りたての方には、特におすすめの資格です。

「Webディレクター試験」

Webディレクター試験は、先ほどご紹介したWebリテラシー試験も運用している株式会社ボーンデジタルが運営しています。

受験料や試験時間、合格基準はWebリテラシー試験と同様。受験資格も特にありません。

出題される問題は、Webリテラシー試験で出題された項目の中で、Webディレクターに特化した問題。

Webサイトの企画設計やプロジェクトマネジメント、ゴール設計など、Webディレクターとして必要な知識が問われます。

現在Webディレクターとして活躍している方でも、自分の苦手分野の克服に繋がるでしょう。

Webディレクター未経験者から経験者まで、Web業界に携わる人ならチェックしておきたい資格の一つです。

「ITパスポート試験」

ITパスポート試験は国家資格。IT関連の知識が問われます。

受験料は5,700(税込)円。試験時間は120分。

合格するためには、全体の6割が正解かつ各分野でも3割を正解しなければなりません。

ITパスポート試験では、経営の知識からIT知識、ソフトウェア開発など、さまざまな業界の知識が必要です。

Web業界よりももっと広いIT業界での活躍を目指している方は、取得しておくと将来的にも良いでしょう。

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


デザインに関するおすすめの資格

女性仕事

Webディレクターなら、デザインに関する知識は必要ないと思っている方もいるのではないでしょうか?

デザインを行うのはデザイナーの場合がほとんどですが、ディレクション業務ではクオリティ管理も必要です。

デザインの知識がないと、デザイナーが作ったデザインが良いのか悪いのか判断できません。

そのため、 Webディレクターもデザインに関する知識を持っておくことをおすすめします。

それでは、デザインに関するおすすめの資格を紹介していきましょう。

「ウェブデザイン技能検定」

ウェブデザイン技能検定は、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が運営しています。

学科と実技の試験があり、受験料は各5,000円。ウェブデザイン技能検定の受験料は非課税です。

しかし、受験年度の4月1日時点で35歳未満の方は、実技試験の受験料が3,000円に割引になります。

試験時間は105分。合格するためには、学科と実技ともに70%以上の正答率が必要です。

さらに各試験事項において、60%以上の正答率でないと不合格になってしまいます。

ウェブデザイン技能検定は、Web業界で働いていたり、Web業界で働く意欲があれば誰でも受験可能です。

学科試験では、デザインだけではなく、IT技術の知識も必要とされています。

実技試験ではHTMLやCSSを使い、実際にコーディングをしなければなりません。

実技試験があるとなかなか手が出しづらいかもしれませんが、自分の腕試しに挑戦してみてはいかがでしょうか?

「Webクリエイター能力認定試験」

Webクリエイター能力認定試験は、株式会社サーティファイが運営している資格です。

受験料は5,700(税込)円

試験時間は70分(Webページ作成ソフト使用の場合は60分)で、合格するためには65%以上の正答率が必要です。

この試験では、主にコーディングに対する知識が問われます。

Webディレクターとしてではなく、コーダーとしても活躍したいという方におすすめです。

 

ワンポイント
デザインに関する資格はコーディングの知識も必要である。

マーケティングに関するおすすめの資格

女性手帳

Webディレクターには、マーケティングの知識も必要です。それは、Webサイトが広告の役割を持っているから。

デザインや機能的に素敵なWebサイトを作ることは、もちろん大切です。

しかし、それ以上にWebサイトを使って企業の利益を最大化することが、最も大切となります。

マーケティングの知識を身につけることで、Webサイトで利益を最大化するためのヒントが見つかるでしょう。

「ネットマーケティング検定」

ネットマーケティング検定を運営しているのは、Webクリエイター能力認定試験と同じ株式会社サーティファイ。

受験料は6,000(税込)円。試験時間は80分で、70%以上の正答率が必要です。

ネットマーケティング検定では、マーケティングにおける広範囲の知識が求められます。

広告のプロモーション手法だけではなく、市場調査や分析についても理解していなければなりません。

ネットマーケティングの幅広い知識が身につくので、Web業界未経験の方は持っておいて損はないでしょう。

「マーケティング・ビジネス実務検定」

マーケティング・ビジネス実務検定は、国際実務マーケティング協会が運営している資格。

C級とB級の二種類があり、C級は基礎、B級は応用です。

C級の受験料は6,270(税込)円B級の受験料は7,480(税込)円

試験時間はC級が135分、B級が165分で、C級は300満点中160点、B級は300点満点中210点が合格基準です。

資格名の通り、ビジネスにおけるマーケティングの知識が必要とされます。

Webディレクターにとってビジネス的なマーケティングは関係が薄いものかもしれません。

しかし、知識として知っておいても損はないでしょう。

Webディレクターより上の立場であるWebプロデューサーを目指している方は、特に取得をおすすめします。

 

ワンポイント
マーケティングの知識は、Web制作において重要な知識である。

その他Webディレクターにおすすめの資格

女性ディレクター

ディレクション・デザイン・マーケティングの3つのカテゴリーに分けて資格を紹介しました。

しかし、先ほどご紹介した資格以外にも、Webディレクターにおすすめの資格は存在します。

それではその他のおすすめの資格を見ていきましょう。

「Webアナリスト検定」

Webアナリスト検定は、日本Web協会が運営している資格です。

Googleアナリティクスを利用したデータ分析について学ぶことができます。

これは単に試験を受験するのではなく、しっかりと講座を受けてから試験に挑戦することが特徴です。

受験料は26,400(税込)円。この金額に講座の受講料やテキスト代が含まれています。

データを分析するためのポイントをしっかり教えてもらえるので、未経験の方でも挑戦がしやすい資格です。

データ分析以外にも、コミュニケーション戦略を学ぶことができ、クライアントと接する際のヒントにもなります。

Webサイトを公開した後のクライアントへのアフターサービスにも役立つことでしょう。

「個人情報保護士認定試験」

個人情報保護士認定試験は、一般財団法人全日本情報学習振興協会が運営しています。

受験料は11,000(税込)円。試験時間は150分で、課題I・課題IIでそれぞれ70%以上の正答率が必要です。

Webサイトでは、問い合わせに繋げるためにユーザーの個人情報を入力する場合も多いでしょう。

そこで大切になるのが、個人情報を安全に管理するための知識。

個人情報保護士認定試験を持っておくだけで、クライアントの安心感も向上します。

個人情報を取り扱えるというだけで、社内での評価もアップすることでしょう。

「ビジネス著作権認定試験」

ビジネス著作権認定試験を運営しているのは、先ほども名前が上がった株式会社サーティファイ。

初級と上級の二種類があり、受験料は初級が5,100(税込)円上級が8,000(税込)円

試験時間は初級が60分で、上級が90分。

合格するためには初級で65%以上、上級で70%以上の正答率が必要です。

Webは著作権の無法地帯と呼ばれていましたが、次第に著作権に関する監視が厳しくなりました。

著作権に対する知識がないと、無意識に著作権違反のWebサイトを制作してしまうかもしれません。

ビジネス著作権認定試験があれば、著作権に違反しないサイトを作ってくれるという安心感があります。

胸を張ってオリジナルのコンテンツだといえるよう、著作権の知識は身につけておきましょう。

Webディレクターの資格取得のメリット

勉強

ここまで、10個の資格を紹介しました。あなたが気になる資格はありましたか?

Webディレクターは資格が必須の職業ではありませんが、資格を取得するメリットはあります。

資格取得のメリットは何があるのでしょうか?ここでは、資格取得のメリットをまとめました。

スキルアップに繋がる

パソコン手元

1つ目のメリットは、スキルアップに繋がることです。

資格を取得するためには、勉強をしなければなりません。

その中で、今まで自分が知らなかったことがたくさん学べることでしょう。

勉強をしないと、自分が普段使う知識しか身につきません。

資格取得のために勉強をするだけでも、確実にスキルアップにつながります。

仕事を効率的に進められる

女性スマホとパソコン

2つ目のメリットは、仕事を効率的に進められることです。

資格を取得することで、Web制作における幅広い知識を身につけることができます。

すると今まで感じていた仕事での不明点が少なくなることでしょう。

周りの人に聞いたり、ネットで検索をしたりしながら進めていた仕事があるかもしれません。

知識が身についていれば、その手間を減らすことができるので、仕事の効率化につながります。

転職が有利になる

女性パソコン

3つ目のメリットは、転職が有利になることです。資格を取得すると、履歴書に取得した資格を記入することができます。

現場での経験が豊富な方は資格がなくても、実績を提示することができるでしょう。

しかし、Web業界未経験の方は、応募先の企業に実績を提示することができません。

実績の代わりとして、Web業界に関する資格を持っていれば、知識があることをアピールできます。

資格が必要ない業界の分、資格を持っているだけで他の応募者と差別化できるかもしれません。

Web業界での経験がない方や実績の定時ができない方は、資格を取得しておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
資格取得のメリットは3つ
・スキルアップ
・仕事の効率化につながる
・転職が有利になる
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


Webディレクターの転職での活かし方をチェック

女性携帯

Webディレクターの転職を考えている方は、資格を取得することで自分の知識をアピールできます。

自分でWebサイトを作った経験があればダイレクトにアピールできますが、それがない方はアピールが難しいです。

Web業界に限らず、クリエイティブ業界は実力主義。

未経験の方は資格を取得することで、転職先の企業に本気度がより伝わるでしょう。

デザインやマーケティングの知識は、Web業界以外でも必要とされる場面が多々あります。

自分のスキルアップや将来のためにも、資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

無料転職相談をして転職活動を成功させる

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性相談

Webディレクターを目指している方は、Web制作会社を探していると思います。

しかし、募集しているのは経験者ばかりで、なかなか会社が見つからないという方も多いでしょう。

クリエイティブ業界は最前線で活躍できる人材を求めていることもしばしば。

未経験者の求人はなかなか出ていないのが現実です。

そこで、転職先が見つからず悩んでいる方は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のプロが、あなたの転職活動を全力でサポート。

転職エージェントなら、公開されていない求人も紹介することができます。

未経験者でも歓迎しているWeb制作会社が、きっと見つかるでしょう。

 

無料転職相談をして転職活動を有利に進める

 

まとめ

女性ガッツポーズ

Webディレクターには必須の資格はありません。

だからこそ、資格を持っているだけで他のWebディレクターとの差別化ができます。

クライアントからの信頼も獲得しやすいので、今後の仕事にはプラスに影響するでしょう。

Web業界での経験がない方には難しい資格かもしれませんが、資格を取得することで自分の自信にもつながります。

資格を取得し、Webディレクターとしての転職活動を成功させましょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。