旅行企画はツアープランナーとも呼ばれます。世界中を股にかける、とてもやりがいのある仕事として知られています。

パッケージツアーを利用した時など、笑顔で客に接する添乗員を見て楽しそうな仕事だと感じた方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、旅行企画に未経験で転職するための方法について解説します。

求められるスキルや転職するメリット・向いている人の特徴についても触れますので、転職を希望する方は参考にしてください。

旅行企画に未経験で転職する方法を解説

添乗員

旅行企画への未経験での転職を歓迎する会社は数多くあります。ネットで検索するだけでもたくさん見つかることでしょう。

楽しげで華やかなイメージのある旅行業界は求職者の人気が高い反面、数年で離職する人も多い業界です。

そのため旅行業界には人手不足の会社が多く、意欲のある働き手を常に必要としているという企業が少なくないのです。

ただ未経験からの転職の場合、始めは契約社員や臨時職員として採用するという会社も多いので注意しなければなりません。

実際、肉体的にも精神的にもかなりハードで、向き不向きが大いに分れるのが旅行企画の仕事です。

契約社員や臨時職員として働きながら自分の適性を判断し、可能であれば正社員を目指すと良いでしょう。

旅行企画の未経験求人から仕事内容をチェック

チェック

未経験者歓迎と明記している実際の旅行企画の求人について、その仕事内容を詳しくご紹介します。

具体的にはどのような業務に携わることになるのか確認してみましょう。

旅行企画という仕事についてお持ちのイメージと付き合わせてみてください。

分析・企画

お客様へのアンケートの結果や世の中の動向・流行などを分析してテーマを決め、新しい旅行の企画を立案します。

これから人気が出そうな観光地を先取りしたり、新たな魅力を見つけて紹介したりと考え方は様々です。

これまで誰も注目していなかったような場所や文化であっても、掘り下げてアピールできれば需要が出ないとも限りません。

今や旅行は多くの人にとって特別なものではないので、画一的なものよりも個性的な旅行内容の方がずっと注目を集めるのです。

このように様々なことを考慮しながら、お客様に満足してもらえそうな旅行を企画することが肝心となってきます。

仕入れ・手配・プロモーション

企画した内容に沿って交通手段や宿泊施設の手配などを行います。

立ち寄る観光地・観光施設を決めたり、食事場所やメニューの選定をしたりと、この段階でするべきことは数多くあります。

場合によってはツアーの流れを大きく変えたり、企画そのものを練り直す必要が出て来たりもすることでしょう。

旅行の内容が固まったらカタログやパンフレットの作成・広告の掲載も必要となります。

企画の目玉を盛り込んだ魅力的なキャッチコピーでお客様の旅心をくすぐるのです。

こうしたプロモーションの部分を広告代理店などに委託する場合も少なくありません。

添乗・情報収集

企画したツアーに添乗し、お客様の引率を務めます。

初対面の人とでもにこやかに接することができる、高いコミュニケーション能力が必要となります。

また数多くのお客様の先頭に立つことになるので、リーダーシップを発揮して全体をまとめる力も欠かせません。

安全を確保しながら多人数を時間通りにコントロールするのはなかなか骨の折れる仕事です。

そうして引率を務めながら実際にお客様の反応をチェックし、次の企画に繋げることも必要となります。

 

ワンポイント
旅行企画の仕事では企画立案から添乗までを1つのサイクルと捉えられる。

旅行企画に求められるスキル

添乗員

この項目では旅行企画の仕事に求められるスキルについて紹介します。

ニーズを分析して企画を立案したり、観光地や宿泊施設に連絡を取ったりと、業務内容は多岐にわたります。

時には自分で企画したツアーの添乗員となり、大人数を率いて移動したりもしなければなりません。

こうした仕事を上手にこなすにはどんな能力やスキルがあれば良いのか、詳しく見てみましょう。

コミュニケーションスキル

女性,コミュニケーション

旅行企画の仕事をするにあたって求められるスキル、1つ目はコミュニケーションスキルです。

旅行企画は接客業の一種です。ツアーを通してお客様に満足を得てもらわなければ次に繋がりません。

しかもツアーの多くは短時間では終わりません。お客様方とは数日にわたって顔を合わせることになります。

お客様それぞれに対してにこやかに接し、最終日までを気持ちよく過ごしていただくための配慮が必要となります。

また、気配りは観光施設や宿泊先のスタッフに対しても必要となるでしょう。現地民への気遣いも欠かせません。

このように、旅行企画にはとても高いコミュニケーションスキルが求められるのです。

物事を柔軟に考える力

女性

旅行企画の仕事をするにあたって求められるスキル、2つ目は物事を柔軟に考える力です。

ニーズの多様化は旅行業界でも大いに進んでいます。どこにどんな需要が潜んでいるか分かりません。

それらのニーズに着目し、企画に反映させていく柔軟な発想力や創造力が必要となります。

企画の内容も画一的にならないよう工夫しなければならず、旅行企画の仕事には常に柔軟な思考力が欠かせないといえます。

リスクマネジメント能力

電球、考える女性

旅行企画の仕事をするにあたって求められるスキル、3つ目はリスクマネジメント能力です。

企画立案の段階か添乗の段階かを問わず、危機回避能力は常に働かせておくべき力だといえるでしょう。

旅行企画は急な予定の変更やアクシデントとの戦いだからです。いつもすべてが予定通り運ぶことはなかなかありません。

リスクを想定して備えておくことと、イレギュラーな事態にも迅速に対処すること。これらを常に意識しておきたいものです。

調整力

資料を眺める

旅行企画の仕事をするにあたって求められるスキル、4つめは調整力です。

大人数が一度に移動する旅行では、すべての人が常に同じ行動を取れるとは限りません。

イレギュラーに対処して、全体の不利益にならないよう取り計らうことが求められます。そんな時に問われるのが調整力です。

観光施設や宿泊施設への連絡、現地での移動手段の確保など、調整すべき点は挙げればキリがありません。

リスクマネジメントの能力と並んで必須のものだといえるでしょう。

旅行企画への転職を有利にする資格

鉛筆を持つ女性

旅行企画の仕事への転職を有利にし、その後の業務の役に立つ資格があります。

たとえば通訳案内士の資格は訪日外国人の観光案内などインバウンドの仕事にとても役立つことでしょう。

この項目では、旅行業務取扱管理者と旅程管理主任者という2つの資格について詳しく紹介します。

資格を持っていれば転職にとても有利になります。どのような資格なのか確認して、ぜひ取得を検討してください。

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者は、旅行業界でただ一つの国家資格としてよく知られています。

旅行計画の作成を管理したり、快適で安全な旅行のサポートをしたりする、旅の総合プロデュース役です。

取り扱うことができる業務の範囲によって、以下の3種類に分けられているので注意しましょう。

  • 総合旅行業務取扱管理者
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 地域限定旅行業務取扱管理者

旅行業者は営業所ごとに1人以上の旅行業務取扱管理者を置くことが法律で義務付けられています。

旅行業界での活躍とスキルアップを目指すなら、取得しておいて損はない資格だといえるでしょう。

旅程管理主任者

旅程管理主任者はツアーコンダクターの名で広く知られています。

この資格は、旅行会社が企画する団体旅行やツアーの主任添乗員に取得が義務付けられています。

取得にあたっては、添乗可能な範囲によって資格が2種類に分かれているので注意しなければなりません。

国内外で添乗が可能な総合旅程管理主任者と、国内のみで添乗が可能な国内旅程管理主任者の2種類です。

どちらを取得した方が自分にとってよりメリットが大きいか、将来的なことまでよく考えてから決めましょう。

 

ワンポイント
旅行業務取扱管理者の資格は旅行業界への転職にとても役立つ資格。

旅行企画への未経験転職は難しい?

考え事

旅行企画の仕事への未経験での転職は不可能ではありません。しかし経験がなければ難しい部分は非常に多くあります。

観光施設れの連絡、宿泊施設や交通手段の確保、悪天候の場合の備えなど、手続きも必要な処理も煩雑を極めます。

たとえ魅力的な企画を立案できても、それを実行してお客様に満足してもらい、さらに利益まで上げるのは容易ではありません。

緊急の対応を要することも多々あるので、経験に乏しいと状況に相応しくない判断をしてしまう場合もあるでしょう。

なので、未経験で入社する場合はまず契約社員や臨時職員として勤め始めることがおすすめです。

先輩社員のアシスタント的な役割を務めながら経験を積み、必要であれば資格も取得して正社員への登用を目指しましょう。

 

ワンポイント
未経験での旅行業界への転職は不可能ではないが難しい面もある。

旅行企画へ転職するメリット

チェックポイント

旅行業界に携わることは、旅行がとても好きな方にとってはメリットだらけという印象があります。

それでは、旅行企画の仕事に転職することのメリットとは、具体的には何なのでしょうか。

この項目では主なメリットを4つ挙げてそれぞれ詳しく解説します。

たくさんの人と関わることができる

旅行企画へ転職することのメリット、1つ目はたくさんの人と関わることができるということです。

旅行企画の仕事では、一人で一度に多くのツアー客を相手にしなければならないことが少なくありません。

負担は大きいですが、皆で行動を共にして様々な景色と出会い、感動を共有する喜びはひとしおでしょう。

お客様だけでなく、観光施設や宿泊先のスタッフたちとのやり取りも頻繁に発生します。

多くの人と接し、喜びを分かち合うことが好きな人にとっては、旅行企画はうってつけの職業の1つだといえます。

さまざまな土地へ旅行できる

旅行企画へ転職することのメリット、2つ目はさまざまな土地へ旅行できるということです。

仕事でいろいろな場所を旅できることは旅行企画の仕事に携わる人の特権です。

そこに強い魅力を感じたから転職を目指している、という方も多いのではないでしょうか。

旅行好きなことは旅行企画の仕事に就きたい人の必須条件ともいえるもの。業界の先輩方も多くは旅行が大好きです。

転職にあたっては、自分がいかに旅行好きかを具体例を挙げてアピールしましょう。

新しい体験ができる

旅行企画へ転職することのメリット、3つ目は新しい体験ができるということです。

2つ目の様々な土地へ旅行できることと同じで、企画を通して様々な新しい体験にチャレンジできます。

企画の段階で予習的に観光地を訪れ、一足先に新しい体験を味わうということもありえるでしょう。

こうした経験ができることもまた、旅行業界に携わる人の特権の1つだということができます。

自分の強みを再発見できる

旅行企画へ転職することのメリット、4つ目は自分の強みを再発見できることです。

添乗員としてツアー参加者を引率している間、アクシデントは付き物です。

旅行企画の仕事に従事している者は、そんな時にも常に冷静さを保ち、的確で迅速な判断ができなければなりません。

そんな経験を多くする中で、強い精神力や咄嗟の判断力といった、自分が持つ強みを再発見することができるでしょう。

旅行企画の年収は?

電卓

旅行企画の年収はどの程度が主流なのでしょうか。

旅行企画の仕事に従事する女性の年収は、在籍期間が5年未満の場合は250万円~350万円の範囲で推移しています。

正社員かそうでないかによっても金額には大きな違いが現れます。

未経験での転職の場合、臨時職員や契約社員からのスタートとなることが多いので、年収も相応のものとなるでしょう。

それでも旅行業界の仕事に従事したいという熱意を持つ人には、最終的には正社員への道も開けてくることになります。

旅行企画に向いている女性の特徴

旅行

旅行企画に向いている女性にはどのような特徴があるのでしょうか。再確認をしてみましょう。

旅行企画の仕事に従事する女性の多くは高いコミュニケーション能力を備えており、周囲への気配りがとても得意です。

また一度に多くの人を引率するためリーダーシップに優れた人が多いことも特徴だといえるでしょう。

さらに、緊急時にも慌てることなく冷静な判断ができるだけの強い精神力も兼ね備えています。

もしもこれから旅行企画の仕事に就こうと思うのであれば、少なくともこれらの力やスキルは身に付けておきたいものです。

加えて、訪日外国人の引率をする場合や海外での添乗に備えて、ある程度の語学力も身に付けておくといいでしょう。

 

ワンポイント
コミュニケーション能力などの他、高い語学力があると旅行企画への転職に有利。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

紹介

旅行企画への転職に興味はあるけれど、自分に適性があるかどうか判断が付かない。

旅行業界で働いてみたいけれど、興味本位で目指して良いものかどうか分からず悩ましい。

そんなふうに転職のことで悩んでいる時は、ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職のプロです。過去の事例などを参考にして、きっとためになるアドバイスをしてくれます。

一人で抱え込んだりせずに、進んで転職エージェントに悩みを打ち明けるようにしてください。

まとめ

旅行

いかがだったでしょうか。

今回の記事では旅行企画に未経験で転職する方法や求められるスキルについて紹介しました。

旅行業界は華やかなイメージがあって人気がある仕事の1つです。その分、ライバルが多いことも懸念されます。

もしも旅行企画への転職を検討しているなら、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロとして、きっと役に立つアドバイスをしてくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら