住環境の大切さがどんどん見直されている昨今、インテリアコーディネーターになりたいという女性も増えてきています。

インテリアコーディネーターは未経験からでも目指せるのでしょうか。

また、どんな女性が向いているのかも合わせて、詳しく解説していきます。

Contents

インテリアコーディネーターを未経験で目指す方法を解説

女性

インテリアコーディネーターになるにはどのように転職活動を行ったらよいのでしょうか。

ここでは、未経験からインテリアコーディネーターに転職するためのポイントを説明しています。

仕事内容向いている人応募書類などのポイントをしっかりと確認し、転職を成功させましょう。

未経験求人から仕事内容をチェック

スーツ、女性

まずはインテリアコーディネーターの仕事内容について、求人情報をもとに確認していきましょう。

インテリアコーディネーターはその名の通り、室内全体のインテリアをコーディネートする仕事です。

顧客のライフスタイルやイメージを丁寧にヒアリングし、最適なインテリアを提案することが仕事のゴールとなります。

細かく分ければ、ヒアリング・プランニング・提案書やカタログの作成・発注・見積書や請求書の発行など多岐にわたります。

どんな業務内容があるのか見ていきましょう。

新築住宅のコーディネート

新築住宅のコーディネートは、これから新築住宅を建てる顧客に向けて、室内のインテリアを相談しながら決めていく業務です。

そこに住むことになる顧客から直接ヒアリングし、生活シーンや空間のイメージを共有していきます。

ある程度要望を聞いたらプランを作成し、提案書やカタログなどを用いて顧客に提案していきます。

無事成約になれば発注や請求業務を行い、実際にインテリアを手配していくというのが一般的な流れのようです。

目の前の顧客の要望に応えて生活を形作るお手伝いができるので、やりがいや手ごたえの大きい仕事といえるでしょう。

団地の空き物件のリノベーション

外回りをする女性

不動産会社などが団地を始めとした空き物件を購入し、リノベーションする際のコーディネートを手掛ける業務です。

見えない顧客のことを想像しながら、どうすれば人が住みたくなる魅力的な空間になるかを考えていくクリエイティブな仕事です。

流れは新築の場合とそれほど変わりませんが、多くの人の好みに合うようなコーディネートを考え出すセンスの良さが問われます。

インテリア用品の販売

インテリア用品の販売は、インテリア家具・雑貨店の店頭において、顧客に最適な商品を提案し、販売する仕事です。

顧客の部屋を直接見ることができない分入念にヒアリングし、気に入ってもらえる商品を提案していきます。

新築やリノベーションに比べると、備品や在庫の管理などがあり、また顧客との関わりは部分的です。

その分、より多くの顧客と接する機会があり、多様な価値観を考慮した提案が求められます。

インテリアコーディネーターに向いている女性の特徴

女性

インテリアコーディネーターになるにはどんな女性が向いているのでしょうか。

向いている女性の特徴を見ていきましょう。

流行に敏感

インテリアには流行が大きく関係しています。

家具やインテリア用品には流行があり、また新しい機能の付いた家具や家電もどんどん生まれるからです。

流行や新機能を搭載した商品の情報などをいち早く取り入れ、コーディネートに活かしていく必要があるのです。

新商品の情報をチェックするのが好きだったり、流行に敏感な人には向いているといえるでしょう。

人と接することが好き

女性、営業

インテリアコーディネーターは顧客との打ち合わせが多い仕事です。

顧客の話を聞いて要望を聞き取る力や、それに対し自分の提案を説明する力が求められます。

いくつか選択肢を用意した上で、顧客に一番気に入ったものを選んでもらうためのコミュニケーション能力が必要になります。

また、時には自分のセンスよりも顧客の意思を尊重し、喜んでもらえるような決断ができる力も必要です。

人と接することが好きで、人に喜んでもらいたいと思える人にこそ向いているといえるでしょう。

インテリアに関心がある

リビングにいる女性

インテリアに関心がある人はもちろん向いているでしょう。

毎日インテリアのことを考える仕事ですから、関心があることそのものが仕事へのモチベーションになります。

それにインテリアに対して感度の高い人であればセンスが磨かれている可能性が高く、より多彩な提案が可能になるでしょう。

様々な商品の良さやインテリアコーディネートの必要性を重要視している人なら、その提案にも説得力があります。

また、日々新しい商品の情報を仕入れていく必要があり、その意味でもインテリアに関心があれば積極的に取り組めるでしょう。

ルーティーンワークが苦手

インテリアコーディネーターは人と関わる仕事である以上、全てが予定通りとはいきません。

急な予定変更や想定外の要望など、自分の立てた計画を都度調整する必要があります。

つまり、様々な顧客からの要望、様々な現場の状況に合わせて臨機応変に対応する能力が求められます。

毎日が変化に富み、また扱うインテリア用品もどんどん入れ替わっていくため、飽きることがありません。

ルーティーンワークが苦手という人でも楽しんで働ける仕事といえます。

 

ワンポイント

インテリアコーディネーターに向いている人の特徴

  • 流行に敏感
  • 人と接することが好き
  • インテリアに関心がある
  • ルーティーンワークが苦手

インテリアコーディネーターへの転職に活かせる経験は?

名刺交換

インテリアコーディネーターに転職するために活かせる経験はあるのでしょうか。

どんな経験が必要とされるか、詳しく見ていきましょう。

営業経験

インテリアコーディネーターは人と接する仕事のため、営業や接客の経験があれば仕事に活かせるでしょう。

コミュニケーション能力は生まれつきのものではなく、経験の積み重ねです。

顧客の要望を丁寧に聞き取り、それを叶えるような提案を行い、意見の相違があれば話し合いながらすり合わせていく。

そんなやりとりを重ねた経験があれば、そのままインテリアコーディネーターの業務に活かすことができます。

オフィス系ソフトの使用経験

インテリアコーディネーターの仕事では、意外にもオフィス系ソフトを使う場面が多くあります。

例えば顧客への提案の際にパワーポイントを使用し、見積書や在庫管理表などの作成にワードやエクセルを使うといった具合です。

そのため、オフィス系ソフトをそれなりに使いこなせるという経験は仕事ですぐに活かすことができます。

また、オフィス系ソフト以外にもパソコンを使用する機会が多く、パソコンの扱いに慣れていること自体が仕事で役に立ちます。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターの仕事では営業経験やオフィス系ソフトの使用経験が活かせます。

インテリアコーディネーターへの転職成功のポイント

ポイント

インテリアコーディネーターへの転職を成功させるために重要なポイントをいくつかご紹介します。

資格を取得しよう

資格が必須の仕事ではありませんが、インテリアコーディネーターの資格があればもちろん役に立ちます。

受験資格や年齢制限はなく、独学でも取得できるため、転職を目指すのであればぜひ取得しておきたいところです。

ただし合格率は30%未満と難易度が高く、平均勉強時間は200時間程度です。

しっかりと腰を据えて、こつこつと対策を進めていきましょう。

その他にも、インテリアアドバイザー・インテリアデザイナー・カラーコーディネーターなどの資格があると重宝します。

転職が有利になるスキルを習得しよう

資格の他に、転職が有利になるようなスキルが身についていると転職に有利です。

インテリア業界や住宅業界での経験は言うまでもなく、インテリアや建築・間取り・収納に関する知識があれば有利に働きます。

色彩感覚もインテリアコーディネーターには必要なスキルです。

また、ヒアリング力・提案力が必要とされるため、営業スキルや接客スキルもあれば有利になります。

パソコンを操作する機会が多いため、オフィス系やCADなどのソフトの使用経験も必要なスキルといえるでしょう。

 

ワンポイント

インテリアコーディネーターの転職に有利になるスキル

  • インテリア業界や住宅業界での経験
  • インテリア・建築・間取り・収納に関する知識
  • 色彩感覚
  • 営業・接客スキル
  • パソコンの使用経験

インテリアコーディネーターへの転職を成功させる応募書類のポイント

執筆中

インテリアコーディネーターへの転職を成功させるためには、応募書類にも気を配りましょう。

特に未経験で異業種からの転職の場合は、志望動機や仕事に役立つスキルの記述が重要になります。

これまでの経験から培ったこのスキルが、インテリアコーディネーターの仕事にこのように活かせるということをPRしましょう。

自分の良さや強みがしっかりと伝わる書類になっているか、第三者に確認してもらうことも大切です。

インテリア業界に詳しい人や転職エージェントに頼んでチェックしてもらいましょう。

インテリアコーディネーターの未経験求人の探し方は

ルーペを持つ女性

インテリアコーディネーターの求人はどのように探したらよいのでしょうか。

特に未経験求人の探し方についてご説明します。

転職サイトをチェック

まずは転職サイトで「インテリアコーディネーター」「未経験可」などのキーワードで検索してみましょう。

インテリアコーディネーターと一口に言っても、その仕事内容や職場は幅広く、求人情報を細かく確認する必要があります。

例えば住宅業界やメーカーでの営業、ショップでの販売など、それぞれの職場によって全く仕事内容は変わってきます。

自分のやりたい仕事ができるかどうか、細部までしっかりとチェックしましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを利用するのも効率のいい探し方です。

キャリアアドバイザーに自分の希望する条件や経験・スキルを伝え、それに当てはまる求人を紹介してもらいます。

この場合は転職エージェントの方でしっかりと条件を吟味してくれるため、応募の際や入社後のミスマッチが少なくなります。

すべて一人で行う場合と比べ負担も少なく、転職が成功しやすい方法といえるでしょう。

女性のインテリアコーディネーターのキャリアアップの選択肢は?

ポジティブな女性

インテリアコーディネーターは人生における様々な経験が活かせる仕事です。

そのため、一度結婚や出産で仕事を辞めても、家事や育児など家で過ごした経験を活かして復職や転職が可能な仕事といえます。

未経験のうちはショールームなどで接客しながら経験を積み、資格を取得して住宅メーカーへ転職することも可能です。

その後独立してフリーランスとなり、やる気と実力次第でどんどん大きな仕事に挑戦するという働き方もできます。

インテリアコーディネーターは幅広い働き方ができるため、ライフステージに合わせたキャリアアップが可能なのです。

 

ワンポイント
様々な職場で経験を積んだのち、フリーランスとして独立することも可能です。 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

働く女性

いろいろな働き方ができるインテリアコーディネーターだからこそ、どんな職場で働くかはとても重要な選択肢といえます。

また、求人情報を見るだけでは仕事内容の違いがわからなかったり、職場の雰囲気がつかめなかったりするでしょう。

そんな時には無料で利用できる転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職のプロであり、入社後のミスマッチが起こらないよう自分に合った最適な求人を提案してくれます。

それ以外にも、自己分析の仕方や面接の受け方など、転職にまつわる疑問はどんなことでも相談することができます。

転職を成功させるための第一歩として、まずは気軽に転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

女性

インテリアコーディネーターの仕事は新築住宅のコーディネートからインテリア用品の販売まで、非常に多岐にわたります。

どの職場においても、顧客のニーズを正確に汲み取り、要望に合った提案ができるコミュニケーション能力が必要です。

また、人生における様々な経験が活かせる仕事であり、転職やキャリアアップのしやすい仕事ともいえます。

自分にぴったりの職場を見つけるために、ぜひ転職エージェントの無料相談を活用してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら