転職先として企画職を目指している人は、どのような志望動機の書き方をすればいいでしょうか。

志望動機を書くには、自分がなぜ企画職を希望しているのかを明確にしておくことが大切です。

そのためには、企画職の具体的仕事内容を理解しなければなりません。

もちろん、漠然とした企画職の仕事はわかっているかもしれません。

強いイメージとして残りやすいドラマなどに出てくる女性は、仕事の一部分だけです。

求められるスキルも理解した上で志望動機を書きましょう。それが転職時の評価にもつながります。

企画職の志望動機の書き方を解説

前向き

企画職の志望動機の書き方が特別なわけではありません。

ただ、企画職の仕事内容を知っておかなければ、志望動機は書けないことだけは間違いありません。

自分がなぜ企画職を希望しているのかを明確にして、志望動機を書きましょう。

企画職に求められるスキルと自分が持っているスキルをチェックしてください。

それらを加味した上で具体的な文章に書き上げなければなりません。

企画職に求められるスキルやアピールできる能力などを知っておけば、スムーズに志望動機が書けます。

 

ワンポイント
新しいことにチャレンジする精神が大切。

企画職に求められる人物像

聞く

まずは、企画職に求められる人物像を意識しましょう。

自分が企画職としてふさわしいかどうかを判断しなければなりません。

欠けているところがあれば、それを補うための努力をする点を志望動機でアピールすればいいでしょう。

企画職とは企業内でいろいろな計画を立案する仕事です。

製品企画宣伝企画営業企画など対象によって部署名は変わってきます。

具体的な仕事も違います。

どの企画にも共通して求められるのは、これまでになかった新しいものを計画するスキルです。

もちろん、まったくゼロから作ることは現実的ではありません。

既存の組み合わせ・別の物への転換・新しい視点を持つことで、これまでとは違う企画立案ができます。

企画職に就く人は新しいことにチャレンジする精神が重要です。

企画職に求められるスキル

紹介

それでは、具体的にどのようなスキルがあればいいでしょうか。

自分自身を分析するとともに、自分に不足している部分は別の形で補うことができると考えてください。

情報リサーチ力

忙しいビジネスウーマン

情報リサーチ力とはインターネットや実店舗など、いろいろなところから情報を集めるスキルです。

ほとんどの人はインターネットの検索サイトを頼りにすることが多いのですが、それは誰にでもできることです。

新しい企画を考えるには、それ以外のリサーチも重要となります。

街中を歩いていて、いろいろなところにある広告・店舗・街並みを注意深く観察する力も注目されます。

物事の本質を見極める観察力と言えるでしょう。

プレゼン力

自分で考えた企画を文書にして、経営層にアピールしなければなりません。

それがプレゼン力です。アピールする相手は企画の依頼元の場合もあるでしょう。

いずれにしても企画の出来栄えはプレゼン力に大きく左右されると考えておかなければなりません。

プレゼン力は企画を自己満足で終わらせず、他の人を説得するための資料作りです。

課題解決力

課題解決力はどのような仕事でも必要ですが、企画職は初めから課題を対象としています。

目の前の課題を解決するための企画を作成するのです。

もちろん、すべてが簡単に解決するわけではありません。新しい発想や意識の切り替えも求められます。

企画の立案だけですべてが終わるのではなく、そこからが始まりだと考えましょう。

常にチャレンジ精神を持ち、課題に真正面から向かい合う気持ちが大切です。

企画職の志望動機でアピールできる能力

ヒアリングする女性の画像

あなたが企画職を希望する時には、自分の能力をアピールすることが大切です。

具体的に志望動機に書きやすい能力を解説しましょう。

もちろん、それだけで十分なわけではありません。

他にも人には負けない能力を持っていると自負しているなら、自信を持ってアピールしてください。

それを明確な文章にすることがポイントです。

論理的思考

論理的思考とは感覚的ではなく、数字や言葉で明確に表現できる考え方のことです。

企画職では経営層が納得できる考えを提示しなければなりませんが、そこでは論理的思考は大切です。

女性は感情表現が得意と考えられていますが、必ずしもそうではありません。

筋道を立てて、他の人が納得できるような説明ができれば、それが論理的思考となっています。

普段からの自分の考え方を整理する習慣をつけておくといいでしょう。

論理的思考はプレゼン力・課題解決力とも密接に関係しています。

コミュニケーション能力

面談する女性

コミュニケーション能力は人との会話の場面で必要となります。

企画立案においては、外部からの情報だけに頼るのは不十分です。

計画が求めてられている理由を正しく認識しておくことが大切です。

しかし、それは具体的な形になっていないことも少なくありません。

そのような時には経営層や担当部署とのコミュニケーションを通して、具体化していかなければなりません。

他部署とのコミュニケーションがスムーズにいかなければ、企画の目標が不明確になってしまうでしょう。

非常に重要な能力と考えてください。

 

ワンポイント
・企画職の魅力をアピール
・自分の経験の活かし方
・他社にない魅力

評価される志望動機のポイント

パソコン

志望動機を書く目的は、転職先から高く評価されることです。

そのためにはしっかりとポイントを押さえておかなければなりません。

具体的にどのような内容を書けばいいでしょうか。

企画職の特徴や魅力を伝える

自分が果たそうと思っている役割について書いてください。

企業における企画職の特徴や魅力を自分の言葉で伝えましょう。

もちろん、自分がまだ採用されたわけではありませんが、採用された時にやりたいことを書いてください。

そのために必要なスキルは持っていることを重要です。

自分の経験の活かし方を具体的に書く

メモ

前職で培った経験をどう活かすかも重要なポイントです。

漠然とした表現ではなく、具体的な内容にしましょう。

そのためには企画職の仕事内容を理解しておかなければなりません。

すべての経験を活かすことができるとは限りませんが、社会人としての経験はどのような形であれ役に立つはずです。

他社との違いを明記する

この会社に転職しようとするのですから、他社との違いを意識しておくことは大切です。

志望動機にはその違いを明記しましょう。

他社にはない魅力があるはずですから、自分が感じたとおりに書けばいいでしょう。

そのためには、会社案内やホームページを読んでおく必要があります。

その中から、企画職として取り上げるべき内容にポイントを当てて、志望動機に加えましょう。

自分にどのような貢献ができるかを考えてください。

 

ワンポイント
・具体的な記述
・自分のスキルをアピール
・やりたいことが明確

企画職の志望動機の例文

考え事

これまでの説明を基にして、具体的な志望動機の例文を紹介します。

これだけで転職が成功するわけではありません。

自分のスキルをアピールすることが評価を高めることだけは間違いないでしょう。

企画職にはプレゼン力が重要となりますが、その一つとして志望動機の文章作成を考えてください。

決しておろそかにしてはいけません。

例を参考にして、自分の具体的な言葉で書くように心がけます。

企画職経験者の例

前職では家電商品の販売企画を担当していました。

家電商品の特徴やメリットをお客様に伝えるためのプレゼンテーションには自信を持っています。

このスキルを別の道でも活用したいと考えて、御社の企画職を希望しました。

これまでの商品とは違う分野ですが、家電製品での企画職も本質的には同じです。

この経験が必ず役に立つと考えています。

御社の商品を購入されているお客様の要望を細かく吸い上げるための人脈作りにも努力したいと考えます。

お客様のニーズに沿った新しい製品を提案できると思います。

自分の製品立案で、会社の売り上げ増加に貢献したいと考えています。

これまで自分がやってきたことや持っているスキルを具体的に書いています。

そして、転職してからの仕事のやり方もある程度具体的な記述となっています。

企画職として必要となるスキルを持っていると評価されるでしょう。

企画職未経験者の例

前職では産業機器の営業を担当してきました。

特定の業種に限定されていますが、お客様の要望を自分がお聞きして、それを社内展開してきました。

その成果が品質の高い製品開発へとつながっていると自信を持っています。

貴社では一般消費者向けの製品開発となりますが、自分の経験で培った情報収集力を十分活かしたいと考えます。

一般消費者ではなく別の視点からの商品展開で、新しい企画を提案していきたいと思い、貴社を希望しました。

自分が自信を持っているスキルをアピールし、それを転職後にどう活かすかも書かれています。

現実の仕事では難しいこともたくさんありますが、志望動機では積極的なアピールが求められます。

新卒者の例

転職ではありませんが、新卒者の例も紹介しましょう。基本的な文章は同じ流れになります。

私は大学では経済学を専攻していました。

過去を振り返ることで現在・将来の経済を考えることができると学びました。

御社の企画職を希望したのは、新しい商品を生み出すために、大学で学んだことを役立てたいと考えているからです。

企画職として福祉製品を作る貴社に貢献できるまではまだスキル不足だと思っています。

採用していただければ、得意の情報収集力で戦力となれるよう努力するつもりです。

若い視点を持つ企画職となりたいと思います。

これまで以上に利用者に使ってもらえる製品を提案できるように、一生懸命頑張ります。

自分が不足している点は素直に認めています。

それを理解した上で企画職としてできることは何かを考えている点がポイントでしょう。

 

ワンポイント
・漠然とした内容はNG
・企画職への希望理由は必須

企画職の志望動機のNG例

NG 女性

企画職の志望動機には具体的な内容を盛り込むことが大切です。

漠然とした内容では不十分です。典型的なNG例を紹介しましょう。

企画職経験者の例

前職では家電製品の企画を担当してきました。

消費者が求める多くの商品を提供できていたと自負しています。

自分が持っているスキルを役立たせられると考えて、貴社の企画職を希望しました。

貴社の経営戦略を拝見させていただき、企業としての方向性にも感銘を受けました。

販売する商品については、自分にもいくつかの新しいアイデアがあります。

それを採用いただければ売り上げ貢献につながると考えています。

言葉ではいろいろと書いていますが、すべての内容が漠然としており具体的な内容を記載していません。

企画職の志望動機を書かない例

御社の会社案内に掲載されている社長の言葉に感激しました。

これまでは自分では考え付かなかったことばかりでした。これからの日本経済を先導していく会社だと感じました。

いろいろな商品を生み出した社員の方の努力が自分にも伝わってきました。

この会社であれば、将来にわたって安定した仕事ができると感じて、企画職を希望しました。

企業を褒める言葉は悪くありませんが、企画職としての志望動機を書かなければなりません。

具体的な内容に乏しいと、採用されることはないでしょう。

志望動機が思いつかない時の対処法

女性

どうしても志望動機が思いつかない時もあります。このような時の対処法を紹介しましょう。

会社案内を読んで、自分が感じたことを書いてみてはどうでしょうか。

もちろん、それは企画職としての考えを盛り込まなければなりません。

また、新しい商品の方向性についてアイデアがあれば、それを書いてみてもいいでしょう。

それはすでに企画職としての仕事になるかもしれません。

難しく考える必要はなく、自分の言葉で熱意を伝えればいいのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

アドバイス

転職に当たっては誰でもが不安を抱えています。

転職しても前職の方がよかったと感じている人が少なくないのも事実です。

このような悩みを抱え込むのではなく、転職エージェントに相談してみてください。

すぐに悩みは解決しませんが、転職エージェントでは、専任の担当者が細かくアドバイスしてくれます。

悩み解消が転職成功への早道です。

まとめ

女性

企画職への転職を考えているなら、その仕事内容を把握することが大切です。

自分が採用された時のことをイメージして、志望動機を書きましょう。

内容は具体的に書くように注意しなければなりません。漠然とした内容は評価を落としてしまいます。

今自分ができることと企画職として求められるスキルにギャップがあるかもしれません。

しかし、それは努力でカバーする気持ちが大切です。その気持ちも志望動機に記載してください。

転職への熱意を伝える文章が志望動機です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら