ツアープランナーとして素敵な旅行プランを立て、自ら添乗員を務めてお客様に感動的な旅行体験を提供する。

旅行業界への転職を希望してやまないほど旅行好きな人なら、一度はそんな夢を抱いたことがあるのではないでしょうか。

そんな転職希望者の方に向けて、今回の記事では旅行企画の志望動機の書き方を詳しく解説します。

志望動機を書く時に意識すべきことや面接でアピールすべきことにも触れますので、ぜひ参考にしてみてください。

旅行企画の志望動機の書き方を解説

女性、履歴書

旅行企画の志望動機を書くとなると、ついつい自分がいかに旅行好きかを表現することにばかり意識が向きがちです。

もちろん旅行好きをアピールすることも大切なのですが、それだけでは片手落ちになってしまいます。

志望動機を書く時には、どうして他の旅行会社ではなくここを選んだのかも忘れずに記述しましょう。

採用担当者に「この人は旅行企画の仕事ができるならどこの企業でも良いらしい」などと思わせてはいけません。

また、具体的な日時や数字などを交えてエピソードに具体性を持たせることも大事なテクニックの1つです。

「この会社のツアーに参加してこんな体験をしたことがきっかけ」のように採用担当者に伝わりやすい書き方を意識しましょう。

旅行企画の主な仕事内容

仕事をする女性

旅行企画の業務の幅はとても広いことで知られています。

たとえば新しい旅行プランを企画すると一口にいっても、季節感やテーマ、客層や採算性など考えるべきことは数多くあります。

観光地をめぐる順序を決めたり、その時に使う交通機関の確認と手配をしたり、宿泊先を押さえることも当然必要でしょう。

場合によってはパンフレットの作成にも深く関わらなければなりません。実際のツアーでは自ら添乗することも考えられます。

またお客様を案内するなら観光地について深く知っておく必要もあります。前もって勉強しておかなければならないでしょう。

さらに旅行にトラブルは付き物なので、できれば交通機関や宿泊先に関してはそれぞれ代替案も用意しておきたい所です。

このように、旅行企画は非常にやりがいのあるタフな仕事だといえます。

旅行企画の志望動機の書く時のポイント

女性

この項目では、志望動機を書く前に準備すべきこと書き方のポイントについて解説します。

これらを実践せずに志望動機を書くと、そもそも満足に書けないか、たとえ書けても信憑性に乏しいものしかできあがりません。

この項目の内容をよくチェックして、旅行業に対する情熱や仕事へのやる気に溢れた素敵な志望動機を書き上げてください。

志望動機を書く前に準備すべきこと

資料を眺める

志望動機を書こうとする前に、まずは準備しなければならないものがあります。

その旅行会社を選んだ明確な理由と、旅行業界への転職を希望する理由です。

メモ書き程度でもいいのでこの2つをアウトプットしておきましょう。きっと書く時のガイドラインになってくれます。

ガイドラインがあると記述の内容に一貫性が生まれ、具体性や信憑性がぐんと増します。

それによって採用担当者が受ける印象も変わりますので、事前の準備は欠かさないようにしましょう。

志望動機の書き方のポイント

鉛筆を持つ女性

旅行企画の志望動機を書く時のポイントは実際の経験と絡めて記述することにあります。

家族旅行でも修学旅行でも卒業旅行でも一人旅でもいいので、実際の旅のエピソードを踏まえて書くように心がけましょう。

嘘をついて話を盛ることはいけません。めぼしいエピソードがないならないで、旅行業への憧れを素直な言葉で訴えましょう。

添乗員とのやり取りに触れるのも、他者とのコミュニケーションを歓迎する姿勢をうかがわせて好印象です。

 

ワンポイント
旅行企画の志望動機は実際の経験と絡めて書こう。

旅行企画の志望動機で意識すべきこと

ポイント

旅行企画の志望動機を書く時に、特に意識しなければならないことが2つあります。

旅行企画というタフな仕事を志望する理由と、他でもないその旅行会社を選んだ根拠です。

この2つが欠けているか書いてあっても不十分だと、採用担当者の採りたいという意欲を減退させてしまうかもしれません。

この項目ではこれら肝心な2つのことについて詳しく解説します。

なぜ旅行企画を選んだのか

旅行企画の志望動機で意識すべきこと、1つ目はなぜ旅行企画の職を選んだのかという点です。

旅行企画の他にも、旅行業界には法人営業やカウンターセールスなど別な職種もあります。

それらのどれでもなく、なぜ企画という分野を選ぶのか、自分の言葉で語れるようになっておきましょう。

旅行が好きだから、プランを考えるのが好きだから、という単純な理由でも構いません。

なぜ好きになったのか、どんなきっかけがあったのか、一歩踏み込んで考えて、根拠を具体的かつ明確にしておきましょう。

この企業を選んだ理由

旅行企画の志望動機で意識すべきこと、2つ目はなぜこの企業を選んだのかということです。

旅行会社は世の中にたくさんある。その中でも特にこの会社の募集に応募したのはなぜだったのか明確にしましょう。

たとえば面接の時この点を上手く答え切れないと、採用担当者をがっかりさせてしまいかねません。

「この人は旅行会社ならどこでもよかったのだろう」などと思われたくはないものです。

そうならないためにも、ここだからこそ応募したのだとはっきり言えるだけの理由を準備しておきましょう。

家族旅行でツアーに参加して添乗員の人柄に好感を覚えたなど、具体的なエピソードを添えて話せると好印象です。

旅行企画の志望動機を書く時の注意点

ポイント

旅行企画の志望動機を書く時の注意点は、旅行企画として働きたい理由を明確にすることと記述の内容に具体性を持たせること。

ここまでの項目でも触れた通り、これら2つのポイントを押さえていれば基礎的な部分は問題ないといえます。

あとは実際の旅行経験と絡めて自分の言葉で書くことができればより良い志望動機の文章になることでしょう。

この項目では志望動機を書く時の注意点について改めて解説します。

旅行企画として働きたい理由を明確にしよう

旅行企画が相当にタフな仕事であることは上の項目で述べた通りです。

志望動機を書くにあたっては、それでもあえて旅行企画の職を希望する明確な理由を添えると良いでしょう。

キツいことを知っていてそれでもやりたいという意欲を見せれば、単に旅行好きをアピールするよりも即戦力感が増します。

「仕事で旅行したい」という浮ついた気持ちの応募者ではないことを、志望動機の記述を通して採用担当者に示しましょう。

前職で身に付けたスキルを活かしたい、コミュニケーション能力を伸ばしたいなど、できるだけ具体的に書くことが大事です。

内容に具体性を持たせよう

志望動機の内容はできるだけ分かりやすくて具体的なものであることが理想です。

何も知らない担当者が一読した時、すんなり理解できずに首を傾げるような部分が1つもないように気を配りましょう。

旅行企画の職を目指した動機と過去の旅行のエピソードを絡めることは常套手段ですが、その内容も具体的なのが一番です。

訪ねた土地、参加したツアーの日程、移動時間など詳しく書けば書くほど信憑性は増します。

その高い信憑性が応募の本気度のアピールにも繋がるので、志望動機の内容はポイントを押さえて具体的に書きましょう。

 

ワンポイント
旅行企画として働きたい理由を具体的なエピソードを交えて記述しよう。

旅行企画への転職でアピールすべきこと

面談する女性

旅行企画という仕事柄、旅行には仕事でたくさん行くことになります。その課程で多くの人と触れ合うことにもなるでしょう。

なので旅行企画への転職では、旅行好きとコミュニケーション能力が高いことを積極的にアピールして適性を示しましょう。

採用担当者もこちらと同じかそれ以上に旅行好きな場合が多いです。楽しんで話をすれば会話が弾むかもしれません。

相手と話す時は常に笑顔を忘れないことも重要なポイントです。

旅行が好きなこと

旅行

旅行企画への転職でアピールすべきこと、1つ目は何といっても旅行が好きなことです。

ただ、旅行業界への転職を目指す人の多くが旅行好きであろうことは想像に難くありません。

そうすると、他のライバルたちにどう差を付けるかが問題になってきます。

家族みんな旅行好きであるなど、自分の強みになりそうな事柄を見つけてさらに強調し、採用担当者にアピールしましょう。

旅行企画を目指すきっかけとなった事柄として、印象的なツアーのエピソードを紹介するのも効果的です。

コミュニケーションが得意なこと

歓談

旅行企画への転職でアピールすべきこと、2つ目はコミュニケーションが得意なことです。

旅行企画は多くのお客様と関わることになる仕事なので、コミュニケーション能力の高さは大きな強みになります。

ただ、ここで言うコミュニケーションの相手はお客様だけにとどまりません。観光施設や宿泊施設のスタッフなども含まれます。

面接でコミュニケーション能力の高さをアピールする際はその点も意識して話すように心がけましょう。

 

ワンポイント
旅行が好きなこととコミュニケーション能力が高いことは旅行企画の仕事には欠かせない。

旅行企画の志望動機の書き方例文

履歴書

旅行企画の志望動機の書き方の例を3つ紹介します。

3つとも分かりやすい志望動機を頭に持ってきて、続く具体的なエピソードでそれを補強するというセオリーに則っています。

こうした書き方ができていれば、採用担当者に不満を感じさせることはまずないでしょう。

これらの例文を組み合わせたり記述の順序を入れ替えたりして構成を変えた後、自分の経験を当てはめてみてください。

きっと自分なりの素敵な志望動機を書き上げることができるでしょう。

未経験で無資格の場合

「私は通販系コールセンターに2年務めています。体面でのコミュニケーション能力を伸ばしたいと思い応募いたしました。

私はおよそ3ヶ月に1度のペースで旅行をするのですが、その際、よく貴社のツアーを利用させていただきます。

旅行中、添乗員さんの優しい人柄に感銘を受けたことが、直にお客様とやり取りをする仕事がしたいと思うきっかけになりました。

自分が手がけた旅行プランでお客様に楽しい時間を提供することにも大いに魅力を感じています。

リピーターが続出するような素敵な旅行プランを企画して、お客様と楽しい一時を共有したいと考えています」

未経験で有資格の場合

「私は今勤めている旅行会社で添乗員として2年務めています。総合旅程管理主任者の資格があるので主に海外ツアー担当です。

貴社が展開するユニークな国内ツアーの数々に感銘を受け、自分も国内旅行の企画に挑戦したいと思い応募いたしました。

TOEIC810点の英語力と高いコミュニケーション能力・アクシデント発生時の冷静な判断力が私の強みです。

就職後はオリジナリティのある企画立案に務め、ゆくゆくはインバウンド向けのツアーでも力を発揮したい所存です」

経験者の場合

「私は今の旅行会社で旅行企画の仕事を3年間務めています

国内旅行のみを取り扱う会社なのでツアーも国内のものだけです。今回、海外のツアーも企画したいと思い応募いたしました。

世界20カ国に支店を持ち、常に様々な海外パッケージツアーを展開し続ける貴社に強い魅力を感じております。

テーマ性に富んだツアーを企画して自ら添乗し、一番近くでお客様の笑顔に触れることが今の私の目標であります」

旅行企画の志望動機のNG例

良くない

旅行企画の志望動機の良い例文に続いて、NG例も2つご紹介します

どちらも具体性や信憑性に乏しく、その旅行会社で働きたいという意欲が今一つ感じられない文章になっています。

これでは採用担当者も戸惑ってしまうことでしょう。

このような書き方になってはいけないことを念頭に置いて、ぜひ一度目を通してみてください。

漠然とした内容

「私の家は昔から旅行大好き家族で、よく国内ツアーに参加します。

日本にはまだ知られていない魅力がたくさんあると思います。それを自分で紹介できればと思い旅行企画の募集に応募しました。

就職後は、これまでの旅行で得た経験や知識を総動員してオリジナリティのある企画をどんどん立案していくつもりです」

ツアー参加の頻度や面白いと感じたツアーの内容など、より具体的にできる部分がたくさんあります。

今のままでは漠然とし過ぎているので、もっと採用担当者の目線に立った伝わりやすい志望動機にしなければなりません。

その会社を選ぶ理由の欠如

「高校の修学旅行の時、乗り物酔いで具合が悪くなった私にとても親切に接してくれた添乗員さんがいました。

以来、私は添乗員に強い憧れを抱いています。一度は別の仕事に就きましたが、諦めきれずに関係する仕事に応募した次第です。

旅行企画の仕事をしながら添乗員としても活躍できると聞きました。ぜひそんな働き方をさせていただきたいと考えています」

この企業だから働きたいという明確な理由が示されていないため、何ら魅力がありません。

旅行会社ならどこでも良いような印象を受ける上に今の自分のことしか語っていないという、志望動機の悪例です。

 

ワンポイント
この企業だから働きたいという明確な理由を具体的に示さないとNG。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性

志望動機に盛り込みたい内容は頭に浮かんでいるのだけれど、それが上手く文章になってくれない。

そんな時は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは、転職のプロとしてたくさんの志望動機に触れています。

どこをどう直せばよりアピール力のある志望動機の文章になるか、添削してくれることでしょう。

悩んだら1人で抱え込まず、すぐに転職エージェントに話してみる。これが理想の転職を短期間で果たすためのポイントです。

まとめ

ガイド

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、旅行企画の志望動機を書く際に意識すべきことやアピールすべきことを解説しました。

旅行業界は華やかで楽しいイメージがあり、新卒にも中途にも人気が高い仕事だといえます。

転職しようにもライバルが多く、志望動機を工夫してみても競争相手に大きな差を付けることは難しいかもしれません。

悩んだ時にはぜひ転職エージェントに相談してください。きっと状況に応じた対策を一緒に考えてくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら