家電量販店に務めたいと転職を検討しているなら、考えておかなければならないことがあります。

家電販売員の仕事内容を知り、自分に合っているかを確認しておくことです。

家電量販店に限らず、企業の将来性や自分のキャリアパスを見極めておくことは転職の重要なポイントです。

家電量販店は一般のお客さんを相手にしています。

また、求人情報に掲載されているのは正社員だけではなく、学生アルバイトも少なくありません。

それぞれの立場で求められる知識やスキルには何があるのかを知りましょう。

これから、転職に向けて知っておくべきことを解説します。

家電販売員の仕事内容を解説

紹介

家電販売員の仕事内容をチェックしましょう。

家電販売店を利用した経験は誰でもあるはずです。

家電を購入しようと考えているお客さんに対する接客スキルが重要なことは誰でもわかります。

自分がお客の立場になれば、店員のスキルがわかってくるでしょう。

商品説明の仕方・新しい商品の知識をどれくらい持っているかは、質問してみるとわかります。

学生アルバイトであれば、わからないことは専門の社員に任せるだけで済みます。

しかし、正社員はそれでは不十分です。

ワンポイント
・接客マナーが店舗の評判になる
・説明のための商品の知識を持つ
・幅広い知識が役に立つ

必要なスキルとキャリア

ポイント

家電販売員に特別に必要なスキルとキャリアはありません。

ただ、家電は毎年のように、新商品が登場します。

過去の知識だけでは、販売員として十分な対応できないでしょう。

常に新しい情報をチェックしておくことが大切です。

もちろん、社会人として持っておくべきビジネスマナーは、どのような業種でも変わらないでしょう。

接客マナー

接客マナーは、家電量販店の評判を左右しますから、一番重要と考えてください。

これは経験やスキルの問題ではありません。

仕事に対する態度や考え方が顔や言葉遣いに表れてきますから、お客さんの前では注意が必要です。

もちろん、商品を店員よりも詳しく知っている人もいますし、問題を指摘する人もいるでしょう

どのようなお客に対しても、丁寧な説明が求められます。

また、家電販売店では、週末にイベントを企画することが少なくありません。

子どもを対象とした簡単なゲームやくじ引きなどを利用したことがあるのではないでしょうか。

女性の販売員が笑顔で迎えてくれると、子どもたちは喜んでいるはずです。

担当商品の知識

提案

家電販売員は一人でたくさんの商品を担当するわけではありません。

社員毎に担当の売り場を割り振るやり方が一般的です。

つまり、キッチン用品を販売する人、パソコンを販売する人などに分けられています。

その仕組みのメリットは明白です。

キッチンコーナーに並べられている商品の知識に詳しくなっておけば、お客の質問にも的確に答えられます。

特に新しく販売された商品のことを知っておくことは大切です。

これまでの商品との違いを詳しく説明することがポイントです。

家電メーカーは定期的にデザインや機能を変えています。

新しい商品のメリットをお客さんに理解してもらうことが大切でしょう。

担当商品以外の知識が必要な場合も

時には自分の担当外の商品について、案内しなければならないこともあります。

平日は来店するお客さんが少ないため、担当するコーナーが多くなるのです。

販売されている商品のすべてを知ることは簡単ではありません。

しかし、どのような機能が注目されているのかを知っておくことは販売員として大切です。

また、自店舗だけではなく、他の店舗のチラシなどもチェックしておかなければなりません。

同業他社のチラシと比較しているお客さんは少なくありません。

自分たちの店舗を利用するメリットをしっかりと強調しましょう。

家電販売員やりがい

頑張る女性

転職する理由として、これまでの仕事がいやになっている人も少なくありません。

そのため、新しい職場に対するやりがいは非常に重要です。家電販売員のやりがいは何でしょうか。

商品説明

説明する女性

家電商品は一般家庭で使用するものですから、販売員が対応するは一般の消費者です。

単に商品を購入する人だけではなく、使い方がわからない・壊れているといったクレームもあります。

このようなお客さんに対して、懇切丁寧な対応が求められます。

そのためには商品に詳しくなければ十分な説明ができません。

その場ですぐに答えられない場合には、先輩の販売員に相談してみることも必要です。

どうしてもわからない場合は、後日返事をすることになるかもしれません。

ただし、それは最終手段と考えなければなりません。基本的にはその場で解決しなければならないからです。

売上

家電販売店の売上はどれくらいでしょうか。

もちろん、店舗の規模によって異なりますし、大手家電販売店は会社全体での売上を重要視しています。

販売員として働くなら、自分が担当している売り場の状況を知っておくことは大切です。

週末のキャンペーンでどれだけの人が店を訪れて、実際に購入に至った割合を把握してみるといいでしょう。

メーカーの仕事では直接エンドユーザーとの接点がありません。

自分がどれだけ会社の売上に貢献しているのか見えないのです。

これに対して、家電販売員は自分の対応が売上に直結しますから、そのことにやりがいを感じる人もいます。

ワンポイント
大変なことも努力で乗り越えられる。

家電販売員の大変なところ

パソコンと女性

店舗を訪れるお客さんは、残念ながらいい人ばかりではありません。クレーマーに近い人もいます。

メーカーの製造上の不具合に対して、販売員が謝らなければならないケースもあるでしょう。

それでも冷静な対応が求められます。

人とうまくコミュニケーションが取れない人には、非常に大変な職場だと感じられるでしょう。

また、自分の担当商品の売上状況が会社内での自分の評価とみなされることがほとんどです。

ノルマ達成のためにかなりの努力を強いられるかもしれません。

笑顔で接しながらも、気持ちは納得できない人も多いのです。

ただ、丁寧な説明を心がけていれば、お客さんは納得してくれます。

女性が取得しておきたい資格

女性

接客としては女性の方が向いていますが、家電を販売していますから、商品の知識は性別に限らず重要です。

資格がなければ家電販売員になれないわけではありません。

しかし、自分がどれだけ詳しい知識を持っているか示すアイテムとして資格を取得してもいいでしょう。

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーはお客さんへの家電のアドバイスのスキルです。

生活習慣に合わせて、どの家電品が適しているかをアドバイスできる知識があります。

同じような家電品でもメーカーによって特徴が違います。

また、使用目的に合わせた製品でなければ、無駄な買い物になるかもしれません。

例えば、部屋の広さとエアコンのパワーはどのような関係にあるでしょうか。

それを知っておくことは製品選びで重要なポイントです。

カタログだけでは漠然としていてよくわからないですから、販売員が詳しく説明するのです。

家電製品アドバイザーの資格があれば、信頼してもらえるでしょう。それが売上に結びつきます。

家電製品エンジニア

作業服の女性

家電製品エンジニアは家電製品の設置や故障に対して、技術的な知識を基に対応できるエンジニアです。

お客さんの家での設置に立ち会う技術力を持っています。

もちろん、家電販売員を兼ねているケースが少なくありません。

女性は機械に詳しくないと思われることが多いですが、この資格があれば自信を持って対応できるでしょう。

注目される資格と言えます。

スマートマスター

スマートマスターはいわゆるスマート家電類に関する豊富な知識を持っていると認定された人の資格です。

現代において、家電は単体で機能するのではなく、複数の家電が連携することが重要と考えられています。

それがスマート家電です。

ただ、それを効果的に活用するためには、それぞれの製品の特徴や機能を理解しておかなければなりません。

スマートマスターの資格を取るための勉強が、接客にも役立ちます。

お客さんはトータルでの検討を意識していないことが多いため、新しい視点でのアドバイスができます。

販売員としての担当売り場の家電品だけではなく、連携する機器の知識も持っておかなければなりません。

 

ワンポイント
・親しみやすさは基本
・柔軟な対応が好感度アップ
・丁寧な説明が信頼につながる

家電販売員に求められる人物像

笑顔の女性

家電販売員は接客がメインとなりますが、どのような人物像が求められているでしょうか。

もちろん、お客さんに好印象を与えることが重要ですが、それが売上につながるようにしなければなりません。

強引に売りつけるのではなく、お客さん自らが買いたくなるような雰囲気を作り上げられるならベストでしょう。

親しみ

まずは、親しみのある笑顔と話し方です。

人は誰かに相談したいと思っても、相手の顔色を見てから行動を起こします。

自分の表情やしぐさを鏡で見て、相談したいと感じられるかをチェックしてください。

家電販売店を訪れる人は購入する商品をはじめから決めている人と、その場で検討しようとする人がいます。

検討しようとする人が相談しやすい雰囲気を心がけましょう。

柔軟性

お客さんの要望に必ずしも応えられないこともあります。

その場合でも状況に応じて柔軟に対応できる販売員となれるように心がけなければなりません。

値引き交渉など自分だけで判断できない場合は、上司に相談してかまいません。

また、自分の知識不足で十分な説明ができないと思うこともあります。

近くにいる詳しい販売員に声掛けして説明をサポートしてもらいましょう。

いずれにしても、お客さんの要望を把握して、第一に考える柔軟さが必要です。

丁寧さ

商品の説明については丁寧さを重視しなければなりません。

言葉遣いだけではなく、お客さんの年齢や知識に合わせたわかりやすい丁寧さが求められます。

ただ、丁寧さは女性だけが関係しているわけではありません。

お客さんの信頼を得るためには、日ごろからの接客態度の積み重ねと考えなければなりません。

家電販売員の年収

希望を抱く女性

家電販売員への転職を検討しているなら、年収も気になるところでしょう。

店舗や企業全体の規模によって異なりますが、全国の平均で考えると400万円前後となっています。

もちろん、年齢や経験年数によって異なります。

また、企業によっては一定の販売ノルマがあり、その達成度合いによって評価が変わってきます。

ただ、地道に努力していれば、平均的な生活維持は問題ないと考えていいでしょう。

 

ワンポイント
自分の将来をしっかりと把握しよう。

家電販売員の将来性やキャリアパス

男女のビジネスパーソン

家電販売員への転職での将来性キャリアパスはどうでしょうか。

家電業界は常に厳しい競争状態にあります。大型の店舗が隣同士で競争している地域も少なくありません。

自分の将来について考えておかなければなりません。

将来性

家電業界の将来性は問題ないとしても、自分の販売員としての将来は違ったものになるかもしれません。

ただ、家電販売が下火になることは考えにくく、業界全体での将来性を心配する必要はないでしょう。

地域によっては販売店の統廃合が実施されることもあります。

家電の売れ行きはいつの時代でも経済の指標と位置付けられています。

したがって、家電販売員の仕事がなくなることはありません。

キャリアパス

家電販売員として、同じ職場で長く働き続ける人もいます。

また、いろいろな知識を身に付けてキャリアアップを図ることを考えている人もいます。

一般には販売員として仕事を始めて、その後徐々に店舗内での役割は変わってきます。

それだけレベルが上がるのです。

チーフとして全体をまとめる役割を担っている人もいますし、仕入れなど接客をしない裏方の仕事もあります。

自分がどの立場になっても続けられる自信を持っておきましょう。

もちろん、中高年になっても店頭の販売員として働き続けることは可能です。

家電販売員としての経験は、いろいろな面で役に立ちます。

家電製品の知識・接客スキル・適切なアドバイスなど、お客さんに合わせてスムーズに行えるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

OKをする女性

どのような仕事であっても、誰でも転職には不安があります。

一人で悩むのではなく、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントでは転職相談をいつも受け付けています。

転職すべきか、今の仕事を続けた方がいいのか判断できない人もいるでしょう。

どんなことでも信頼できる誰かに相談すれば、何らかのヒントが見えてきます。

それが安心感となり、転職の成功へとつながります。

まとめ

紹介

家電販売員への転職を考えているなら、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。

接客がメインですから、そのためのスキルが重要となります。

また、新しい家電製品が登場すれば、その製品の説明ができる知識を頭に入れておかなければなりません。

メーカー毎の違いは当然ですが、新旧タイプの違いをわかりやすく丁寧に説明します。

それが売上につながっていくことでしょう。

女性の視点からの接客だけではなく、資格に基づく幅広い知識がお客さんの信頼となります。

自分のスキルアップのためには、販売員に役立つ資格取得も年収アップが期待できます。

家電販売員を続けることも可能ですが、社内での業務経験によって職位アップも視野に入れてください。

自分の将来は自分で切り開きましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する